1,000ポイントプレゼント 楽天市場アプリ 新規ダウンロード

楽天ひかりの工事費の内訳を「標準工事費」と「追加費用」で解説

本ページはプロモーションが含まれています

この記事でお伝えする内容
  • 標準工事費と追加費用の詳細
  • 工事期間とサービス開始までのスケジュール
  • 工事の日までにすること
  • 工事の際のトラブルに注意!
目次

楽天ひかりの標準工事費と追加費用

標準工事費は以下の工事にかかる費用です。

わかりやすくするためにステップを追って解説します。

STEP
屋外工事
  1. 初期調査: 技術者が設置場所を調査し、光ファイバーケーブルの引き込み方法とルートを決定します。
  2. ケーブルの引き込み: 電柱や地下設備からケーブルを建物まで引き込みます。
STEP
屋内工事
  1. ケーブルの室内配線: 屋外から引き込んだ光ファイバーケーブルを、適切な位置に配線します。壁を貫通して他の部屋に配線することもあります。
  2. 光コンセントの設置: ケーブルを室内の光コンセントに接続します。これはインターネットの使用場所に設置されることが多いです。
  3. 終端装置の設置: 光コンセントからのケーブルを終端装置(ONUまたはONT)に接続し、装置を設定します。
ONU・ONTとは

ONU(Optical Network Unit)とONT(Optical Network Terminal)は、光回線の設備で、光ファイバーネットワークを利用してインターネットサービスを提供するために使用されます。

これらの装置は、光信号を電気信号に変換し、その逆の変換も行います。

これにより、家庭やオフィス内のデバイス(コンピュータ、ルーターなど)が光ファイバーネットワークに接続できるようになります。

STEP
設定と接続テスト
  1. 終端装置の設定: プロバイダーによる終端装置の設定を行います。必要に応じてファームウェアのアップデートやネットワーク設定が含まれます。
  2. インターネット接続のテスト: 接続の安定性と速度をテストします。実際の通信速度の測定や接続の安定性の確認が含まれます。
STEP
最終確認

全ての工事が完了し、光回線が正常に機能していることを最終確認します。

技術者が利用者に対して、設置された機器の使用方法や必要なメンテナンスについて説明します。

標準工事費に加え、条件によって以下の追加費用が発生します。

  • 加算工事費・割増工事費
    • 時間帯を指定する場合
    • 夜間・深夜を希望する場合
    • 土日・祝日を希望する場合

標準工事費の金額と範囲

楽天ひかりの基本工事費は、新規加入者が光インターネットサービスを利用するために必要な工事の費用です。

これには、光ファイバーの引き込み、光回線終端装置(ONU)の設置、および内部配線の工事が含まれます。

基本工事費はキャンペーンによって異なることがありますが、一般的には10,000円から30,000円程度が相場です。

標準工事にかかる費用は「マンションプラン(集合住宅)」と「ファミリープラン(戸建)」ごとに異なります。

マンションプラン(集合住宅)の工事費

▼初期登録費

スクロールできます
商品初期登録費用工事費
フレッツ光の
利用がない方 
880円0円
フレッツ光を
利用中の方(転用)
1,980円0円
他社の光コラボを
利用中の方(事業者変更)
1,980円工事費が発生
(下表を参照)
  • フレッツ光の利用がない方
    • インターネット回線契約が何もない
    • フレッツ光以外の光回線( NURO 光、auひかり、SoftBank Air、ケーブルテレビインターネット、電力系光回線、モバイルWi-Fiなど)を利用している
    • ADSL回線を利用している
  • フレッツ光をご利用中の方
    •  フレッツ光といずれかのプロバイダーを利用されている方
  • 他社光コラボをご利用中の方
    • 他社光コラボ(SoftBank 光、ドコモ光、OCN 光、ぷらら光、ビッグローブ光、So-net 光 プラスなど)を利用されている方

▼標準工事費 マンションプラン(集合住宅)

スクロールできます
支払い方法派遣工事あり派遣工事なし
配線調整あり配線調整なし
一括16,500円8,360円2,200円
分割
(24回)
687円/月348円/月91円/月

室内に既存の配線がある場合でも、回線を繋ぎ直したり、マンション共用設備での調整作業が発生し、配線の新設時と同等の工事費が発生する場合があります。

既にドコモ光やソフトバンク光などの光コラボを使っている場合であれば、乗り換え(事業者変更)となるので立ち会い工事は不要です。

無派遣工事となりますので、工事費用は2,200円で済みます

▼他社の光回線との比較(工事費・契約期間・違約金)

スクロールできます
回線マンション 料金契約期間途中解約の違約金
楽天ひかり月額4,180円
工事費16,500円
3年4,180円
OCN光月額3,960円
工事費16,500円
2年3,600円
ソフトバンク光月額4,180円
工事費26,400円
2年4,180円
@TCOMヒカリ月額4,180円
工事費16,500円
2年2,200円
ASAHIネット光月額4,235円
工事費16,500円
1年4,488円
@nifty光月額4,378円
工事費16,500円
3年3,630円
ビッグローブ光月額4,378円
工事費16,500円
3年3,360円
ドコモ光月額4,620円
工事費16,500円
2年4,180円
So-net光プラス月額4,928円
工事費26,400円
2年3,480円
NURO 光月額5,200円
工事費44,000円
3年3,850円
+撤去費
auひかり月額4,180円
工事費33,000円
3年2,730円
+撤去費
フレッツ光月額3,575円~
+プロバイダ料
工事費16,500円
2年東:1,650円
西:2,200円

▼時間や曜日を指定したい場合(加算工事費・割増工事費)

工事の時間や曜日を指定する場合は以下の料金が追加でかかります。

スクロールできます
時間帯/1時間ごとに指定可能金額
昼間(9:00~16:00)12,100円
夜間(17:00~21:00)東日本エリア 19,800円
西日本エリア 22,000円
深夜(22:00~8:00)東日本エリア 30,800円
西日本エリア 33,000円
日時金額
土日・祝日3,300円

▼手数料が必要な場合の事務手数料

支払い方法金額
口座振替110円
窓口払い220円
クレジットカード無料

▼契約解除料

プラン名契約解除料
ファミリープラン(戸建)4,800円(税込5,280円)
ファミリープラン(戸建)の料金プラン

▼初期登録費

スクロールできます
商品初期登録費用工事費
フレッツ光の
利用がない方 
880円0円
フレッツ光を
利用中の方(転用)
1,980円0円
他社の光コラボを
利用中の方(事業者変更)
1,980円工事費が発生(下表を参照)

フレッツ光の利用がない方とは、以下のいずれかに該当する人になります。

  • インターネット回線契約が何もない
  • フレッツ光以外の光回線( NURO 光、auひかり、SoftBank Air、ケーブルテレビインターネット、電力系光回線、モバイルWi-Fiなど)を利用している
  • ADSL回線を利用している

▼標準工事費 ファミリープラン(戸建)

スクロールできます
支払い方法派遣工事あり派遣工事なし
配線調整あり配線調整なし
一括19,800円8,360円2,200円
分割
(24回)
825円/月348円/月91円/月

設置場所の環境等により、派遣工事の有無、屋内配線の新設有無、および工事費が変更になる場合があります。

▼他社の光回線との比較(工事費・契約期間・違約金)

スクロールできます
回線戸建て 料金契約期間途中解約の違約金
楽天ひかり月額5,280円
工事費19,800円
3年5,280円
OCN光月額5,610円
工事費19,800円
2年3,600円
ソフトバンク光月額5,720円
工事費26,400円
2年5,720円
@TCOMヒカリ月額5,610円
工事費19,800円
2年3,300円
ASAHIネット光月額5,698円
工事費19,800円
1年5,698円
@nifty光月額5,720円
工事費19,800円
3年4,840円
ビッグローブ光月額5,478円
工事費19,800円
3年4,230円
ドコモ光月額5,940円
工事費19,800円
2年5,500円
So-net光プラス月額6,138円
工事費26,400円
2年4,580円
NURO 光月額5,200円
工事費44,000円
3年3,850円
+撤去費
auひかり月額5,610円
工事費42,250円
3年4,730円
+撤去費
フレッツ光月額4,730円~
+プロバイダ料
工事費19,800円
2年東:4,950円
西:4,400円

▼時間や曜日を指定したい場合(加算工事費・割増工事費)

工事の時間や曜日を指定する場合は以下の料金が追加でかかります。

スクロールできます
時間帯/1時間ごとに指定可能金額
昼間(9:00~16:00)12,100円
夜間(17:00~21:00)東日本エリア 19,800円
西日本エリア 22,000円
深夜(22:00~8:00)東日本エリア 30,800円
西日本エリア 33,000円
日時金額
土日・祝日3,300円

▼手数料が必要な場合の事務手数料

支払い方法金額
口座振替110円
窓口払い220円
クレジットカード無料

▼契約解除料

プラン名契約解除料
ファミリープラン(戸建)4,800円(税込5,280円)

追加工事費が発生するケース

追加工事費が発生するケースは、基本工事費に含まれない特殊な工事が必要となる場合です。

以下にいくつかの例を挙げます。

配線距離が長い場合

基本工事費には一定の配線距離が含まれていますが、それを超える場合には追加費用が発生することがあります。

壁掘削や天井配線が必要な場合

建物の構造や設備の配置によっては、壁掘削や天井配線が必要になることがあります。

これらの追加工事には別途費用がかかります。

マンションの共同アンテナ設備利用

マンションにおいて共同アンテナ設備を利用する場合、その設備と楽天ひかりの回線を接続するための追加工事が必要となります。

追加工事費はケースによって異なりますので、具体的な金額や対応方法については楽天ひかりのサポートセンターにお問い合わせください。

楽天ひかりを契約したまま引越しをする場合の工事費

引っ越しをする際にかかる費用には、移転工事費と移転登録費があります。移転工事費については、東日本エリアと西日本エリアをまたぐ引越しをする方がお支払いするものとなります。

エリアをまたぐ引越しにはさらに「NTT回線種別、NTT機器の変更費用」がかかります。

  • 東日本エリア同士のお引越し、または西日本エリア同士の引越し
    • 移転工事費のみ
  • 東日本エリアと西日本エリアをまたぐ引越し
    • 移転工事費
    • NTT回線種別、NTT機器の変更費用
    • 移転登録費

楽天ひかりの移転工事費

移転工事費は、新しい住所でインターネットサービスを利用するために必要な工事にかかる費用です。

これには、光ファイバーの引き込みや回線終端装置(ONU)の設置、内部配線の工事などが含まれます。移転先の建物の構造や設備によっては、追加工事費が発生することもあります。

楽天ひかりでは原則、工事完了日の翌月に利用料金と移転工事費をあわせて一括でお支払いする形になります。

東日本エリアから東日本エリアへの引越し、または西日本エリアから西日本エリアへの引越し

スクロールできます
工事内容金額
屋内配線調整あり戸建9,900円
集合住宅8,250円
屋内配線調整なし7,150円
派遣工事なし2,200円

▼東日本エリアと西日本エリアをまたぐお引越し

スクロールできます
工事内容金額
屋内配線調整あり戸建19,800円
集合住宅16,500円
屋内配線調整なし8,360円
派遣工事なし2,200円

NTT回線種別、NTT機器の変更費用

品目変更2,200円

移転登録費

スクロールできます
契約状況移転登録費
東日本エリアと西日本エリアをまたぐお引越し880円

移転登録費は、インターネットサービスの契約内容を新しい住所に更新する際にかかる手続き費用です。これには、契約情報の変更や新しい住所へのサービス開始手続きなどが含まれます。

移転工事費は新しい住所でインターネットサービスを利用可能にするための物理的な工事にかかる費用であり、移転登録費は契約情報の更新や手続きにかかる費用です。

標準工事が免除される場合

ADSL回線から楽天ひかりに切り替えを行った場合、以下の条件に該当した際は標準工事費が免除になります。

東日本エリア

フレッツADSL、フレッツISDNご利用で、NTT東日本にて利用者情報が確認できること。

または以下の提供事業者からのお申し込みで、対象サービスおよび契約IDが確認ができ、2017年11月末時点で利用をされていること。

対象提供事業者
  • ソフトバンク株式会社
  • 株式会社TOKAIコミュニケーションズ
  • 株式会社長野県協同電算
  • 新潟通信サービス
  • 飯田ケーブルテレビ
  • 狭山ケーブルテレビ
  • 行田ケーブルテレビ
  • 研究学園都市コミュニティケーブルサービス
  • NTT東日本

西日本エリア

フレッツADSL、フレッツISDNご利用で、NTT西日本にて利用者情報が確認できること。

または以下の提供事業者からのお申し込みで、対象サービスおよび契約IDが確認ができ、2018年9月末時点で利用をされていること。

対象提供事業者
  • ソフトバンク株式会社
  • 株式会社TOKAIコミュニケーションズ
  • 宮古テレビ株式会社
  • 出雲ケーブルビジョン株式会社
  • NTT西日本

楽天ひかり工事期間とサービス開始までのスケジュール

お申し込みから利用開始までは4ステップ。楽天ひかりにお申し込みした日から、最短で1ヶ月で開通します。

STEP
お申し込み

Webフォームから楽天ひかりに申し込みます。

他社光コラボ(※1)、フレッツ光(※2)からお乗り換えの場合は、申し込み前に承諾番号の取得が必要です。

承諾番号の取得方法
  • 乗り換えに該当する方
    • SoftBank 光、ドコモ光、OCN 光、ぷらら光、ビッグローブ光、So-net 光プラスなどを利用
    • フレッツ光といずれかのプロバイダを利用
  • 乗り換えに該当しない方
    •  auひかり、NURO 光、ケーブルテレビインターネット、電力系光回線などをご利用の場合は新規契約に該当します
STEP
工事に関するお知らせ

申し込みから2~3日後に、開通日・工事日に関して、楽天ひかり工事受付センターからメール、もしくは電話でお知らせが届きます。

工事日が決まってから1週間ほどで「開通通知書(契約内容およびアカウントのお知らせ)」が郵送されてきます。

STEP
開通工事

光回線を利用するための工事があります。

ただし、他社光コラボ、フレッツ光からの乗り換えの場合、原則として工事は不要です。

STEP
設定・利用開始

工事完了後、機器の設定をすると楽天ひかりの高速インターネットを利用できます。

インターネット接続方法を見る

楽天ひかりの工事期間とサービス開始までのスケジュールについて、以下のようなプロセスがあります。

まず、工事所要時間の見積もりについてです。楽天ひかりの光回線工事は通常、申し込みから約2週間~1ヶ月程度で行われますが、地域や業者の状況によって変動します。

工事当日の所要時間は建物の構造や工事の規模によって異なりますが、一般的には数時間から半日程度が目安です。

次にサービス利用開始までの流れですが、まず楽天ひかりに申し込みを行い、契約手続きが完了します。

その後工事日程が設定され、工事が実施されます。

工事が完了すると、光回線終端装置(ONU)が設置されルーターと接続されます。

インターネット接続設定を行い、正常に動作することを確認すればサービス利用開始となります。

注意点として工事日程やサービス開始までの期間は、各地域や業者の状況によって異なります。

マンションの場合は共同アンテナ設備や既存の回線との併用が必要な場合があり、これにより工事期間や所要時間が変わることがあります。

具体的なスケジュールや工事内容については個々の状況で変わるので、楽天ひかりのサポートセンターで確認するのが確実です。

楽天ひかりのお問い合わせ窓口

工事日までに準備をすること

  • 準備すること
  • 確認すること
    • 屋内に回線を引き込むため、壁に1cmほどの穴を開ける場合があります。事前に建物所有者に工事施工の承諾を得てください。
    • 共用スペースの解錠が必要な場合があります。建物管理者に解錠を依頼してください。

回線工事でのトラブルに注意

インターネット回線の工事は、現代社会で欠かせないインフラの一部ですが、工事中に様々なトラブルが発生することがあります。回線工事でのトラブルに注意し、以下の4つのポイントを考慮することが重要です。

  1. 配管が劣化して開通工事ができない
  2. 壁に穴をあけられない
  3. 電線が地下に埋まっている
  4. 行政の許可が必要な場合がある

いずれのトラブルにおいて、まずはトラブルの原因を特定し適切な対処方法を検討することが重要です。

また、回線事業者や専門の業者に相談し、最適な解決策を見つけましょう。

これらのトラブルを理解し対策を講じることで、スムーズに回線工事が進みます。

ここではそれぞれの問題について詳しく解説していきます。

配管が劣化して開通工事ができない

回線工事のトラブルとして、配管が劣化していることで開通工事ができないケースがあります。特に、古い建物や長年使われていない配管の場合、劣化や損傷が生じることがあります。このような状況に対処するためには、以下の方法が考えられます。

まず、劣化した配管が見つかった場合、回線事業者や専門の業者に相談しましょう。トラブルの原因や適切な対処方法を判断し、適切なアドバイスをしてくれます。

対処方法としては以下のようなものがあります。

配管の修理・交換

劣化した配管を修理または交換することで、回線工事を進めることができます。

ただし、これには追加費用が発生することがあります。

修理や交換には専門的な技術や許可が必要な場合がありますので、業者と相談してください。

回線のルート変更

劣化した配管を回避するために、別のルートで回線を敷設することも考えられます。

これにより、問題の配管を使用せずに回線工事を進めることができます。

ただし、新たなルートが利用可能であるかどうかは、業者と相談して決定する必要があります。

無線インターネット接続の利用

配管の劣化が回線工事の障害となる場合、無線インターネット接続を利用することで問題を解決することができます。

無線接続は、配管の劣化に関係なくインターネットを利用できるため、劣化した配管のトラブルを解決できます。

配管が劣化して開通工事ができないトラブルに対処するためには、回線事業者や専門の業者と連携し、適切な対策を講じることが重要です。

また、追加費用が発生する場合があるため、予算も考慮して計画を立てましょう。

壁に穴をあけられない

建物の構造上、壁に穴を開けることが許可されていない場合もあります。

これは耐震性や建物の強度に影響を与えるため、壁に穴を開けることが制限されることがあるためです。

この場合、回線事業者や管理会社と相談して代替の方法を検討する必要があります。

例えば、壁を壊さずにケーブルを引き込む方法や、無線でインターネット接続を行う方法などが考えられます。

まずは壁に穴を開けられない原因を特定することが重要です。

壁に穴を開けられない原因

壁の素材

コンクリートや鉄筋コンクリートなど、硬い素材でできた壁の場合、専用のドリルビットや工具が必要になります。

建物の構造

壁に電気配線や配管が通っている場合、それらを損傷させるリスクがあります。

専門家に相談し、適切な場所に穴を開ける必要があります。

壁に穴を開けられない場合の対処方法

工事方法の変更

壁に穴を開けなくても、ケーブルを別の方法で取り回すことができる場合があります。

例えば、床や天井の隙間を利用することで、ケーブルを目立たないように配線することができます。

無線接続の利用

壁に穴を開けることができない場合、無線インターネット接続を利用することで、回線工事のトラブルを回避できます。

無線接続は、壁に穴を開けることなくインターネットを利用できるため、問題を解決できます。

壁に穴を開けることができないトラブルに遭遇した場合は、まず原因を特定し、適切な対処方法を検討することが重要です。

電線が地下に埋まっている

回線工事のトラブルとして、電線が地下に埋まっているケースがあります。

これは、地下に設置された電線が回線工事を行う際に邪魔になることがあるためです。

このような状況に対処する方法はいくつか考えられます。

対処方法としては、以下のような選択肢があります。

電線の移動

地下に埋められた電線を掘り出し、適切な場所に移動させることが一つの解決策です。

ただし業者の専門的な技術や許可が必要であり、追加費用が発生する場合があります。

地上に設置

回線を地上に設置する方法も考えられます。

建物の外壁に沿ってケーブルを引き、窓やドアを通して室内に入れる方法です。

ただし、建物の外観や構造に影響を与えるため、事前に管理会社や他の入居者と相談が必要です。

無線接続の利用

地下の電線によるトラブルを回避することができる無線インターネット接続を利用することも可能です。

まずは回線事業者や専門の業者に相談して、問題の原因や適切な対処方法を確認しましょう。

地下に埋められた電線が回線工事にどのような影響を与えているのか、またどのような対策が可能かを把握することができます。

行政の許可が必要なケースがある

ネット回線事業者のサイトなどを見ると、光回線の対象エリアが記載されています。

対象エリア内に自宅が含まれているにもかかわらず、実際には光回線が届いていないケースも存在します。

その場合、回線を自宅周辺まで引き込むための工事が別途必要となります。

この工事で回線が国道を横断するのであれば、行政に許可をとらなくてはいけません

これは交通安全や周囲の環境に影響を与える可能性があるためです。

以下では、行政の許可について詳しく解説します。

まず、行政の許可が必要となるケースには以下のような例があります。

国道や主要な道路の横断

回線工事で道路を横断する際には、道路管理者である国土交通省や地方自治体からの許可が必要となります。

これは、道路法に基づく規定であり、適切な手続きを行わなければ違法となります。

道路や公共の場所での工事

道路や公共の場所での回線工事にも、関連法令に基づいて行政の許可が必要となることがあります。

例えば、歩道や公園での工事では、地方自治体の許可が必要です。

許可を得るためには、具体的な工事計画や工事にかかる期間、交通規制に関する詳細な情報を提出する必要があります。

工事によっては環境アセスメントや騒音対策などの追加的な手続きが求められることがあります。

これらの手続きは、回線事業者や専門業者が主体となって行うことが一般的です。

行政の許可が必要な回線工事においては、許可申請に時間がかかる場合があります。

そのため工事のスケジュールを考慮し、余裕をもって手続きを進めることが望ましいです。

回線工事において行政の許可が必要なケースでは適切な手続きを行い、スムーズな工事が進められるように注意が必要です。

楽天ひかりのキャンペーン

  • 他社から乗り換え(事業者変更)で1年間2,000円引きキャンペーン
  • 楽天ひかりの契約者はSPUが+2倍
  • 楽天ひかりを初めてお申し込みで1,000ポイントプレゼント

他社から乗り換えで1年間2,000円引きキャンペーン

事業者変更とは、他社光コラボレーションサービスから、新たに工事を実施することなく「楽天ひかり」に乗り換えることです。

光コラボレーションサービスとは、フレッツ光の回線を他の事業者が借り受けて提供しているサービスのことを言います。

月額利用料を2,000円おトクにするには(乗り換え方法)

2年目以降は通常料金になります

マンションプラン(集合住宅) 3,800円(税込4,180円) / ファミリープラン(戸建) 4,800円(税込5,280円)

STEP
事業者変更承諾番号を取得する

「楽天ひかり」お申し込みの前に、自身で契約中の光コラボ事業者(ドコモ光、SoftBank 光、OCN 光、ぷらら光、ビッグローブ光、So-net 光 プラスなど)へ連絡し、取得をお願いします。

承諾番号の取得方法

楽天ひかりへ申し込む際の注意事項

  • 事業者変更承諾番号の有効期限は15日間で、期限が残り4日以上あればお申し込み可能です。4日未満の場合は、自身で再度取得する必要があります。
  • 契約中の光コラボ事業者と、楽天ひかりの契約は同一契約名義・同一設置先である必要があります。
  • 申し込み時に入力間違いがある場合、正しい番号の確認に時間を要するため、利用開始が遅れる可能性があります。
  • 事業者変更承諾番号は”F”または”T”から始まる11桁の英数字の番号です。
STEP
楽天ひかりに申し込む

24時間いつでもお申し込みが可能です。

お申し込みの際は、事業者変更承諾番号の入力をします。

\ 1年間で2万4,000円お得 /

STEP
開通

キャンペーン適用で開通翌月から1年間、月額基本料が2,000円割引。

楽天ひかりの契約者はSPUが+2倍

対象者

<会員ランク>
全会員ランク対象

<ポイント進呈対象>
当月の楽天市場でのお買い物

キャンペーン特典

ポイント+2倍

<ポイント進呈予定日>
楽天市場でのお買い物月の翌月15日

<ポイント期限>
進呈の翌月末日 23:59

<月間獲得上限ポイント数>
1,000ポイント

楽天ひかりを初めてお申し込みで1,000ポイントプレゼント

キャンペーン申込期間

2021年4月1日(木)00:00 ~ 終了日未定

キャンペーン条件

以下①、②の条件をすべて満たした楽天会員の方

①「楽天ひかり」にお申し込み

本ページから、楽天ひかりをお申し込みいただいた方

②「楽天ひかり」の開通

お申し込み月を1カ月目として4カ月目末日以内にはじめて開通した方

特典内容

楽天ポイント1,000円相当

ポイント有効期間

ポイント進呈日を含めて6カ月

\ 初めてサービスを使うごとに1,000ポイント /

インターネットに関する役立つ記事のまとめ

シェアしてね!
目次