1,000ポイントプレゼント 楽天市場アプリ 新規ダウンロード

【保存版】インターネット回線が急に遅くなる原因と解決できる方法を丁寧に解説

本ページはプロモーションが含まれています

この記事でお伝えする内容
  • インターネット回線の速度が遅くなる原因
  • 回線速度が遅い時の解決方法
  • プロバイダ選びのコツ

オンラインゲームにおすすめの回線

ダントツおすすめNURO光

目次

インターネット回線が遅くなる原因

急に遅くなる原因
  • ネットワークの混雑
  • サーバーのオーバーロード
  • 帯域幅の制限
  • デバイスのソフトウェアに問題がある
  • デバイスのハードウェアに問題がある
開通時から遅い原因

自己解決 不可

  • 基地局や中継点との距離が遠い
  • インフラの整備不足
  • 技術的な制約

ネットワークの混雑

ネットワークの混雑とは、一定のネットワーク(インターネット回線)を通じてデータの送受信を行っているユーザーが多くなると発生する現象です。

これは一つのネットワークが同時に扱えるデータの量には限りがあり、その容量を超えると混雑が起こります。

この混雑は特にピークタイム(例えば、夕方の帰宅後や休日)や人口密集地域で顕著になります。

多くの人々が同時にオンライン動画のストリーミング、オンラインゲーム、大容量のファイルのダウンロードなどを行うと、データの送受信に必要な帯域幅が増えます。

それに対し、利用可能なネットワークの帯域幅が不足すると、ネットワークが混雑し、結果としてインターネットの速度が低下します。

また、ネットワークの混雑は、同じプロバイダを利用している他のユーザーの行動にも影響を受けます。

例えば、隣の家が大量のデータをダウンロードしたり、ストリーミングを行ったりすると、同じプロバイダの回線を共有する自宅のインターネット速度も低下することがあります。

これは、同じネットワークを共有するユーザー間で利用可能な帯域幅が分割され、一人のユーザーのデータ需要が他のユーザーのインターネット速度に影響を及ぼすからです。

ネットワークの混雑は、自分だけでなく他の多くのユーザーのインターネット利用状況に左右されるため、その解決はネットワークの管理やインフラ整備など、個々のユーザーの手の届かない範囲で行われることが多いです。

試してほしいこと
  • ピークタイムを避ける
  • ケーブル接続(有線LAN)にする
  • キャッシュと一時ファイルのクリア
  • ネットワークのセキュリティを確保する
  • インターネットサービスプロバイダーに問い合わせる
ピークタイムを避ける

ピークタイムにインターネットを使うと、多くのユーザーが同時にインターネットに接続するためネットワークが混雑します。そのため、可能であればピークタイムを避けることでネットワークの混雑を避け、通信速度を改善することができます。

有線ケーブルで接続する

Wi-Fiよりも有線接続(イーサネット)の方が安定した回線速度になります。

Wi-Fiは物理的な障害物や電波の干渉により速度が低下することがあります。それに対して、有線LANは一定の帯域幅を保証できるため、より安定した通信速度を得ることができます。

キャッシュと一時ファイルのクリア

ブラウザやアプリケーションのキャッシュや一時ファイルが蓄積されると、混雑時に回線速度に影響を与えることがあります。定期的にキャッシュや一時ファイルをクリアしてみましょう。

キャッシュと一時ファイルのクリアの方法
Google Chrome
STEP

ブラウザーのウィンドウ上部にある(Chromeメニュー)ボタンを押し、表示されるメニューで[その他のツール]-[閲覧履歴を消去]を選択します。

STEP

上部にある「期間」を選択します。すべて削除したい場合は[全期間]を選択します。

STEP

キャッシュされた画像とファイル」にチェックを入れます。

それ以外の項目はチェックを外してもかまいませんが、問題が解決しない場合は、ほかの項目も削除を試してください。

STEP

データを削除]ボタンを押すと、削除が始まります。

インターネットサービスプロバイダーに問い合わせる

プロバイダに問い合わせてネットワークの状況を確認し、解決策を提案してもらうことができます。しかし、この方法はプロバイダが対応できる範囲内でしか改善できません。

▼ネットワークの混雑が回線速度低下の原因か判断する方法

時間帯を変更してみる

回線速度が低下している時間帯を特定し、別の時間帯にインターネットを利用してみてください。

もし時間帯を変更することで速度が改善される場合、ピークタイムのネットワークの混雑が原因である可能性があります。

スピードテストを行う

インターネットのスピードテストツール(例:Speedtest by Ookla)を使って、ダウンロード速度とアップロード速度を計測します。

異なる時間帯で繰り返し計測を行い、結果に大きな差異がある場合、ネットワークの混雑が原因である可能性があります。

ネットワーク使用状況を確認する

自宅内のネットワークを他の家族が利用している場合、同時に大量のデータをダウンロードしたり、ストリーミングしたり、オンラインゲームをしたりするとネットワークが混雑します。

そのようなアクティビティを把握し、誰もインターネット回線を利用していない時間帯で速度が改善するか確認します。

帯域幅の制限

帯域幅の制限とはネットワーク、特にインターネットの通信速度がある程度までしか出ない状態を指します。

帯域幅は一定の時間内に通信網を通じて転送できるデータ量を指し、単位時間あたりのデータ転送量として表現されます。

帯域幅が広ければ広いほど、より多くのデータを短時間で転送できインターネット接続速度は速くなります。帯域幅の制限は主に次の二つの方法で発生します。

一つはISP(インターネットサービスプロバイダ)がユーザーの通信速度を意図的に制限する「帯域制限」や「スロットリング」で、これはネットワークの過負荷を防ぐためや、高速通信を選んだユーザーに対するサービス差別化を図るために行われます。

ユーザーは契約内容を確認することで帯域幅の制限を知ることができます。

もう一つは、ネットワークの物理的な制約や技術的な制約により帯域幅が制限されるケースです。

例えば、古いタイプのDSLやADSL接続では通信距離が長くなると速度が落ち、帯域幅が制限されます。Wi-Fi接続でも、ルーターやアクセスポイントから遠く離れると通信速度が低下し、結果的に帯域幅が制限されます。

これら帯域幅の制限は、ユーザーがインターネットを利用する上で大きな影響を及ぼし、ストリーミングのバッファリング、ダウンロード時間の長さ、オンラインゲームの遅延など、さまざまな問題を引き起こす可能性があります。

ハードウェアに問題がある

ハードウェアの問題はモデムやルーター、ネットワークケーブル、ネットワークインターフェースカードの故障や不良、物理的な損傷などが該当します。

これらの問題が発生した場合、回線速度が遅くなるのに加えてインターネット接続そのものが中断されるケースもあります。

ルーターやモデムの故障・モデルが古い

お使いのルーターやモデムに古い技術が使用されているか、または損傷や故障しているとインターネットの速度が遅くなります。

例えばルーターが古い802.11bや802.11g規格を使用している場合、最新の802.11acや802.11ax(Wi-Fi 6)規格を使用するルーターよりも通信速度が遅くなります。

一方、モデムはインターネットサービスプロバイダ(ISP)からの信号をデジタルデータに変換し、コンピューターが理解できる形にする役割を持っています。

モデムが古く、新しい通信規格に対応していなかったり、故障が起きていたりするとインターネット速度が低下します。

ワンポイントアドバイス

新しいルーターやモデムの交換が必要です。

PCやスマートフォンのバージョンが古い・経年劣化

端末自体の性能が低い場合やOSが古い場合、インターネットの閲覧やダウンロードの速度が遅くなります。

電子デバイスは使用年数とともに劣化します。性能が徐々に低下し、結果としてインターネットの速度が遅くなります。

例えば、CPUが過熱するとパフォーマンスが低下します。ハードドライブは時間とともにフラグメンテーションを起こし、デバイスの全体的なパフォーマンスに影響を与えます。

ワンポイントアドバイス

デバイスを新しく買い替えることを検討しましょう。

接続ケーブルの損傷

インターネット接続に使用するケーブル(Ethernetケーブルや光ファイバーケーブルなど)に損傷があると、通信の遅延やパケットロスを引き起こし、インターネットの速度が遅くなります。

ワンポイントアドバイス

交換するケーブルのタイプを確認し、新品に買い換える必要があります。

ソフトウェアの問題

ソフトウェアの問題がインターネットの速度を遅くする原因となる場合もあります。この問題は主に使用しているデバイスのオペレーティングシステム、アプリケーションにより発生します。

オペレーティングシステムが古い

OS自体が古い、または更新が適切に行われていないとインターネットの速度に影響を及ぼします。新しいプロトコルや機能への対応が不足すると、通信速度が遅れます。

ワンポイントアドバイス

常に最新のOSバージョンにアップデートしましょう

起動しているアプリケーションが多い

同時に多数のアプリケーションが稼働している場合、帯域幅が分散されインターネットの速度が遅くなることがあります。

ワンポイントアドバイス

アプリを停止してデバイスを再起動させます

セキュリティの問題

デバイスがマルウェアやウイルスに感染していると、悪意のあるプログラムがネットワーク帯域を占有します。その結果、ウェブの閲覧やファイルのダウンロードが遅くなります。

ワンポイントアドバイス

マルウェアのスキャンを行うにはマルウェア対策ソフトのインストールが必要です。

基地局や中継点との距離が遠い

自宅の場所とインターネットサービスプロバイダーの基地局や中継点との距離が遠いほど、信号の減衰が起こりやすくなります。

これは電波や光ファイバーなどの信号が長距離を伝わる際に、減衰やノイズが発生するためです。

特にDSL(デジタルサブスクライバーライン)やケーブルインターネットなどの一部の接続方式では、距離による速度の影響が顕著になります。信号が遠くに伝わるほど、速度が低下しやすくなる傾向があります。

また遠隔地や山岳地域、島などの地理的にアクセスが難しい場所では、基地局や中継点の設置が制約されることがあります。その結果、回線の品質や速度に影響を与えることがあります。

ただし、近年の技術の進歩により光ファイバーや無線通信などの新たなインフラストラクチャーが整備されています。これにより、遠く離れた場所でも高速な回線速度が提供されることが増えてきています。

総じて言えることは、自宅の場所と基地局や中継点との距離は回線速度に影響を与える要素の一つであるということです。

距離に影響されにくい回線
  • 光ファイバー回線
  • ブロードバンド衛星インターネット

ブロードバンド衛星インターネットはアメリカのスペースX社が提供するスターリンク(Starlink)があてはまります。

スターリンク(Starlink)は2022年に日本に初上陸し話題となりました。

スターリンクの料金プランは「レジデンシャル(一般家庭向け)」「ビジネス」「RV(旅行用)」「マリタイム(海上用)」「航空(飛行機用、2023年提供開始)」の5つがあります。

レジデンシャル(一般家庭向け)料金

月額料金6,600円
「ポータビリティ」オプションは+2,800円
初期費用73,000円
→期間限定で36,500円
(専用アンテナ)
ダウンロード速度(想定)20~100Mbps
アップロード速度(想定)5~15Mbps
レイテンシ(想定)25~50ms
キャンペーン30日間の無料お試しあり

インフラの整備不足

インターネットの速度は通信インフラストラクチャの整備状態に大いに依存します。インフラストラクチャには地域のネットワーク設備とISPの設備が含まれます。

特に地域のネットワーク設備が不足している場合、インターネット速度は遅くなりがちです。例えば、一部の地域ではまだ古いDSLやケーブル接続が使われており、これらの技術は現代の光ファイバーネットワークと比較すると速度が劣ります。

一方、ISPの設備も重要です。ISPがネットワークトラフィックを処理する能力が低いと、それが接続速度のボトルネックとなる可能性があります。それぞれのISPは異なる技術と設備を利用しており、それらの差は接続速度に大きな影響を与えます。

したがって、地域のネットワーク設備とISPの設備の整備がインターネットの速度を遅くする原因となり得ます。

プロバイダの技術的な制約

技術的な制約とは、プロバイダが利用している技術や通信規格によって回線速度が制限されることを指します。

具体的な例として、古い技術や低速な通信規格を使用していると、高速な回線速度を提供することが難しくなります。

通信規格はデータの送信方法や周波数帯域などを定める規定です。古い規格ではデータ転送速度が低く、大量のデータを高速で送信することが制限されます。

さらに、プロバイダが使用する技術や通信規格が制約されている場合も回線速度に影響を与えます。

例えば、特定の周波数帯域の使用制限や、データ容量の制約があると回線速度が制約されます。

技術的な制約によって回線速度が低下する場合、プロバイダはより新しい技術や通信規格への移行を検討する必要があります。これにより高速なデータ転送が可能となり、回線速度の向上が期待できます。

回線速度が遅い時の解決方法

解決方法
難易度が低い順
  • 有線LANの使用
    • Wi-Fiよりも信頼性がある有線接続を試す
  • デバイスの再起動
    • デバイスの一時的な問題の可能性を確認
  • ルーターの設置場所を変更
    • Wi-Fiの信号強度を最大化させる
  • 帯域幅の消費を抑える
    • 不要なバックグラウンドアプリやマルウェアを削除
  • デバイスのパフォーマンス最適化とセキュリティ管理
    • デバイスの全体的なパフォーマンスを改善
  • ルーターの買い替えを検討
    • ネットワークパフォーマンスの改善
  • IPv4(PPPoE)からIPv6(IPoE)へ移行
    • 通信効率が良くなる
  • 回線の乗り換えを検討
    • より高速な回線に切り替える
  • プロバイダの見直し
    • より高品質なサービスを提供するプロバイダに変更を検討

有線LANの使用

Wi-Fiは障害物や電波干渉などによって通信が不安定になり、回線速度が急に遅くなることがあります。安定した通信環境にするには有線LANで接続するのが有効です。

有線LANによる利点は以下の通りです。

通信の安定性

有線接続は家具や壁などの障害物や他の電子機器からの干渉による速度低下の影響を受けにくいです。

壁や建物の障害物があってもデータはケーブルを通じて直接送信されるため、信号の安定性が高くなりネットワークの安定性と信頼性が向上します。

帯域幅の最大活用

高品質なLANケーブル(例:Cat7Cat8)を使用することで、大容量のファイルのダウンロードやストリーミングなどの要求の高いタスクを効率的に処理できます。

無線LANでは多くのデバイスが同じ周波数帯域を共有するため、混雑や帯域幅の制約が生じることがありますが、有線LANではそのような制約が少なくなります。

Cat7とCat8の違いは?

Cat7とCat8はLANケーブルのカテゴリであり、次のような違いがあります。

伝送速度

Cat7は最大で10ギガビット(10Gbps)の伝送速度に対応していますが、Cat8は最大で40ギガビット(40Gbps)または100ギガビット(100Gbps)の伝送速度に対応しています。

Cat8はより高速なデータ転送を可能にするため、要求の厳しいネットワーク環境やデータセンターなどで使用されることがあります。

帯域幅

Cat7は最大で600メガヘルツ(MHz)の帯域幅を持ちますが、Cat8は最大で2000メガヘルツ(2GHz)に対応しています。Cat8の帯域幅はCat7よりも広く、より高速なデータ転送を可能にします。

シールドの有無

Cat7はシールド(S/FTP:シールド・フォイルド・ツイスト・ペア)を備えていますが、Cat8はさらに強力なシールド(S/FTPまたはF/FTP:シールド・フォイルド・ツイスト・ペアまたはフォイルド・ツイスト・ペア)を持っています。

Cat8のシールドはより高い電磁干渉の抑制を提供し、信号の品質とノイズ耐性を向上させます。

距離の制限

Cat7とCat8は伝送距離の制限も異なります。

Cat7は最大で100メートルの伝送が可能で、Cat8は最大で30メートル(またはCat8.1として定義される最大で24メートル)の伝送が可能です。

Cat8の伝送距離は短いですが、高速なデータ転送が必要な近距離のネットワーク接続に適しています。

デバイスやモデムの再起動

デバイスやモデム、ルーターなどの接続機器に内部的なエラーが発生したすると回線速度の低下に似た現象が起こります。

そんな時は機器の再起動で解消されるケースがあります。簡単に行えるのでぜひ試してください。

再起動の手順

STEP
ルーターとモデムの電源を完全に切る

ルーターとモデムの電源を完全に切るため、コンセントから抜きます。

STEP
キャパシタの電荷を放電

ルーターやモデムには内部的なキャパシタ(電荷を蓄える装置)があり、電源を切っても一定時間電力が供給されます。

完全な再起動を行うためには、このキャパシタの電荷を放電させる必要があります

電源を切った後に数分間待ちます。これにより電源が完全に切れ、内部の電力が消失します。

STEP
ルーターとモデムの電源を入れる

電源を切った後、ルーターとモデムの電源を再度入れます。

まずモデムの電源を入れ、数分待ちます。モデムが完全に起動するまでには時間がかかる場合があります。

次にルーターの電源を入れ、ルーターが完全に起動するまで待ちます。

モデム→ルーターの順に電源を入れるのが重要

STEP
インターネット接続の確認

ルーターとモデムが再起動されたら、回線速度が改善されたかどうかを確認します。

これらの手順によってルーターとモデムが再起動され、一時的な接続の問題が解決されることがあります。

再起動しても問題が解消しない場合は、プロバイダ(ISP)に連絡してサポートを受けることをおすすめします。

再起動による効果
  • 接続のリフレッシュ
  • キャッシュのクリア

接続のリフレッシュ

インターネットの速度が遅くなった場合、その原因の一つとしてモデムの長時間の稼働が挙げられます。

長時間稼働はモデムがヒートアップしたり、内部的な小さなエラーが蓄積される結果となり、結果的に通信速度を低下させます。

モデムの再起動はこれらの問題をリセットするのに役立ちます。再起動によりモデムが冷却され、内部的なエラーもクリアされます。

また、ネットワークが混雑している場合にもモデムの再起動は有効です。再起動を行うことで、モデムとインターネットプロバイダーとの間で新たな接続が確立され、それまでの混雑した接続から離れられ、ネットワークのパフォーマンスが改善します。

キャッシュのクリア

キャッシュとは頻繁に利用するデータやウェブページを高速に読み込むためにデバイスが一時的に保存するデータのことを指します。

キャッシュデータが過剰に蓄積されるとデバイスのストレージを圧迫し、全体的な動作が遅くなることがあります。

また、キャッシュには一部の古いデータが含まれている可能性があり、古いデータが新しいデータと衝突することでエラーを引き起こす場合があります。

例えば、ウェブサイトが更新されて新しい情報が追加されたときでも、古いキャッシュが残っていると新しい情報が表示されず、古い情報が表示され続けるという問題が起こり得ます。

これらの問題を解決するためにキャッシュのクリア、つまりデバイスからキャッシュデータを削除することが推奨されます。

キャッシュをクリアすると古い情報や余分なデータが消去され、デバイスの動作が軽快になりウェブサイトやアプリケーションが最新の情報を正しく表示するようになります。

特に、アプリケーションやウェブサイトが正常に動作しないときや、デバイスが全体的に遅く感じるときは、キャッシュのクリアを試してみると良いでしょう。

ルーターの設置場所を変更

ルーターの設置場所はWi-Fiの信号の強度や範囲に大きく影響します。

回線の速度が低下した場合、インターネット接続の品質を向上させるためにルーターの位置を最適化することが重要です。

ルーターは家の中心近くに設置するのが最善とされています。これは、Wi-Fi信号が全方向に等しく広がるためです。中心に設置することで、ルーターから遠い場所でも信号が届きやすくなります。

また、ルーターは高い位置に設置すると良いでしょう。Wi-Fiの信号は下向きに広がりやすいので、ルーターを床から高い位置に置くと、より広範囲に信号を届けることができます。

家具や壁などの障害物もWi-Fi信号の品質に影響します。

壁、天井、家具、金属製のオブジェクトなどが信号の道を遮ると、信号は弱まったり範囲が狭まったりします。可能な限りルーターを障害物から離して設置しましょう。

電子機器もまたルーターのパフォーマンスに影響を与えます。マイクロウェーブや電話機、ベビーモニターなどの機器は、ルーターと同じ周波数帯を使用するため、信号の干渉を引き起こします。

これらの機器からルーターを離して設置すると、干渉を減らせます。

ポイント説明
場所家の中心近くに設置する
高さ床から高い位置に設置する
障害物壁や家具から離して設置する
電子機器信号の干渉を引き起こす機器から離す

デバイスのパフォーマンス最適化とセキュリティ管理

デバイスのパフォーマンス最適化

デバイス(コンピュータ、スマートフォンなど)のパフォーマンスが遅いと感じる場合、多くのアプリケーションが同時に動作していること、ストレージがいっぱいになっていること、またはソフトウェアが古いバージョンであることなどが考えられます。

パフォーマンスが遅くなる
問題点と解決策
  • 問題点:多数のアプリケーションの同時動作
    • 解決策:不要なアプリケーションの整理
  • 問題点:ストレージが満杯
    • 解決策:不要なデータの削除
  • 問題点:ソフトウェアが古い
    • 解決策:最新バージョンに更新

不要なアプリケーションの整理

デバイス上で多数のアプリケーションが同時に動作していると必要なリソース(CPUやRAMなど)が不足します。

リソースの不足はデバイスのパフォーマンスを全体的に低下させ、アプリケーションが遅延したり、インターネットの接続速度が遅くなる原因となります。

この問題を解決するにはバックグラウンドで動作しているが現在使用していないアプリケーションを閉じることです。

これによりデバイスのリソースが解放され、パフォーマンスが改善されます。特にメモリ消費が大きいアプリケーション(例えば、ビデオ編集ソフトウェアや大規模なゲームなど)は、使用していないときには終了することを推奨します。

次に行う解決策は、普段使用していないアプリケーションをデバイスからアンインストールしてしまうことです。

アンインストールをすることで、ストレージスペースが解放されるだけでなく、バックグラウンドで実行する可能性のあるアプリケーションも削除されます。

ただし、すべてのアプリケーションを無差別に削除するのではなく、どのアプリケーションがデバイスのパフォーマンスに最も大きな影響を与えているかを確認することが重要です。

タスクマネージャー(Windows)やアクティビティモニタ(Mac)などのツールを使用して、リソース使用量を監視できます。

Windowsでリソース使用量を確認する方法

タスクマネージャーはコンピューターのリソースの使用状況を監視し、問題が発生した場合にトラブルシューティングを行うのに役立つ強力なツールです。

STEP

「Windows システムツール==>タスクマネージャ」を実行。

STEP

[タスク マネージャー] ウィンドウで、[パフォーマンス] タブを選択。

STEP

[パフォーマンス] タブで、[CPU]、[メモリ]、[ストレージ]、[ネットワーク]、[GPU] のグラフを表示できます。

STEP

グラフをクリックするとリソースの使用量の詳細が表示されます。

STEP

[プロセス] タブを選択すると、コンピューター上で実行されているすべてのプロセスを表示できます。

STEP

[詳細] タブを選択すると、プロセスのパフォーマンス メトリックをさらに詳細に表示できます。

Macでリソース使用量を確認する方法
STEP

キーボードの「command」+「スペース」キーを押してSpotlightを起動します。

STEP

検索バーに「アクティビティモニタ」と入力します。

STEP

アクティビティモニタのアイコンをクリックしてアクティビティモニタを起動します。

不要なデータの削除

デバイスのストレージが満杯に近づくと、さまざまな問題が発生する可能性があります。たとえば、新しいアプリケーションをインストールするためのスペースがなくなったり、システムが一時ファイルを作成できなくなったりすることがあります。これにより、全体的なパフォーマンスが低下し、特にインターネット接続速度に影響を及ぼす可能性があります。

この問題を解決するには、まず不要なファイルを削除することが有効です。これには、使用しなくなったアプリケーション、古いドキュメントやメディアファイル、一時ファイルやキャッシュ、そしてダウンロードフォルダ内の不要なファイルなどが含まれます。

さらに、クラウドストレージを活用することで、デバイスのストレージを節約することができます。Google Drive、Dropbox、iCloudなどのサービスを使用して、重要なファイルをクラウドに保存し、デバイスからは削除することができます。これにより、デバイス内の空き容量が増え、パフォーマンスが改善します。

また、定期的にディスククリーンアップツールを使用して、システムファイルや一時ファイルを削除すると良いでしょう。これらのファイルは通常、手動で削除するのが難しいため、ディスククリーンアップツールの使用が推奨されます。

ソフトウェアの更新

ソフトウェアの更新はデバイスのパフォーマンスを維持し、インターネット接続の速度を改善するための重要なステップです。

更新プロセスには、操作システムのアップデート、アプリケーションの更新、ドライバの最新化などが含まれます。

ソフトウェアが古いとデバイスは新しい機能に対応できず、既知のセキュリティの脆弱性を持ったままになります。セキュリティの脆弱性は不正なアクセスを許したり、マルウェアの感染を引き起こしたりするリスクがあります。

また、古いソフトウェアは新しいハードウェアや技術に適応できないためインターネット接続の速度を低下させます。

これらの問題を避けるためにソフトウェアの定期的な更新が推奨されます。更新プロセスは新しい機能や改善をデバイスに導入し、セキュリティの問題を修正します。

さらに、新しいソフトウェアは前のバージョンよりも効率的に動作し、デバイスの全体的なパフォーマンスを向上させます。

ルーターの買い替え

ルーター選びのポイント
  • 最新の通信規格に対応したルーターを選ぶ
  • デュアルバンドまたはトライバンドの対応しているか
  • MU-MIMO技術が搭載されているか
  • プロセッサとメモリの性能をチェックする
  • QoS(Quality of Service)機能の有無を確認する

古いルーターは概ね、回線速度が低下するので買い換えをおすすめめします。

外見上は異常がなくても、冷却システムの劣化やダストの蓄積によりな冷却が行われなくなります。

冷却されないルーター内部の温度は上昇し、電子部品や回路の性能に悪影響を与えます。過熱が進行するとルーターが自動的に再起動するなどの問題が発生します。

ルーターが適切な冷却を行っていても、長時間連続して運用される場合には熱が蓄積されます。長時間の使用により電子部品や回路の性能が低下し、回線速度や応答時間の遅延が発生します。

適切な冷却を保つためには定期的なメンテナンスや清掃も必要ですが、ルーターは経年劣化する機器なので新しいルーターにアップグレードするのをおすすめします。

物理的なダメージ以外にも、古いルータはシステム上にも問題があります。

スクロールできます
問題点影響
処理能力の制限データパケットの処理時間の遅延、回線速度の低下
メモリ容量の制限効率的な処理が行えず回線速度が低下
古いハードウェアの設計制約最新機能や最適化が欠けており回線速度の向上が制約される

ルーターはネットワーク上のデータパケットを転送し、各パケットのヘッダ情報を解析して適切な経路に転送する役割を担っています。

高速なデータ転送やパケットの処理が求められる場合には処理能力が重要です。しかし、古いルーターでは処理に必要な計算能力や処理速度が制限されているため、データパケットの処理に時間がかかり回線速度が低下します。

また、ルーターはデータの一時的な保持や処理にメモリを使用します。

古いルーターではメモリ容量が制約されている場合があります。データパケットの一時的な保持やルーティングテーブルの管理など、メモリが必要な処理においてメモリ容量が不足していると効率的な処理が行えず回線速度が低下します。

さらに、ルーターはその時代のハードウェアの性能や制約に基づいて設計されています。例えば、プロセッサやメモリの選択、データバスの幅、ネットワークインターフェースの性能などが設計時に考慮されます。

古いルーターでは最新のハードウェアやテクノロジーと比較して処理速度やデータ転送速度を向上させるための最新の機能や最適化が欠けている場合があります。そのため高速な回線速度を実現することが難しくなります。

IPv4(PPPoE)からIPv6(IPoE)へ移行

IPv4(インターネットプロトコルバージョン4)とIPv6(インターネットプロトコルバージョン6)は、インターネット上でデータを送受信するためのプロトコルです。

IPv4は長年にわたって使用されてきましたが、そのアドレス空間(インターネットに接続できるデバイスの数)が有限であるため、デバイスの数が増え続ける現代社会ではその限界が見えてきています。

一方、IPv6はより多くのデバイスに対応できるように設計されており、また一部の技術的な改善によりパフォーマンスが向上する可能性があります。これらの利点から、多くのインターネットサービスプロバイダ(ISP)はIPv6への移行を進めています。

さらに、PPPoE(Point-to-Point Protocol over Ethernet)はIPv4とともに使用され、ユーザー名とパスワードを用いた認証を必要とします。一方、IPoE(IP over Ethernet)は認証プロセスを必要とせず、デバイスが直接インターネットに接続できます。

IPv6への移行のメリット
  • 拡大したアドレス空間
    • IPv6は、ほぼ無尽蔵のアドレス空間を提供します。将来的にさらに多くのデバイスがインターネットに接続することを可能にします。
  • 効率的なルーティング
    • IPv6のヘッダーは、IPv4よりも簡素化されており、ルーターがパケットをより迅速に処理できるように設計されています。
  • 直接的な接続
    • IPoEを使用すると、ユーザー名とパスワードによる認証をスキップできます。接続の設定が容易になり、接続速度が改善されます。

ただし、IPv6への移行はプロバイダが対応しているか、または自宅のネットワーク機器(ルーターやモデムなど)がIPv6を対応しているかによります。そのため、ISPやネットワーク機器のマニュアルを確認することをお勧めします。

IPv6への移行はあくまで一つの手段であり、接続速度の遅さの原因がそれに限らない場合もあります。そのため、他の解決策と併用することも考慮に入れると良いでしょう。

回線への乗り換えを検討

これまで紹介した解決策を実行しても回線が速くならない場合、光回線への切り替えをおすすめします。

高速なデータ転送、安定した接続、低遅延という特徴を持つ光回線は、快適で高品質なインターネット接続を求める方にとって理想的な選択肢となります。

光回線の利点
  • 高速なデータ転送
  • 安定した接続
  • 低遅延

回線の利点1 高速なデータ転送

光回線は光ファイバーケーブルを使用しており、データの伝送速度が非常に速い特徴があります。

従来のADSLやケーブル回線よりもはるかに高速であり、大容量のファイルのダウンロードやストリーミング、オンラインゲームなどの高帯域幅を必要とする活動において、ストレスなく快適に利用することができます。

高帯域幅

光ファイバーケーブルは広帯域幅を持ち、大量のデータを高速で転送することができます。

大容量のファイルのダウンロードやアップロード、4Kや8Kの高解像度ストリーミング、オンラインゲーム、仮想現実(VR)などの高帯域幅を必要とする活動において重要なポイントです。

光回線の高帯域幅により、これらのアクティビティをストレスなくスムーズに行うことができます。

信号の劣化が少ない

光ファイバーケーブルは電気信号を使用せずに光信号を伝送するため、外部の電気ノイズや干渉の影響を受けにくいです。

信号の劣化が少なく、データの伝送品質が安定しているのに加え、長距離でも高速かつ安定したデータ転送を可能にします。

回線の利点2 安定した接続

光回線は光ファイバーケーブルを使用しているので、天候や距離の影響をほとんど受けずに安定した接続が可能です。オンラインビジネスやリモートワークを行う場合には、安定性は非常に重要なポイントです。

他の電波からの干渉を受けない

光ファイバーケーブルは電気信号を使用せずに光信号を伝送するため、外部の電気的な干渉やノイズの影響を受けにくくなっています。

そのため信号が一定であり、接続が一貫して安定しています。例えば、雷やラジオ周波数干渉などの外部要因が光回線に与える影響が少なく、安定した接続が確保されます。

距離による減衰が少ない

光信号は距離による減衰が少ないため、遠く離れた地域でも安定した接続が可能です。従来の銅線ベースの回線では、距離が長くなると信号の強度が減少し、接続の品質が低下することがありましたが、光回線ではこの問題が解消されます。

回線の利点3 低遅延 の解消

光ファイバーは電気信号ではなく光信号を使用してデータを送受信します。

電気ではなく、光を利用するので電磁干渉の影響を受けずに長距離でのデータ転送が可能となり、遅延もほとんど起こりません。

さらに、光ファイバーは高帯域幅を持っているため、大量のデータを非常に速く送受信することができます。

低遅延がないメリット

オンラインゲーム

操作が即時に反映され、ゲーム内での動きがスムーズになります。対人戦では微妙なタイミングが勝敗を分けるため、遅延の少なさは大きなアドバンテージです。

リアルタイムストリーミング

音声や映像の再生が途切れることなくスムーズに行われます。

リモート作業

リモートでのファイル共有や共同編集がスムーズになり、作業効率が向上します。

ビデオ会議

画面と音声の遅延が少ないため自然な会話がができます。特に多人数での会議では、遅延が少なく会話の流れをスムーズに保てます。

プロバイダの見直し

適切なプロバイダの選択は、インターネットのパフォーマンスに大きく影響を与えます。

現在のインターネット環境に満足できない場合は、プロバイダを見直すことを検討してみてはいかがでしょうか。

プロバイダを変える主なポイントとして以下の三つが挙げられます。

ネットワークの混雑の軽減

プロバイダがそれぞれが管理するネットワークの容量や利用者数には限りがあり、多数のユーザーが同時に接続するとネットワークが混雑し、それぞれのユーザーが利用できる帯域幅が減少します。

これは特定の時間帯(例えば、夜間や休日など)にインターネット速度が顕著に低下する原因となります。

こうした状況を改善するためには、同じ時間帯でも混雑が少ないプロバイダへの変更が有効です。これにより、インターネットの速度や安定性が向上する可能性があります。

帯域幅の増加

帯域幅はプロバイダごとに異なり、帯域幅が広いほど一度に送受信できるデータ量が増え、インターネットの快適さに直結します。

特に大容量のデータを頻繁に扱う場合、現在のプロバイダの提供帯域幅が不足していると感じることでしょう。

この場合、提供帯域幅が広いプロバイダへの変更によって、適切なプロバイダの選択がインターネットのパフォーマンスに大きく影響を与えることがわかります。現在のインターネット環境に満足できない場合は、プロバイダを見直すことを検討してみてはいかがでしょうか。データのアップロードやダウンロード速度が向上します。

ネットワーク品質の向上

プロバイダが提供するネットワークの品質には大きな差があります。

信号の強度や接続の安定性などが低いと、接続が途切れたり、一定の速度が保てなかったりします。これらの問題は、プロバイダが管理するネットワーク設備の質や、その保守・管理体制に起因します。

ネットワーク品質が優れていると評判のプロバイダに変更することは、インターネットの安定性を向上させる有効な手段となります。

インターネット回線に役立つ記事のまとめ

シェアしてね!
目次