1,000ポイントプレゼント 楽天市場アプリ 新規ダウンロード

1ヶ月だけVPNを使うなら日本のミレンVPNがおすすめ(1,738円/月)

本ページはプロモーションが含まれています

この記事でお伝えする内容
  • ミレンVPNがおすすめの理由
  • 無料トライアルを利用するのも一案
  • 1ヶ月だけVPNを使うときの注意点

なお、1ヶ月よりもさらに短期の利用なら、以下の記事が参考になります。

目次

1ヶ月だけならMillenVPNがおすすめの理由

  • 1ヶ月プランの料金が他のVPNより安い
    • ミレンVPN:¥1,738/月
  • 操作画面が日本語で使いやすい
  • 1ヶ月過ぎたら自動的に解約される
  • 日本のVPNだから料金が為替変動に影響されない
  • 海外のVPNと同等のセキュリティ
  • 日本の大手レンタルサーバーのmixhosの運営だから安心
  • サーバーが設置されている都市も台数も豊富
    • ミレンVPN:72カ国、約1,300台

ここから1ヶ月だけVPNを使う

各VPNの1ヶ月料金

MillenVPN
(日本)
¥1,738/月
NordVPN
(パナマ)
¥2,277/月
Surfshark
(オランダ)
¥2,517/月
AtlasVPN
(アメリカ)
¥1,730/月
Express VPN
(イギリス)
$ 12.95/月
約¥2,000
税込み
MillenVPN

大手レンタルサーバーのmixhostが運営するVPNで使いやすさが特徴。

VPNは高額&設定が面倒と思われますが、MillenVPNは「アプリ」をインストールするだけ!

難しい初期設定や工事は必要ありません。

NordVPN

2012年に設立されたNordVPNは、高いセキュリティ機能を持つことで知られています。

多くのサーバーネットワークを持ち、安全にインターネットを利用できるように設計されています。

ストリーミングやP2Pファイル共有などにも対応しています。

Surfshark

Surfsharkは使いやすいインターフェイスが特徴で、広告ブロッカーやマルウェア保護などの追加機能も提供しています。

Surfsharkはスヌープ機能からデバイスを保護してくれるので、 公共のWi-Fiをよく使う人にも最適です。

AtlasVPN

AtlasVPNはサイバーセキュリティ会社 VerSpriteからも認められている信頼度の高いサービスを提供しており、 CNETPCMagなど、大手媒体からその性能を評価されております。

Express VPN

ExpressVPNは幅広いサーバーネットワークと高度なセキュリティ機能を備え、特にストリーミングや大容量データ転送に最適化されています。

それぞれのVPNについての詳細は以下の記事にまとめています。

MillenVPNのおすすめポイント

最近では、VPNの利用が一般的になってきており、さまざまな用途で利用されています。

1ヶ月だけVPNを利用したい場合、MillenVPNが特におすすめできる点は、そのコストパフォーマンスの良さです。

海外の大手VPNの機能と比較しても同等のパフォーマンス、価格もお手頃です。

  • 料金
    • MillenVPN、AtlasVPNがおすすめ
  • セキュリティ機能
    • どこのVPNも大差なし
  • 通信速度
    • ユーザー側の環境にも依存、一概に決められない
    • 実際に使ってみないとわからない
スクロールできます

MillenVPN

NordVPN

Surfshark

AtlasVPN

ExpressVPN
日本パナマオランダアメリカイギリス
1ヶ月プラン
¥1,738
(税込)
1ヶ月プラン
¥2,277
(税込)
1ヶ月プラン
¥2517
(税込)
1ヶ月プラン
¥1,730

(税込)
1ヶ月プラン
$ 12.95
(¥2,000前後)
無料トライアル
無し
無料トライアル
無し
無料トライアル
7日
無料トライアル
3ヶ月
(2年プランのみ)
無料トライアル
なし
1年プラン
¥7,128
30日間返金保証
1年プラン
¥10,890
30日間返金保証
1年プラン
¥7,934
30日間返金保証
1年プラン
¥18,876
30日間返金保証
1年プラン
¥11,808
30日間返金保証
電話サポートなし
メール対応
AIチャット
電話サポートなし
メール対応
AIチャット
電話サポートなし
メール対応
ライブチャット
電話サポートなし
メール対応
ライブチャット
電話サポートなし
メール対応
ライブチャット

VPNを選ぶポイント1

料金で選ぶならMillenVPNかAtlasVPN

1ヶ月だけVPNを使うなら、MillenVPNAtlasVPNはどちらも同じ価格帯で大きな差はありません。

どちらのVPNを選ぶか迷った場合は、以下のメリットとデメリットが参考になります。

MillenVPN

〈メリット〉

  • 為替変動の影響を受けない
  • 日本語のインターフェースで操作しやすい
  • サーバーの場所、サーバーの台数がAtlasVPNよりも多い

〈デメリット〉

  • 無料お試し期間がない
  • 同時接続が10台
  • 海外の大手と比較してサーバー台数が少ない
AtlasVPN

〈メリット〉

  • 円高になると安くなる
  • 同時接続が無制限
  • 無料お試し期間が14日間

〈デメリット〉

  • 円安になると高くなる
  • 安いのは最初に1〜2年だけ
  • 海外の大手と比較してサーバー台数が少ない

これらの点を考慮すると、1ヶ月だけVPNを使うなら、以下の理由からMillenVPNがおすすめです。

  • 日本の企業が運営しているため、日本語でのサポートが充実しており安心感がある
  • サーバーの場所、サーバーの台数が多いのでより快適にVPNを利用できる
  • 為替変動の影響を受けないため、長期的に利用する場合でもおトク

VPNを選ぶポイント2

セキュリティ機能はどこのVPNも大差がない

VPNセキュリティ機能には共通点が多く、いずれも高度なセキュリティとプライバシー保護機能を提供しています。

それぞれのVPNは、高度な暗号化技術、ノーログポリシー、キルスイッチ機能などを備えており、ユーザーのオンラインセキュリティを確保しています。

スクロールできます

MillenVPN

NordVPN

Surfshark

AtlasVPN

ExpressVPN
日本パナマオランダアメリカイギリス
256ビットAES暗号化
キルスイッチ
DNSリーク保護
ノーログポリシー
256ビットAES暗号化
キルスイッチ
DNSリーク保護
ノーログポリシー
256ビットAES暗号化
キルスイッチ
DNSリーク保護
ノーログポリシー
256ビットAES暗号化
キルスイッチ
DNSリーク保護
ノーログポリシー
256ビットAES暗号化
キルスイッチ
DNSリーク保護
ノーログポリシー
プロトコル
・OpenVPN
・IKEv2/IPsec
プロトコル
・OpenVPN
・IKEv2/IPsec
・WireGuard
プロトコル
・OpenVPN
・IKEv2/IPsec
・WireGuard
プロトコル
・IKEv2/IPsec
・WireGuard
プロトコル
・OpenVPN
・IKEv2/IPsec
・L2TP/IPsec
サーバーの場所
72カ国
サーバーの台数
約1,300台
サーバーの場所
60カ国
サーバーの台数
約5,500台
サーバーの場所
72カ国
サーバーの台数
約3,200台
サーバーの場所
42カ国
サーバーの台数
約1,000台
サーバーの場所
94カ国
サーバーの台数
約3,000台
同時接続
10台
同時接続
6台
同時接続
無制限
同時接続
無制限
同時接続
5台

一部のVPNでは以下のような追加のセキュリティ機能を備えています。

MillenVPN
  • MillenVPN Native OpenConnect(通信制限が厳しい国からの接続に最適化)
NordVPN
  • DoubleVPN(トラフィックを2つのVPNサーバー経由でルーティング)
  • Onion Over VPN(Torネットワークにアクセスし匿名化)
Surfshark
  • CleanWeb(広告やマルウェアをブロック)
  • Bypasser(特定のアプリやウェブサイトがVPN接続をブロック)
  • Camouflage mode(VPNを使用をプロバイダから完全に隠す)
AtlasVPN
  • Split Tunneling(特定の通信と通常通信を分割)
  • Shield機能(デバイスをフィッシングやマルウェアから保護)。
ExpressVPN

Lightwayプロトコル、トラッカーブロッカー、VPNスプリットトンネリング、専用IPオプション

追加機能は特定のニーズや状況に対してさらなるセキュリティ強化をするもので、基本的なセキュリティ機能はどこのVPNも大差がありません。

基本的なセキュリティ機能(暗号化、ノーログポリシー、キルスイッチなど)があれば、一般的な利用におけるセキュリティとプライバシーの保護には十分です。

なお、VPNを安全に使うための記事を以下にまとめました。

VPNを選ぶポイント3

通信速度は使ってみないと分からない

VPNは通信データを暗号化するため、通信速度が低下することがあります。

VPNの通信速度は多くの要因に依存しており、実際に使ってみないと正確な速度は分かりません。

速度に影響を与える主な要因には以下のようなものがあります。

VPNサーバーの場所

VPNサーバーの場所が遠い場合、VPNの通信速度が遅くなります。

利用頻度の多い場所にVPNサーバーを設置しているVPN、設置サーバーの台数が多いVPNを選ぶとよいでしょう。

VPNサーバーの負荷

多くのユーザーが同じVPNサーバーを同時に使用している場合、速度が低下することがあります。

使用するプロトコル

VPNプロトコルによっては、速度が異なる場合があります。

一部のプロトコルはセキュリティが強い反面、速度が遅くなることがあります。

暗号化のレベル

強力な暗号化はより多くの処理能力を必要とし、場合によっては速度が低下することがあります。

接続するデバイス

デバイスのスペックによっても、VPNの通信速度は影響を受けます。

デバイスのスペックが低い場合、VPNの通信速度が遅くなります。

ユーザーが契約しているインターネット回線の速度

VPNの通信速度は、インターネット回線の速度によっても影響を受けます。

インターネット回線の速度が遅い場合、VPNの通信速度も遅くなります。

さらに、VPNを使う時間帯によっても影響を受けます。

インターネットのピーク使用時間帯には、VPNサーバーへのトラフィックが増加し、速度が低下することがあります。

つまり、公式サイトの表示されている速度は、ベストエフォート(最善努力)型のサービスです。

これは、提供される速度が最大限の可能性を示してはいるものの、実際の速度はユーザーの接続環境、VPNサーバーの場所、現在のネットワークの混雑状況、使用しているVPNプロトコルなど多くの要因に依存するという意味です。

VPNを選ぶ際には、公式サイト上の速度や性能の宣伝を鵜呑みにせず、実際に自分の環境で使ってみることが重要です。

多くのVPNプロバイダーは無料トライアルや返金保証を提供しています。

実際の使用状況で、どんなパフォーマンスなのかを確認することが大切です。

ここから1ヶ月だけVPNを使う

30日間返金保証あり

無料トライアルを利用するならSurfsharkがおすすめ

多くのVPNは無料トライアルを実施していません。

実施しても7日ほどの非常に短期間でのトライアルです。

この無料トライアル期間中にサービスを十分に試し、自分のニーズに合っているかを確認できます。

もちろん無料トライアル期間中に解約した場合でも、料金は一切かかりません。

ここから無料トライアル

30日間返金保証はおすすめしない

ほとんどのVPNサービスは、30日間の返金保証を提供しています。

そのため、1ヶ月だけ利用する場合は、返金保証を利用するのも一つの方法です。

しかし、返金保証は長期利用を前提とした契約の一部として設定されています。

MillenVPN30日間返金保証あり
無料トライアルなし
NordVPN30日間返金保証あり
無料トライアルなし
Surfshark30日間返金保証あり
無料トライアル3ヶ月(2年プラン契約)
無料トライアル7日間
AtlasVPN30日間返金保証あり
14日間返金保証あり(1ヶ月プラン契約)
Express VPN30日間返金保証あり

返金保証はユーザーが長期契約をしたものの、サービスに満足できなかった場合に限り、30日以内であれば全額返金されるシステムです。

そのため、1ヶ月だけ利用した後に返金申請をした場合、返金に応じてもらえない可能性があります。

一方で、無料トライアルはサービスを試用するためのものであり、企業がサービスのクオリティを知ってもらいたい、いわゆる宣伝に近いものがあります。

VPNサービスによっては、「無料トライアル=30日間の返金保証」で扱っている場合もあります。

そのようなVPNは気軽に返金保証が使えるので、積極的に利用するのがおすすめです。

〈無料トライアルあり〉Surfsharkを選ぶ理由

広告をシャットアウト

Surfsharkを使うと広告、クッキーのポップアップ、トラッカーなどに煩わされることなく、ネットサーフィンを楽しめます。

帯域幅の制限なし

プロバイダが特定のトラフィック(例えば、大量のストリーミングやダウンロード)を検出すると、そのトラフィックを意図的に遅くする(スロットリング)ことがあります。

Surfsharkを使うことで、プロバイダはトラフィックの内容を識別できなくなるため、このようなスロットリングを避けることができ、結果としてインターネット接続速度を維持することができます。

バックグラウンドでも作動

Surfshark Antivirus は、デバイスの動作に悪影響を及ぼすことなく、お手元の全てのデバイスを保護しますので、集中したいことにとことん集中できます。

ここから無料トライアル

\使いやすいインターフェイス/

1ヶ月だけVPNを使うときの注意点

  • 「1ヶ月プラン」の申し込みになっているか確認する
  • 契約する前に期間と自動更新を確認する
  • キャンセルと返金ポリシーを確認する
  • セキュリティ設定を行う

注意点1

「1ヶ月プラン」の申し込みになっているか確認

案外と間違いやすいのが、「1ヶ月プラン」に申し込むつもりだったのに、実際は「1年プラン」だったというケースです。

一部のVPNサービスでは、契約期間に応じてさまざまなプランが提供されています。

1ヶ月間だけVPNを利用する場合、契約するプランが実際に「1ヶ月プラン」であることを確認することが非常に重要です。

確認を怠ると長期契約のプランに誤って申し込んでしまい、予定外の長期契約に縛られたり、不必要な費用が発生するリスクがあります。

プランを選ぶ際には、契約期間の明示、料金体系、更新条件などを慎重に確認し、間違いのない選択をしていないか注意しましょう。

申し込んだ直後の確認も重要です。

もし誤りに気がついたらすぐにカスタマーサポートに連絡しましょう。

注意点2

契約する前に期間と自動更新を確認

VPNなどのサブスクリプションサービスは、利便性を高めるために自動更新になっています。

この機能はユーザーがサービスの継続をの意思がある場合に便利ですが、短期間しか利用するつもりがない場合は、逆に不便になることがあります。

VPNを契約する際は、申し込むプランが1ヶ月利用後に自動的に解約されるのかどうか確実に確認しておきましょう。

特に無料トライアルの場合は、そのまま自動更新されるケースがほとんどなので注意が必要です。

自動更新を無効にする方法は、VPNのウェブサイト上でアカウント設定を確認するか、カスタマーサービスに直接問い合わせることで解決できます。

契約更新の通知や、更新日の前にスマートフォンなどのリマインダーを設定することも、予期せぬ更新を避けるために有効です。

注意点3

キャンセルと返金ポリシーを確認

返金ポリシーには、サービスの試用期間や、返金を受けるための条件が明記されています。

また、キャンセルの際には、どのような手続きが必要で、どれくらいの時間がかかるかを知っておくことも大切です。

多くのVPNサービスでは「返金保証」が提供されており、期間内であれば全額返金が可能ですが、その条件はサービスによって異なります。

契約前にこれらの詳細を確認し、理解しておくことで万が一の状況に備えることができます。

注意点4

セキュリティ設定を行う

たとえ短期間の使用であっても、セキュリティ設定は必要です。

VPNは通信データを暗号化することで、第三者による傍受を防ぐことができます。

そのため、VPNを利用する場合は、必ずセキュリティ設定を行ってください。

具体的には、以下のセキュリティ設定があります。

暗号化プロトコルの選択

VPNはさまざまな暗号化プロトコルを提供しています。

強力な暗号化を提供するプロトコル(例えば、OpenVPN、IKEv2/IPsec、または最近のWireGuardなど)を選択することで、データの安全性を高めることができます。

キルスイッチの有効化

VPN接続が不意に切断された場合に、インターネット接続を自動的に遮断するキルスイッチ機能を有効にします。

これにより、VPN接続がない状態でのデータ漏洩を防ぐことができます。

DNSリーク保護

VPNを使用していても、DNSリクエストがVPNトンネル外で処理されることがあります。

DNSリーク保護を有効にすることで、オンライン活動のプライバシーをさらに高めることができます。

二段階認証

アカウントへの不正アクセスを防ぐために、強力なパスワードと二段階認証(2FA)を設定することをおすすめします。

ここから1ヶ月だけVPNを使う

30日間返金保証あり

VPNに関するよくある質問と回答

VPNとは何ですか?

VPN(Virtual Private Network)は、インターネット上でプライベートネットワークを構築し、安全にデータを送受信するための技術です。

公共のインターネットを使用しながらも、プライベートネットワークのようなセキュリティと機能を提供します。

無料のVPNと有料のVPNの違いは何ですか?

無料のVPNサービスはデータ使用量に制限があったり、速度が遅かったりします。

また、セキュリティが十分でないこともあります。

対して、有料のVPNサービスはより高速で、より多くの機能とセキュリティを提供する傾向があります。

なぜiPhoneのVPNが勝手にオンになるのですか?

これはiOSのVPN設定や特定のアプリに関連する問題である可能性があります。

VPN設定を確認し、必要に応じてアプリの設定を変更してください。

VPNに関する役立つ記事のまとめ

シェアしてね!
目次