1,000ポイントプレゼント 楽天市場アプリ 新規ダウンロード

「iPhoneのVPNとは?」オフにする方法と勝手にオンになる時の解決法を紹介

本ページはプロモーションが含まれています

この記事でお伝えする内容
  • VPNをオフにする方法
  • iPhoneを使っていない時、オンとオフどちらに設定すべきか
  • iPhone用のVPNの効果的な使い方と注意点
  • iPhoneでVPNを使うメリット・デメリット

iPhoneにおすすめVPN

目次

VPNとは

VPNは、Virtual Private Network(仮想プライベートネットワーク)の略であり、インターネットを介してプライベートな通信網を作成する技術です。

プライベートな通信網を使ってインターネットに接続することを「VPN接続」と言います。

自分専用の「プライベートな回線」と言う意味

わかりやすく例えると、インターネットを使うのは公共のバスや電車を使うようなイメージです。

安い料金で利用できますが、そこには自分以外のさまざまな人がいて、犯罪や事故などのリスクが高まります。

一方で、自分専用の道路を作ろうとすれば莫大な費用はかかりますが、犯罪や事故の可能性は大幅に減ります。

しかし、自分専用の道路を作るのは現実的ではありません。

VPN接続は、誰もが使う道路を自家用車で移動することに例えられます

道自体は他の人も使っていますが、車内は自分だけの空間。

VPNはコストを抑えながらも、一般のインターネットよりも高い安全性とプライバシーを確保する手段として広く利用されています。

iPhone用のVPNとは

iPhone用のVPNは、iPhoneのインターネット通信を暗号化し、安全にデータを送受信するための仮想的なプライベートネットワークを構築するサービスです。

iPhone用のVPNサービスはiOSに特化して設計され、アプリ形式で簡単にインストールと設定が可能です。

通信内容の保護だけでなく、ユーザーのIPアドレスも変更されるため、匿名性が高まります。

VPNをオフにする方法

STEP
iPhoneの「設定」アプリを開き、「一般」に進みます
STEP
「VPNとデバイス管理」→「VPN」をタップします
STEP
利用中の「VPN名」の右にある「i」をタップします
STEP
「VPNを切断」をタップし→「削除」を選択します

VPNをオフにしたらどうなるか

通信の暗号化が解除される

VPNを使用しているときは、インターネット通信は暗号化されていますが、VPNをオフにすると暗号化が解除されます。

解除によってセキュリティ機能がなくなり、第三者によるデータ傍受のリスクが高まる可能性があります。

海外のコンテンツが利用できなくなる

PNを使って地域制限を回避していたサービスやコンテンツへのアクセスが制限されます。

速度が向上する

VPNサービスは通信データを暗号化し、VPNサーバーで復号化します。

高度な暗号化はコンピュータの処理能力を必要とするため、速度に影響を与えます。

VPNを解除すると暗号化されないので速度が向上します。

バッテリー消費の減少

VPNはiPhoneのバッテリーを通常より多く消耗します。

VPNをオフにするとバッテリーの持ちが少し改善します。

プロバイダにログが残る

VPN接続中は、プロバイダーは通信内容を見ることはできません

これはVPNが通信データを暗号化し、サーバーを経由するためです。

VPNをオフにするとウェブサイトの閲覧履歴、ダウンロードしたファイル、使用したアプリケーションなど一定期間ログとして保存されます。

ロケーションベースのサービスの実現

位置情報に基づいたサービス(例:現在地のニュース、天気情報など)が正確に機能するようになります。

VPNをオフにしても勝手にオンになる原因と解決策

勝手にオンになる5つの原因
  • VPNアプリがバックグラウンドで自動的に接続する設定になっている
  • iOSの設定でVPN設定が「常に接続」になっている
  • VPNアプリのバグ
  • iOSシステムのバグ
  • VPNプロファイル

VPNアプリがバックグラウンドで自動的に接続する設定になっている

VPNアプリの種類によっては、アプリがバックグラウンドで自動的にVPNを有効にする設定が含まれていることがあります。

この自動接続は通常、アプリ内の設定メニューで有効、または無効にできます。

解決策

  1. VPNアプリを開く
  2. 設定メニューへアクセス:アプリ画面内にある歯車アイコンや「設定」タブを探してタップしてください。
  3. 自動接続オプションを探す:「自動接続」、「常にオン」、「オートスタート」などのオプションがあれば、それが有効か確認してください。
  4. 無効にする:オプションが有効な場合は、オフに切り替えてください。

iOSの設定でVPN設定が「常に接続」になっている

iOSのシステム設定内には、VPNの動作に影響を及ぼすオプションがあります。

例えば、「常に接続」や「トラフィックが検出されたときに接続」などの設定が、VPNが自動的にオンになる動作を制御している場合があります。

解決策

  1. 「設定」アプリを開く: iPhoneのホーム画面から「設定」アプリを開きます。
  2. 「一般」を選択: 一般設定メニューへ進みます。
  3. 「VPN」を選ぶ
  4. 自動接続設定を調整: ここで各VPN接続に対する自動接続の設定をオフにできます。

VPNアプリのバグ

ソフトウェアは完璧ではなく、時にはバグや不具合が生じることがあります。

たとえば、アプリが自動的にVPNを有効にするようなバグが存在する場合、ユーザーが手動でオフにしてもすぐに再度オンになってしまうことがあります。

解決策

  • アプリのアップデート
    • アプリが最新版であるかApp Storeで確認します。
      アップデートがあれば、それを実施してください。
      新しいバージョンではバグが修正されている可能性があります。
  • 再インストール
    • アップデートでも問題が解決しない場合、アプリをアンインストールし、再度App Storeからインストールします。
      これでアプリのキャッシュや設定がリセットされ、問題が解決することがあります。

iOSシステムのバグ

iOS自体にもバグが存在するし、VPNの動作に影響を与える場合があります。

例えば、iOSの新しいアップデートによってVPNが正常に動作しなくなります

解決策

  • iOSアップデート
    • 「設定」>「一般」>「ソフトウェア・アップデート」で、最新のiOSバージョンに更新します。
      新しいアップデートには修正が含まれている可能性があります。
  • Appleサポートに連絡
    • 問題が続く場合は、Appleの公式サポートに問い合わせることをお勧めします。

VPNプロファイル

VPNは専用のプロファイルが必要となります。

プロファイルには接続先のサーバーアドレス、認証情報、暗号化の設定などが含まれています。

VPNプロファイルがデバイスにインストールされていると、そのプロファイルに従って自動的にVPN接続が行われるよう設定されている場合があります。

このようなプロファイルは、ユーザーの許可なくインストールされることは少ないものの、一部のアプリやソフトウェアはインストール時または初回起動時に自動的にプロファイルを追加する場合があります。

このプロファイルが「自動接続」に設定されていると、iPhoneがインターネットに接続された際に自動的にVPNが起動する可能性があります。

解決策

STEP
「設定」アプリを開く

iPhoneのホーム画面から「設定」アプリを開きます。

STEP
「一般」→「プロファイル」を選択

「一般」メニューのスクロール可能なリストの中から「プロファイル」または「プロファイルとデバイス管理」を見つけてタップします。

STEP
プロファイルを確認

iPhoneにインストールされているプロファイルの一覧が表示されます。

ここでVPNに関連するプロファイルがあるか確認します。

STEP
プロファイルを削除

自動接続の問題が疑われるプロファイルを見つけたら、そのプロファイルをタップし、次に表示される画面で「プロファイルを削除」または「削除」をタップします。

STEP
確認ダイアログ

プロファイルを削除すると確認ダイアログが出ます。確認して削除を進めます。

STEP
デバイスを再起動

変更を確実に反映させるためにデバイスを再起動することをお勧めします。

iPhoneを使っていない時、オンとオフどちらに設定すべきか

iPhoneを使っていない時は、VPNを「オフ」にしておくのがおすすめです。

VPNをオフにする推奨3つの理由
  1. バッテリーの節約
  2. 空きメモリ量の確保
  3. バックグラウンドプロセスの正常化

理由1

バッテリーの節約

VPNはデータの暗号化と復号化を行うために、計算処理が多く行われます。

この計算処理はCPUとバッテリーを多く使います

その結果、VPNがオンになっている間、iPhoneを使っていなくても無駄にバッテリーが消費されます。

特に、一日を通して外出するような場合、バッテリーの節約のためにもVPNをオフにしておくのがおすすめです。

理由2

空きメモリ量の確保

VPNの暗号化・復号化処理は、iPhoneのRAM(ランダムアクセスメモリ)を一定量消費します。

何もしていない状態であっても、iPhoneはインストールされたアプリの動作のためにRAMを必要とします。

RAMの使用量上にVPNが追加でメモリを使用すると、全体的な空きメモリ量が減少します。

iPhoneは、RAM内でデータをキャッシュとして保存します。

VPNがRAMを占有していると、キャッシュ領域が圧迫され、次回デバイスを使用する際のレスポンスが遅れることがあります。

何もしていない状態でVPNをずっとオンにしておくことは、iPhonenの動作速度や反応速度に悪影響を及ぼすリスクを抱えることになります。

不要なリスクを避ける意味でもVPNをオフにしておく方が賢明であると言えます。

理由3

バックグラウンドプロセスの正常化

iPhoneのアプリとシステムは、iPhoneがアクティブでない時もバックグラウンドで動作しています

例えばメールの自動受信、位置情報に基づく通知、ウィジェットの更新などがあります。

VPNが有効になっていると、これらのプロセスがVPNサーバーを経由するため、遅延やデータの不整合が発生する可能性があります。

特に位置情報サービスは、VPN使用時に本来の位置とは異なる位置情報が取得されることで、アプリの誤動作を引き起こすことがあります。

iPhoneには最初からVPNが搭載されているのか

iPhoneにはVPNを設定するための機能が搭載されていますが、VPNサービス自体はiPhoneには含まれていません

iPhoneの「設定」内にVPN設定のセクションがあり、そこから手動によるVPNの設定をします。

設定内で自分が利用したいVPNサービスに合わせて、VPNサーバーへの追加設定を行います。

iPhone内に元からある「VPN」はあくまで設定と接続を管理するためのインターフェースであり、VPNサービス自体を提供しているわけではありません。

VPNを利用するには、別途VPNを提供している会社との契約が必要です。

大抵のVPNサービスは専用のiOSアプリを提供しており、アプリをインストールすることで簡単にVPNを設定・使用することができます。

iPhoneでVPNの効果的な使い方

  1. オンラインショッピングやネットバンキングでのセキュリティ向上
  2. NetflixやYouTubeの地域制限を解除してコンテンツにアクセス
  3. カフェや空港のフリーWi-Fiを安全に使用するための暗号化

オンラインショッピングやネットバンキングでのセキュリティ向上

VPNはオンラインショッピングやネットバンキングの際に、セキュリティを高める手段として効果的です。

これらのアクティビティは個人情報や重要なパスワードを含むため、第三者によるハッキングのリスクがあります。

VPNはインターネット接続を暗号化することで、これらのリスクを大幅に減少させます。

iPhoneにはVPNを簡単に設定できる機能が搭載されているので、オンラインショッピングやネットバンキングを行う前にVPNを有効にすることをお勧めします。

NetflixやYouTubeの地域制限を解除してコンテンツにアクセス

地域によってはアクセスできないNetflixやYouTubeのコンテンツも、VPNを使用することで視聴が可能になります。

VPNは利用者のインターネット接続を別の地域のサーバーを経由して行うことで、地域制限を回避します。

例えば、日本国内からアメリカのNetflixにアクセスしたい場合、アメリカに位置するVPNサーバーに接続します。

これにより、利用者が仮想的にアメリカ国内にいるものとして認識され、本来ならアクセス不可だったものがアクセス可能になります。

カフェや空港のフリーWi-Fiを安全に使用するための暗号化

フリーWi-Fiは便利ですがセキュリティが弱いため、悪意のある第三者によるデータ傍受のリスクがあります。

VPNを使用すると、Wi-Fi経由での通信が暗号化されるため、このようなリスクを大幅に減らすことができます。

個人情報や重要な業務データを扱っている場合、フリーWi-Fiを使用する際にはVPNは必須と言えるでしょう。

iPhoneでVPNを使うメリット・デメリット

VPNは、安全なインターネット接続とプライバシー保護を提供する強力なツールです。しかし、全てがメリットばかりではありません。

以下で、iPhoneでVPNを使用する場合の主なメリットとデメリットについて詳しく説明します。

メリット

  • 専用線よりも低コストで使える
  • セキュリティが向上する
  • 世界中のコンテンツにアクセスできる

専用線よりも低コストで使える

専用線は高品質な接続を提供しますが、そのための費用が高くなります。

その上、専用線は特定の場所にしか設置できないという制限もあります。

一方、VPNはアプリケーションをダウンロードして設定するだけで、どこからでもオンラインでのプライバシーを保護して接続できます。

さらに、VPNサービスは月額料金や年間料金の形で提供されており、専用線のような高い初期投資や維持費用と比べても経済的です。

iPhoneユーザーにとっては、外出先でもオンラインの安全性を確保できる点が、非常に魅力的です。

セキュリティが向上する

VPNは通信データを暗号化するため、誰かがそのデータを盗聴や傍受しようとした場合でも、データ内容を解読することは極めて困難です。

特にフリーWi-Fi(例えば、カフェや図書館、公共交通機関などで提供されるWi-Fi)を使用する場合、セキュリティリスクは一層高まります

フリーWi-Fiはセキュリティが不十分であり、不正アクセスやデータの傍受が起きやすい環境です。

VPNを使用することで、このようなリスクから自身を守ることができます

VPNは個人情報の保護はもちろん、重要なログイン情報や個人的な写真、メッセージなど、さまざまなデータの安全性を高める点で価値があります。

プライバシーと安全性を重視する個人ユーザーにとって、VPNの使用は強く推奨されます。

世界中のコンテンツにアクセスできる

VPNを使用する最大の利点の一つは、地域による制限を越えて世界各国のコンテンツにアクセスできることです。

多くのオンラインサービスやウェブサイトは、自国のコンテンツしか利用できません。

たとえば、アメリカのNetflixで配信されているコンテンツと、同じNetflixでも日本で配信されているコンテンツでは異なります。

これは著作権や配信権に関連した契約によるものです。

VPNは、このような地域制限を回避する手段として役立ちます。

具体的にはVPNを使用すると、日本にいながらアメリカのNetflixのコンテンツを利用することができます。

これは、インターネットに接続する際のIPアドレスが変更され、異なる地域または国からのアクセスとして扱われるようになるからです。

VPNに接続すると、通常はアクセスできないはずのウェブサイトやサービスに接続できるようになります

海外に旅行している時でも、VPNを介して日本のテレビ番組を見たり、通常は日本で視聴できない外国のシリーズにアクセスしたりできます。

VPNは新しいエンターテイメントの形を提供し、地域による制限に縛られずに多様なコンテンツを楽しむことができます。

この機能は留学生や長期間の海外滞在者、さらには言語学習を目的とする方にとっても有用です。

地域制限によって見られないコンテンツがあれば、VPNを通じてそれらに自由にアクセスできるため、文化的な交流や学習がより豊かになる可能性があります。

デメリット

  • バッテリー消費が早い
  • 速度が低下する
  • 利用料金が必要

バッテリー消費が早い

VPNを使用すると、バッテリーの消費が通常よりも早く減少します。

原因は、VPNが行うデータの暗号化と復号化によるものです。

暗号化と復号化は継続的に行われる作業で、Wi-Fiを頻繁に切り替えたり、大量のデータをダウンロードしたりアップロードしたりする場合には、さらに顕著になります。

また、VPNサーバーが遠くにある場合や、サーバー間でのルーティングが複雑な場合にも、より多くの計算が必要となり、それだけバッテリーの消費も早まります。

何時間も外出先で使用するような場合や、長時間の移動中にも接続をしたいと考えている場合は、バッテリーの減りの速さ破大問題です。

この問題に対処する一つの方法は、VPNを必要なときだけオンにするというものです。

例えば、安全でないネットワークに接続する場合や、地域制限を回避したいときのみVPNを使用するようにすることで、バッテリーの消費を少しでも延ばすことができます。

長時間のVPN利用は、充電器やモバイルバッテリーの携行を検討する必要があります

速度が低下する

VPNを使用するとネットワーク速度が遅くなることがあります。

主な理由は二つです。

一つは、データがVPNサーバーを経由することで余分なホップ(通過点)が増える点、もう一つはデータの暗号化と復号化によって処理に時間がかかる点です。

暗号化と復号化は計算処理が必要な作業であり、この計算にはわずかながら時間がかかります。

また、VPNサーバーが物理的に遠くに位置している場合、データの送受信に必要な時間が増え、これがさらなる速度の低下を引き起こします。

無料のVPNサービスの場合、多くのユーザーが同じサーバーを共有します。

同じサーバーを利用することで混雑し、それぞれのユーザーに割り当てられる帯域幅が狭くなります

結果として、ページの読み込みが遅くなったり、動画が途中で止まるといった症状が出ます。

ネットワーク速度が重要な作業でVPNを使用する必要がある場合、たとえば大容量のファイルをダウンロードしたりストリーミングを楽しんだりする場合、速度の低下はかなり不便です。

このような状況を避けるためには、評判の良い有料VPNサービスを選ぶサーバーの場所を選べるサービスを利用するなどの工夫が必要です。

利用料金が必要

無料VPNも存在するものの、広告が頻繁に表示されたり、ネットワーク速度が遅くなる傾向があります。

また、無料のVPNではデータ使用量に制限がかかる場合も多く、長時間の利用や大量のデータ転送が必要な場合は不便です。

有料のVPNサービスは高速なうえ、高度な暗号化技術を用いたり、より多くのサーバー地点から選ぶことができたりするため、品質は高いです。

これらのサービスを利用するには月額料金や年間料金が必要です。

料金はサービスによって異なり、安いものから高価なものまでさまざまです。

無料であれば気軽に使えますが、品質を求めるならばサービスに対する投資は避けられない要素となります。

有料VPNの価格

スクロールできます

NordVPN

MillenVPN

Surfshark

AtlasVPN

FastestVPN
パナマ日本オランダアメリカイングランド
サーバーの場所
60カ国
サーバーの台数
約5,500台
サーバーの場所
72カ国
サーバーの台数
約1,300台
サーバーの場所
72カ国
サーバーの台数
約3,200台
サーバーの場所
42カ国
サーバーの台数
約1,000台
サーバーの場所
70カ国
サーバーの台数
約800台
1年プラン
¥8,520
30日間返金保証
1年プラン
¥7,128
30日間返金保証
1年プラン
¥7,934
30日間返金保証
1年プラン
¥5,172
30日間返金保証
1年プラン
19.95ドル
31日間返金保証
無料お試し
30日
無料お試し
無し
無料お試し
7日
無料お試し
3ヶ月
(2年プランのみ)
無料お試し
無し
同時接続
6台
同時接続
10台
同時接続
無制限
同時接続
無制限
同時接続
10台
詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

iPhoneのVPNを利用する際の注意点

  • 高度なセキュリティ機能が提供されているか
  • ノーログポリシーを採用しているか
  • iOSに対応しているか

高度なセキュリティ機能が提供されているか

VPNプロバイダによっては、基本的な暗号化よりも高度なセキュリティ機能を提供している場合があります。

例えば、2段階認証や高度な暗号化プロトコルなどが該当します。

シークレットなデータを扱う場合や高度なプライバシーが必要な場合には、高度なセキュリティ機能が提供されているかどうかを確認することが重要です。

以下の機能が搭載されていると安心です。

2段階認証
▼タップして開く

2段階認証はサービスにログインする際に二つの認証方法を必要とするセキュリティ手法です。

例としては、パスワードと一時的なSMSコード、または専用の認証アプリを使用する方法が挙げられます。

たとえパスワードが第三者に漏洩しても、2段階目の認証が必要となるため、不正アクセスを大幅に防ぐことができます。

高度な暗号化プロトコル
▼タップして開く

暗号化の強度は使用されるプロトコルによって異なります。

OpenVPN, IKEv2/IPsec, WireGuardなどのプロトコルは、安全性が高く効率的な通信が可能です。

これらのプロトコルに対応しているか、またそれらがどのような暗号化方式を使用しているか(AES 256-bitなど)を確認すると良いでしょう。

DNSリーク保護機能
▼タップして開く

DNSリークはVPN接続中にも関わらず、実際のIPアドレスが露呈するリスクを指します。

DNSリーク保護機能が有効になっていると、すべてのDNS要求がVPNサーバーを経由して安全に処理され、実際のIPアドレスの露呈するのを防ぐことができます。

自動接続機能とキルスイッチ
▼タップして開く

自動接続は、インターネットに接続した瞬間にVPNも自動的に接続する機能です。

キルスイッチは、VPN接続が突如切れた場合に全てのネットワーク活動を自動的に遮断する機能です。

自動的に遮断することで、接続が不安定な環境でもデータの漏洩リスクを低減できます。

ノーログポリシーを採用しているか

ノーログポリシーは、VPNプロバイダーがユーザーのオンラインでの行動履歴や情報の記録を、サーバーに保持しないことを意味します。

このポリシーは、プライバシー保護とセキュリティ強化のために重要なポイントです。

行動履歴や情報の一例

  1. ウェブブラウジング履歴: 訪れたウェブサイトのURL、ページのタイトル、訪問時間など。
  2. 検索クエリ: Google、Bing、Yahooなどの検索エンジンで入力した検索キーワード。
  3. ダウンロード履歴: ダウンロードしたファイルの種類、名前、ダウンロード元のURL。
  4. メッセージ交換: オンラインチャットやメッセンジャーアプリでの会話内容。
  5. Eメール交換: 送信したメールの内容、送信先、受信メールとその送信者。
  6. ストリーミング履歴: 視聴したビデオや音楽のタイトル、プラットフォーム名。
  7. オンラインショッピング: 購入した商品、閲覧した商品ページ、カートに追加したが購入しなかった商品など。
  8. ソーシャルメディア: 投稿やいいね、フォローした人、チェックイン場所。
  9. ファイル共有: アップロードやダウンロードしたファイル、P2Pネットワークでの活動。
  10. アプリ使用履歴: 使用したアプリケーション、その使用時間、どのような操作をしたか。
  11. 地理的位置情報: GPSやWi-Fiによる位置情報。
  12. IPアドレス履歴: 接続したIPアドレスとその時間。
  13. デバイス情報: 使用したデバイスの種類、ブラウザ、オペレーティングシステム。

ただし、サービスによっては「ノーログ」の定義が異なる場合があるので、具体的に何が保存されないのか、プライバシーポリシー等でしっかりと確認することが重要です。

VPNサービスが「ノーログ」を謳っていても、実際の運用や法的要件はさまざまです

過去には、「ノーログ」を謳いながらもユーザー情報を保存していたと後で判明するケースもありました。

2017年、セキュリティ専門家や報道機関が、PureVPNが「ノーログ」を宣言しているにもかかわらず、ユーザーの実際のIPアドレスやタイムスタンプ情報を保存していたと報告しています。

PureVPNから提出された情報は、FBIによる犯罪調査で使用されました。

PureVPN logs allegedly aiding FBI cyberstalker suspicions on the we

また、2018年にはIPVanishも類似の問題で取り上げられました。

IPVanishは「ノーログ」を謳っていましたが、犯罪調査でユーザーデータがアメリカの当局に提供されたと報じられました。

IPVanish allegedly assists in the arrest of criminal suspects in matters of national security

このように、過去には「ノーログ」を謳っていながらも実際にはログを保存していたとされる事例が存在します。

これらの事例は、ノーログポリシーを確認する際の重要な観点とされています。

それは「ノーログ」という言葉だけではなく、その背後にある具体的なポリシーや運用法的要件についても理解する必要があるからです。

iOSに対応しているか

iOSはAppleのモバイルオペレーティングシステムであり、独自のセキュリティフレームワークとプライバシー機能が組み込まれています。

このため、すべてのVPNサービスがiOSに適しているわけではありません。

VPNによってはAndroidやWindowsに特化している場合があり、iOSには正式に対応していないことも少なくありません。

スクロールできます

NordVPN

MillenVPN

Surfshark

AtlasVPN

FastestVPN
パナマ日本オランダアメリカイングランド
1年プラン
¥8,520
30日間返金保証
1年プラン
¥7,128
30日間返金保証
1年プラン
¥7,934
30日間返金保証
1年プラン
¥5,172
30日間返金保証
1年プラン
19.95ドル
31日間返金保証
Android.
Windows.
macOS.
iOS-iphone/ipad.
Android.
Windows.
macOS.
iOS-iphone/ipad.
Android.
Windows.
macOS.
iOS-iphone/ipad.
Android.
Windows.
macOS.
iOS-iphone/ipad
Android.
Windows.
macOS.
iOS-iphone/ipad
詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

また、iOSに対応したVPNサービスを選ぶ際には、アプリのレビューや評価も重要な判断基準となります。

App Storeにはユーザーによる評価やレビューが多数掲載されていますので、それらを確認することでサービスの品質をある程度判断できます。

特に、接続速度、安定性、カスタマーサポートの対応などについての情報は、他のユーザーのレビューから得られる場合が多いです。

これらの要点を考慮に入れて、iOSに対応したVPNサービスを選ぶことで、より安全で快適なインターネット環境を実現できます。

無料のVPNに要注意!

データ漏洩やマルウェア感染のリスク

iPhoneユーザーが無料のVPNを使用する際にも、データ漏洩やマルウェア感染のリスクがあります。

App Storeからダウンロードしたとしても、そのVPNアプリがどれだけ安全なのかは保証されません。

悪意を持った無料VPNはセキュリティが不十分であり、iPhone上の個人情報を危険にさらしてしまう可能性があります。

マルウェアは多く形態があり、さまざまな種類の攻撃を行います。

以下は、マルウェアが具体的に何をするかの一例です。

  1. データ盗難: 個人情報や重要なデータに不正にアクセスし情報を盗まれます。
  2. キーロガー: キーストローク(キーボードを使って入力する操作)を監視し、パスワードやクレジットカード番号などの情報を窃取します。
  3. ランサムウェア: ファイルやシステムを暗号化し、解除するための「身代金」を要求します。
  4. スパイウェア: ユーザーのオンライン活動を監視し、これを第三者と共有することがあります。
  5. 広告ソフトウェア: 広告を表示させ、意図しないウェブサイトに自動的にリダイレクトされます。
  6. トロイの木馬: 一見無害なソフトウェアとして装いつつ、実は悪意のある行動を秘密裏に実行します。
  7. ボット: ユーザーのデバイスを不正に制御し、ネットワークを形成して大規模な攻撃(例: DDoS攻撃)を行います。
  8. 暗号マイニング: ユーザーのデバイスの計算能力を使い、暗号通貨を不正にマイニングします。
  9. ルートキット: システムレベルでデバイスに侵入し、管理者権限を奪って不正な活動を行います。

iPhoneの場合、iOSのセキュリティが高いためマルウェアに感染するリスクは低いとされていますが、不正確なアプリやサービスを使用すると、上記のようなリスクが存在します。

一日のデータ使用量制限や接続速度の低下

無料のVPNサービスでは一日あたりのデータ使用量に制限が設けられているものがあります。

例えば500MBや1GBなど、ある一定量を超えると、その日はそれ以上VPNを使用できなくなります。

このような制限は、VPNサービスが高負荷になるのを防ぐためや、無料ユーザーに対する制限として設定されています。

iPhoneに起こる影響

  • 動画ストリーミング: 高解像度の動画をストリーミングする際には、データ使用量が非常に高くなります。
    制限を超えると、動画が途中でストップしてしまい、その日はそれ以上視聴できなくなります。
  • 大容量ファイルのダウンロード: アプリのアップデート、動画、音楽、ゲームなどの大きなファイルをダウンロードする場合も、データ制限に引っかかるリスクが高いです。
  • ビデオ会議: ZoomやSkypeなどのビデオ会議も高いデータ使用量を必要とするため、一日の制限に達してしまうと会議が途中で切れてしまいます。
  • ゲーム: オンラインゲームは多くのデータを使用します。
    無料VPNの制限に達してしまうと、ゲーム中に接続が切れる可能性があります。
  • 接続速度の低下: 一定量のデータ使用に達すると、一部の無料VPNサービスでは接続速度が著しく低下することがあります。
    特にストリーミングやダウンロード、オンラインゲームに影響を与えます。

制限に達して使えなくなるのを回避するためには、有料のVPNサービスを利用するのがおすすめです。

iPhoneで使えるおすすめのVPN

  • NordVPN(拠点:パナマ)
    • 最強のセキュリティVPN
  • MillenVPN(拠点:日本)
    • 豊富なVODサービス
  • Surfshark(拠点:オランダ)
    • 最高のコストパフォーマンス
  • AtlasVPN(拠点:アメリカ)
    • 接続速度を優先したい方
  • FastestVPN拠点:イングランド)
    • 非常に高速、世界中に繋がる

iPhoneでVPNを使う際のよくある質問と回答

iPhoneでVPNを使うとインターネットが遅くなりますか?

VPNの使用による遅延は、サーバーの物理的な距離、サーバーの負荷、そして暗号化にかかる時間などに依存します。

iOSデバイスにおいてもこの原則は変わらず、全てのデバイスで一定の遅延が発生する可能性があります。

しかし、高品質なVPNアプリを使用する場合、適切に設計された暗号化アルゴリズムと高速なサーバーが用いられるため、実用上は遅延をほとんど感じないケースが多いです。

Wi-Fiがない場所でも、iPhoneでVPNは使えますか?

Wi-Fiがない場所でも、iPhoneのモバイルデータを使用してVPNは機能します

ただし、モバイルデータを使用する場合、少量の追加データ消費が発生する点と、モバイルデータの速度や信頼性がVPNのパフォーマンスに影響を与える可能性があります。

特にデータプランに制限がある場合は、この点を考慮する必要があります。

iPhoneでVPN接続が切れたらどうなりますか?

有料VPNには通常、「キルスイッチ」と呼ばれる機能が組み込まれています。

この機能はVPN接続が突如として切れた場合、自動的にすべてのインターネット接続を遮断して、個人情報の漏洩を防ぎます。

iPhoneにインストールされたVPNアプリがこの機能をサポートしている場合、接続が切れた際には安全が保たれます。

ただし、全てのVPNアプリがこの機能を提供しているわけではないので、アプリ選びの際にはこの点もチェックすると良いでしょう。

シェアしてね!
目次