1,000ポイントプレゼント 楽天市場アプリ 新規ダウンロード

似てるようで違う!「メッシュWi-Fi」と「Wi-Fi中継器」を徹底解説

本ページはプロモーションが含まれています

この記事でお伝えする内容
  • 「メッシュWi-Fi」と「Wi-Fi中継器」の違い
  • メッシュWi-Fiが必要になるケース
  • メッシュWi-Fiのデメリット
  • 大手メーカーのイチ押しメッシュWi-Fi対応ルーター

メッシュWi-Fi 無線LANルーター売れ筋ランキング

\ 1位〜50位 /

売上に基づいた最も人気の商品。

頻繁に更新されます。

インターネット回線

おすすめの回線

目次

メッシュWi-Fiとは

メッシュWi-Fiとは、Wi-Fiルーターとは別にサテライトと呼ばれる複数の専用中継器を増やすことで、ルーターの負荷を分散させる方法です。

Wi-Fiルーターが単一の信号源となるのに対し、メッシュWi-Fiでは各ルーターが信号源となり、それぞれが他のルーターと連携します。

各ルーターはデータを受け取り、最適なパスを通じて他のルーターに送信します。

その結果、ネットワーク全体が信号範囲の死角を最小限に抑えながら広範囲にわたる信号の伝播を実現します。

メッシュWi-Fiの役割り

通常のWi-Fiルーターは一箇所から信号を放出しますが、メッシュWi-Fiは複数のルーター(ノードと呼ばれます)がそれぞれ信号を放出し、それら全体が一つの大きなネットワークを形成します。

ネットワーク上の各ノードはデータを受信し、最適な経路で他のノードにデータを転送する機能を持っています。これにより、全体のネットワークは信号の届かない場所を最小限にしつつ、大きな範囲に信号を届けることができます。

上記の説明だとわかりづらい場合は、以下について想像してみてください。

家の中に複数の小さなロウソクがあるとします。それぞれのロウソクが光を放つとき、その光はロウソクの周囲に広がります。

これは通常のWi-Fiルーターの働き方に似ています。ただし、ロウソクが1つだけだと、家のすべての部屋に光が届かない可能性があります。

ここでメッシュWi-Fiの登場です。メッシュWi-Fiでは、家の中に複数のロウソクがあるのと同じです。

それぞれのロウソクが光を放ち、さらに他のロウソクからの光を受け取り、その光をさらに広範囲に広げると考えてみてください。

結果として家のすべての部分に光が届きます。

この例では、ロウソクはWi-Fiのノード(ルーター)、光はWi-Fiの信号を表しています。

メッシュWi-Fiは家の中のどこにでも信号が届くように、ノード間で信号を共有し広げます。信号の死角がなくなり、家中どこでも快適にインターネットを利用することが可能になります。

メッシュWi-Fiは、家全体や大きなオフィスなど、広範囲にわたって信号を提供する必要がある環境に特に適しています。

各ノードがデータ転送のルートを自動的に最適化するため、ネットワークの信頼性と効率性も向上します。

この仕組みは、電波干渉や物理的な障害物によってWi-Fi信号が遮られる問題も緩和します。

ノードが互いに通信し、データの最適な経路を常に見つけ出すため、ネットワークは一貫したパフォーマンスを維持することができます。

メッシュWi-Fiの特徴

3つの特徴
  • 広い範囲に届く
  • 信号品質の高さ
  • ネットワーク管理が容易

広い範囲に届く

複数のルーター(ノード)がそれぞれ独立して信号を発信するため、一般的なシングルルーターのシステムよりも大幅に信号カバー範囲を拡張できます。

大きな一軒家や複数階層の建物に住んでいる方にとって特に便利です。

広大なリビングルーム、上の階の寝室、さらには庭までメッシュWi-Fiシステムは各ノードが信号を発信するため、信号の届かない「デッドゾーン」がほとんどなく、全エリアに信号を行き渡らせることが可能です。

信号品質の高さ

メッシュWi-Fiは各ノードが自身の信号品質を維持しつつ、同時に他のノードとデータをやり取りすることで、ネットワーク全体の信号品質を高めます。

例えばあるノードが壁や家具によって遮蔽され信号が弱くなる場合、他のノードが役割を引き継ぎ、ノード間のデータ転送がスムーズに行われので、全体としての信号品質が維持されます。

信号品質が高ければ通信の途切れや遅延が減少し、インターネット接続の安定性が向上します。

広い住居や複数階層の建物では部屋の角や壁など、通常のWi-Fiルーターではカバーしきれない範囲が存在するため、メッシュWi-Fiのような高品質な信号を提供できるシステムが求められます。

その他にも、ビデオ通話や映像のストリーミング、オンラインゲームなどを行う際は、途切れることなく遅延のない信号を必要とするため、メッシュWi-Fiのような高信号品質を持つネットワークが重宝されます。

端末はWi-FiルーターをメッシュWi-Fiの電波の強さを判断して、電波が強いほうに勝手につなぎにいってくれます

ネットワーク管理が容易

メッシュWi-Fiは全てのルーターが互いに連携し一つの大きなネットワークとして作動するため、複数のルーター(ノード)が一体となり単一のネットワークを形成します。

各ルーターは全体のネットワーク状況を把握しており、それぞれが一部を担当するのではなく、全体を共同で管理しています。

つまり、全てのルーターが同じ情報を共有しています。

これは新しいデバイスがネットワークに加わったときや、ネットワークの設定を変更したときに大きな利点となります。

新しいスマートフォンをネットワークに追加したいとき、一般的なWi-Fiルーターの場合はルーターそれぞれに手動で設定を行う必要があります。

しかしメッシュWi-Fiではネットワーク全体に対して一度だけ設定を行えば、全てのルーターに即座に反映されます。

全てのルーターが一つのネットワークとして動作し、情報を共有しているからです。

このように、メッシュWi-Fiはネットワーク管理を大幅に簡素化し、ユーザーにとってより使いやすい環境を実現します。

ネットワーク設定の変更や新しいデバイスの追加など、日々のネットワーク管理作業がより簡単になります。

メッシュWi-Fiの利用シーン

  • 物件の規模が大きい場合
  • 高速データ通信速度が必要な場合
  • 複数のIoTデバイスを管理する場合

物件の規模が大きい場合

広い一軒家やオフィスビルなど、メッシュWi-Fiはその有効性を十二分に発揮します。

一般的なWi-Fiルーターは中心から放射状に信号を発信しますが、放射範囲がある一定の範囲を超える、通信速度が遅くなったり、全く信号が届かなくなる「デッドゾーン」が生じます。

しかし、メッシュWi-Fiは複数のルーター(ノード)が連携して動作するため、一つのルーターがカバーできる範囲を大幅に超えて信号を拡張することができます。

各ノードが独立して信号を発信し他のノードと情報を共有するため、ノード間の接続が保たれ全エリアで一貫したWi-Fi信号を維持します。

リビングルームから地下室、さらには庭までWi-Fiルーターでは難しい広範な信号カバレッジを実現できます。メッシュWi-Fiは全エリアで安定した接続を可能にし、通信品質の低下やデッドゾーンを減らします。

高速データ通信速度が必要な場合

4K映像のストリーミングや大容量のファイルのダウンロード、そして複数のデバイスが同時に接続される状況では高速かつ安定したメッシュWi-Fiの機能が求められます。

メッシュWi-Fiは複数のルーター(ノード)が連携して動作することで、各ノードがデータの最適な転送経路を自動で選択します。

もし一部のルーターが混雑していても他のルーターがその負担を分散させるので、ネットワーク全体としての通信速度が保たれ、快適な通信環境が維持されます。

4K映像のストリーミングは大量のデータを伝送するので、通信速度が遅いと映像が途切れたり品質が低下したりします。

また大容量のファイルのダウンロードでも、データ通信速度が遅いとダウンロード時間が長引きます。メッシュWi-Fiの高速で安定した接続はこれらの問題を軽減することが可能です。

注意点

メッシュWi-Fiを導入するとWi-Fiが使える範囲が広がるのは事実ですが、本来の目的は回線環境の“安定”であり、速度の向上ではありません。

Wi-Fiの電波が強くなることもありません

複数のIoTデバイスを管理する場合

リビングルームにあるスマートテレビ、キッチンのスマート冷蔵庫、寝室のスマートエアコン、さらには庭に設置されたセキュリティカメラといった様々なデバイスは同時にインターネット接続を必要とします。

それぞれのデバイスの場所と機能により、インターネットへの接続品質と速度に違う要求が出てきます。

そんな時でもメッシュWi-Fiのように、各デバイスが接続する場所に信号強度の良いノードがあれば、そのノードから信号を得ることができ信号品質を保つことが可能になります。

またメッシュWi-Fiは全体が一つのネットワークを形成しネットワークの管理を一元化します。

新しいIoTデバイスを追加した場合でも、デバイスをネットワークに登録するだけですぐにネットワーク全体で利用可能になります。

追加したIoTデバイスが大量のデータを送信する必要がある場合でも、メッシュWi-Fiはデータの最適な転送経路を自動で選択します。

つまり最も近くのノードが他のデバイスで混雑していても、別のノードがデータの転送を引き継ぎ全体の通信品質を維持します。

スマートホームのような環境ではメッシュWi-Fiがネットワークの管理を簡素化し、各デバイスのインターネット接続をスムーズにします。

メッシュWi-Fiの仕組み

メッシュWi-Fiの仕組みは特定のルールとプロセスに基づいて、強力で広範囲なワイヤレスネットワークを構成します。以下にその主なステップを説明します。

STEP
ノードの設置と接続

メッシュWi-Fiシステムは、一つの主ノード(親ノード)と複数の追加ノード(子ノード)から構成されます。

親ノードはモデムに接続され、インターネットのアクセスポイントとなります。

子ノードは物件内の別々の場所に設置され、それぞれが親ノードからの信号を受け取り、増幅して周囲に送信します。

STEP
ネットワークの形成

全てのノードは協力して一つの連続したワイヤレスネットワークを形成します。

各ノードが互いに通信し、データパケットが最も効率的なルートをたどって目的地に到達するように制御します。

STEP
自動的なパス選択

メッシュWi-Fiはデータの送信経路を自動的に最適化します。

これはデータが最短または最速で目的地に到達するための経路をシステムが自動的に選択するという意味です。

STEP
信号の強度とカバレッジ

各ノードが独自の信号を発信するため、信号はより広範囲に及び、信号弱化の問題が大幅に減少します。ユーザーは物件のどこにいても高品質なWi-Fi接続が可能となります。

STEP
簡易なネットワーク管理

全てのノードが一つのネットワークを形成するため、個々のノードを管理する必要はありません。

新しいデバイスを追加したり設定を変更したりする際も、一つのインターフェースから管理することができます。

メッシュWi-FiとWi-Fi中継器のどちらでもできること

  • ネットワーク範囲の拡大
  • 無線接続の安定化
  • 複数デバイスへの同時接続
  • データ通信の暗号化とセキュリティ保護
  • ネットワーク管理と監視

ネットワーク範囲の拡大

Wi-Fi接続の範囲を拡大する技術として、メッシュWi-FiとWi-Fi中継器が用いられます。

ネットワーク範囲の拡大は、メッシュWi-FiとWi-Fi中継器の主要な目的です。これらの装置が行うのは、主Wi-Fiルーターからの信号を受け取り、その範囲をさらに広げることです。

メッシュWi-Fiの場合、各ノードが無線信号を受信し再送信します。

一つのノードがダウンしても他のノードが信号を担当し続けるので、全体のネットワーク範囲が広がるだけでなく、信号の強度も一定に保つことができます。

一方、Wi-Fi中継器はWi-Fi信号を一つの位置で受信し、その信号を増幅して再送信するので、元のWi-Fiルーターの信号が届かない場所にも電波を送ることが可能となります。

大規模な住宅や広大なオフィススペースでは、一つのWi-Fiルーターだけでは全てのエリアにWi-Fi信号を供給することが難しい場合があります。

そのような場合、メッシュWi-FiやWi-Fi中継器が大いに役立ち、Wi-Fiの範囲を拡大しどこでも安定したインターネット接続を得ることができます。

無線接続の安定化

Wi-Fi信号はマイクロウェーブオーブンやBluetoothデバイス、他のWi-Fiルーターなど、同じ周波数帯域を使う他の電子機器からの電波により干渉を受け、通信が途切れたり速度が落ちたりすることがあります。

メッシュWi-FiとWi-Fi中継器は、他のデバイスからの電波の干渉を抑える方法として、自動的に干渉の少ないチャネル(周波数帯)へ切り替える機能を持っています。

同じ周波数の電波が飛んでいても自動的にチャネルを切り替わるので、高画質の動画鑑賞、大容量のファイルをダウンロード、ビデオ会議の際でも信号が途切れることなく、安定した接続を維持することができます。

複数デバイスへの同時接続

メッシュWi-FiとWi-Fi中継器は、複数のデバイスが同時にネットワークに接続できるように設計されています。

メッシュWi-Fiでは、ネットワーク内の複数のアクセスポイントが連携して広範囲なカバレッジへの接続を可能にし、複数のデバイスが同時にインターネットにアクセスできます。

同様にWi-Fi中継器も主要なルーターからの信号を拡張し、複数のデバイスを使用している場合でも安定したワイヤレス接続を可能にします。

データ通信の暗号化とセキュリティ保護

メッシュWi-FiとWi-Fi中継器はともに、データを暗号化することやセキュリティプロトコルを使用することによって通信の暗号化とセキュリティ保護を確保しています。

メッシュWi-Fiは、第三者がネットワーク上のデータをハッキングするのを防ぐために、WPA2やWPA3などの暗号化プロトコルを使用して通信データを暗号化します。

Wi-Fi中継器も同様に、中継器を通過するデータを保護するためにセキュリティプロトコルをサポートしデータ通信を暗号化します。

ネットワーク管理と監視

インターネット接続は品質と安定性が重要であり、特定の時間やデバイスに帯域を割り当てるなど、詳細なネットワークの管理が必要になることがあります。

メッシュWi-FiとWi-Fi中継器は、そのようなニーズを満たすためにネットワークの管理と監視機能を搭載しています。

ネットワークに接続されているデバイスや、デバイスが使用しているデータ量、ネットワークの品質や安定性などの情報を見ることができ、問題が発生した時には対応策も表示されます。

これらの情報を基にネットワーク設定をユーザー自身が調整することも可能です。

たとえば、データ使用量が多いデバイスの帯域を制限し、他のデバイスの通信品質を保つといった調整ができます。

メッシュWi-FiとWi-Fi中継器との違い

  • ネットワーク構造の違い
  • 信号強度と安定性の違い
  • データ通信速度の違い
  • セットアップと管理の容易さの違い
  • 価格とコストパフォーマンスの違い

ネットワーク構造の違い

メッシュWi-Fiのシステムは複数のデバイスが連携して動作し、全体が一つのネットワークを形成します。

各デバイス(ノード)は、他の全てのノードと通信可能です。

ノード間は直接信号をやり取りするので、一つのノードが接続障害を起こしたとしても、他のノードが通信を引き継いでネットワークの安定性を維持します。

例えば、リビング、寝室、キッチンなど、家の各部屋にノードを設置すると、各部屋で一定の信号強度を保つことが可能です。

一方、Wi-Fi中継器は主ルーターからの信号を受け取り、その信号を増幅して再放送する役割りを果たします。

中継器は基本的に一方向にしか信号を伝播させないので、Wi-Fi信号が届きにくい場所に中継器を配置することで、そのエリアにWi-Fi信号を届けることが可能になります。

しかし、中継器は主ルーターからの信号を単に増幅・再放送するため、信号の伝播路上に障害物があった場合や、主ルーターから距離が離れすぎていると、通信速度や信号強度が大きく低下する可能性があります。

ここがポイント!

メッシュWi-FiとWi-Fi中継器の主な違いは信号をどのように伝播させるか、すなわち「直接的な信号のパスが存在するかどうか」にあります。

メッシュWi-Fiでは、各ノードが直接通信できます。

ネットワーク内の各デバイスが他のデバイスと独立して通信することが可能であるため、全体的なネットワークの信号強度と安定性が向上します。

一方、Wi-Fi中継器は主ルーターからの信号を受け取り、その信号を他のデバイスに伝播します。

しかし、中継器自体は直接通信しないため、全体的なネットワークの信号強度と安定性はメッシュWi-Fiほど高くありません。

ネットワーク構造の違い

スクロールできます
メッシュWi-FiWi-Fi中継器
通信方式各デバイスが直接通信中継器経由で通信
ネットワーク形成複数のデバイスが連携し、一つのネットワークを形成主ルーターからの信号を増幅・再放送
接続障害への対応一つのノードが接続障害を起こしたとしても、他のノードが通信を引き継ぐ中継器は主ルーターからの信号を伝播

信号強度と安定性の違い

メッシュWi-Fiは各ノードが互いに通信を行い、全体のネットワークを形成します。

各ノードが信号を直接送受信するため、ネットワーク全体が一定の信号強度を維持しやすくなります。また、信号が遮られた場合でも他のノードを経由して通信を維持できるため安定性に優れています。

一方Wi-Fi中継器は、元のルーターからのWi-Fi信号を増幅し、その範囲を広げます。

しかし、中継器がある場所から遠くに行くと信号強度が減衰する傾向があります。

中継器は基本的に元の信号を拡張するだけであり、自己生成能力はありません。中継器の範囲外に出ると、Wi-Fi接続が切断されることもあります。

信号強度と安定性の違い

スクロールできます
メッシュWi-FiWi-Fi中継器
信号強度一定に維持しやすい遠くなると減衰する
信号の安定性高い低い

データ通信速度の違い

メッシュWi-Fiは各ノードが直接通信し、全体として一つのネットワークを形成するため、一つのデバイスが他のデバイスに影響を及ぼさず、通信速度は各ノードでほぼ均一になります。

例えば、リビングでネットサーフィンをしている家族のメンバーがいても、それが他の部屋で動画を視聴している人の通信速度に影響を及ぼすことはありません。

対照的に、Wi-Fi中継器の場合は主ルーターからの信号を拾い、それを増幅して再放送するため、中継器から遠くなるほど通信速度は大幅に減少する傾向があります。

更に中継器を使用すると、信号の中継過程で通信速度が約半分に減少するという欠点もあります。これは、中継器が主ルーターからの信号を受け取り、その信号を再放送する際に一部の帯域幅を使用するためです。

データ通信速度の違い

スクロールできます
メッシュWi-FiWi-Fi中継器
データ通信速度各ノードでほぼ均一中継器から遠くなると速度が減少
影響各ノード間の通信が他のデバイスに影響しない中継過程で速度が約半分に減少

セットアップと管理の容易さの違い

メッシュWi-Fiの設定や管理

メッシュWi-Fiの設定や管理は直感的でわかりやすいことが一般的です。

スマートフォンのアプリを使用して、追加のデバイスをネットワークに繋げたり、設定を変更したりすることが可能です。

アプリでネットワークの状況を即座に確認することができ、例えばデバイスの接続状態やデータの送受信状況などを視覚的に表示します。

さらに、ゲストネットワークの設定やデバイスの優先順位の設定、親のコントロール機能など多様な設定変更のオプションが提供されます。

Wi-Fi中継器の設定や管理

Wi-Fi中継器の設定や管理は、専門的な知識を必要とすることが多いです。

一部の中継器ではスマートフォンのアプリを使用して設定を行うことができますが、大半の場合はWebブラウザを通じて設定を行います。

設定には中継器のIPアドレスを知る必要があり、そこにアクセスするためにはパスワードが必要になります。

中継器の設定ではネットワーク名(SSID)とパスワードを手動で入力する必要があることもあります。

これらの設定は一部の利用者にとっては難しいかもしれませんが、一度設定を行えばそれ以降の管理はほとんど必要ありません。

セットアップと管理の容易さの違い

スクロールできます
メッシュWi-FiWi-Fi中継器
セットアップ直感的で専用のアプリが利用できる設定が比較的難しく、一部専門的な知識が必要
管理アプリからリアルタイムにデバイス追加や設定変更が可能変更が難しく、通常は一度設定すればその後の管理はあまり必要ない

価格とコストパフォーマンスの違い

メッシュWi-Fiシステムは、初期の購入コストがWi-Fi中継器よりも高い傾向があります。

一度の投資で広範囲をカバーし一定の信号強度と速度を確保できるため、長期的なコスト効率や信号品質を重視する場合には優れた選択肢となります。

拡張性が高く、追加のノードを簡単にネットワークに組み込むことが可能なため、必要に応じて範囲を広げることができます。

一方、Wi-Fi中継器は一台あたりのコストが低いため、初期投資は抑えられます。

広範囲をカバーするためには複数の中継器を設置する必要があることが多く、その結果としてトータルのコストが増えてしまう場合があります。

中継器の追加に伴って信号強度や速度が低下する問題もあるため、コストだけでなくパフォーマンスも考慮する必要があります。

価格とコストパフォーマンスの違い

スクロールできます
メッシュWi-FiWi-Fi中継器
初期投資高価低価
長期的なコスト低い(広範囲をカバーできる)高い(広範囲をカバーするために複数が必要)
パフォーマンス高い(一定の信号強度と速度)低い(中継器を追加すると信号強度と速度が低下)
フレキシビリティ高い(追加のノードを簡単に追加可能)低い(新たな中継器を設置する必要がある場合がある)

メッシュWi-Fiのデメリット

  • 高価格な設備投資が必要
  • 無線環境による性能の変動
  • ルーターごとに設定を変えられない
  • 高度な設定を行う場合がある
  • 最新のメッシュWi-Fi規格に対応していない場合がある

高価格な設備投資が必要

メッシュWi-Fiシステムの一番のネックと言えるのが高価格な初期費用です。

一般的なWi-Fiルーターシステムと比較すると、メッシュWi-Fiシステムは複数のノード(Wi-Fiルーター)を必要とするため導入費用は高額となります。

Wi-Fiルーターシステムでは、一つのルーターを中心に周囲をカバーする構成となっていますが、メッシュWi-Fiシステムは、ノードを追加することでカバレッジを拡張します。

その結果、適切なカバレッジを確保するためには、数個から数十個のノードが必要となることがあります。それぞれのノードがコストとなり、ノードの数が増えれば増えるほど初期費用も増加します。

さらに、最新のWi-Fi規格をサポートしたり、大規模なネットワークを効率的に管理する高度な機能を持つメッシュWi-Fiシステムは、その性能を反映した価格設定になっています。

これらの理由から、メッシュWi-Fiシステムを導入するには一般的なWi-Fiルーターシステムよりも高額な初期投資が必要となり、初期費用の大きさがデメリットとなります。

ただし広範囲のカバレッジ、高い信号品質、そして管理の容易さといったメリットを考えれば、その価格に見合う価値があるとも言えます。

無線環境による性能の変動

設置場所や建物の構造がネットワークのパフォーマンスに大きく影響を与えることがあります。

例えば厚い壁や床、大きな家具は、Wi-Fi信号が透過しにくい障害物となります。これらの障害物が多いほどWi-Fi信号は弱まり、結果的には通信速度や範囲が低下します。

また、他の電子機器もWi-Fiの性能に影響を与えます。

マイクロ波オーブンや無線電話、BluetoothデバイスなどはWi-Fiと同じ電波帯域を使用するため、これらの機器が作動するとWi-Fi信号に干渉を引き起こし、ネットワークのパフォーマンスが下がります。

そのため通信速度や安定性の問題を避けるためには、ノードの設置場所を工夫する必要があります。

しかし、ノードの最適な配置を見つけ出すためには時間と労力が必要であり、最適な配置が難しいケーもあります。

メッシュWi-Fiの性能は設置場所や建物の構造、そして他の電子機器からの干渉など、様々な無線環境の要素によって変動するためデメリットの一つとなり得ます。

ルーターごとに設定を変えられない

メッシュWi-Fiは、ネットワーク名をはじめとする設定情報を元のWi-Fiルーターと同じにする必要があります。

あくまでもWi-Fiルーターの分身という位置づけなので、メッシュWi-Fiだけ設定を変えるという事はできません。

そのため、「ルーターごとに設定を変えたい」というネットワーク上級者は、メッシュWi-Fi以外の方法を検討するのがおすすめです。

高度な設定を行う場合がある

初めてメッシュWi-Fiシステムを設定する場合、ネットワークの構築や各ノードの配置など、頭に入れておくべき情報が多く存在します。

一般的なWi-Fiルーターの設定とは異なり、メッシュWi-Fiシステムでは複数のノードを設定し、それぞれを適切に配置する必要があります。

ノード間の最適な距離や、障害物を避けた配置の方法など理解しておくべき点が増えます。

それぞれのノードを適切に設定し、全体としてのネットワーク性能を最大化するためには、一定のネットワーク知識も求められます。

具体的にはネットワークの帯域幅分割、信号強度の調整、またセキュリティ設定などについて理解し、適切に設定する必要があります。

これらの点からメッシュWi-Fiシステムの設定は、一般的なWi-Fiルーターよりも難易度が高いと言えます。

しかし一度理解してしまえば、高品質で広範囲なWi-Fi環境を手に入れることができます。

多くのメッシュWi-Fiシステムは専用のアプリを提供しており、アプリを通じて直感的な操作でネットワークの設定や管理が可能です。

技術的な知識がない人でもアプリの指示に従って操作すれば、基本的な設定は可能となります。ただし、完全に理解するまでには一定の時間と労力が必要となるでしょう。

最新のメッシュWi-Fi規格に対応していない場合がある

メッシュWi-Fiシステムの性能をフルに発揮させるためには、関連する全てのデバイスが最新のメッシュWi-Fi規格に対応していることが重要です。

デバイスが古い規格のみに対応していると、そのデバイスの性能が制限される可能性があり、通信速度の低下などの問題が生じることがあります。

例えば、最新のWi-Fi規格であるWi-Fi 6(802.11ax)に対応したメッシュWi-Fiシステムを導入した場合でも、Wi-Fi 6に対応していないデバイスは、Wi-Fi 5(802.11ac)やそれ以前の規格の速度でしか通信することができません。

さらに、Wi-Fi 6をフルに活用するには、MU-MIMO(Multi-User Multiple Input Multiple Output)やOFDMA(Orthogonal Frequency Division Multiple Access)などの高度な機能を使用することが一部必要です。

これらの機能は同時に多数のデバイスとの通信を効率化し、通信速度の低下を防ぐ効果があります。しかし高度な機能を使用するためには、接続するデバイスもまたこれらの機能に対応している必要があります。

全てのデバイスが最新のメッシュWi-Fi規格に対応していない場合、通信速度が低下する等の問題が生じ、メッシュWi-Fiシステムの効果を十分に発揮できない場合があります。

しかし新しい規格に対応したデバイスを徐々に導入することで、システム全体の性能向上を図ることが可能です。

メッシュWi-Fiはこんな方におすすめ

  • 大きな家や多階層の建物に住んでいる方
  • 安定したWi-Fi接続が必要な会社員
  • 高性能なネットワークを必要とするゲーマー
  • 多くのスマートホームデバイスを接続したい方
  • 簡単なネットワーク管理を求める方

大きな家や多階層の建物に住んでいる方

メッシュWi-Fiシステムはその構造上、ネットワークのカバレッジを一般的なWi-Fiルーターよりも広範囲に拡張することが可能です。一つのメッシュWi-Fiルーター(ノード)から発信されるWi-Fi信号は、他のノードによって受け取られ、さらにその信号が強化・拡散されます。この信号の中継と拡散は、ノードが増えるほどより広範囲に行われ、これによって大きな家や複数階層の建物でも一定の品質でWi-Fi接続が可能になります。

さらに、メッシュWi-Fiシステムはネットワーク管理機能を備えており、各ノード間で通信品質を最適化するための調整が行われます。例えば、信号の強さが一定以下になったノードがあれば、他のノードがその信号を補完するように動作します。また、デバイスがネットワーク内を移動した場合でも、各ノードがデバイスの位置を認識し、最も信号品質の良いノードが接続を担当します。

このような特徴から、広範囲や複数階層でのWi-Fi接続を必要とする場合、特に大きな家や多階層の建物に住んでいる方に、メッシュWi-Fiシステムは最適な選択肢となり得ます。これは、一般的なWi-Fiルーターではカバレッジが限定的であるため、特に離れた場所や壁や障害物が多い場所では信号品質が低下しやすいという問題を、メッシュWi-Fiシステムが解決可能だからです。

安定したWi-Fi接続が必要な会社員

ビジネスでの作業は通常、安定したインターネット接続が必須となる作業が多いです。例えば、オンライン会議、大量のデータのアップロード・ダウンロード、雲のサービスへのアクセスなど、これらはすべて信頼性の高いWi-Fi接続を必要とします。

メッシュWi-Fiシステムは、各ノード間で通信状況を監視し、必要に応じて信号の再配布を行います。これは、あるノードの通信が混雑している場合や、あるノードの信号が弱まった場合に、他のノードが補完を行うというものです。この自動的な信号管理によって、全体としてネットワークの安定性が向上します。

また、メッシュWi-Fiは複数の周波数帯を活用できるため、通信量が多い場合でもデータの転送をスムーズに行うことが可能です。これは特に、大量のデータを扱うビジネスの場面では重要なポイントとなります。

さらに、メッシュWi-Fiシステムは、各ノードが通信を行うデバイスの位置を認識し、デバイスが移動した場合でも常に最も良い信号を提供するノードに接続が切り替わるという特性を持っています。これによって、会議中に場所を移動するなど、デバイスが動的に移動するビジネスの現場でも、途切れることなく安定したインターネット接続を維持することができます。

以上のようなメッシュWi-Fiシステムの特性は、安定したインターネット接続が不可欠なビジネスユーザーにとって大きな利点となるでしょう。

高性能なネットワークを必要とするゲーマー

オンラインゲームを楽しむ際、一瞬の遅延も勝敗を左右する可能性があります。そのため、快適なゲームプレイを実現するためには、データがゲーム機とサーバー間で迅速にやりとりされることが必要となります。

メッシュWi-Fiシステムは、ネットワーク内のデバイス間でデータを効率的に転送し、一定の通信速度を保つことができます。これは、信号が一つのルーターから直接送られる従来のWi-Fiとは異なり、信号は最も近いノード(Wi-Fiルーター)から送られ、ノード間でデータがリレーされるためです。

また、一部の高性能なメッシュWi-Fiシステムは、デバイスの優先順位を設定する機能を備えています。これにより、ネットワークの帯域幅を必要とするゲーム機に優先的に帯域幅を割り当てることができます。これにより、他のデバイスの使用が活発でもゲームプレイに影響を及ぼすことなく、遅延を最小限に抑えることが可能です。

したがって、高性能なネットワークを必要とするゲーマーにとって、メッシュWi-Fiシステムは適していると言えるでしょう。

多くのスマートホームデバイスを接続したい方

スマートホームデバイスが増えると、それぞれのデバイスがネットワークに接続する必要があります。スマートテレビ、スマートスピーカー、セキュリティカメラ、スマート電球、スマート家電など、これらのデバイスは全てWi-Fiに接続して機能します。

多くのデバイスが同時にインターネットに接続すると、ネットワークの負荷が増加します。これは、各デバイスがネットワークを通じてデータを送受信するため、それらのデータの流れを管理するルーターの能力を超える可能性があるからです。

メッシュWi-Fiシステムは、このような問題を解決します。メッシュWi-Fiシステムはノード(Wi-Fiルーター)が互いに連携し、データの転送を効率的に行います。これにより、大量のデバイスが同時に接続しても、各デバイスの通信速度が低下することを防ぐことができます。

さらに、メッシュWi-Fiはデバイス間で信号の強さを自動的に調整するため、すべてのデバイスが均等な接続品質を維持できます。これは、遠くのデバイスは近くのデバイスよりも強い信号を必要とするため、この機能は特に便利です。

以上の理由から、多数のスマートホームデバイスを使用する家庭では、メッシュWi-Fiシステムが有効であると言えます。ネットワークの品質を一定に保つことで、スマートホームデバイスのパフォーマンスを最大化することができます。

簡単なネットワーク管理を求める方

メッシュWi-Fiシステムは、利用者がネットワーク管理を手軽に行える機能を備えています。これは、特にネットワーク設定に詳しくない方や、少ない手間で安定したインターネット接続を得たい方に適しています。

メッシュWi-Fiシステムは通常、専用のアプリを使用して管理します。このアプリを使うと、ネットワークの状態を簡単に確認したり、設定を変更したりすることが可能になります。例えば、どのデバイスがネットワークに接続されているか、それぞれのデバイスがどのノード(Wi-Fiルーター)に接続しているかを確認することができます。また、ノードごとの通信速度や接続品質も把握できます。

さらに、メッシュWi-Fiシステムでは、接続デバイスの通信速度を制御する機能も提供されています。これにより、特定のデバイスに優先的に高速な接続を提供することが可能になります。これは、オンラインゲームやビデオ会議など、高速な接続が必要な場面で有用です。

これらの機能は、自宅のWi-Fi環境をより良く制御したい方には特に役立つでしょう。より快適なインターネット環境を追求するためには、メッシュWi-Fiシステムの導入を検討する価値があります。

Wi-Fi中継器はこんな方におすすめ

Wi-Fiの死角を解消したい方

Wi-Fiの信号が不均一に分布する家庭では、特定のエリアにWi-Fi信号が届かない、いわゆる「Wi-Fiの死角」が生じることがあります。この問題を解消するのに有用な装置がWi-Fi中継器です。

Wi-Fi中継器は、既存のWi-Fiルーターからの信号を受け取り、その信号を再度放送する役割を果たします。Wi-FiルーターとWi-Fiの受信が難しいエリアの間に中継器を配置することで、信号を強化し、そのエリアへのWi-Fi信号を増強します。この再放送により、家の特定の部分でのWi-Fi接続が改善され、死角が解消されるのです。

Wi-Fi中継器の位置は非常に重要で、最適な位置に配置することで最大限のパフォーマンスを発揮します。一般的には、Wi-Fiルーターと信号が弱いエリアの間、かつルーターからの信号が十分に強く受信できる位置が理想的とされます。

このように、Wi-Fiの死角を解消したいというニーズがある場合、Wi-Fi中継器はその解決策として効果的な選択肢となるのです。

コストを抑えたい方

Wi-Fi中継器はネットワーク機器の中でも低コストで導入が可能な製品で、価格を抑えつつ無線ネットワークのカバレッジを拡大したいという要望に応える適切なツールです。

このコスト効率の良さは、Wi-Fi中継器の基本的な機能と設計原理によるものです。Wi-Fi中継器は、元々のルーターから発信されるWi-Fi信号を受信し、その信号を増幅・再放送することで、Wi-Fiのカバレッジを拡大します。この動作原理は比較的単純で、複雑な技術や高価な部品を必要としないため、製造コストを抑えることが可能です。

また、Wi-Fi中継器は設定も容易で、特別な技術的な知識を必要としません。大半のWi-Fi中継器はプラグアンドプレイの性質を持っており、電源を接続し、基本的な設定を行うだけで使用を開始できます。これにより、導入の際の設置や管理に関するコストも抑えることができます。

しかし、Wi-Fi中継器はあくまで既存のWi-Fi信号を増幅するだけの機器であり、新たにWi-Fiのカバレッジを生み出す能力はありません。そのため、Wi-Fiの信号が元々届かないエリアに対しては、中継器の効果は限定的です。この点を理解しておくことは、コストを抑えつつも効果的なネットワーク構築を目指す上で重要です。

シンプルな設定を求める方

Wi-Fi中継器はその名の通り、Wi-Fi信号を「中継」する装置であり、設定や操作が非常にシンプルで直感的なことが特徴となります。

Wi-Fi中継器のセットアップは大変容易で、製品によっては電源を接続し、ボタン一つで自動的に既存のWi-Fiネットワークを探し、接続を行うことが可能です。また、より詳細な設定を行いたい場合でも、製品に付属のマニュアルや専用のアプリ、Webインターフェースを用いて簡単に行うことができます。

また、中継器は一度設定を行えば、その後は特に触る必要がありません。Wi-Fi信号を強化し、安定した接続環境を作り出す役割を果たします。これは、例えば複雑な設定を避けたい初心者や、シンプルな操作性を好むユーザーにとって、非常に有用な特性です。

このように、複雑な操作や詳細な設定を求めず、手軽にWi-Fi環境を改善したいという方に対して、Wi-Fi中継器は非常に適した選択肢と言えます。

単一または限られたエリアでのWi-Fi改善を求める方

Wi-Fi中継器は、特定の範囲内でWi-Fi接続の品質を向上させる目的で設計されています。これは、Wi-Fiルーターから離れた場所や、建築物の構造上の問題によりWi-Fi信号が弱まってしまう特定のエリアを対象としています。

Wi-Fi中継器の特性を活かす典型的なシナリオとしては、例えば、自宅のある部屋やフロア、またはオフィスの特定の部分でWi-Fi信号が不安定あるいは非常に弱い場合が挙げられます。このような状況では、Wi-Fi中継器をルーターと信号が弱いエリアの間に配置することで、Wi-Fi信号を強化し、信号の不安定さを解消することが可能となります。

また、Wi-Fi中継器は単体でも使用可能であり、新たに追加の機器を購入することなく、既存のWi-Fi環境を強化することができます。この特性は、Wi-Fi環境の改善を求めつつも、コストや設定の複雑さを最小限に抑えたいユーザーにとって有用でしょう。

以上の理由から、特定のエリアに対してWi-Fi接続の改善を図りたい方には、Wi-Fi中継器が適した選択となります。

頻繁にネットワーク設定変更を行わない方

Wi-Fi中継器は設定後の管理が容易で、日常的なネットワーク調整の必要性が少ないことが特徴です。これは、一度設定を完了させれば、その後特別な手間をかけずともその機能を維持することができるためです。

たとえば、ユーザーがインターネットの使用状況に大きな変化がなく、頻繁にネットワークの設定を変更する必要がない場合、Wi-Fi中継器は一度の初期設定でその役割を果たし続けます。それは、特定のデバイスに対して優先的に帯域幅を割り当てるといった高度な設定を必要としないユーザーには特に便利です。

また、Wi-Fi中継器はデバイス間の接続管理を自動的に行うため、ユーザーが個々の接続状況について細かくチェックする必要もありません。これは、家庭内の複数のデバイスがインターネットに接続する状況でも、手軽にWi-Fi環境の改善を維持できるというメリットをもたらします。

このように、頻繁にネットワーク設定の変更を行わない、または行いたくない方にとって、Wi-Fi中継器は非常に適した選択肢と言えます。

メッシュWi-Fiを使う際の注意点

必要な範囲に電波が届くか

メッシュWi-Fiルーターを選ぶポイントとして、Wi-Fi信号が到達すべき全てのエリアに適切に届くことが挙げられます。

住居の広さ、形状、建物の材質、フロア数は信号の強度に大きな影響を及ぼします。

信号の障害となるもの、例えば厚い壁や床、金属製の家具といったものを考慮して、適切な数のノード(拡張ユニット)を備えた製品を選ぶことも必要です。

さらにノードの配置も重要なポイントとなります。障害物を避けるように、最適な位置に各ノードを設置し全体のWi-Fi環境の効率を最大化します。

必要な範囲に電波が届くかを確認する方法

メーカーから提供される製品仕様書を確認する

ルーターが理論的にカバーできる範囲を知るための方法です。

メーカーが示すカバレッジエリアは、理想的な状況下(障害物がない、他のネットワークとの干渉がない等)での値となります。

Wi-Fi解析ツールを用いてパフォーマンスをテストする

部屋の中は壁、家具、他の電子機器などによってWi-Fi信号は影響を受けます。

Wi-Fi解析ツールを使って実際に測定を行うことで、理論値と実際の値との間のギャップを把握することができます。

おすすめWi-Fi解析ツール

Wi-Fi Analyzer(Android)

Wi-Fi AnalyzerはAndroid向けの無料のツールで、Wi-Fiネットワークの信号強度をグラフ化して表示します。さらに、最適なチャンネルを見つけるのに役立つ情報も提供しています。

Wi-Fi Analyzer
Wi-Fi Analyzer
無料
posted withアプリーチ
NetSpot(iOS / Android / Windows / Mac)

NetSpotは、Wi-Fi信号の視覚化とトラブルシューティングを可能にします。地図上にWi-Fi “ホットスポット”をマッピングし、Wi-Fiカバレッジを最適化するのに役立つ情報を提供します。

NetSpot

有料 Network Analyzer Pro(iOS / Android)

Network Analyzer ProはWi-Fiネットワークの詳細な分析を提供します。信号強度、ネットワークの速度、その他の有用な情報を表示します。

Network Analyzer Pro
Network Analyzer Pro
¥560
posted withアプリーチ

これらのアプリはWi-Fiの信号強度を測定し、デッドゾーン(死角)を特定するのに役立ちます。

このほかにも、Wi-Fiの配置を試行錯誤することも重要です。

最適な配置を見つけるためにはノードの位置を変えてみる、あるいは異なる角度で配置してみるといった方法が有効です。

通信速度と帯域を確認する

通信速度はデータを送受信する速度を示し、帯域はルーターが一度に処理できるデータの量を表します。

大量のデータ転送を必要とする動画ストリーミングやオンラインゲーム、または複数のデバイスを同時に接続する際、これらの数値がインターネットの速度と安定性に影響を与えます。

通信速度とは

通信速度はWi-Fiルーターがデータを転送するスピードを示し、Mbps(メガビット毎秒)やGbps(ギガビット毎秒)で表されます。

この数値が大きいほど大容量のデータを高速にダウンロードしたり、ハイクオリティのストリーミングビデオを視聴できます。

Mbpsなどの数値は理論上の最大値を示していますが、実際のスピードはネットワークの混雑度、使用するデバイスの性能、Wi-Fi信号の通過障害物などによって変わります。

帯域とは

Wi-Fiルーターの帯域は、一度に処理できるデータの「幅」を示します。

帯域には2.4GHz帯と5GHz帯があり、2.4GHz帯は電波の到達距離が長いため広範囲をカバーしますが、データ転送速度は比較的遅くなります。

一方、5GHz帯は電波の到達距離が短いものの、データ転送速度は高速です。5GHz帯は2.4GHz帯よりも干渉を受けにくいため、混雑している環境での通信品質が安定します。

信頼性の高いブランドを選ぶ

おすすめのブランドメーカー
  • NEC
  • バッファロー
  • IO-DATA
  • エレコム

メッシュWi-Fiルーター選択におけるブランドの信頼性は、製品の品質やパフォーマンスの確保、さらには長期的なメンテナンスとアップデートの観点から重要となります。優れたブランドは、その技術的な実績と質の高い製品群を通じて名声を確立しています。

購入検討時には、ブランドの公式ウェブサイトを参照し、それが推進する技術やその製品の特性について研究します。ブランドの信頼性は、その製品の革新性やパフォーマンスだけでなく、ブランドのエンドユーザーに対する承諾、つまり顧客サポートや保証ポリシーを通じた製品の持続性を意味します。

また、専門家による製品レビューを探し、そのブランドの製品が業界のベンチマークにどの程度一致しているかを評価します。消費者レビューも一部の疑問点を解消するための有用な情報源となります。

これら全ての情報を評価し、最終的な製品選択を行います。一貫性のある製品品質、顧客サポートの充実度、そして専門家や他の消費者からの肯定的なフィードバックは、そのブランドが信頼できると考える上での重要な指標となります。

  • メーカーを統一させる
  • 電気代がかかる
  • 場所を奪われる
  • セキュリティー対策が必要

メーカーを統一させる

メッシュWi-Fiシステムでは、複数のルーターが連携してネットワークを構築します。

その際、各ルーター間でデータの通信がスムーズに行われることが求められます。ここで重要なのが通信プロトコルとソフトウェアの互換性です。

通信プロトコルとは、デバイス間でデータをやり取りするためのルールや手順のことで、ソフトウェアとはルーターが適切に機能するためのプログラムです。

これらが互換性を持っていないとルーター間の通信が円滑に行われず、ネットワーク全体のパフォーマンスが低下します。

同じメーカーの製品ならば通信プロトコルとソフトウェアの互換性が保証され、スムーズな通信が可能となります。

一方、異なるメーカーのルーターを混在させると、通信プロトコルやソフトウェアの非互換性から通信の遅延や中断が発生し、ネットワーク全体のパフォーマンスが低下する恐れがあります。

ルーターはメーカーごとの独自の技術を導入しています。そういった技術を最大限に活用するためにも、ルーターを購入する際にはメーカーを統一することが推奨されます。

電気代がかかる

メッシュWi-Fiシステムは単一のルーターではなく、中心となる1台のルーターと、それに連結する複数のノード(中継器)から成り立っています。

それぞれのノードは独自の電源を必要とし、連続的に電力を消費してネットワークを維持しています。

このシステムが拡張性と信頼性を提供する一方で、各ノードが継続的に電力を必要とするため、通常の単一ルーターシステムと比較して消費電力は多くなります。

特、広範囲をカバーするために多数のノードを設置する場合、その影響はさらに顕著となります。

メッシュWi-Fiシステムを採用する際には、増加する可能性のある電力コストを考慮する必要があります。電力使用量とコストはノードの数、機器の種類、そして使用する時間によって異なります。

メッシュWi-Fiシステムの導入を考える際には、システムの設置規模や使用方法に応じて電気代が増加する可能性を見越しておくべきです。

また、エネルギー効率の良い製品を選ぶことも、電力コストの管理に有効な手段となるでしょう。

場所を奪われる

メッシュWi-Fiシステムは複数の中継ノードで構成されます。これらのノードは各部屋に配置されWi-Fi信号を均等に分散させる役割を果たします。しかしノードを設置するためには適切な場所の確保が必要になります。

適切な場所とはWi-Fi信号が遮られない直線的な視界がある場所、つまり壁や大きな家具に遮られない場所とまります。

それだけでなく、ノードとの間隔も重要です。近すぎると信号が重複し、遠すぎると通信が不安定になるため適切な間隔を保つ必要があります。

このような条件を満たすために家具の移動やレイアウトの変更が必要になることもあります。さらにノードは電源供給が必要なため電源コードの長さや電源の位置も考慮する必要があります。

メッシュWi-Fiシステムの導入を検討する際にはノードの配置場所を事前に計画することをお勧めします。

セキュリティー対策が必要

メッシュWi-Fiシステムは複数のデバイスが連携してネットワークを形成するので、セキュリティリスクは一層高まります。

基本的なセキュリティ対策としてはWi-Fiパスワードの設定や、最新の暗号化スタンダード(例えばWPA3など)を用いることが挙げられます。

これらは外部からの不正アクセスを防ぎデータの盗み見を防ぐ役割を果たします。

しかし、メッシュWi-Fiシステムでは複数のノードが連携してデータを転送するため、ノード間の通信も保護する必要があることからこれらの対策だけでは不十分です。

具体的な対策として、ノード間の通信にも暗号化を適用し一つ一つのノードがセキュアな状態で運用されていることを確認する必要があります。

そのほかにも、不正アクセスを検知するためのセキュリティソフトウェアの導入や、定期的なファームウェアのアップデートも重要な対策です。

ノードを不適切な場所に設置すると、信号が外部に漏れ出しやすくなるため位置決めもセキュリティ対策の一部と言えます。

これらのセキュリティ対策は、多少の手間やコストを伴うかもしれませんが、プライバシーとデータの保護のためには欠かせないものとなります。

メーカーごとのイチ押しメッシュWi-Fi対応ルーター

大手メーカーは独自の技術や機能を投入し、使用感、信頼性、そしてパフォーマンスの三つの面から製品の魅力を引き立てています。

NEC、バッファロー、IO-DATA、エレコムの4つのメーカー、独自の強みを持ちつつ、それぞれの製品が一貫した接続性能と使い心地の良さを提供するためのさまざまな工夫を凝らしています。

NECのイチ押しルーター(Aterm WX4200D5)

NECは創業以来、常に革新的なテクノロジーと信頼性を追求し、その結果として多くの先進的な通信製品を市場に投入してきました。

そのなかでもメッシュWi-Fiシステムは我々の生活にインターネットの安定性と広範な接続性をもたらし、生活の質を向上させています。

同社のWi-Fiシステムは、ユーザーフレンドリーなデザインと強力な性能を兼ね備えた製品で、日々の通信ニーズを満たすための機能性と拡張性を提供します。

特に注目すべき製品の一つが「Aterm WX4200D5」で、この製品は以下の特徴を備えています。

「OFDMA」で同時通信時の通信効率が大きく向上

Wi-Fi 6(11ax)の特長的な技術である「OFDMA(直交周波数分割多元接続)」により、複数の端末と接続したときでも安定した通信が可能です。

これは従来規格Wi-Fi 5(11ac)では時分割により1端末ずつ順番に行っていた同時通信の割り当てを、通信帯域の分割によって行うもの。1通信で多数台同時に通信でき、通信効率が大きく向上します。

【バンドステアリング】で周波数帯を自動選択

Wi-Fi端末の電波強度や対応帯域を判別し、5GHz帯と2.4GHz帯の混雑していない周波数帯へ自動で振り分ける機能が【バンドステアリング】です。Wi-Fi端末ごとに適切な周波数帯に移動させることで電波の混雑を解消し、快適な通信を提供します。

ボタンひとつで設定の引き継ぎが簡単

新しいルータに入れ替える際、これまでルータに接続していたWi-Fi端末ひとつひとつを設定し直すのは面倒なもの。

そんな場面で役立つのが、WPSを使った操作で、買い替え前のルータから各端末の設定情報をまとめて引き継ぐ【Wi-Fi設定引越し機能】です。

Atermシリーズはもちろん、他社製ルータでもWPS対応であれば【Wi-Fi設定引越し機能】が利用可能です。

バッファローのイチ押しルーター(WNR-5400XE6

バッファローは信頼性の高いネットワーク機器で知られ、一貫してユーザーのニーズを反映した設計に基づいています。

同社の製品は、信頼性、パフォーマンス、そして使いやすさのバランスを重視した設計で知られています。

その中でも「WNR-5400XE6」は以下のような特徴を持つ製品で、多くのユーザーからの評価を得ています。

2.4GHz/5GHz/6GHzの3つの周波数帯に対応

3つの周波数帯のWi-Fiを利用できるトライバンドルーターです。一般的に普及している2.4GHz帯、5GHz帯のほか、新しく使えるようになった6GHz帯のWi-Fiに対応しています。

従来の機器と接続しながら、新しく使えるようになったWi-Fi 6E対応機器とも同時接続が可能。

無線スループットが約1.4倍に向上

Wi-Fi 5(11ac)ルーターを、Wi-Fi 6E(11ax)ルーターに置き換えることで、無線スループットの向上が見込めます。

従来機種WSR-2533DHPLS(11ac世代)を、本商品に置き換えた場合、5GHz帯および6GHz帯で理論値比較にて約1.4倍の速度となります。

「バンドステアリングLite」機能搭載

端末との電波強度を判断し、遠くまで届く2.4GHz帯と速度の速い5GHz帯の帯域切替を自動で行う「バンドステアリングLite」機能搭載。部屋中どこでも快適に通信できます。

IO-DATAのイチ押しルーター(WN-DX1167GR)

IO-DATAは信頼性と実用性を重視したルーターの製造で知られています。製品ラインナップは多岐にわたり、家庭用からビジネス用まで、多様なニーズに対応した製品が揃っています。

IO-DATAのルーターは使いやすさにも定評があります。視覚的にわかりやすいインターフェースを備えており、初心者でも容易にネットワーク設定を行うことができます。

中でもイチ押しルータは「WN-DX1167GR」です。

「360コネクト」×「独自メッシュ」搭載

「WN-DX1167GR」はIEEE802.11ac規格に対応し、867Mbpsの高速通信が可能なWi-Fiルーターです。

上下・左右・奥行き全方向360度に電波の死角を作らずに電波を送受信が可能な、「360(さんろくまる)コネクト」技術を搭載したWi-Fiルーターです。

独自メッシュ機能を搭載し、メッシュ子機と接続することでメッシュネットワークを構築でき、電波の届かないところにWi-Fiエリアを拡大できます。

インターネットが速い IPv6ブースト

昨今、インターネット映像配信や動画データが増え続けPPPoE(インターネット接続時の認証機能)が混み合って遅くなることがあります。

「IPv4 over IPv6」技術を利用することで、IPv4の「インターネットが遅い」というストレスから解放され、快適にインターネットを楽しむことができるようになります。

「WN-DX1167GR」はIPv6(IPoE)に対応し、独自の通信技術「IPv6ブースト」に対応しているため、「IPv6」を利用した高速なインターネット通信が利用できます。

速度低下を防ぐ「ビームフォーミング」

「WN-DX1167GR」は、受信端末の位置で電波が重なり合うように調整することで、安定した通信品質とノイズなどによる速度低下を防ぐ「ビームフォーミング」技術に対応しています。

さらに従来のビームフォーミングでは受け側(子機側)もビームフォーミングに対応していなければ有効にできませんでしたが、本商品に搭載の新技術「ビームフォーミングW」は子機がビームフォーミングに対応していない場合も、安定した通信を実現します。

エレコムのイチ押しルーター(WMC-2HC-W)

エレコムは高品質かつ手頃な価格のルーターを提供することで、ネットワーク機器市場での強固な地位を確立しました。

エレコムのルーターは業界標準のプロトコルと技術を採用し、信頼性の高いパフォーマンスを保証しています。

視覚的にわかりやすいインターフェースと簡単な設定プロセスにより、使いやすさを実現。付属のマニュアルは詳細でわかりやすく、初心者でも容易に設定を行うことが可能です。

エレコムのイチ押しルータは「WMC-2HC-W」です。

家中のスマート家電と快適に繋がる

老舗アンテナメーカーのDXアンテナのノウハウにより、配置や向きにこだわって計8本(5GHz:4本、2.4GHz:4本)の内蔵アンテナを設計したことで、死角のない全方向に対して感度の良い快適的な通信を実現。

家中に散らばって配置されているスマート家電(Wi-Fiエアコン)やスマートスピーカー、IoT端末などの電波でも漏れなく拾って快適に繋がります。

独自のメッシュ技術「e-Mesh」搭載

エレコムのe-Meshルーター「WMC-2HC-W」は親機と子機が連動してWi-Fiエリアを拡大します。

ルーターから遠い部屋でWi-Fiがつながりづらい、広い家に引っ越してからWi-Fiの電波が弱くなった、そんな方にオススメです!

  • Wi-Fi電波の弱い場所に専用中継器を置けば、家中どこでも安定通信
  • 独自のメッシュ技術「e-Mesh」搭載で、快適で安全なネットワークを自動構築
  • 3階建て/4LDKでもしっかりWi-Fi電波が届く

IPv6(IPoE)に対応

従来のインターネット接続方式(PPPoE)では、回線の混雑によってインターネットが不安定になったり速度が遅くなることがありました。

次世代方式では「IPv6(IPoE)」と「IPv4 over IPv6」の2つの技術を利用し混雑のない別のネットワークを通過することにより、快適にインターネットを楽しむことができるようになります。

WMC-2HC-Wはこの技術に対応しているため、「IPv6」を利用した高速なインターネット通信も利用できます。

メッシュWi-Fiルーターを利用した方のクチコミ

インターネット回線に関する役立つ記事のまとめ

シェアしてね!
目次