1,000ポイントプレゼント 楽天市場アプリ 新規ダウンロード

【初心者でも安心】中国で使えるおすすめのVPNとVPN選び5つのポイント

本ページはプロモーションが含まれています

この記事でお伝えする内容
  • 中国で使うならMillenVPNがおすすめ
  • 中国でVPNが必要な理由
  • VPNを選ぶ際の重要なポイント
  • 無料VPNか?有料VPNか?

中国からVPNに接続できない場合は、ポーランドまたはオランダの場所に接続してみてください。

目次

中国で安心して使えるMillenVPN

中国ではインターネット規制が厳しく、VPNに関しても厳しい制限があります。

中国政府はインターネットを管理するために「グレート・ファイアウォール(Great Firewall)」と呼ばれる強力なフィルタリングシステムを使っています。

このシステムによって、中国外のウェブサイトにアクセスしようとするとブロックされてしまいます

VPNサービスに関しても、政府は非正規のVPNを使用する行為を非合法とし、承認されていないVPNサービスを使おうとするとブロックされて接続できません。

MillenVPNも専用アプリから接続することはできませんが、MillenVPN Native OpenConnectから接続することで、中国内でも利用可能になります。

MillenVPNなら、1つの契約でこれら全てのサービスが使えます!

スクロールできます
MillenVPNMillenVPN Native OpenConnect
中国で使うならこれ
MillenVPN Native
・セキュリティを強化したい
・世界中の動画配信サービスで動画を視聴したい
・匿名性を上げたい
・色々な国のIPアドレスを使いたい
・簡単にVPNに接続したい
・セキュリティを強化したい
・動画配信サービスで動画を視聴したい
・中国などのインターネットの制限が特に厳しい国から使いたい
・セキュリティを強化したい
・動画配信サービスで動画を視聴したい
・インターネットが制限された国から使いたい
・固定IPアドレスを使いたい
・様々な国のIPアドレスを使いたい
・VPNへの接続に専用アプリを使いたくない
Windows, Mac,
Android, iOSに対応したネイティブアプリ
OpenConnectアプリを使用
Windows, Macなど様々なOSで利用可能
専用アプリ無し(設定は簡単)
Windows, Mac, Android, iOSなど
様々なOSで利用可能

OpenConnectとは?

OpenConnectは、SSL VPN(Secure Sockets Layer Virtual Private Network)プロトコルを用いたVPNソリューションの一つです。

もともとはCisco(シスコ)のAnyConnect SSL VPNに対するオープンソースのクライアントとして開発されましたが、今ではさまざまなVPNにも対応しています

OpenConnectは、高度な暗号化とセキュリティを持つため、企業や個人が安全にネットワークにアクセスするために使用されます。

設定が容易で、Windows、Mac、Linuxなど多くのプラットフォームにも対応しています。

制限の厳しい国々やネットワーク環境において、VPNプロトコルがブロックされている場合でも、OpenConnectは効果的に動作します。

これは、OpenConnectが通常のWebトラフィックと同じように見えるSSL/TLSプロトコルを使用するため、ブロックが難しいとされています。

中国のようなインターネット規制が厳しい国では、OpenConnectは多くのVPNサービスで推奨される接続方法の一つとなっています。

中国からの接続に最適な

MillenVPN Native OpenConnect

MillenVPN Native OpenConnectは、中国などの通信制限が厳しい国からの接続において制限されにくい、無料オプションサービスです。

  • Windows, Macなどで使える
  • 中国からの接続も制限されにくい
  • 中国からの接続に最適化された通信経路
  • 東京、大阪をはじめとする日本国内に多くのサーバーを設置

お申し込みはここから

30日間返金保証付き

「MillenVPN Native OpenConnect」での接続可否については、中国の情勢等により、状況が変動する可能性があります。

利用できるか心配な場合は30日間返金保証制度を利用し、一度試してみることをおすすめします。

中国でVPNが必要な理由

中国においてVPNが広く利用されている一因は、多くの人々が異文化の情報にアクセスしたいと考えているからです。

特に若い世代は、世界中の情報に触れることで自らの知識を拡充し、自分の生まれ育った文化だけでなく、他の文化も尊重し、その違いを理解したいと願っています。

それを可能にする手段の一つとしてVPNがあり、VPNの重要性がますます高まっています。

中国でVPNが必要な理由
  • 利用できないクラウドサービスが多い
  • SNSの利用が制限されている
  • 動画配信サービスの利用が制限されている

利用できないクラウドサービスが多い

中国ではGoogle DriveやGoogleドキュメントなど、多くのクラウドサービスが利用できません。

文書やデータの保存や管理ができないので、プライベートやビジネスの面でとても不便になります。

代わりのクラウドサービスがあっても、それらは中国政府の監視下にある場合が多く、ユーザーのデータがどのように取り扱われているかが不明確です。

プライバシーを重視する方にとってVPNは必需品です。

SNSの利用が制限されている

中国政府は情報の流れを厳しくコントロールしています。

ソーシャルメディアは情報の拡散力が速く、多くの人が短時間に情報を共有できます。

しかし、中国政府は「不適切」または「危険」とされる情報がSNSによって拡散されることを危惧しています。

そのためFacebook、X(エックス)、InstagramなどのSNSは中国では利用できません

日本人にとってSNSは今やコミュニケーション手段として当たり前のように使い、多くの方がプライベート、あるいはビジネスで使用しています。

VPNを使えばこれらのプラットフォームにアクセスし、今までと変わらず多くのユーザーとコミュニケーションを取れます。

動画配信サービスの利用が制限されている

NetflixやYouTube、Huluなど人気の動画配信サービスも中国では利用できません。

エンターテイメントはもちろん、教育的なコンテンツにもアクセスできません。

これらのコンテンツは、中国の政府や文化と異なる価値観や情報が含まれる場合があります。

動画配信サービスが中国の国民に与える潜在的な影響を制御したいと考えており、その結果としてアクセスを制限しています。

NetflixやYouTubeを利用したい方にとって、VPNはほぼ必須と言えるでしょう。

中国で使うVPNを選ぶ際の重要な5つのポイント

中国でのインターネット規制と監視は非常に厳格であり、外国のサイトやサービスへのアクセスが制限されていることが多いです。

そのため、VPNの暗号化技術の質は非常に重要なポイントとなります。

重要なポイント
  • 長期滞在か短期滞在による料金プランの検討
  • 高度な暗号化技術が備わっているか
  • 複数のプロトコルに対応しているか
  • ローカルサーバーがあるか
  • 返金保証期間がついているか

VPN選びのポイント1

滞在期間に合わせた料金プランの検討

VPNの料金プランは一般的に月額制か年額制のサブスクプランがメインとなります。

中国での滞在期間が短期なのか、あるいは長期にわたるのかによって最適なプランが異なります。

短期滞在なら月額プラン

ビジネス出張や旅行で数日から数週間程度滞在する予定であれば、月額プランが適切です。

月額プランは、その名の通り1ヶ月毎の契約となるため、不必要な長期契約は不要です。

出張や旅行の日程が突然変更された場合でも、短期間だけ利用してすぐに解約すれば大きな出費にはなりません。

逆に、出張や旅行の日程を延長する場合でも、そのままプランを継続するなど柔軟に対応できます。

月額プランは年額プランに比べて1日あたりの費用は高いものの「いつ解約しても負担額が安い」ことが特徴です。

短期の旅行や出張で重要なのは、その瞬間瞬間で最も効率的なサービスを利用できるかどうかという点であり、月額プランはそのニーズに非常にマッチしています。

MillenVPNは、月額よりもさらに短期間の料金プランが用意されているので選択の幅が広がります。

\短期契約・ワンタイムプラン

7日プラン

¥638/7日

  • 同時に10台のデバイスで使える
  • MillenVPNとMillenVPN Nativeの両方が使える
15日プラン

¥1,078/15日

  • 同時に10台のデバイスで使える
  • MillenVPNとMillenVPN Nativeの両方が使える
30日プラン

¥1,738/30日

  • 同時に10台のデバイスで使える
  • MillenVPNとMillenVPN Nativeの両方が使える

長期滞在なら年額プラン

1年以上中国に滞在する、あるいは中国での定住を考えている場合、長期契約の年額プランが最適です。

長期プランを選ぶ最大の利点は、単純に単月あたりの費用が大幅に下がることです。

多くのVPNサービスは長期契約を選ぶことで、一ヶ月当たりの費用が安くなるように優遇されています。

このような割引は短期プランでは得られないため、長期滞在には年間プランが経済的でおすすめです。

長期プランは一度契約すれば、毎月のように更新や解約の手続きを考える必要がありません

定住を考えている方や、長期滞在をする方にとってこれは非常に便利です。

MillenVPNは2年の長期契約をすると1ヶ月あたりの価格が¥396円でとてもお得です。

\長期契約・サブスクプラン

2年プラン 一番人気

¥396/月

  • 通常価格¥950/月より62%お得
  • 同時に10台のデバイスで使える
  • MillenVPNとMillenVPN Nativeの両方が使える
  • 30日間返金保証

\ 一番人気のプラン /

1年プラン

¥594/月

  • 通常価格¥950/月より43%お得
  • 同時に10台のデバイスで使える
  • MillenVPNとMillenVPN Nativeの両方が使える
  • 30日間返金保証

VPN選びのポイント2

高度な暗号化技術が備わっているか

以下に紹介する機能を備えたVPNは、高度なセキュリティとプライバシーを求めるユーザーに必要不可欠なものです。

インターネット規制が厳しい場所での使用に非常に適しています。

256-bit AES暗号化

中国では政府による監視が厳しく、高度な暗号化技術が必要です。

AES 256-bit暗号化は現在、軍事レベルの暗号化とされています。

この種の暗号化を採用しているVPNは、中国のような厳格な監視下でも信頼性が高いとされています。

難読化サーバー

中国のGreat Firewallは、VPNのトラフィックを検出してブロックする能力があります。

難読化されたサーバーを使用すると、VPNトラフィックが一般的なインターネットトラフィックと区別できなくなるため、検出を避けられます

ノーログポリシー

ノーログポリシーを採用しているVPNプロバイダーは、利用者のオンラインでの行動履歴のデータを保存または共有しません

そのため、中国の当局や第三者による無許可のデータアクセスや監視から利用者を保護することができます。

キルスイッチ

中国ではVPN接続が不安定な場合があり、その際にはキルスイッチが非常に役立ちます。

接続が切れた場合でも、キルスイッチによってインターネットへのすべてのアクセスが遮断され、データ漏洩のリスクが減ります

ダブルVPN対応

単一の暗号化よりもさらに強力なセキュリティを提供するために、トラフィック(データの送受信)を2回暗号化するオプションです。

検閲が厳しい中国では、ダブルVPNが有用です。

VPN選びのポイント3

複数のプロトコルに対応

中国でVPNを使用する場合、複数のプロトコルに対応したサービスを選ぶことが重要です。

以下にその理由を紹介します。

すでにブロックされているプロトコルがある

中国はインターネット規制が厳しく、VPNプロトコルに対して多くのブロックがかかっています。

広く知れ渡っている一般的なプロトコル(例:PPTP、L2TP)はすでにブロックされている可能性が高いです。

OpenVPNもしばしば検出されブロックされます。

そのため、複数のプロトコルに対応していると、一つがブロックされた場合でも別のプロトコルに切り替えられます

より安全なプロトコルが必要

中国でのインターネット使用は政府の監視下にあります。

より安全なプロトコル(例:OpenVPN)を使用できるかどうかは、プライバシーを保護する上で非常に重要です。

中国のネット回線が不安定

中国のネットワークは不安定で、VPNを介してインターネットを使用すると速度が低下する場合があります。

複数のプロトコルが利用できると、速度や安定性の面で最適なプロトコルを選べます。

状況に応じてプロトコルの選択ができる

VPNを使う目的に応じて、最適なプロトコルが変わる場合があります。

例えば、ストリーミングやゲーミングを快適に楽しむためには速度が優先されます。

一方で、ビジネスで重要なデータを送信する場合は、セキュリティが優先されます。

主なプロトコルの種類と特徴
▼タップして見る

OpenVPN

  • 特徴: 高度なセキュリティで安全
  • セキュリティ: 256-bit AES暗号化を使用し、非常に安全
  • 速度: 高速だが、設定によっては遅くなる場合もある

L2TP/IPsec

  • 特徴: L2TP(Layer 2 Tunneling Protocol)とIPsec(Internet Protocol Security)を組み合わせたプロトコル
  • セキュリティ: IPsecにより強力なセキュリティを提供
  • 速度: 中程度の速度

PPTP

  • 特徴: Point-to-Point Tunneling Protocol、最も古いVPNプロトコルの一つ
  • セキュリティ: 現代の標準には低い
  • 速度: 高速

SSTP

  • 特徴: Secure Socket Tunneling Protocol、主にWindows環境で使用される
  • セキュリティ: 高度なセキュリティを提供
  • 速度: 高速

IKEv2

  • 特徴: Internet Key Exchange version 2、モバイルデバイスでの使用が一般的
  • セキュリティ: 高度なセキュリティを提供
  • 速度: 高速

WireGuard

  • 特徴: 新しく、シンプルで高速なプロトコル
  • セキュリティ: 最新の暗号化技術を使用
  • 速度: 非常に高速

SoftEther

  • 特徴: 多機能で高度にカスタマイズ可能
  • セキュリティ: 高い
  • 速度: 高速

Stealth VPN

  • 特徴: 検出を回避するためにVPNトラフィックを偽装
  • セキュリティ: 変動する
  • 速度: 中程度

VPN選びのポイント4

ローカルサーバーがあるか

中国でVPNを使う際には、ローカルサーバーの存在が重要なポイントとなります。

中国のようにネットワークが不安定な地域では、サーバーの距離が物理的に近いほど、データの送受信が高速に行えます。

速度はストリーミングやオンラインゲーム、ビデオ会議など多くのインターネット活動において重要であり、遅延やバッファリングを最小限に抑えることができます。

そのほかにも、中国またはその近隣国にサーバーがあると、中国のインターネット規制をより効果的に回避できるうえ、言語のバリアを減らす面でも有用です。

例えば、日本語に対応したサーバーが近くにあれば、使いやすさが向上し操作も容易になります。

中国でVPNを使う際のローカルサーバーの存在は、「速度、安全性、利便性」の3つの面で大きなメリットをもたらします。

VPNサービスを選ぶ際には、近隣国にサーバーが設置されているかどうかを確認することが有用です。

ローカルサーバーとは?

ローカルサーバーとは、地理的エリアまたはネットワーク内でのみアクセス可能なサーバーを指します。

この場合、”ローカル”とは「地域や場所に限定された」という意味です。

例えば、企業内ネットワークのサーバーや自宅で設定されたプライベートサーバーもローカルサーバーに該当します。

ただし、VPNの文脈で「ローカルサーバー」という場合は、VPNプロバイダが設置している地域や国のサーバーのことを指します。

このローカルサーバーを経由することで、その地域内で高速なインターネット接続が可能になります。

中国のようなインターネット規制が厳しい国でVPNを使用する場合、中国自体または近隣の国々にサーバーがあるVPNプロバイダを選ぶことが推奨されます。

その理由は、遠隔地にあるサーバーへの接続よりも、近隣にあるサーバーへの接続の方が速度が速く、安定しているからです。

VPN選びのポイント5

返金保証期間が付いてるか

中国でのインターネット環境は変動が激しく、今使えてるVPNがいつ使えなくなるかが全く分かりません。

そのため、契約したもののサービスが期待通りに機能しない場合、無駄にお金を失うリスクがあります。

そんな時でも返金保証が付いていれば、他のVPNサービスへの乗り換えも心配なくできます。

さらに、返金保証があれば一定期間の「お試し」ができ、期待した性能や機能を満たしていなければ、購入金額を返金してもらうことができます。

返金保証は、中国のような厳格なネット規制が存在する国でVPNを使用する際に、ユーザーの安心感や信頼性を大きく高めるポイントとなります。

中国からの接続に最適な

MillenVPN Native OpenConnect

MillenVPN Native OpenConnectは、中国などの通信制限が厳しい国からの接続において制限されにくい、無料オプションサービスです。

  • Windows, Macなどで使える
  • 中国からの接続も制限されにくい
  • 中国からの接続に最適化された通信経路
  • 東京、大阪をはじめとする日本国内に多くのサーバーを設置

お申し込みはここから

30日間返金保証付き

使うなら無料VPNか?有料VPNか?

中国でVPNを使用する場合、有料VPNがおすすめです。

無料VPNは魅力的ですが、サービスの品質が悪く、中国の厳格なインターネット規制をバイパスする能力が低いことが多いです。

また、無料VPNを提供している企業がユーザーの個人情報をどのように取り扱っているかも不明確です。

無料VPNを使用する際に不安な点

  • データの安全性: セキュリティが低く、ユーザーデータが第三者に漏れる可能性が高い。
  • プライバシーの侵害: 一部の無料VPNプロバイダーはユーザーのオンラインの行動を追跡して、そのデータを広告目的で第三者に販売する場合がる。
  • 不安定な接続: 無料VPNはサーバーの数が限られているため、接続が不安定になりやすい。
  • 使える機能が少ない: 高度なセキュリティオプションや特定の地域へのアクセスなど、機能が制限されていることが多い。
  • 広告とマルウェア: 無料VPNの中には広告が多数含まれていたり、場合によってはマルウェアが潜んでいる可能性がある。

有料VPNはビジネスモデルが明確で、お金を払っているからこそ、高いレベルのサービスとサポートを享受できます。

中国のようにインターネット規制が頻繁に変わる国での使用を考えると、有料VPNの対応の速さが特に重要になります。

無料VPNではサービスが突如としてブロックされる可能性があり、その後の対応が遅いか、まったくされないことがあります。

有料VPNは専門の技術者チームを持っており、新たな規制やブロックに迅速に対応できる体制を整えています。

その結果、ユーザーは安全で安定したインターネットを利用できます。

スクロールできます
無料 VPN有料 VPN
セキュリティ弱い高度な暗号化と安全なプロトコル
速度と帯域幅制限が多い速度と帯域幅に制限がない
信頼性サーバーが少なく不安定多くのサーバーと高い信頼性
機能基本的な機能のみ難読化、キルスイッチ、ダブル VPN など多機能
プライバシーデータを収集・販売する可能性ノーログポリシー

中国でVPNを利用する際の注意点

  • 中国内でのVPNのダウンロードをしない
  • 2つ以上のVPNを利用するのがおすすめ
  • 周囲の人にVPNを使っていることを知らせない

中国内でのVPNのダウンロードをしない

中国の当局はインターネットトラフィックを密に監視しており、暗号化パターンや通信行動からVPNの使用を察知する能力があります。

その結果、中国内でVPNをダウンロードまたは使用しようとすると、その行為がすぐに検出される危険性があります。

一度検出された場合、最も軽いケースでも警告を受ける可能性があります。

中国でインターネットを使う場合、信頼性とセキュリティが確保されたVPNサービスを選び、中国に到着する前にダウンロードとインストールを完了させるのがおすすめです。

2つ以上のVPNを利用するのがおすすめ

中国のインターネット規制は頻繁に変更され、VPNが一時的にアクセス不能になる可能性があります。

そのような状況に備え、2つ以上のVPNサービスを利用することで、一つのVPNが接続できなくなった場合でも、別のVPNに切り替えることが可能です。

これは単に接続の継続性を保つだけでなく、中国当局によるランダムなブロッキングや制限に柔軟に対応できるというメリットもあります。

また、複数のVPNを使用することで各VPNの特性を活かすことができます。

例えば一つは速度重視、もう一つはセキュリティ重視といった、その時のニーズに応じてVPNを使い分けができるため、使い勝手の良さが向上します。

周囲の人にVPNを使っていることを知らせない

VPNの使用は、公共の場所で声高に宣言するべきではありません

中国では、インターネット使用に関する政府の方針に反する行為は厳しく取り締まられています。

周囲の人々にVPN使用を知らせることで、不必要な注目を集めるリスクがあります。

VPNの使用は極力控えめに、そして慎重に行うべきです。

中国でVPNサービスが繋がらない・使えない場合の対処法

  • サーバーを変更する
  • VPNプロトコルを変更する
  • アプリの再インストールや再起動をする
  • DNS設定を手動で行う

サーバーを変更する

中国でVPNを使うと接続に失敗することがあります。

接続に失敗するときに効果的な対処法の一つが、VPNサーバーの変更です。

中国に近い地域のサーバー、例えば香港や台湾、シンガポール、日本は速度が速く、接続が安定しています。

これらのサーバーは他のユーザーにも人気があり、混雑することが多いです。

さらに、中国の当局もこれらのサーバーを監視している可能性が高いため、一時的にブロックされることもあります。

それを踏まえて、アジア圏のサーバーがうまく動作しない場合、ヨーロッパや北アメリカなど、遠くのサーバーに接続してみるのも一つの方法です。

速度は多少遅くなりますが、接続自体は安定しています。

VPNによっては「オバスケーション(難読化)」機能が提供されています。

この機能を有効にすると、VPNトラフィックを通常のインターネットトラフィックと区別できなくするため、規制を回避しやすくなります

このような高度な機能を持つVPNサービスを選ぶことも、サーバーの変更と合わせて非常に有効な対処法となり得ます。

MillenVPNで難読化する方法

STEP
OpenVPN

OpenVPNを利用するためにはTAPアダプタのインストールが必要です。

オープンVPN TAPアダプタ
「インストール」をクリックすることでOpenVPNを利用するために必要なTAPアダプタのインストールができます。

STEP
Protocol

プロトコルをTCPとUDPから選択します。

STEP
スクランブル

 スクランブルをONにすることでOpenVPNに難読化機能を追加し、VPNの使用状況を検出してブロックすることを目的としたネットワークトラフィックセンサーをバイパスできるようにします。

STEP
Cipher Level

AES-128-CBCとAES-256-CBCから選択可能です。AESは暗号化アルゴリズムの名前、128や256はキーサイズのビット数、CBCは暗号化モードです。

VPNプロトコルを変更する

VPN接続に用いるプロトコルを変更することも有効な対処法です。

OpenVPN、L2TP、IKEv2、WireGuardなど複数のプロトコルが利用可能です。

もし一つのプロトコルで接続が不安定な場合、別のプロトコルを試してみてください

ただし、プロトコルによっては安全性が低いものもあるため、その点を考慮しながら選ぶことが重要です。

プロトコルの安全性は多くの要因に依存するため、一概に「最も安全」と言えるプロトコルは存在しない点に注意が必要です。

一般的に以下のような順序で安全性が高いとされています

  1. WireGuard
  2. OpenVPN(TLS設定使用)
  3. IKEv2/IPsec
  4. L2TP/IPsec
  5. SSTP
  6. PPTP

アプリの再インストールや再起動をする

ソフトウェアのバグや一時的な不具合が原因でVPNが繋がらない場合もあります。

そのような場合は、VPNアプリを一度完全にアンインストールし、再度インストールすることで問題が解消する可能性があります。

単純にアプリやデバイスを再起動するだけでも有効な場合があります。

中国でVPNを使うのは違法行為か

一般の個人がVPNを使用した場合の具体的な罰則は、公に明示されているわけではありませんが、中国当局はVPNを使用している個人に対して警告を出したり、罰金を科したりすることが報告されています。

現行法とその解釈

VPNに関する中国の法的曖昧さは、政府にとって都合のよい解釈の余地を残しています。

例えば、大規模な抗議活動や特定の政治的イベントが発生した際には、VPNの使用に対する取り締まりを強化することもあり得ます。

逆に、一般の個人が非商業的、個人的な目的でVPNを使用している場合、それが小規模であればあるほど、警察や当局がそのような行為を積極的に取り締まることは少ないとされています。

これは決してその使用が合法であるという証明にはなりません

一般の個人でも、法的なリスクを完全に排除することはできないのが現実です。

このような情報は常に変わる可能性があり、今後の法改正や解釈の変更によっては、現在は黙認されているような個人的なVPN使用が厳しく取り締まられる可能性も考えられます。

中国でVPNを使用する際には、さまざまリスクを常に頭の片隅に置く必要があります。

法的なリスクと対策

VPNサービスを商業的に提供したり、特に大規模な組織で非認可のVPNを使用したりする場合、罰金や拘留のリスクが高まる可能性があります。

対策として、訪中時や滞在中は認可されたVPNサービスのみを使用する、不必要にVPN使用を公言しないなどの措置を取ることが推奨されます。

刑事責任とその可能性

中国ではVPNの使用に対しては刑事責任が問われることがあります。

例えば、未承認のVPNサービスを提供している業者に対しては、警察による家宅捜索、拘留、そして裁判にかけられるといったケースが報告されています。

有罪となった場合には罰金や刑務所に収監されるリスクもあります。

一方で、一般の個々の利用者が個人的な目的でVPNを使用したとしても、そのような場合に当局が直接的な刑事責任を追及する事例は比較的稀です。

しかし、これは一種の「現状の慣行」であり、法的には許されているわけではありません。

政治的な状況や社会的な圧力、その他の多くの事象によって、取り締まり方針は変更される可能性があります。

個人がVPNを使用する際には、このようなリスクを十分に認識しておく必要があります。

直接的な刑事責任が問われるケースは少ないかもしれませんが、その可能性自体をゼロとは言い切れないのが現実です。

中国に滞在中は中国の法律を尊重することも重要です

お申し込みはここから

30日間返金保証付き

中国でVPNを使う時によくある質問と回答

VPNを中国で使った場合、逮捕される可能性はありますか?

一般の利用者が個人的な目的でVPNを使用した場合、直接的な刑事責任が追及される事例は比較的稀です。

しかし、法的には許されているわけではないので、100%安全とは言えません。

VPN接続が不安定な場合、何が原因と考えられますか?

サーバーの過負荷、技術的な制限、あるいはVPNプロトコルと現地のネットワークとの互換性が不十分など、さまざまな要因が考えられます。

中国で使えるVPNは、他の国でも使えますか?

大半のVPNサービスは主要な国で使える設計になっています。ただし、速度や安定性は使用する国によって異なる可能性があります。

VPNに関する役立つ記事のまとめ

シェアしてね!
目次