1,000ポイントプレゼント 楽天市場アプリ 新規ダウンロード

【VPN接続とは?】使い道と仕組みを初心者にもわかりやすく解説

本ページはプロモーションが含まれています

この記事でお伝えする内容
  • VPN接続とは何か?
  • VPNの使い道
  • 日本でVPNが普及していない理由
  • VPNのメリット・デメリット
  • 失敗しないVPNサービスの選び方
目次

VPN接続とは?

VPNは、Virtual Private Network(仮想プライベートネットワーク)の略であり、インターネットを介してプライベートな通信網を作成する技術です。

プライベートな通信網を使ってインターネットに接続することを「VPN接続」と言います。

自分専用の「プライベートな回線」と言う意味

わかりやすく例えると、インターネットを使うのは公共のバスや電車を使うようなイメージです。

安い料金で利用できますが、そこには自分以外のさまざまな人がいて、犯罪や事故などのリスクが高まります。

一方で、自分専用の道路を作ろうとすれば莫大な費用はかかりますが、犯罪や事故の可能性は大幅に減ります。

しかし、自分専用の道路を作るのは現実的ではありません。

VPN接続は、誰もが使う道路を自家用車で移動することに例えられます

道自体は他の人も使っていますが、車内は自分だけの空間。

VPNはコストを抑えながらも、一般のインターネットよりも高い安全性とプライバシーを確保する手段として広く利用されています。

VPNを使用すると、端末(コンピュータ、スマートフォンなど)がインターネットに接続する際、第三者による傍受やデータの盗み見を防ぐことができます。

また、地理的に制限された海外から日本のコンテンツや、逆に日本から海外のコンテンツへのアクセスを可能にするなど、多様な用途で使用されています。

VPNは海外では一般的なサービスとして多くの人に利用されていますが、日本ではまだあまり認知されていません。

VPNを使うことで今までできなかったことが実現できたり、より安全にインターネットを利用できたりします。

VPNでできる3つのこと

  • インターネット接続をセキュリティ保護された安全なものに変える
  • いつどこにいても世界中の動画や音楽などのコンテンツにアクセスできる
  • 危険なフリーWi-Fiを安心して利用できる

安全な通信

通常のインターネットの接続ではネットワークが保護されていないので、セキュリティが甘く悪意のある人に通信を傍受される危険があります。

しかしVPNに接続すると、すべてのインターネットの世界中に設置されたVPNサーバーのトンネルの中に隠れます

トンネルの中でデータは暗号化されるので、他人の侵入を許さない安全な通信を可能にします。

世界中のコンテンツにアクセスできる

海外に行った時、huluで日本のドラマが観たい、GYAOで日本のバラエティを観たいと思ったのに観れなかったという経験を持つ方はたくさんいます。

逆に、海外のNetflixで新作の映画がやっているので観ようと思ったのに、日本からは観れないというケースもあります。

VPNに接続していると、これまでできなかったそれらがすべて実現可能に。

VPNサーバーは世界中に設置されているので地理的な制約を解除できます

一部の動画サイトや視聴できる地域が限定されているサイトも制限を解除し、世界中のコンテンツに自由に、しかも安全にアクセスできます。

フリーWi-Fiを安心して利用できる

身の回りにはコンビニ、駅、カフェなどさまざまなフリーWi-Fiが溢れています。

便利なフリーWiFiですが、その裏には大きな危険が潜んでいます。

悪意がある者にとって、暗号化されていないフリーWi-Fiへのハッキングは簡単にできてしまいます。

また正規のフリーWi-Fiにそっくりな偽物のWi-Fiを作成し、それに接続した端末を乗っ取られる被害にあうこともあります。

被害者は乗っ取られた自覚ががないため、あとで被害に気がついたとしても、いつどこで乗っ取られたのかが把握仕切れません。

VPNを使用していると、すべての接続が安全になります

たとえフリーWi-Fiや偽物のWi-Fiに接続していても、通信自体はVPNのトンネルに隠れているので外部からは何もわかりません。

本人以外の人物は、ネットワークを一切見ることはできません。

VPNと専用線との違い

専用線(Leased Line)とは、通信キャリアやサービスプロバイダーから借りる、二つ以上の地点を直接、専用に接続するための通信路(回線)です。

この回線は24時間365日繋がりっぱなしの状態で、回線を借りた企業や組織だけが利用することができます。

VPNと専用線との違い

▼コスト

  • VPN:インターネットを用いるため、導入と維持のコストは比較的低いです。
  • 専用線:物理的な線を確保するためのコストが高く、長距離の通信ではその差は顕著です。

▼利用できる場所

  • VPN:インターネットが使える場所であればどこでも接続可能です。拠点間だけでなく、リモートワークや出張先からも容易に接続できます。
  • 専用線:物理的な線が結ばれている場所間のみでしか通信ができません。

▼速度と信頼性

  • VPN:インターネットのトラフィックに影響される可能性があり、時として遅延やパケットロスが発生することがあります。
  • 専用線:信頼性と速度は非常に高く、固定の帯域幅が保証されます。

▼セキュリティ

  • VPN:高度な暗号化技術を使用して通信を保護しますが、インターネット上でデータが移動するため、理論上はセキュリティリスクが存在します(ただし、適切に設定されたVPNは非常に安全です)。
  • 専用線:物理的な接続なので、外部からの不正アクセスは非常に困難です。

セットアップと管理

  • VPN:ソフトウェアベースであるため、セットアップは簡単で、管理も柔軟に行えます。
  • 専用線:セットアップには物理的な工事が必要であり、またその後の管理も専門的な知識が要ります。

使用シーン

  • VPN:リモートワーク、小規模オフィス、一時的なプロジェクトなど、柔軟性が求められる場合に適しています。
  • 専用線:データセンター間や大規模オフィス間など、高度な信頼性と安定性が必要な場合に使用されます。

簡単に言うとVPNは「自家用車」のようなもので、専用線は「専用列車」に近いです。

VPNは低コストで柔軟性がありますが、多少のリスクを伴います。

一方で、専用線は高コストですが、高いレベルの信頼性と安全性を提供します。

それぞれのニーズに応じて最適な選択をすることが重要です。

日本でVPNが普及していない理由

VPNの利用が日本で一般的でない原因はいくつか考えられますが、その中でも以下の点が挙げられます。

危機認識の違い

海外と比較して日本はオンラインにおける危機認識が低く、VPNや他のセキュリティツールの必要性が広く認識されていません。

また、日本のメディアが犯罪や災害に比べてオンラインのセキュリティリスクについて十分に報道していないことも、この状況に拍車をかけています。

加えて、インターネットのテクノロジーとの距離感もこの認知の低さに寄与しています。

オンラインのリスクを具体的に理解しきれていないため、VPNのようなセキュリティツールの必要性を感じる人が少ないと言えます。

これらの要因が組み合わさって、日本におけるVPNの認知度は低い状況になっています。

自由にコンテンツにアクセスできる

一部の国ではインターネットの利用規制が厳しく、VPNが当たり前のように利用されています。

日本ではインターネットの自由度が高く、多くのウェブサイトやサービスが制限されることは少ないので、VPNの必要性を感じにくいかもしれません。

加えて、日本にはデータ保護に関する法律が存在しますが、これらが一般に広く知られているわけではありません。

そのため法的な側面から見てもVPNの重要性が十分に理解されていない状態です。

日本の法制度は他国に比べてユーザーのオンライン行動に対する制限が少なく、これがVPN使用の必要性を薄くしていると言えます。

LANの普及

日本では企業や家庭でのLAN(Local Area Network)の普及が非常に早かったため、内部のネットワーク環境が比較的安全とされています。

そのため、リモートアクセス技術としてのVPNの必要性が過小評価されがちです。

企業内LANや家庭内LANが広く使われるようになった歴史的背景から、多くの日本人はその環境だけで十分安全だと考えられています。

その結果、外部からのアクセスをセキュアにするための技術としてVPNが存在すること自体、あまり知られていないという状況が生まれています。

VPNの情報不足

日本ではインターネットの安全性やプライバシーに関する教育が他の多くの国と比べても比較的少ない傾向があります。

この情報の欠如がVPNが何であり、何に使えるのかといった基本的な知識が浸透していない状態を生んでいます。

この情報ギャップは一般消費者だけでなく、企業や教育機関にも影響を与えています。

企業では従業員に対してオンラインセキュリティに関する研修が少なく、VPNの設定や利用方法についての知識も限られています。

教育機関でも学生や教員に対してインターネットの安全使用に関する教育が不足しています。

情報の不足は、メディアや専門家からの啓蒙活動によって少しずつ改善されつつありますが、まだ十分ではありません。

VPN接続のメリット

  • 専用線より低コスト
  • 海外から日本のサイトにアクセスできる
  • 日本から海外限定のサービスにアクセスできる
  • 汎用性と自由度が高い

メリット1

専用線より低コスト

VPNは専用線と比較するとかなり低コストです。

専用線の設置と維持には一般的に高額な費用がかかりますが、VPNは費用を大幅に削減可能です。

ほとんどのVPNサービスは月額料金制で、その金額は数百円から数千円程度です。

初期設定に特別なハードウェアは不要で、ほとんどの場合VPNアプリをダウンロードするだけで利用を開始できます。

初期費用

専用線の場合、物理的な線を引くための工事費がかかります。

工事には数十万円から数百万円といった、かなりの費用が発生する場合があります。

一方でVPNは、既存のインターネット接続を利用するため、初期費用は無料です。

必要なのはVPNクライアントソフトウェアをダウンロードして設定するだけです。

ランニングコスト

専用線の月額費用は、サービスプロバイダーとの契約内容によりますが、一般的には数万円から数十万円程度です。

これに対してVPNの月額費用は数百円から数千円程度と非常に手頃です。

多くのVPNプロバイダーは年間契約でさらに割引を提供しています。

MillenVPN(ミレンVPN)の料金プラン

サブスクプラン

2年プラン 一番人気

¥396/月

  • 通常価格¥950/月より62%お得
  • 同時に10台のデバイスで使える
  • MillenVPNとMillenVPN Nativeの両方が使える
  • 30日間返金保証

\ 一番人気のプラン /

1年プラン

¥594/月

  • 通常価格¥950/月より43%お得
  • 同時に10台のデバイスで使える
  • MillenVPNとMillenVPN Nativeの両方が使える
  • 30日間返金保証

ワンタイムプラン

7日プラン

¥638/7日

  • 同時に10台のデバイスで使える
  • MillenVPNとMillenVPN Nativeの両方が使える
15日プラン

¥1,078/15日

  • 同時に10台のデバイスで使える
  • MillenVPNとMillenVPN Nativeの両方が使える
30日プラン

¥1,738/30日

  • 同時に10台のデバイスで使える
  • MillenVPNとMillenVPN Nativeの両方が使える

ハードウェアとソフトウェア

専用線を設置する場合、ルーターやスイッチなどのハードウェアが必要です。

ハードウェアの設定や維持が煩雑で、知識が必要な場合もあります。

一方で、VPNはハードウェアを必要とせず、パソコンやスマートフォンにインストールできるソフトウェアで全てが完結します。


VPNは専用線に比べて初期費用、ランニングコスト、ハードウェアとソフトウェアの面でも大幅にコストを削減できる選択肢と言えます。

メリット2

海外から日本のサイトにアクセスできる

VPNを使用すると、海外にいても日本のサーバーに接続できます

日本国内限定で提供されているオンラインサービスやコンテンツにアクセスすることが可能です。

例えば、日本のテレビ番組のストリーミングサービスや、地域ごとに制限があるウェブサイトにも問題なくアクセスできます。

出張や長期の滞在、または海外に在住している場合でも、日本のコンテンツを楽しみたいという人にとって非常に助かるサービスです。

メリット3

日本から海外限定のサービスにアクセスできる

逆に、日本から海外にあるサーバーに接続することで、海外限定のオンラインサービスやコンテンツにアクセスすることもできます。

たとえば、アメリカ限定で提供されているストリーミングサービス(NetflixやSpotify)を観たい場合や、他の国でしか購入できないデジタル商品などにアクセスする場合、VPNは非常に便利です。

VPNサービスは、複数の国にサーバーを持っているため、好きな国を選んで接続することができます

VPNに接続すれば国境を超えて、安全にさまざまなコンテンツを自由に楽しむことができます。

以上のように、VPNは多くの面で便利かつコストパフォーマンスに優れています。

地域ごとに制限されているサービスの利用をクリアしたい場合には、VPNは非常に有用なツールとなリます。

メリット4

汎用性と自由度が高い

プライバシー保護

VPNを利用すると、オンラインでの行動を追跡されるのを防ぐことができます

オンラインショッピングや検索履歴など、さまざまなアクティビティで有効です。

マルチプラットフォーム対応

WindowsだけでなくMac、Android、iOSなど複数のオペレーティングシステムに対応しているため、一つのサービスを複数のプラットフォームで利用することができます。

プロトコルの選択

VPNサービスでは、使用するプロトコル(OpenVPN, L2TP/IPsecなど)を選べます。

ニーズに最適なセキュリティとパフォーマンスのバランスを選択できます。

同時接続

一つのアカウントで複数のデバイスを同時に接続できるサービスもあります。

家庭内の複数のデバイスを一つのVPNでカバーすることができます。

カスタマイズ機能

利用するVPNによっては、特定のアプリケーションだけをVPN経由で接続する、いわゆる「スプリットトンネリング」のようなカスタマイズ機能を提供しています。

VPN接続のデメリット

  • 通信品質が低くなる場合がある
  • コストが高くなってしまう場合がある
  • セキュリティリスクを伴う場合がある

デメリット1

通信品質が低くなる場合がある

VPNを使用すると、サーバーまでのルーティングが追加されるため、通信速度が遅くなることがあります。

特に無料のVPNサービスや負荷が高いサーバーを利用している場合には、顕著な遅延やデータロスが発生する可能性があります。

対策

有料かつ高品質なVPNサービスを選ぶことで、通信速度の低下を最小限に抑えられます。

VPNサーバーの選び方も重要で、物理的に近いサーバーを選ぶと速度が向上します。

デメリット2

コストが高くなってしまう場合がある

無料のVPNサービスも多く存在しますが、高品質なVPNサービスには月額料金が発生します。

高いセキュリティや速度、多様なロケーションオプションを求める場合、月額数千円程度の料金がかかることもあります。

対策

予算に応じて最適なVPNサービスを選ぶことが重要です。

長期契約を選ぶことで月額料金が割引される場合が多いので、そちらを利用するといいでしょう。

デメリット3

セキュリティリスクを伴う場合がある

VPNは通信を暗号化しセキュリティを高めるツールですが、サービスプロバイダーが信頼できない場合、逆にセキュリティリスクが高まることがあります。

例えば、ログを不適切に取っている、またはサーバーが攻撃を受けた場合、利用者の個人情報が漏洩する危険性があります。

対策

信頼性の高いVPNサービスプロバイダーを選ぶことが最も重要です。

評判やレビューをしっかりとチェックし、プライバシーポリシーでログの取り扱いが明確にされているか確認します。

不正アクセスやデータ漏洩のリスクを低減するためには、定期的なソフトウェア更新も必要です。

MillenVPN(ミレンVPN)は過去に一度もハッキングされた例がなく、強力なセキュリティを保持。

VPN接続の仕組み

  • 仮想の回線を作る「トンネリング
  • パケットにアドレスを付与する「カプセル化
  • 不正アクセスを防ぐ「認証
  • 情報漏洩を防ぐ「暗号化

仮想の回線を作る「トンネリング」

トンネリングとは、ネットワークプロトコル(例:IP)で送られてきたデータを、別のネットワークプロトコルで包んで転送する技術です。

つまり、VPNでは、一般的なインターネット上で既存の通信を「トンネル」のようにくるんで送受信します。

このトンネルは仮想的なもので、内部での通信が外部から見えないようになっています。

トンネリングはVPN接続の基本的な仕組みであり、特に重要な役割を果たします。

ここでは、なぜトンネリングがVPNで不可欠なのかを深掘りしていきます。

タイプとプロトコル

トンネリングには以下のとおり、いくつかの種類とプロトコル(規約)が存在します。

  • PPTP(Point-to-Point Tunneling Protocol)
  • L2TP(Layer 2 Tunneling Protocol)
  • SSTP(Secure Socket Tunneling Protocol)
  • IKEv2(Internet Key Exchange version 2)
  • OpenVPN

各プロトコルには独自のセキュリティ特性とパフォーマンスがあります。

プロトコルとは?
▼タップして見る

プロトコルとは、コンピューターやデバイスが通信する際の「合意事項」または「規約」を指します。

言い換えれば、プロトコルは通信のルールブックのようなもので、データの形式、タイミング、エラー処理、セキュリティなど、通信において考慮すべきさまざまな側面を定義します。

なぜプロトコルが必要か

プロトコルがなければ、デバイス間での通信は非常に困難です。

例えば、一方のデバイスがデータを送信する速度と、もう一方がそれを受信する速度が異なると、通信はうまくいかないでしょう。

また、どのようにデータを「カット」して送るか、どのようにエラーを処理するかなど、多くの要素についての合意がなければなりません。

プロトコルの例

  • HTTP/HTTPS: ウェブブラウザとウェブサーバー間の通信に使われます。
  • FTP: ファイル転送のためのプロトコル。
  • SMTP, IMAP, POP3: それぞれ、メールの送信や受信に使われるプロトコル。
  • TCP/IP: インターネット通信の基本となるプロトコルスタック。
  • Wi-Fi: 無線LAN通信のための一連のプロトコル。
  • Bluetooth: 短距離の無線通信プロトコル。

プロトコルの階層

一つの通信タスクを行うためには複数のプロトコルが組み合わさって働きます。

これをプロトコルスタックまたはプロトコル階層と呼びます。

たとえば、ウェブページを閲覧するためには、TCP/IP(ネットワーク接続)、HTTP(ウェブサーバーとの通信)、SSL/TLS(セキュリティ)など、複数のプロトコルが連携して動作します。

このように、プロトコルはオンライン通信をスムーズかつ安全に行うための非常に重要な仕組みです。

データの包装

トンネリングは基本的に「データの包装」のことです。

元のデータパケット(例えば、Webブラウザでページを読み込む際に送受信されるデータ)が、トンネリングプロトコルによって新しい「包装」を受けます。

この「包装」によって、元のデータは外部から見るとただの暗号化されたデータに見えるので内容が保護されます。

実際の流れ

STEP
初期接続

VPNクライアント(あなたのデバイス)とVPNサーバーが最初に接続を確立します。

STEP
認証

セキュアな接続を確立するために、認証が行われます。

STEP
トンネルの作成

認証が成功すると、VPNクライアントとサーバー間に「仮想トンネル」が作成されます。

STEP
データ転送

この仮想トンネルを使用して、インターネット上の任意のサーバー(例:Webサーバー、メールサーバーなど)との間でデータを安全に送受信します。

セキュリティとプライバシー

トンネリングの最も重要な機能は、外部からの盗聴やデータの傍受を防ぐことです。

トンネル内での通信は一般のインターネットトラフィックとは切り離され、認証と暗号化によって保護されます。

パフォーマンスへの影響

トンネリングはデータ転送速度にオーバーヘッド(余分な処理負荷)を加える可能性があります。

これはデータを「包装」し、「解包」するプロセスが必要だからです。

しかし、このパフォーマンスへの影響はユーザーが体感できるほど大きなものではありません。


以上がトンネリングについての基本的な解説です。

この技術がVPNの核心であり、安全かつプライベートなオンライン通信を実現する上で不可欠な要素であることが理解できるでしょう。

パケットにアドレスを付与する「カプセル化」

VPNの接続で用いられる「カプセル化」とは、元のデータパケットにVPN用のヘッダー情報(送信元、送信先、その他の制御情報)を追加する処理です。

元のデータパケットは新しい「カプセル」に包まれ、仮想プライベートネットワークを通過できるようになります。

カプセル化されたデータは、VPNサーバーとクライアント間で安全に転送されます。

パケットとは

データ通信における基本的な単位を「パケット」と呼びます。

例えば、大きなファイルやウェブページをインターネットを通して送る際、それは複数の小さなパケットに分割されて送られます。

各パケットにはヘッダ情報と実際のデータ部分(ペイロード)が含まれます。

なぜカプセル化が必要か?

インターネット通信では、データパケットは直接ルーターやスイッチなどのネットワーク機器を通過して送信先に届けられます。

VPNを使用すると通信は暗号化され、VPNサーバーを経由する必要があります。

このため、元のデータパケットをそのまま送ることはできません。

この問題を解決するために、元のパケット全体を新しいパケットのペイロード部分として取り込む、すなわち「カプセル化」するのです。

カプセル化のプロセス

STEP
データの生成

プリケーション(ウェブブラウザやメールクライアントなど)がデータを生成します。

STEP
元のパケット

このデータはネットワークプロトコル(例えば、TCP/IP)によって分割され、各部分は「パケット」と呼ばれる単位になります。

パケットには、元々の送信元と送信先の情報が含まれています。

STEP
VPNヘッダーの追加

VPNソフトウェアは、元のパケットに新しいヘッダー情報を追加します。

ヘッダーには、VPNサーバーのアドレス、クライアントのアドレス、その他の制御情報が含まれています。

STEP
新しいパケット

ヘッダーが追加された後、新しい「カプセル化された」パケットが生成されます。

STEP
送信

新しいパケットはVPNサーバーに向けて送信されます。

逆のプロセス「デカプセル化」

クリックで画像拡大

送信先のVPNサーバーまたはクライアントは、カプセル化されたパケットを受け取ると、新しいヘッダを取り除き、元のデータパケットを取り出します。

これを「デカプセル化」と呼びます。このプロセスによって、元のデータを正確に、しかも安全に転送先に到達します。

カプセル化はVPN通信における基本的かつ重要な手順の一つです。

カプセル化によって公共のインターネットを利用しながらも、専用のネットワークのように安全な通信が実現されます

不正アクセスを防ぐ「認証」

認証はVPN接続を確立する前に行われ、ユーザーまたはデバイスが「正当なもの」であるかを確認する手続きです。

一般的には、ユーザー名とパスワードによる認証が行われますが、より強固なセキュリティを求める場合には、二段階認証(2FA)やデジタル証明書を用いることもあります。

認証のプロセスがきちんと設計されているかどうかが、VPNの信頼性や安全性に大きく影響します。

以下にその詳細について説明します。

認証の種類

ユーザー名とパスワード

最も一般的な認証手段です。これは、多くのオンラインサービスやプラットフォームでも採用されています。

二段階認証(2FA)

より高度なセキュリティが求められる場合、2FAを使用します。

パスワードだけでなく、SMSで送られる一時的なコード、あるいは専用アプリケーションを通じて生成されるコードなど、2つ目の「要素」が必要になります。

デジタル証明書

企業環境などでよく使用される方法で、デジタル証明書をデバイスにインストールして、その証明書を用いて認証を行います。

認証のタイミング

認証はVPN接続の確立段階で行われます。

具体的には、VPNクライアントソフトウェアを起動し認証情報を入力した後、VPNサーバーが情報を検証します。

検証が成功すれば、セキュアな接続が確立されます。

失敗した場合の措置

認証が失敗すると接続は拒否されます。

拒否されることは重要なセキュリティ機能であり、不正アクセスを防ぐために不可欠です。

多くのVPNサービスでは、一定回数以上の認証失敗が発生すると、ユーザーアカウントが一時的にロックされる場合もあります。

継続的な認証

先進的なVPNソリューションでは、接続中にも定期的な再認証を求める場合があります。

セッションが長時間続いた場合や、ある特定のセキュリティイベントがトリガーされた際に追加の認証を要求するためです。


認証はセキュリティが要求される全てのネットワーク接続、特にVPNにおいて基本的であり、かつ極めて重要なプロセスです。

認証手段が脆弱だと、VPN接続自体のセキュリティも弱まってしまいます。

VPNのサービスを提供する認証手段の強度は、サービス選びにおいて重要な要素の一つとなります。

情報漏洩を防ぐ「暗号化」

VPNでは送受信される全てのデータが暗号化されます。

「暗号化」というのは、情報を一定のルール(アルゴリズム)に基づいて変換するプロセスで、元の情報(プレーンテキスト)を読み取ることができない形(暗号テキスト)にします。

仮にデータが第三者に傍受されたとしても、暗号化されたデータの内容を読み取ることは非常に困難です。

どの情報が暗号化されるのか

VPN接続を行うと、クライアントとサーバー間の全ての通信データが暗号化されます。

ウェブサイトの閲覧データ、ダウンロードやアップロードのファイル、メッセージの内容など、インターネット経由で送受信されるあらゆるデータが暗号化されます。

暗号化アルゴリズム

暗号化にはさまざまなアルゴリズムが用いられますが、AES(Advanced Encryption Standard)256ビット暗号化は業界標準とされています。

AESはアメリカ国家安全保障局(NSA)も使用しているほどの信頼性があり、256ビットというのはその暗号の強度を示しています。

キー交換

暗号化されたデータを復号(読み取り可能な形に戻す)するには、「キー」と呼ばれる情報が必要です。

このキーもまた安全に送受信する必要があり、そのために「ディフィー・ヘルマン鍵交換」や「RSA」などの手法が用いられます。

ディフィー・ヘルマン鍵交換とは
▼タップして見る

ディフィー・ヘルマン(Diffie-Hellman)鍵交換は、暗号学において広く用いられる手法で、二人以上の参加者がインターネットなどの公共のネットワークを介して安全に共通の暗号キーを生成・共有するためのプロトコルです。

この手法は、ウィットフィールド・ディフィー(Whitfield Diffie)とマーチン・ヘルマン(Martin Hellman)によって1976年に初めて提案されました。

動作の概要

  1. 公開される基本情報
    • 参加者は全員に公開される基数(通常は素数)と基本元(原始根)を選びます。
  2. 秘密の数の選定
    • 各参加者は自分自身で秘密の数(秘密鍵)を選びます。数は他の参加者には公開されません。
  3. 公開鍵の計算
    • 各参加者は公開された基数と基本元、そして自分が選んだ秘密の数を使って、公開鍵を計算します。公開鍵は他の参加者と共有されます。
  4. 共通鍵の生成
    • 参加者は他から受け取った公開鍵と自分の秘密鍵を用いて、共通の暗号キーを生成します。キーは、二人以上の参加者間でデータを暗号化・復号するのに用いられます。

特長とセキュリティ

  • 前提条件なし
    • ディフィー・ヘルマン鍵交換の一つの大きな利点は、参加者が事前に安全な通信路で情報を交換する必要がない点です。
  • 完全性
    • 生成される共通の暗号キーは、参加者間でのみ知られており、外部の第三者(たとえそれが鍵交換の途中でデータを傍受したとしても)からは簡単には推測できません。
  • 中間者攻撃
    • 基本的なディフィー・ヘルマン鍵交換は「中間者攻撃(Man-in-the-Middle Attack)」に対して脆弱です。これを防ぐためには、ディジタル署名などの追加のセキュリティ手段がしばしば用いられます。

このような特長と多少の制限事項がありますが、ディフィー・ヘルマン鍵交換はインターネットセキュリティの基本的な要素として広く用いられています。

RSAとは
▼タップして見る

RSA(Rivest–Shamir–Adleman)は、1978年にロン・リベスト(Ron Rivest)、アディ・シャミア(Adi Shamir)、レオナルド・アドルマン(Leonard Adleman)によって開発された公開鍵暗号方式の一つです。

RSAはデータの暗号化、デジタル署名、鍵交換など多くの暗号学的なタスクで広く利用されています。

動作の基本

  1. 鍵生成
    • RSAでは、二つの大きな素数(p, q)を選びます。
      これらを使って、公開鍵(N, e)と秘密鍵(N, d)を生成します。
      Nはpとqの積、e(公開指数)は一般に小さな素数(よく使われる値は3または65537など)、d(秘密指数)はeに対する逆元として計算されます。
  2. 暗号化
    • 送信者は受信者の公開鍵(N, e)を使用してメッセージを暗号化します。
  3. 復号化
    • 受信者は自身の秘密鍵(N, d)を使用して暗号化されたメッセージを復号化します。

特長と利用例

  • 鍵長
    • RSAは、比較的鍵長が長いため、計算量が多いです。しかし、その反面、安全性は非常に高いとされています。
  • デジタル署名
    • RSAはデジタル署名の生成と検証にも使用されます。これによって、データの完全性と送信者の認証が可能です。
  • 鍵交換
    • RSAはHTTPSなどのプロトコルで使用される鍵交換の手法としても採用されます。ただし、計算負荷が高いため、実際のデータ転送には対称鍵暗号がよく使われます。
  • 多目的性
    • RSAは非常に多目的に使えるため、電子メール、VPN、ウェブセキュリティ、デジタルIDなど多くのアプリケーションで見られます。

セキュリティ面

  • RSAの安全性は大きく依存しているのは、大きな合成数(素数の積)を素因数分解することの難しさです。これが容易になれば、RSAの安全性は崩れる可能性があります。
  • より強力なコンピュータや量子コンピュータの出現が懸念されていますが、現状では適切な鍵長を用いたRSAは非常に安全な暗号方式とされています。

このように、RSAは多くの面で広く利用されている確立された暗号技術です。

エンドツーエンド暗号化

高度なVPNサービスは、データが送信元から受信先まで一貫して暗号化される「エンドツーエンド暗号化」を提供しています。

中間者攻撃を防ぐとともに、VPNサーバー自体が攻撃を受けた場合でもデータは安全です。

身近なところでは、LINEがエンドツーエンド暗号化を採用しています。

送信者のデバイスでメッセージが暗号化され、受信者のデバイスでのみ復号化される暗号化方式です。

エンドツーエンド暗号化によって、通信が途中で傍受されたとしても第三者は内容を読むことができません。

LINEのチャットなどで送信されるテキストメッセージや音声・動画コール、画像や動画などのファイルが、このエンドツーエンド暗号化によって保護されます。

ただし、エンドツーエンド暗号化は1対1のチャットやグループチャットで適用され、一部の機能(例えば、公式アカウントとのやり取り)では適用されていません。

暗号化の限界

暗号化は強力なセキュリティ手段ですが、100%安全というわけではありません。

計算能力が非常に高いコンピュータによっては、暗号を解読することが理論的には可能です。

ただし、現実的にはそのような計算には膨大な時間とリソースが必要で、一般的な目的で暗号化されたデータを解読することは極めて困難です。


暗号化は、VPNが提供するセキュリティの中でも最も基本的かつ重要な要素です。

正しく実装された暗号化があれば、ユーザーはインターネットでのプライバシーと安全性を大きく高めることができます。

VPNプロバイダを選ぶ際には、どのような暗号化手段が用いられているのかを確認することが重要です。

VPNはどのように動作するか

VPNは以下のようなステップで動作し、仮想的な専用通信網を形成します。

STEP
接続の確立

1:ユーザー認証

VPNクライアント(デバイスにインストールされているソフトウェア)がVPNサーバーに接続要求を送ります。

この段階でユーザー名とパスワード、または他の認証手段(例:デジタル証明書や二段階認証)で認証が行われます。

2:セッション確立

認証が成功すると、VPNサーバーとクライアントの間で通信セッションが確立されます。

セッションは通信プロトコル(例:OpenVPN, L2TP/IPsecなど)を使用します。

STEP
データの送受信

1:カプセル化

クライアントが送信するデータはまず「カプセル化」されます。

カプセル化とは、データにVPN用のヘッダー情報(送信元、送信先、その他の制御情報)を追加することを指します。

2:暗号化

カプセル化されたデータが暗号化されます。

暗号化アルゴリズムと鍵はSTEP1の鍵交換で決定されます。

3:トンネリング

暗号化されたデータは「トンネル」を通ってVPNサーバーに送られます。

トンネルとは、インターネット通信から見えないよう仮想的に確立された通信路です。

STEP
通信の解読と送信

1:復号化と脱カプセル

VPNサーバーで受け取られたデータは、暗号化が解除され(復号)その後カプセルが取り除かれます(脱カプセル)。

2:通常のインターネット通信

VPNサーバーがデータをインターネットに送り出します。

この時、データの送信元としてはVPNサーバーのIPアドレスが用いられるため、ユーザーの実際のIPアドレスは隠されます。

以上の流れによって、VPNはユーザーのインターネット通信を安全に保ちます。

VPN接続は、公共のWi-Fiなどの無防備なネットワークでの通信を保護するのに非常に有用です。

VPN接続の種類

インターネットVPN

VPNは、最も広く使用されているVPNの形態です。

その名の通り、インターネットを介してプライベートなネットワーク接続を確立する方法の一つです。

ここでいくつかの主要なポイントについて詳しく説明します。

目的と利用シーン

インターネットVPNは主に個人や小規模ビジネスによって使用されます。

個人の場合、インターネットの安全性を高めるため、地理的な制限を回避するため、または匿名でのブラウジングを行うために用いられます。

小規模ビジネスでは、安価に外部から企業ネットワークに安全にアクセスする手段として利用されることが多いです。

プロトコルの違い

PPTP (Point-to-Point Tunneling Protocol)

古くからあるプロトコルで、設定が簡単ですがセキュリティが最新のものには劣ります。

L2TP (Layer 2 Tunneling Protocol)

PPTPよりもセキュリティが強化されていますが、設定がやや複雑で、ファイアウォールとの互換性に問題がある場合があります。

OpenVPN

非常に安全で柔軟な設定が可能です。多くのVPNサービスでデフォルトとされています。

IKEv2 (Internet Key Exchange version 2)

モバイルデバイスに最適化され、接続が切れた後の自動再接続がスムーズです。

セキュリティとプライバシー

インターネットVPNは、暗号化技術を用いてインターネット上での通信を保護し、第三者によるデータの傍受や改ざんを防ぐことができます。

しかし、VPNプロバイダーによっては、ログを一定期間保存する場合もあるので、プライバシーに関してはプロバイダー選びも重要です。

ログを一切残さないVPNがおすすめです。

おすすめVPN

MillenVPN(ミレンVPN)でインターネットのセキュリティ強化

速度とパフォーマンス

VPNを使用するとインターネット速度が若干低下する可能性があります。

速度が落ちる原因は、データがVPNサーバーを経由するためと、暗号化・復号化プロセスによるものです。

しかし、高品質なVPNサービスを選ぶことで、速度低下を最小限に抑えることができます。


インターネットVPNはその手軽さと多機能性から、多くの場面で役立つセキュリティツールと言えるでしょう。

エントリーVPN

エントリーVPN(リモートアクセスVPN)は、ビジネス環境で多く用いられる形態のVPNです。

主な用途は、出張中や在宅勤務など、オフィス外から企業のネットワークリソースに安全にアクセスする必要がある場合に使用されます。

以下にその特性と用途について詳しく説明します。

主な用途

エントリーVPNは出張、テレワーク、リモートオフィスなど、従業員がオフィス外からでも企業の内部ネットワークに安全に接続する必要がある場合に活用されます。

エントリーVPNを使うことで、リモートの場所からでも企業のファイルサーバー、内部ウェブサイト、その他のリソースに安全にアクセスが可能となります。

認証オプション

エントリーVPNは、強力な認証オプションを備えています。

認証には二段階認証(2FA)やデジタル証明書などが用いられます。

これらの認証によって、権限を持たないユーザーがネットワークにアクセスすることを防ぎます。

セキュリティポリシー

エントリーVPNを用いることで、リモートユーザーのデバイスにもセキュリティポリシーを適用することができます。

リモートユーザーが企業ネットワークに接続する際には、ウイルススキャンやセキュリティアップデートが強制される場合があります。

ネットワークトポロジー

エントリーVPNは、エンドツーエンドの暗号化を提供するため、通信は非常に安全です。

VPNサーバーは企業内部に設置され、リモートユーザーとVPNサーバーの間の通信だけが暗号化されます。

そのため企業内部ネットワークはそのままの形で保たれ、セキュリティが高まります。

エンドツーエンドの暗号化とは

エンドツーエンドの暗号化(E2E)とは、データが送信元から送信先までの間、一貫して暗号化される方式を指します。

エンドツーエンドの暗号化によって、第三者がデータを傍受した場合でも、暗号化されているためにデータの内容を解読できません。

暗号化されたデータは、正当な受信者が特定の「鍵」を使用して復号するまで、暗号化された状態が保たれます。

例えば、あるユーザーが他のユーザーにメッセージを送信する場合、エンドツーエンドの暗号化が適用されていると、メッセージは送信元のデバイスで暗号化され、送信先のデバイスで復号されます。

この間、インターネットサービスプロバイダーやサーバー管理者、さらにはメッセージサービス自体の運営者であっても、そのメッセージの内容を読むことはできません。

エンドツーエンドの暗号化技術は、安全な通信が必要な場面で使用されています。

特に、インターネットバンキングやオンラインショッピング、メールサービス、そしてVPNでよく見られます。

この方式の主な利点は、データの保護が非常に強固である点です。

ただし、一方で暗号化と復号の過程がリソースを消費するため、デバイスの処理速度が若干遅くなる可能性があるというデメリットも存在します。

コストと管理

エントリーVPNは専用のVPNサーバーと管理が必要となるため、運用コストがかかります。

しかしながら、企業にとっては高度なカスタマイズと厳格なセキュリティポリシーの適用が可能となります。


エントリーVPNは、その高いセキュリティ性とカスタマイズ可能な特性から、多くの企業でリモートアクセスの解決策として採用されています。

IP-VPN

IP-VPN(IP Virtual Private Network)は、大規模な企業や組織で使用されます。

IP-VPNは、MPLS(Multi-Protocol Label Switching)などの高度なネットワーク技術を使用して、異なる拠点間での高度なセキュリティとパフォーマンスを確保します。

企業は複数の拠点間で安全かつ効率的に通信を行うことができます。

目的と利用シーン

IP-VPNは大企業や多拠点を持つ組織で使用されます。

異なる場所にあるオフィスやデータセンターといった拠点間で安全かつ高速な通信環境を整える目的で導入されることが多いです。

例えば、国際的なビジネスを展開している企業では、海外のオフィスと本社とを安全に結びつける必要があり、IP-VPNはそのようなニーズに応えることができます。

テクノロジー

IP-VPNでよく使用される技術はMPLS(Multi-Protocol Label Switching)です。

MPLSはデータの送信経路を効率的に制御することで、通信の速度と安定性を確保します。

この技術により、大量のデータ転送やビデオ会議でも高いパフォーマンスが期待できます。

セキュリティとプライバシー

IP-VPNは企業や大規模組織でよく用いられる通信手段であり、通常は業界標準またはそれ以上の暗号化技術を使用しています。

具体的な暗号化技術は以下のようなものがあります。

一般的な暗号化プロトコル

IPsec (Internet Protocol Security)

非常にポピュラーなVPN暗号化プロトコルであり、インターネット上でのパケット交換を安全に行うために設計されています。

SSL/TLS (Secure Sockets Layer/Transport Layer Security)

主にWebブラウザとサーバ間のセキュリティを確保するために使われますが、VPNにも使用されます。

MPLS (Multi-Protocol Label Switching)

これ自体は暗号化プロトコルではありませんが、しばしばIP-VPNで用いられ、他の暗号化手段と併用することで高いセキュリティを確保します。

キー管理と認証

Diffie-Hellman キー交換

セキュアなキー交換のための方法であり、第三者による傍受を防ぎます。

デジタル証明書

X.509などのデジタル証明書を用いて、ユーザーまたはデバイスの認証を行います。

高度なセキュリティオプション

AES (Advanced Encryption Standard)

高度な暗号化に用いられるこのアルゴリズムは、128, 192, または256ビットのキーレングスで使用されます。

Perfect Forward Secrecy (PFS)

以前のセッションの暗号キーが将来のセッションに影響を与えないようにする機能です。

この暗号化技術により、企業内で扱われる機密情報や業務用データが外部からの不正アクセスや傍受、データ漏洩のリスクから保護されます。

金融機関や医療機関など、高度なセキュリティが必要な場合には、これらの暗号化手段やその他のセキュリティ機能(マルチファクタ認証など)が組み合わせて使用されることが多いです。

速度とパフォーマンス

IP-VPNは、通常のインターネット接続よりも高速かつ安定した接続が可能です。

大規模なデータ転送や高品質なビデオ会議、リアルタイムでの業務処理において大きな利点となります

広域イーサネット

広域イーサネットは、異なる拠点間での高速かつ安全な通信を提供するためのテクノロジーです。

イーサネットは元々局所的なネットワーク(LAN)で使用される技術であり、広域イーサネットはその考え方を広範囲に拡張したものです。

以下に、その特性や用途について詳しく説明します。

主な用途

広域イーサネットは、企業や組織が複数の拠点間で高品質な通信を確保する必要がある場合に用いられます。

例えば本社と支社、またはデータセンターとクラウドサービス間でのデータ転送に適しています。

テクノロジーとプロトコル

広域イーサネットは通常、MPLS(Multi-Protocol Label Switching)やVPLS(Virtual Private LAN Service)といった先進的なネットワークテクノロジーを活用します。

MPLS(Multi-Protocol Label Switching)

MPLSは高度なネットワーク技術であり、データパケットを効率的に転送するために使用されます。

このテクノロジーは、データパケットに「ラベル」を付け、ネットワーク内でのルーティングを行います。

このラベルによる転送方法は、通常のIPルーティングよりも高速で、QoS(Quality of Service)の保証も容易です。

VPLS(Virtual Private LAN Service)

VPLSは、異なる場所に存在するローカルエリアネットワーク(LAN)を仮想的に一つのイーサネットブロードキャストドメインとして結びつけるサービスです。

このテクノロジーは、複数拠点がある大規模企業でよく使用されます。

MPLSはデータの優先度やクラスを設定でき、重要なビジネスアプリケーションに優先的な帯域を確保できます。

VPLSは、企業が異なる拠点に散らばるリソースを効率的に一元管理できるようにします。

これらのテクノロジーとプロトコルは、広域イーサネットの環境で高度なセキュリティと効率的なデータ転送を実現するための基盤を提供します。

セキュリティ

広域イーサネットは、標準以上の高いセキュリティを提供します。

セキュリティに敏感な企業がデータを安全に転送する必要がある時に利用します。

セキュリティメカニズムとしては、VPNによる暗号化、ファイアウォール、侵入検知・防止システム(IDS/IPS)などが組み合わせて使用されることが多いです。

パフォーマンスとスケーラビリティ

広域イーサネットの性能は高く、通信速度(帯域幅)が速いとともに、データの送受信にかかる時間(遅延)が非常に短いです。

ビデオ会議や高解像度のビデオストリーミング、大規模なデータベースへのアクセスなど、高いパフォーマンスが要求されるシチュエーションでもスムーズな通信が可能です。

高速通信に加えて遅延が少ないので、リアルタイムでの通信が必要な用途、例えば遠隔医療やリアルタイムの金融取引、ゲームなどにおいて特に有用です。

また、広域イーサネットはスケーラビリティ(拡張性)に優れています。

企業が成長し、より多くのデータやトラフィックを処理する必要が出てきた場合、広域イーサネットは容易に「スケールアップ」(拡大)できます。

逆に、ビジネスが縮小した場合やコストを削減する必要が出たときには、無駄なく「スケールダウン」(縮小)が可能です。

このように、広域イーサネットは企業が状況に応じて通信インフラを効率的に調整できる柔軟性を提供しています。

これはコスト効率も良く、ビジネスの成功に直結する重要な要素となります。


以上のように、広域イーサネットは多拠点間での信頼性の高い、セキュアな通信環境を提供するために広く用いられています。

VPNの使い方と設定方法

VPNの基本的な設定手順

STEP
VPNプロバイダーを選ぶ

信頼性と評価の高いVPNサービスプロバイダーを選びます。

STEP
サブスクリプションを購入

選んだプロバイダーのウェブサイトで、プランを選び購入します。

STEP
ソフトウェア(アプリ)をダウンロード

プロバイダーのウェブサイトまたは公式アプリストアから専用のVPNソフトウェアをダウンロードします。

STEP
ログイン

ダウンロードしたソフトウェアを開き、購入時に作成したアカウントでログインします。

STEP
サーバーを選ぶ

アプリ内で接続したいVPNサーバーを選びます。

STEP
接続

「接続」ボタンをクリックしてVPNに接続します。

STEP
確認

インターネットブラウザで自分のIPアドレスをチェックし、VPNが正しく機能しているか確認します。

プラットフォーム別(Windows, Mac, Android, iOS)の設定方法

Windows

専用のVPNソフトウェアをダウンロードして設定します。

または、Windowsの「設定」内の「VPN」セクションで手動で設定も可能です。

Mac

MacでもVPNソフトウェアをダウンロードするか、「システム環境設定」→「ネットワーク」で手動設定が可能です。

Android

Google PlayストアからVPNアプリをダウンロードして設定。

または、設定アプリの「ネットワークとインターネット」→「VPN」で手動設定。

iOS

App StoreからVPNアプリをダウンロードして設定。

または、「設定」→「一般」→「VPN」で手動設定。

トラブルシューティング

  • 接続できない
  • 速度が遅い
  • 断続的に切れる

接続できない場合の解決策

サーバーを変更する

VPNプロバイダーは複数のサーバーを提供しています。

接続できない場合は別のサーバーに接続してみてください。

アプリの再起動

一時的な問題である可能性があります。VPNアプリを完全に閉じてから再度開き、再接続を試みてください

ネットワーク設定を確認

お使いのWi-Fiまたはモバイルデータが正常に動作しているか確認してください。

ログとエラーメッセージをチェック

VPNアプリには、接続に関するログやエラーメッセージがあります。これらの情報が問題解決の手がかりになる場合があります。

速度が遅い場合の解決策

近いサーバーを選ぶ

物理的に近いサーバーを選ぶことで接続速度が改善します。

アプリ内に、サーバーの選択オプションがあります。

この選択画面で、国または都市名がリストアップされるので、自分が現在いる場所に近い国や都市を選べます。

高度なVPNサービスでは、サーバーの負荷や速度も表示されるので、それらの情報を参考に選ぶことも可能です。

「最速サーバー」や「最適なサーバー」を自動で選択する機能を提供しているVPNサービスもあります。

この機能を選べば物理的に近く、負荷が低いサーバーに接続されます。

プロトコルを変更

OpenVPN、L2TP、PPTPなどのVPNプロトコルがあります。

プロトコルによって速度が変わる場合があります。

異なるプロトコルは異なる暗号化レベルと速度を提供するため、一つのプロトコルがうまく機能しない場合は、別のものに切り替えます。

帯域幅をチェック

インターネットプランやデバイスの制限によっては、速度が遅くなる可能性があります。

帯域幅が制限されている場合、それがVPN接続のボトルネックになることがあります。

帯域幅をチェックして、必要であればプランをアップグレードするなどの対策を取ることで、VPNのパフォーマンスも向上する場合があります。

バックグラウンドアプリを閉じる

同時に多くのアプリやコンテンツがインターネットに接続されていると、速度が遅くなる場合があります。

断続的に切れる場合の解決策

ソフトウェアを更新

古いバージョンのソフトウェアは不安定な場合があります。

常に最新バージョンを使用してください。

VPNサービスは、ソフトウェアの新しいバージョンがリリースされたときに、アプリ内や公式ウェブサイトで更新に関する情報を提供しています。

具体的な更新手順は以下の通りです。

WindowsやMacの場合
▼タップして開く
  1. VPNアプリケーションを開きます。
  2. 設定メニューまたはヘルプメニューに移動して、ソフトウェア更新のオプションを探します。
  3. 更新がある場合は、指示に従って更新を行います。
AndroidやiOSの場合
  1. Google PlayストアまたはApple App Storeを開きます。
  2. 既にインストールしたVPNアプリのページに移動します。
  3. 「更新」ボタンが表示されていれば、それをクリックしてアプリを更新します。

自動更新が有効になっている場合、新しいバージョンがリリースされたときに自動的に更新されます。

自動再接続設定を確認

VPNアプリには、接続が切れた際に自動で再接続する機能があります。設定が有効であるか確認してください。

安定したネットワークを選ぶ

Wi-Fiが不安定な場所では、VPN接続も不安定になる場合があります。

これらの対処法は、一般的な問題に対するものです。

それでも問題が解決しない場合は、VPNプロバイダーのサポートに連絡することをお勧めします。

VPNとデバイスの互換性

VPNを利用するには、デバイスとの互換性が重要です。

ここではどのデバイスで使用できるのか、一度に何台のデバイスを接続できるのかを解説します。

VPN対応デバイス

  • デスクトップコンピュータとラップトップ
  • スマートフォンとタブレット
  • スマートTVとストリーミングデバイス
  • ゲーム機
  • VPN構築ルーター

デスクトップコンピュータとラップトップ

WindowsとMacは、多くのVPNサービスが対応している主要なプラットフォームです。

これらのデバイスでは、専用のVPNクライアントソフトウェアをインストールすることで簡単に接続できます。

一部のVPNはLinuxにも対応していますが、設定は多少複雑になります。

スマートフォンとタブレット

AndroidとiOSデバイスは移動性が高く、公共のWi-Fiをよく使用するため、VPNの利用が特に推奨されます。

専用のモバイルアプリを通じて簡単に設定と接続が可能です。

スマートTVとストリーミングデバイス

一部のVPNサービスは、Samsung Smart TVやApple TV、Amazon Fire StickなどのスマートTVとストリーミングデバイスに対応しています。

ただし、これらのデバイスではVPNアプリが直接インストールできない場合も多いため、VPN対応ルーターを通じて接続する方法が一般的です。

ゲーム機

オンラインゲームを楽しむ際、遅延(ラグ)の低減や地域制限の回避、セキュリティ確保のためにVPNが使われることがあります。

PlayStationやXboxなどのゲーム機には通常VPNクライアントがありませんが、VPN対応ルーターまたはコンピュータを中継地点として設定することで、VPNを利用できます。

VPN構築ルーター

VPN対応ルーターは家庭内またはオフィス内のすべてのデバイスにVPN接続を提供することができます。

VPN対応ルーターの設定は高度な知識が必要ですが、一度設定すれば個々のデバイスでVPNを設定する手間が省け、一括管理が可能です。

同時接続数

VPNサービスには「同時接続数」の制限があります。

一つのアカウントで何台のデバイスまで同時にVPNを利用できるかを指します。

一般的には5台から10台の範囲で利用できますが、サービスによってはそれ以上の同時接続を許可している場合もあります。

VPNサービスの選び方

セキュリティとプライバシーの機能

VPNの選び方でセキュリティとプライバシーの機能は極めて重要なポイントです。

特に以下は基本的なポイントであり、これらを念頭に置くことで安全なVPNを選ぶことができます。

MillenVPNは安全性を最優先に運営
  • 世界中のロケーションを使用したIPアドレスのマスキング
  • 金融機関レベルのセキュリティを提供する256ビットAES暗号化
  • 万が一VPNが切断された場合の安全性を確保するキルスイッチ
  • 接続ログの不保持
  • DNSリークの対策

\ 強力なセキュリティ /

256ビットAES暗号化されたVPN

256ビットAES暗号化はVPN選びの際の重要な判断基準となります。

256ビットAES暗号化は、固定長の128ビットデータブロックを処理し、256ビットの秘密鍵を用いてデータを暗号化・復号化します。

その強度は極めて高く、2256通り以上の鍵の組み合わせが存在するため、現実的な計算力では解読が難しいです。

また、256ビットAES暗号化は対称鍵暗号方式の一つであり、暗号化と復号化に同じ鍵を使用します。

処理速度が速く、リアルタイムでのデータ転送でも性能が落ちにくいという特長があります。

このような理由から、機密性が求められる業界やアプリケーションでよく使用されます。

この暗号化方式が採用されているかどうかを確認することで、VPNサービスの信頼性とセキュリティレベルが一目でわかります。

キルスイッチの搭載

キルスイッチは、公共のWi-Fiや信頼性の低いネットワークを使用する際に非常に重要な機能です。

VPNは信頼性が高い接続を提供するものですが、何らかの理由で接続が切れた場合、キルスイッチは即座にインターネット接続を遮断します。

遮断することによって、通信が暗号化されていない状態でデータが送信されることを防げます

この機能は多くのVPNサービスで提供されており、設定画面から簡単にオン・オフが切り替えられます。

有効にすることで、安全性が大幅に向上

特に金融取引やビジネスに関連する重要なデータを扱う場合、キルスイッチは必須の機能と言えるでしょう。

具体的な使用シナリオとしては、P2Pファイル共有やストリーミングなど、大量のデータを転送する場合があります。

データの送信中にVPN接続が突如として切れてしまった場合でも、キルスイッチが作動してインターネット接続が遮断され、データの漏洩リスクを最小限に抑えます。

ただし、キルスイッチが作動するとインターネット接続が完全に遮断されるため、一時的にオフライン状態になることがあります。

この点は使い勝手に影響を与え、再度VPN接続を確立する必要があります。

それでも多くの場合、キルスイッチはデータ保護において非常に価値のあるものです。

ログポリシーの確立

VPNサービスを選ぶポイントとして、どのようなログポリシーを採用しているかが重要です。

ログポリシーとは、VPNプロバイダーがユーザーのオンライン行動やアクセス情報をどの程度記録・保持するかの方針を示すものです。

「ゼロログ」ポリシーは、プライバシーを重視するユーザーにとって最も望ましいポリシーと言えます。

「ゼロログ」ポリシーを採用しているVPNサービスは、接続ログや活動ログ、IPアドレスなど、ユーザーがインターネットで行った活動に関する情報を一切収集・保存しません

情報の収集・保存しない理由は、ユーザーの匿名性を最大限に守るための方針です。

つまり、何らかの理由でログの開示が求められた際にも、開示できるログが存在しない状態となります。

しかし、すべてのVPNプロバイダーが「ゼロログ」ポリシーを完全に実施しているわけではなく、中には接続時間や使用したデータ量など、限定的な情報を一時的に保持するサービスも存在します。

このような情報は、サービスの品質向上や技術的な問題のトラブルシューティングのために収集されることが多いです。

VPNの導入を検討する際は、提供されるログポリシーの詳細を確認し、自身のプライバシーに対する要求に合致するかどうかを検討することが必要不可欠です。

「ゼロログ(Zero-Log)ポリシー」の詳細

「ゼロログ(Zero-Log)ポリシー」とは、VPN(仮想プライベートネットワーク)サービスがユーザーのオンライン活動に関するログやデータを一切保存しないという方針を指します。

具体的には、以下のような情報が保存されません。

  • ウェブサイトへのアクセス履歴
  • 使用したバンド幅
  • 接続時間や切断時間
  • ソースIPアドレスや目的IPアドレス

ゼロログポリシーを採用しているVPNサービスは、プライバシー保護に非常に優れているとされます。

なぜなら、ログが一切保存されていないため、政府機関や第三者によるデータ要求が来た場合でも、提供できる情報が存在しないからです。

ただし、ゼロログポリシーをうたっているからといってその言葉だけを鵜呑みにするのはリスクがあります。

サービス提供者が実際にそのポリシーを厳格に実施しているかどうか、独立した第三者機関による監査が行われているかどうか、利用規約やプライバシーポリシーで具体的な内容が明示されているかなど、多角的に評価することが重要です。

プロトコルの種類

セキュリティを確保するためのプロトコルも重要な選定点です。

よく使用されるプロトコルには、OpenVPN、L2TP/IPSec、SSTP、IKEv2/IPsecなどがあります。

それぞれのプロトコルには長所と短所があり、用途に応じて最適なものを選ぶ必要があります。

例えば、OpenVPNは高度なセキュリティを提供しますが、設定が少々複雑です。

IKEv2/IPsecはモバイルデバイスに適しています。

DNS漏洩とWebRTC漏洩の防止機能

DNS漏洩とWebRTC漏洩は、VPNサービスのセキュリティ面で注意すべき点です。

DNS漏洩は、ユーザーがインターネットを利用する際に、VPN経由でなくISP(インターネットサービスプロバイダ)のDNSサーバーを使ってしまう問題です。

ユーザーのオンライン行動がISPによって追跡可能となり、プライバシーが侵害される可能性があります。

WebRTC漏洩とは、WebRTC(Web Real-Time Communication)プロトコルに関連するセキュリティ問題です。

このプロトコルは、ブラウザ間でリアルタイムの音声、動画、データ通信を可能にするものですが、設定によってはVPNをバイパスしてローカルIPアドレスが露出する可能性があります。

これらの漏洩を防ぐためには、VPNサービスが専用のDNSサーバーを提供しているか、あるいはDNS漏洩防止機能がしっかりと設計されているかを確認することが重要です。

また、WebRTC漏洩に対する防御機能や、ブラウザの設定による対策も求められます。

高度なセキュリティを提供するVPNサービスでは、これらの漏洩に対する自動的な防御機能を備えています。

具体的には、VPN接続が不安定な状況でもDNS要求をVPNトンネル内で処理するように設計されています。

同様に、WebRTC漏洩を防ぐための専用の拡張機能やプラグインが提供されています。

以上のように、DNS漏洩とWebRTC漏洩の防止機能は、VPN選びにおいて検討すべき要素の一つです。

価格とオプションプラン

VPNを選ぶ際には、価格も重要なポイントです。

VPNサービスは月額料金制であり、長期契約を結ぶと月額が安くなる場合が多いです。

また、無料トライアル期間や30日間の返金保証が用意されているサービスもありますので、そのようなオプションがあれば、サービスの質を確かめる前に試してみることができます。

ほかにも、家庭内の複数のデバイスを同時に接続できるプランも提供されています。家庭で複数のデバイスを使用するユーザーにとっては非常に便利です。

VPNのよくある質問と回答

無料のVPNと有料のVPN、どちらがいいですか?

有料のVPNは速度、セキュリティ、機能面で優れています。無料VPNは便利ですが、広告が多かったり、セキュリティが疑わしい場合もあります。

VPNを常時オンにしていると何かデメリットはありますか?

VPNを常時オンにしていると、バッテリーの消耗が早くなる場合や、一部のWebサイトやサービスにアクセスできなくなる可能性があります。

VPNは合法ですか?

多くの国ではVPNの使用は合法ですが、中国やロシア、イラン、トルクメニスタンなどの一部の国ではVPNの使用が厳しく制限されているか、または非合法とされています。

これらの国では、政府認可のVPNしか利用できない場合があります。したがって、特定の国でVPNを使用する前には、その国の法律や規制を確認することが重要です。

シェアしてね!
目次