1,000ポイントプレゼント 楽天市場アプリ 新規ダウンロード

auひかりからNURO光に変えると速くなり、逆にNURO光からauひかりに変えると速くなる理由

本ページはプロモーションが含まれています

この記事でお伝えする内容
  • auひかりからNURO光に変えると速くなる理由
  • NURO光からauひかりに変えると速くなる理由
  • 光回線の乗り換えを検討する前にできること

auひかり→NURO光に乗り換えるなら以下のキャンペーンを利用可能。

NURO光→auひかりに乗り換えるなら以下のキャンペーンを利用可能。

auひかりを検討している方は契約前にデメリットや注意点も確認しておきましょう。

目次

auひかりからNURO光に変えると速くなる理由

  • 技術的な違い(GPONとGE-PON)
  • 帯域幅の利用効率
  • 専用線の利用
  • 利用者数による影響
  • サービス提供エリアの違い

auひかりからNURO光に変えたら速くなったという声が多数あります。

NURO光に変えると速くなる理由1

技術的な違い(GPONとGE-PON)

NURO光が採用するGPON(Gigabit-capable Passive Optical Networks)技術は、auひかりの使用するGE-PON(Gigabit Ethernet Passive Optical Network)技術と比較して、より高速なデータ転送が可能です。

GPONは最大で下り2.5Gbps、上り1.25Gbpsの速度を提供し、GE-PONの1Gbps(下りおよび上り)を上回ります。

GPONの高速性は、より効率的なデータ伝送メカニズムに起因しています。

GPONはTDMA(Time Division Multiple Access)方式を採用し、それぞれのユーザーに特定の時間スロットを割り当てることで、ファイバーの帯域を最大限に活用します。

これにより、複数のユーザーが同時に高速データを送受信する際の衝突を防ぎ、全体的な通信速度の向上に寄与します。

NURO光に変えると速くなる理由2

帯域幅の利用効率

GPON技術は、帯域幅の利用効率の面で優れています。

この技術はデータ転送プロトコルと光ファイバーの物理的特性を最大限に活用しています。

GPONは、従来の技術と比較して高いデータ伝送レートをサポートし、多くのユーザーがオンラインで活動する住宅密集地やビジネス街においてその利点が顕著になります。

GPONは時間分割多重アクセス(TDMA)技術を使用し、複数のユーザー間で帯域幅を効率的に共有することが可能です。

これにより、各ユーザーへの影響を最小限に抑えつつ、高い通信品質を維持することができます。

NURO光に変えると速くなる理由3

専用線の利用

NURO光は専用線を利用してユーザーに直接接続するサービスを提供しています。

専用線は共有される回線とは異なり、一人のユーザーまたは限られた数のユーザー専用です。

これにより、帯域幅の共有による速度低下が発生しにくく、より安定した高速接続を実現します。

一方で、auひかりの多くは共有線を使用しており、他のユーザーの活動によって速度が影響を受ける可能性があります。

NURO光に変えると速くなる理由4

利用者数による影響

NURO光は比較的新しいサービスであり、利用者数がauひかりに比べて少ない傾向にあります。

利用者数が少ないということは、ピーク時間帯の回線の混雑が軽減され、結果として各ユーザーがより高速なインターネット接続に寄与します。

これに対し、auひかりは多くのユーザーにサービスを提供しており、特定の時間帯にアクセスが集中し速度が低下することがあります。

NURO光に変えると速くなる理由5

サービス提供エリアでの差異

NURO光のサービス提供エリアは限定されており、エリア内でのサービスは高速接続を提供することに特化しています。

限定されたエリアに焦点を当てることで、より高品質なインフラストラクチャとサービスの維持が可能になります。

一方で、auひかりはより広範囲にサービスを提供しており、地域によってはインフラの品質や回線の速度に差が生じることがあります。

これにより、一部のエリアではauひかりの速度がNURO光に比べて低下する可能性があります。

NURO光の申し込みはここから

下り最大2Gbps

逆に、NURO光からauひかりに変えると速くなる理由

  • フレームリレーとATM技術の違い
  • 提供される機器の性能差
  • マルチキャストサービスの最適化
  • 回線の技術的な差異
  • トラフィックマネジメントの優れたシステム

NURO光をauひかりに変えたら速くなったという声もかなり多数あります。

auに変えると速くなる理由1

フレームリレーとATM技術の違い

auひかりはフレームリレーやATM技術(Asynchronous Transfer Mode)を採用しています。

これらの技術はNURO光のGPON技術とは異なるアプローチでデータを転送します。

フレームリレーとATMは、企業向けのサービスや高速データ通信に適しており、これらの技術を用いることで、特定のアプリケーションやデータタイプに対してNURO光よりも優れたパフォーマンスを提供します。

例えば、フレームリレーは柔軟な帯域幅の割り当てが可能で、ATMは小さいデータパケットの高速転送に優れています。

これらの特性は、ビジネス用途やリアルタイムのデータ通信においてNURO光のGPON技術よりも有利に働きます。

auに変えると速くなる理由2

提供される機器の性能差

NURO光から提供されるONU一体型のルーターは基本的な機能を備えていますが、最新の技術に対応していない場合があります。

古いモデルのモデムは、理論上の最大速度が制限される可能性があります。

auひかりで提供されるルーターやモデムは、最新の規格に対応した高性能モデルである可能性があります。

これにより、より高いデータ伝送速度と安定した接続が実現されます。

auに変えると速くなる理由3

マルチキャストサービスの最適化

auひかりでは、IPTVなどのマルチキャストサービスにおいて特化した技術が採用されています。

マルチキャスト技術は、一度のデータ送信で複数の受信者に効率的にコンテンツを配信することを可能にし、ビデオストリーミングやオンデマンドサービスの場合、NURO光と比べて高品質な配信が可能です。

この技術は、帯域幅を大量に消費するHDビデオコンテンツやライブイベントのストリーミングにおいて、配信効率と品質の両方を向上させます。

IPTVとは?

IPTVとは、Internet Protocol Televisionの略で、インターネットプロトコル(IP)ネットワークを介してテレビ番組を配信するサービスです。

従来のテレビ放送は、電波を使って視聴していましたが、IPTVはインターネット回線を使って視聴するため、場所や時間の制約を受けずに番組を視聴することができます。

auに変えると速くなる理由4

回線の技術的な差異

NURO光はFTTH方式を採用しており、高速なインターネット接続を提供しています。

この方式は、データの伝送速度が向上し、ユーザーは高品質なインターネットサービスを享受できます。

ただし、NURO光は比較的新しいプロバイダであり、その技術開発やネットワークインフラの規模が大手通信企業に比べると限られています

これは、全体的なネットワークの拡張性や技術革新のペース、トラブル発生時の対応能力などに影響を及ぼします。

auひかりもFTTH方式を採用していますが、こちらはKDDIという大手通信企業が提供しているサービスです。

KDDIは長年にわたる通信技術の蓄積と広範なネットワークインフラを有しています。

KDDIの広範なリソースと経験は、ネットワークの安定性、維持管理の能力、さらには技術的な問題への迅速な対応などに直接的な影響を与えます。

NURO光とauひかりは同じFTTH方式を採用しつつも、提供元の企業の規模や技術的な背景によって、サービスの品質や安定性に差が生じていることが考えられます。

auに変えると速くなる理由5

auのトラフィックマネジメントの優れたシステム

NURO光は、高速通信を提供する一方で、ピークタイムにおけるトラフィックの集中管理に課題があるとされています。

インターネットサービスプロバイダとして、多数のユーザーが同時にネットワークにアクセスする時間帯に適切に対応できない場合、ネットワークの混雑が生じ、結果として通信速度の低下やサービス品質の劣化が発生する可能性があります。

一方、auひかりはKDDIの広範なネットワークリソースを活用し、より洗練されたトラフィックマネジメントを行っています。

具体的には、ネットワークトラフィックの監視と調整を行い、混雑を予測し対応するシステムが整っています。

これはユーザーが体験するサービスの質を一貫して保つ上で非常に重要です。

KDDIの豊富な経験と技術力は、データフローを効率的に管理し、ユーザーに安定したサービスを提供することに寄与しています。

NURO光とauひかりの間でトラフィックマネジメントに関する違いがあり、これがサービスの品質に直接的な影響を与えていると言えます。

auひかりの申し込みはここから

\ 他社の解約違約金も還元 /

遅い回線から乗り換えた人の多くは改善している

auひかりをNURO光に変えると速くなり、NURO光をauひかりに変えると速くなる人は多数いました。

つまり、回線を乗り換えた多くのユーザーは「以前より速くなった」という経験をしています。

これは、回線速度に不満を持つユーザーは乗り換えを検討する前に次の回線に対してしっかりリサーチを行い、自分の使用状況やニーズに最も適したサービスを選ぶ傾向があるからです。

ユーザーは、さまざまなプロバイダーが提供する速度、料金プラン、サービスの安定性、追加機能などを詳細に比較し、自分のライフスタイルの要求に最も合致するサービスを選択します。

考察その1

回線が遅いと感じた多くの人が、乗り換えをすると問題が解決する。

これとは逆に、NURO光が「遅い」と不満を持っている人が、auひかりに変えたら「さらに遅くなった」という人はほとんどいませんでした。

同様に遅いauひかりをNURO光に変えたら「さらに遅くなった」という人もほとんどいませんでした。

光回線の乗り換え不満の声
NURO光「遅い」→auひかりにした「さらに遅くなった」
auひかり「遅い」→NURO光にした「さらに遅くなった」
皆無
NURO光「問題なし」→auひかりにした「遅くなった」
auひかり「問題なし」→NURO光にした「遅くなった」
少数いる
考察その2

今現在使っている回線が遅い場合、乗り換えてもこれ以上遅くなることはほとんどない

また、特に回線の速度に問題がなかったのに、さらに回線速度を速くしたい、あるいはキャンペーン狙いで回線を乗り換えた人の中には「以前より遅くなった」という声がありました。

考察その3

現在の回線速度に問題がないのに、月額費用の安さ、回線速度と安定性の向上を検討して乗り換えた場合、回線速度が遅くなる危険がある

auひかりからNURO光へ、またはその逆への乗り換えが速度の向上につながるのは、ユーザーが自分の状況に合わせて最適な選択をしているためと言えます。

インターネットサービスの選択においては、単に提供される速度だけでなく、サービス全体の品質と個々のニーズを総合的に考慮することが重要です。

光回線の乗り換えを検討する前にできること

  • ルーターの再起動や設定変更
  • ネットワーク機器のアップグレード
  • ケーブルのチェックと改善
  • 無線ネットワーク(Wi-Fi)の最適化
  • バックグラウンドで動くアプリケーションの確認

ルーターの再起動や設定変更

光回線の速度が遅い問題を解決する最初のステップとして、ルーターの再起動がおすすめです。

ルーターが長時間稼働しているとパフォーマンスが低下する可能性があります。

再起動によって、メモリリークや小さなエラーがクリアされ、デバイスの性能が向上します。

また、ルーターの設定を見直し、無線チャネルの干渉を避けるために最適なチャネルを選択することも重要です。

多くの無線ネットワークが同じチャネルを使用している環境では、異なるチャネルに切り替えることで速度が向上する場合があります。

デュアルバンド対応のルーターを使用している場合は、2.4GHzと5GHzの帯域の違いを理解し、各デバイスに最適な帯域を割り当てることも有効です。

ネットワーク機器のアップグレード

ネットワークの速度と安定性は、使用しているモデムやルーターの能力に大きく依存します。

10年以上前のモデルを使用している場合、機器が速度のボトルネックになっていることがあります。

最新のモデムやルーターは、高速なデータ処理能力、改善された無線範囲、効率的なデータ転送プロトコルを提供します。

たとえば、Wi-Fi 6(802.11ax)対応のルーターは、旧世代のWi-Fi 5(802.11ac)に比べてデータ転送速度が大幅に向上しています。

モデムやルーターがISP(インターネットサービスプロバイダー)の最新の速度アップグレードに対応していない場合、機器のアップグレードによりこれらの高速サービスをフルに活用できるようになります。

新しい機器に投資することで、高速で安定したインターネット接続を実現し、最終的には全体的なオンライン体験が向上します。

ケーブルのチェックと改善

インターネットの速度には、使用しているケーブルの品質が大きく影響します。

ケーブルが損傷している、あるいは古い規格のものを使用している場合、これが速度低下の原因となることがあります。

光ファイバー回線では、光信号を電気信号に変換するモデムからルーター、さらには各デバイスへの接続に使用されるケーブルの品質が重要です。

Cat5e、Cat6、Cat6aなどのより新しい規格のEthernetケーブルは、高速データ転送に適しています。

ケーブルの状態を確認し、損傷がある場合や古い規格のケーブルを使用している場合は、高品質なケーブルに交換することで速度が向上する可能性があります。

光ファイバー自体の損傷や汚れがある場合には、専門業者による点検や清掃が必要です。

無線ネットワーク(Wi-Fi)の最適化

Wi-Fiの速度と範囲は、ルーターの位置や設定、周囲の干渉に大きく影響されます。

ルーターを家の中心に近い場所に設置することで、信号が家全体に均等に届きやすくなります。

また、壁や金属製の家具、その他の電子機器から離れた位置にルーターを置くことで、信号の干渉を減らすことができます。

無線ネットワークの範囲を拡張するために、Wi-Fiエクステンダー、リピーター、またはメッシュネットワークシステムの使用を検討することも有効です。

これらのデバイスは、ルーターから遠く離れた場所でも安定した接続を提供します。

さらに、無線ネットワークのチャネルを変更することで、他のネットワークとの干渉を避け、速度の向上を図ることができます。

多くのルーターには自動チャネル選択機能が備わっていますが、手動での調整によりさらに最適化できる場合があります。

バックグラウンドで動くアプリケーションの確認

インターネット速度が遅く感じられる主要な原因の一つに、バックグラウンドで動作しているアプリケーションによる帯域幅の消費があります。

アプリケーションは、ユーザーが意識していない間にインターネット接続を使用しており、データ集約型のアプリケーション(例えばクラウド同期、大規模なファイルダウンロード、オンラインバックアップ、ストリーミングサービスなど)は、顕著な速度低下を引き起こすことがあります。

デバイスのタスクマネージャー(Windows)やアクティビティモニター(macOS)を使用して、現在実行中のプロセスとそのネットワーク使用状況を確認します。

こうすることで、インターネット速度に大きく影響しているアプリケーションを特定し、不要なものを終了させることができます。

多くのオペレーティングシステム(OS)では、特定のアプリケーションの帯域幅使用を制限する機能が提供されています。

これにより、バックグラウンドでのデータ使用量を管理し、他の重要なオンライン活動のための帯域幅を確保することが可能です。

光回線に関する役立つ記事のまとめ

シェアしてね!
目次