1,000ポイントプレゼント 楽天市場アプリ 新規ダウンロード

日本企業が運営するVPN3選【ミレン・スイカ・セカイ】

本ページはプロモーションが含まれています

この記事でお伝えする内容
  • 国内VPNはMillenVPNがおすすめ
  • 日本企業が運営するVPNを使うメリット・デメリット
  • 失敗しないVPNの選び方
目次

日本企業が運営するVPN3選

スクロールできます

MillenVPN

スイカVPN

セカイVPN
日本日本日本
運営企業
アズポケット
運営企業
MAJ-Tech
運営企業
インターリンク
セキュリティ
256ビットAES暗号化
キルスイッチ
DNSリーク保護
ノーログポリシー
セキュリティ
非公開
セキュリティ
非公開
プロトコル
・OpenVPN
・IKEv2/IPsec
プロトコル
PPTP
L2TP/IKEv2
Shadowsocks
OpenConnect
プロトコル
PPTP
L2TP/IKEv2
OpenVPN
OpenConnect
サーバーの場所
72カ国
サーバーの台数
約1,300台
サーバーの場所
45都市
サーバーの台数
約50台
サーバーの場所
10カ国
サーバーの台数
非公開
1年プラン
¥7,128
30日間返金保証
1年プラン
¥11,258
30日間返金保証
1年プランなし
月額 ¥1,100
2ヶ月無料
契約期間
7日間プラン
15日間プラン
30日間プラン
1年プラン
2年プラン
契約期間
1ヶ月プラン
3ヶ月プラン
6ヶ月プラン
1年プラン
2年プラン
契約期間
1ヶ月プラン
同時接続
10台
同時接続
50台
同時接続
3台
電話サポートなし
メール対応
AIチャット
電話サポートなし
メール対応
電話サポートなし
メール対応
詳細を見る詳細を見る詳細を見る

日本企業のVPNはセキュリティ強化に特化している傾向があります。

一方、海外のVPNサービスは、より広い範囲に利用できる国際的なサーバーネットワークを持ち、多国籍なコンテンツへのアクセスに強みを持っています。

日本企業の中でも唯一、MillenVPNは世界中に72か所にわたる1,300以上のサーバーを有し、地理的な制限を回避してさまざまな地域のコンテンツを楽しむことができます

セキュリティの強化と同時に海外のコンテンツも同時に楽しみたい方にはMillenVPNがおすすめです。

日本から見れる海外のVODサービス

スクロールできます
MillenVPNスイカVPNセカイVPN
Amazon Prime Video⚪︎⚪︎⚪︎
Netflix⚪︎⚪︎⚪︎
YouTube⚪︎⚪︎⚪︎
YouTube Premium⚪︎⚪︎⚪︎
Spotify⚪︎⚪︎⚪︎
Disney+⚪︎⚪︎⚪︎
TVBAnywhere+⚪︎⚪︎×
iQyi⚪︎××
Viu.com⚪︎××
DAZN⚪︎⚪︎⚪︎
F1TVPro⚪︎××
France.TV⚪︎××

高コスパで選ぶならMillenVPN(ミレンVPN)

MillenVPNは、手頃な価格で高品質なセキュリティを提供する信頼性の高いVPNサービスです。

コストパフォーマンスと料金のバランスが良いので、当サイトで一押しのVPNです。

▼MillenVPNのお申し込みかここから▼

主な特徴と価格

MillenVPNなら簡単にスマホやタブレット、パソコンのインターネット接続を暗号化し、セキュリティを強化し、プライバシーを保護できます。

日本から海外の動画を見る

日本から利用できない海外版の動画配信サービス(アメリカや韓国などのNetflixなど)にアクセスして、動画を視聴できます。

海外から日本の動画を見る

海外から利用できない、日本の動画配信サービスにアクセスして動画を視聴できます。

フリーWi-Fiのセキュリティを強化

危険なフリーWi-Fiも暗号化することで、安全に利用できます。

テレワークのセキュリティを強化

インターネット接続を暗号化することにより、機密情報の漏洩を防ぐことができます。

サービスは7日プランの638円から始まり、2年契約の月額¥396まで幅広く設定されています。

プラン料金
7日プラン638円/7日
15日プラン1,078円/15日
30日プラン1,738円/30日
1年プラン
1年契約:7,128 円
(月額594円)
2年プラン
一番人気
2年契約:9,504
(月額396円)
税込価格

7日プランや15日プランは短期の旅行の際に便利で、空港やカフェなどのフリーWi-Fiなど、セキュリティが不確かな公共のネットワークでの利用に特に適しており、個人情報や通信内容を保護するのに役立ちます。

  • 使いやすさ: PCやスマートフォン専用アプリから簡単にアクセスでき、追加の機器は必要ありません。
  • ストリーミングとP2P: ストリーミングサービスに最適化されており、さまざまな国のコンテンツへのアクセスが可能。また、コンテンツの制限なしにP2P共有に対応しています。

MillenVPNのセキュリティ

256ビットAES暗号化

AES(Advanced Encryption Standard)は、広く採用されている暗号化方式で、256ビットのキー長を持ちます。

この長さは、暗号を解読するのに必要な計算量が非常に多く、現実的に破ることがほぼ不可能なレベルのセキュリティです。

銀行や政府機関など、高いセキュリティが要求される環境で使用されています。

キルスイッチ

VPN接続が意図せず切断された場合にインターネット接続を自動的に遮断する機能。

VPN接続が不安定な状況でのデータ漏洩を防ぎます。

DNSリークの保護

DNSリクエストがVPNトンネルを経由することを保証し、ユーザーの実際のIPアドレスが露呈するのを防ぐ機能です。

ノーログポリシー

ユーザーがオンラインで行った行動のログやデータを、いっさい記録しないためプライバシーが保護されます。

▼MillenVPNのお申し込みかここから▼

社名アズポケット株式会社
所在地 〒542-0081 大阪府大阪市中央区南船場4-10-5-702
設立日2016年4月11日
事業内容インターネットインフラ事業
電気通信事業法に基づく電気通信事業
事業者番号届出電気通信事業者 E-28-03926

中国への接続に強いスイカVPN

スイカVPNは検閲の厳しい国で大活躍。

特に中国に住んでいる日本人にとって必需品です。

インターネットで閲覧規制の厳しい国からでも、Youtube、Facebook、Twitter、 Instagram、LINE等が利用できるようになります。

▼スイカVPNのお申し込みはここから▼

スイカVPNの接続方式

IKEv2、PPTP、L2TP、OpenConnect、Shadowsocksの5つの接続方式で、各種デバイスに対応。

機器が苦手な方でも簡単に設定できます。

スイカVPNの設定方法

PPTP

互換性が高く、軽い通信が可能です。

動画のストリーミングにオススメ。Apple(Mac OS,iOS)はサポート外。

L2TP

強固なセキュリティ。

対応端末が多く、Apple(Mac OS,iOS)も利用可。暗号化の構造上、速度が出にくい。

IKEv2

高いセキュリティを保持しつつ速度も良好な安定的なプロトコル。

ほぼすべてのOS・デバイスに対応。

Shadowsocks

新しい暗号化で安定性と速度を実現。

専用ソフトのインストールが必要です。

OpenConnect

OpenConnectはSSL VPNクライアントとして動作するオープンソースです。

スイカVPNの料金プラン

どのプランで申し込んでも30日間の無料キャンセル期間が適応されます。

プラン変更、継続利用の解除はマイページで行なえます。

お得な長期プラン(1年プラン、2年プラン)がおすすめです。

プラン料金
1ヶ月プラン1,097円
3ヶ月プラン3,144円
6ヶ月プラン5,932円
1年プラン
おすすめ
11,258円
2年プラン21,094円

▼スイカVPNのお申し込みはここから▼

社名株式会社MAJ Tech
所在地〒103-0022 東京都中央区
日本橋室町一丁目13番1号 DKノア4階
設立日2020年3月2日
届出資格総務省関東総合通信局
電気通信事業番号 A-01-17757
事業内容WEB制作、システム開発、WEB運用
WEBプロモーション、ネットワークサービス

安さで選ぶならセカイVPN

セカイVPNは日本や世界各国のIPアドレスを選んで使えるIP共有型のVPNサービスです。

お使いのネット環境から 各国のセカイVPNサーバーに接続して、お好みの国のIPアドレスを使用できます。

セカイVPNで接続後のアクセスは、セカイVPNサーバーを経由して行われます。

セカイVPNの料金は月額1,100円のサブスクプランのみなので、短期の旅行や初心者のお試しにもおすすめです。

最初の2ヶ月は無料

▼スイカVPNのお申し込みはここから▼

セカイブラウザは面倒な設定なし

セカイブラウザとはセカイVPNの無料オプションサービスです。

Windows版とMac版のブラウザアプリです。

ブラウザしか使わない場合、そして日本のIPだけでよい方におすすめです。

セカイブラウザは日本設置のアプリ専用サーバー経由で通信を行います。

そのため海外にいても、ブラウザ内でのやりとりは、日本国内のインターネット環境と同じになります。

面倒な設定なしで、海外でも日本と同じ環境でインターネットが見られます。

iPhone、iPad、Androidでは使えません

セカイVPNでできること

お好みの国へVPN接続すると

他国のサイト、サービスを使用できる。(オンデマンドサービス、動画配信サイト、オンラインゲーム)

ネット規制が厳しい国でも日本と同じようにInstagram、Youtubeを使える。(日本にVPN接続)

セキュリティ対策

盗聴される危険性の高い無料Wi-Fiスポット等で、VPN接続をすることで通信が暗号化され、安全にインターネットできる。

利用中のネット環境のIPと異なるIPアドレスで通信が可能、IPアドレスを変更することで匿名性を高められる。

アクセス規制対策

掲示板やブログの書き込み規制回避。

セカイVPNはネットの規制を回避します。

旅行で訪れた国でいつも見ている動画やWebサイトが見れない、アプリが使えないをプライバシーを保護しながら解決します。

▼セカイVPNのお申し込みはここから▼

社名株式会社インターリンク
設立1992年4月7日
住所〒170-6045 東京都豊島区東池袋3-1-1
サンシャイン60 45F
事業内容インターネットプロバイダー業務
新gTLD業務
レンタルサーバー業務
ICANN公認レジストラ
ドメイン名レジストリ事業
JPドメイン指定事業者
コンサルティング業務
レンタルPC事業

日本企業が運営するVPNを使うメリット

  • 言語の壁がない
  • 国内法規制に適合している
  • サーバーの地理的近さ
  • 海外から日本のコンテンツへのアクセス
  • 充実したカスタマーサポート

メリット1

言語の壁がない

日本企業が運営するVPNサービスの大きな利点の一つは、完全に日本語で対応してくれる点です。

ユーザーインターフェースは、日本人にとって馴染み深く、直感的に操作ができるように日本語で設計されています。

これは、アプリケーションの各種設定から高度な機能の調整に至るまで、ユーザーがストレスなく操作できる環境を提供します。

また、VPN使用に関するトラブルシューティングや使用方法のガイドも、日本語で書かれているため、技術的に難しい設定や疑問点に直面した際の理解と解決が容易になります。

言語の壁は日本人にとって非常に重要であり、特に英語に自信がないユーザーにとっては、日本企業のVPNを選択する大きな動機となるでしょう。

メリット2

国内法規制に適合している

日本企業によるVPNサービスのもう一つの重要なメリットは、日本の法律や規制への適合です。

日本企業が運営するVPNは、日本国内のデータ保護法やプライバシーに関する規制に沿って運営されているため、ユーザーデータの取り扱いや保護に関して高い基準が適用されます。

規制によってユーザーの個人情報が適切に管理され、不当なアクセスや漏洩から保護されることを意味します。

国内法規制への適合は、ユーザーが法的なリスクや問題に直面する危険も減ります。

たとえば、海外のサービスプロバイダーが適用する法律が日本のものと異なる場合、ユーザーは予期せぬ法的問題に巻き込まれるリスクがあります。

しかし、日本企業によるVPNサービスを利用することで、そのような心配から解放され、安心してオンライン活動を行うことができます。

法的適合性は、ビジネスユーザーやセキュリティに不安があるな個人ユーザーにとって、大きな安心材料となります。

メリット3

サーバーの地理的近さ

サーバーの物理的な位置がユーザーに近ければ、データの伝送経路が短くなり、結果としてより高速で安定したインターネット接続が享受できます。

回線の速度と安定性は、オンラインゲームや高解像度動画のストリーミングのような、遅延に敏感なアプリケーションにおいて特に重要です。

たとえばオンラインゲームで、遅延(ラグ)が少なければプレイヤーのパフォーマンスに直接影響し、動画配信サービスでは、ストレスなく動画を視聴できます。

メリット4

充実したカスタマーサポート

日本のカスタマーサポートは、世界的にも丁寧な対応とサービスの質の高さで知られており、VPNの品質にも影響しています。

日本の文化では、顧客満足を最優先するという姿勢が強く、これがカスタマーサポートの質を高める一因となっています。

顧客の問題に対して迅速かつ効果的に対応し、クレームや技術的な問題が発生した場合でも、速やかに解決策できるように、サービスの質を継続的に向上させています。

日本企業が提供するVPNを利用することで、技術的な問題や使用方法に関する疑問がある場合でも、安心してサポートを求めることができます。

日本企業が運営するVPNを使うデメリット

  • プライバシー保護の問題
  • サーバーの選択肢が少ない
  • 海外VPNとの技術的な差

デメリット1

プライバシー保護の問題

日本企業が運営するVPNサービスにおける一つのデメリットは、プライバシー保護の問題です。

日本の法律により、VPNプロバイダーは一定のデータ記録を行うことが求められる場合があります。

これは、利用者の活動履歴や接続データが一定期間保存されることを意味し、要請により第三者に開示される可能性があります。

データ保持の方針は、VPNサービスが提供する匿名性やプライバシーの保護という本来の目的と矛盾する可能性があり、ユーザーにとって信頼性や安心感を損なう要因となり得ます。

特に無料VPNではプライバシーの心配があるので、有料VPNがおすすめです。

デメリット2

サーバーの選択肢が少ない

日本企業によるVPNサービスで見られる一つの制約は、サーバーの選択肢の少なさです。

日本企業によるVPNサービスは主に日本国内のサーバーに重点を置いており、国際的なサーバーネットワークは限定的です。

サーバーの選択肢が少ないことは、ユーザーが世界各国のサーバーにアクセスし、地理的な制限を回避する際に直接影響を及ぼします。

例えば、海外の特定のコンテンツにアクセスしたり、地域に基づくインターネットの制限を避けたりするためには、広範なサーバーネットワークが必要ですが、これが制限されるとVPNの利用価値が大きく減少します。

特に、海外のサービスや情報に頻繁にアクセスする必要があるビジネスユーザーや研究者、世界中を旅する人々にとって顕著な問題となるでしょう。

MillenVPNは海外の優良VPNと比較しても、劣らないほどサーバーが設置されているのでおすすめです。

スクロールできます

NordVPN

MillenVPN

Surfshark

AtlasVPN

ExpressVPN
パナマ日本オランダアメリカイギリス
サーバーの場所
60カ国
サーバーの台数
約5,500台
サーバーの場所
72カ国
サーバーの台数
約1,300台
サーバーの場所
72カ国
サーバーの台数
約3,200台
サーバーの場所
42カ国
サーバーの台数
約1,000台
サーバーの場所
94カ国
サーバーの台数
約3,000台
1年プラン
¥8,520
30日間返金保証
1年プラン
¥7,128
30日間返金保証
1年プラン
¥7,934
30日間返金保証
1年プラン
¥5,172
30日間返金保証
1年プラン
¥11,808
30日間返金保証
詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

▼MillenVPNのお申し込みかここから▼

デメリット3

海外VPNとの技術的な差

日本のプロバイダーは、しばしば海外のプロバイダーと比較して最新の技術や機能の提供において遅れを取っています。

これは、セキュリティ機能の更新が遅れること、高度な接続オプションの不足、ユーザーインターフェースの改善が不十分であることなどを含みます。

特にセキュリティ面での懸念は、新しい暗号化技術の遅延導入や脆弱性への対応遅れを意味し、ユーザーの安全とプライバシーを危険にさらす可能性があります。

最先端の機能や高度なセキュリティ対策を求めるユーザーにとって、これらの技術的制約はVPNを契約する際の重要な検討事項です。

これらの制約は、VPNサービスの将来性や市場での競争力にも影響を及ぼし、日本のVPNサービスの国際市場における位置づけにも影響を与える可能性があります。

MillenVPNは海外の優良VPNと比較しても、セキュリティや暗号化技術が同等なのでおすすめです。

スクロールできます

NordVPN

MillenVPN

Surfshark

AtlasVPN

ExpressVPN
パナマ日本オランダアメリカイギリス
256ビットAES暗号化
キルスイッチ
DNSリーク保護
ノーログポリシー
256ビットAES暗号化
キルスイッチ
DNSリーク保護
ノーログポリシー
256ビットAES暗号化
キルスイッチ
DNSリーク保護
ノーログポリシー
256ビットAES暗号化
キルスイッチ
DNSリーク保護
ノーログポリシー
256ビットAES暗号化
キルスイッチ
DNSリーク保護
ノーログポリシー
1年プラン
¥8,520
30日間返金保証
1年プラン
¥7,128
30日間返金保証
1年プラン
¥7,934
30日間返金保証
1年プラン
¥5,172
30日間返金保証
1年プラン
¥11,808
30日間返金保証
詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

▼MillenVPNのお申し込みかここから▼

日本企業が運営するVPNの選び方

  • セキュリティ機能の確認
  • サーバーの場所と配置数の確認
  • コストパフォーマンスと料金プランの比較

またVPNとはどんなものかは以下の記事に詳しく解説しています。

セキュリティ機能の確認

セキュリティはVPNを選ぶ際に最も重要なチェックポイントです。

強力な暗号化技術を使用しているか、プライバシー保護のためにログを保持しないポリシーを採用しているかなど、セキュリティ機能を詳細に確認しましょう。

キルスイッチ機能があるかどうかも重要です。

これは、VPN接続が不意に切断された場合にインターネット接続を自動的に遮断し、データ漏洩を防ぐ機能です。

セキュリティは以下の点を抑えておくと安心です。

暗号化技術の強度

VPNのセキュリティは、暗号化技術によって大きく左右されます。

強力な暗号化技術として採用されているのが「AES-256ビット暗号化」です。

この技術は、政府機関や軍事組織でも使用されており、現代の技術では解読が極めて困難とされています。

VPNサービスがこの暗号化標準を採用しているか確認しましょう。

ノーログポリシーの有無

プライバシー保護のため、ユーザーのオンライン行動のログを一切保持しない「ノーログポリシー」を採用しているか確認が重要です。

ログが保持されないことは、ユーザーがインターネット上でどんな行動をしたか追跡や監視から守られることを意味します。

VPNのプライバシーポリシーを確認し、実際にログが保持されていないことを確かめましょう。

オンライン行動の一例

  • ウェブブラウジング: インターネットを通じて、様々なウェブサイトやページを閲覧する行為。情報検索、ニュース閲覧、ブログ読みなどが含まれます。
  • ソーシャルメディアの使用: Facebook、Twitter、Instagramなどのソーシャルメディアプラットフォームでの投稿、コメント、いいね!、写真の共有など。
  • オンラインショッピング: Amazonや楽天などのオンラインストアでの商品の検索、比較、購入。
  • メールやメッセージング: メールの送受信、LINEやWhatsAppなどのインスタントメッセージングアプリを使用したコミュニケーション。
  • 動画の視聴と共有: YouTubeやNetflixでの動画視聴、動画のアップロードや共有。
  • オンラインゲーム: インターネットを介して他のプレイヤーと対戦するゲームや、オンラインゲームプラットフォームでの活動。
  • オンライン学習と教育: オンラインコースの受講、ウェビナーやオンラインセミナーへの参加。
  • 仮想通貨やオンラインバンキングの取引: 仮想通貨の取引やオンラインバンキングを通じた資金の管理。
  • 音楽のストリーミング: SpotifyやApple Musicなどのサービスを利用して音楽を聴く。

キルスイッチ機能の有無

キルスイッチはVPN接続が意図せず切断された際に、自動的にインターネット接続を遮断する機能です。

遮断されることで、VPN接続中に発生した不意の切断からデータ漏洩を防ぐことができます。

VPNサービスがこの機能を提供しているかどうかは、安心して使用できるかどうかの大きな判断材料になります。

DNSリーク保護

DNSリークは、VPNを使用しているにも関わらず、本来のIPアドレスが漏洩してしまうリスクです。

VPNサービスがDNSリーク保護を提供しているかを確認し、安全なオンライン通信を保証しているかをチェックしておきましょう。

サーバーの場所と配置数の確認

VPNを選ぶ際にサーバーの場所と配置数を確認することが重要な理由は、主に以下の点に関連しています。

接続速度と安定性

サーバーの場所が利用者の位置に近ければ近いほど、データの伝送距離が短くなり、結果として接続速度が向上します。

また、サーバーに負荷が集中しにくくなるため、接続の安定性も高まります。

地域制限コンテンツへのアクセスの容易さ

特定の地域でのみ利用可能なコンテンツにアクセスするためには、その地域にサーバーが存在する必要があります。

例えば、韓国のNetflixにアクセスするには、韓国内にサーバーがあるVPNを選ぶ必要があります。

負荷分散と回線の混雑回避

サーバーの数が多いと各サーバーへの負荷が分散され、ピーク時でも速度が低下しにくくなります。

サーバーが少ないと、多くのユーザーが同じサーバーに接続するため、速度の低下や接続の不安定性が発生しやすくなります。

多くの国のコンテンツにアクセスできる

サーバーの数が多ければ多いほど選択肢が増え、より多くの国々のIPアドレスを選択できるようになります。

選択肢が増えることで多様なコンテンツへのアクセスや、より広範囲の地理的な回避が可能になります。

コストパフォーマンスと料金プランの比較

高価格なVPNは多くの機能がついていますが、すべてのユーザーにとってそれらの機能が必要かどうかは異なります。

自分が必要とする機能を備えたサービスを適正な価格で選ぶことがコストパフォーマンスの良い選択となります。

また、多くのVPNサービスは長期契約することで月額費用が安くなるように設定されています。

短期間だけの利用を考えている場合と、長期的な利用を考えている場合では、最もコストパフォーマンスの良いプランが異なるため、この点を検討することも重要です。

コストパフォーマンスと料金プランを比較することで予算に合った最適なVPNサービスを選ぶことができ、無駄な出費を避けつつ必要な機能を得ることができます。

VPNに関する役立つ記事のまとめ

シェアしてね!
目次