1,000ポイントプレゼント 楽天市場アプリ 新規ダウンロード

メッシュWi-Fiが遅くなる原因と解決方法を丁寧に解説

本ページはプロモーションが含まれています

この記事でお伝えする内容
  • メッシュWi-Fiが遅くなる原因と解決方法
  • メッシュWi-Fiにおけるルーターの選び方

メッシュWi-Fi 無線LANルーター売れ筋ランキング

\ 1位〜50位 /

売上に基づいた最も人気の商品。

頻繁に更新されます。

目次

メッシュWi-Fiが遅くなる原因

  • ノード間の距離が遠すぎる
  • 複数のノードが近すぎて干渉し合っている
  • 障害物によって信号が遮られている
  • メッシュWi-Fiネットワークの中に異なるブランドやモデルの機器が混在している
  • 使用しているWi-Fiチャンネルが混雑している
  • 近隣のWi-Fiネットワークやその他の電子機器からの干渉
  • ルーターやノードのファームウェアが古い
  • 同時に多くのデバイスがネットワークに接続されている
  • 一部のデバイスがネットワークの帯域幅を大量に消費している
  • ルーターやノードのハードウェアが故障している
  • エンドデバイスのWi-Fiアダプターに問題がある
  • 象条件や建物の構造による影響
  • セキュリティ関連の問題(例:不正アクセスやマルウェア)
  • プロバイダーからのインターネット速度が遅い

メッシュWi-Fiが遅い時の解決法

ノード間の距離が遠すぎる

ノード間の距離が遠すぎると、メッシュWi-Fiの信号が弱まり、データ転送速度が遅くなります。

これは、信号が物理的な障害物を越えたり、空間を通過したりする際に減衰(強度の低下)するためです。

距離が遠いほど信号の減衰が大きくなり、通信速度が低下します。

ノード(Node)とは

ノード(Node)は、ネットワーク上でデータのやり取りを行う個別のポイントやデバイスを指します。

メッシュWi-Fiシステムにおいて、ノードは個々のWi-Fiアクセスポイントのことを指し、複数のノードが互いに無線通信を行いながら全体として一つの広いWi-Fiネットワークを形成します。

解決法

ノードの位置を見直す

メッシュWi-Fiノードは家の中心または利用するデバイスの近くに設置すると効果的です。

ノードが壁や大きな家具に隠れていないことを確認し、開放されたスペースに配置すると、信号がより遠くまで届きやすくなります。

解決法

ノードを追加する

ノード間の距離が遠すぎる場合、追加のノードを設置してカバレッジ(通信範囲)を広げることで、デバイスが最も近いノードに接続でき、速度が向上します。

解決法

ノードのアップグレード

新しい技術を搭載したメッシュWi-Fiノードを利用することで、信号の届く距離と速度が向上することが期待できます。

Wi-Fi 6対応のノードがお勧めです。

複数のノードが近すぎて干渉し合っている

複数のノードが近すぎると、それぞれの無線信号が干渉し合い、データパケットが正しく伝送されなくなることがあります。

この状態では、デバイスはデータを再送しなければならなくなり、通信エラーが増加することで全体的なネットワーク速度が遅くなります。

信号の干渉は信号の品質を低下させ、帯域幅の競合を引き起こす可能性があり、これが通信速度の低下につながります。

解決法

ノードの再配置

ノード間の距離を適切に調整し、過度な干渉を防ぎます。

ノードがあまりにも近いと、それぞれの信号が干渉し合ってパフォーマンスが低下します。

適切な距離感を見つけることで、この問題を解決できます。

メッシュWi-Fiの管理アプリを利用すると、ノード間の通信状態を確認しやすくなり、最適な位置を見つけやすくなります。

解決法

チャンネルの最適化

Wi-Fiネットワークは異なるチャンネルを使用してデータを送受信します。

複数のノードが同じまたは近いチャンネルを使用していると、干渉が発生する可能性があります。

メッシュWi-Fiシステムの管理画面にアクセスして、各ノードが異なるチャンネルを使用するよう設定し、干渉を減少させてみてください。

ただし、どのチャンネルを選ぶべきか判断するためには、周囲のネットワークがどのチャンネルを使用しているかを知る必要があります。

周囲のネットワークチャンネルを調査するためには、Wi-Fiアナライザーアプリを使用すると便利です。

WiFi アナライザー
WiFi アナライザー
無料
posted withアプリーチ

このアプリは、周囲のすべてのWi-Fiネットワークとそれらが使用しているチャンネルを表示し、どのチャンネルが混雑しているかを簡単に確認できます。

混雑していないチャンネルを見つけたら、そのチャンネルをメッシュWi-Fiシステムの設定で選択します。

2.4GHz帯域ではチャンネル1、6、11がお互いに干渉しない主要なチャンネルです。

5GHz帯域ではより多くのチャンネルオプションがあります。

無線チャンネルを変更する方法(BUFFALO

解決法

デュアルバンドを変える

使用しているメッシュWi-Fiシステムがデュアルバンド(2.4GHzと5GHzの両方)に対応している場合は、5GHzバンドを利用すると干渉を減少させることができます。

5GHzバンドは、周波数帯域が2.4GHzバンドに比べて広いため、データを送受信する際の帯域を広く利用でます。

広い帯域を利用できることで、同時に多くのデータを高速にやり取りすることが可能となり、結果的に通信速度が向上します。

加えて、5GHzバンドは現在のところ2.4GHzバンドよりも利用されているデバイスが少ない傾向にあります。

2.4GHzバンドはWi-Fiだけでなく、多くの他のデバイス(例えば、コードレス電話やネットワークカメラなど)にも使用されているため、干渉が発生しやすいです。

一方で、5GHzバンドは主にWi-Fiで使用されており、他のデバイスによる干渉が少ないため、より安定した通信が可能となります。

ただし、5GHzバンドの信号は2.4GHzバンドよりも距離を長く進むのが難しく、また障害物にも弱い特性があります。

そのため、カバレッジエリアを広げるためには注意が必要です。

中継機を選ぶポイントはデュアルバンド同時接続(BUFFALO

障害物によって信号が遮られている

Wi-Fi信号は電磁波の一種であり、その伝播は空気中を通る際には比較的スムーズですが、障害物によって影響を受けやすい特性を持っています。

障害物が信号の進行経路上に存在すると、その物体の材質や密度に応じて信号が吸収されたり、反射、屈折、または散乱されます。

解決法

障害物の除去、再配置

障害物によってWi-Fi信号が遮られている場合、最も効果的な解決策として障害物の除去または再配置があります。

Wi-Fi信号は物理的な障害物に弱く、特に金属や水分を含む物質によって減衰します。

Wi-Fi信号は電磁波の一種であり、金属に遭遇すると信号が反射されるか吸収されるために強度が弱まります。

水分を含む物質も電磁波を吸収しやすく、植物や壁などは水分を多く含むため、Wi-Fi信号がこれらの物質を通過する際に減衰が発生しやすいです。

したがって、ルーターやノードの近くにある壁や家具、特に金属製品を移動させることで信号の通り道をクリアにし、通信の品質を改善することが可能です。

解決法

ルーターとノードの位置調整

理想的には、これらのデバイスを家の中央に配置し、障害物を避けるように努めます。

高い位置に設置することで、信号がより広範囲に拡散しやすくなり、パフォーマンスが向上します。

ルーターとノードの違い

メッシュWi-Fiシステムでは「ルーター」がシステムの中心的なデバイスであり、「ノード」はそれを補助するデバイスとなります。

ルーター

メッシュWi-Fiシステムにおいてルーターは、インターネットサービスプロバイダーからの信号を受け取り、それをローカルネットワーク上で共有します。

通常は1台のメインルーターが存在し、他のノードと通信してカバレッジを広げる役割を担っています。


ノード

ノードは、メインルーターを補助する形でネットワークのカバレッジを広げるデバイスです。

ノードは無線でメインルーターと通信し、信号の届きにくいエリアでの接続品質を向上させる役割を果たします。

また、ノードは自動的に最適なパスでデータを転送し、ネットワークパフォーマンスを最適化します。

解決法

アンテナの調整

ルーターやノードに外部アンテナが付いている場合、アンテナの向きを調整することで信号の品質が改善します。

アンテナを信号の届きにくいエリアやデバイスの多いエリアに向けることで、通信の安定性と速度を向上させることが可能です。

内部アンテナを持つデバイスでは、デバイス自体の向きを変えることで受信状態が改善することがあります。

メッシュWi-Fiネットワークの中に、異なるブランドやモデルの機器が混在している

異なるブランドやモデルの機器がメッシュWi-Fiネットワーク内で混在している場合、それぞれのデバイス間で通信プロトコルや性能が異なることがあります。

これらが原因でネットワーク全体の効率が低下し、データの転送速度が遅くなる場合があります。

解決法

互換性のあるデバイスを使う

メッシュWi-Fiのネットワークにおいて、異なるブランドやモデルの機器がスムーズに連携するためには、デバイス同士の互換性を確認し、適切な設定を行うことが重要です。

たとえば、Linksys VelopNetgear OrbiのようなメッシュWi-Fiシステムは、他の同ブランドのデバイスとの互換性があり、セットアップや管理が容易になっています。

しかし、異なるブランドの機器、例えばGoogle Nest Wi-FiAmazon Eeroと連携することはできません。

これは、各メーカーが独自の通信プロトコルや管理ソフトウェアを採用しているためです。

異なるブランドのデバイスをメッシュWi-Fiネットワークに組み込む際には、各デバイスが互換性を持つかどうかを事前に確認し、必要であればネットワーク構成を見直し、全てのデバイスがスムーズに連携できるように調整する必要があります。

互換性のないデバイスが存在する場合は、ネットワークから取り除くか、互換性のあるモデルに交換することを検討してください。

解決法

ブランドやモデルを統一させる

最も確実な解決策は、メッシュWi-Fiネットワーク内の全てのデバイスを同じブランドとモデルに統一することです。

同一のブランドやモデルのデバイス間では、通信プロトコル、ソフトウェアのバージョン、その他の技術仕様が共通しているため、連携がスムーズに行えます。

メッシュWi-Fiシステムは異なるユニット間での連携を基本として設計されているため、同じブランドやシリーズの製品間での連携は非常に効率的です。

例えば、Netgear OrbiGoogle Nest Wi-Fiのようなブランド製品を採用する場合、同じブランドのユニットを追加拡張することで、システム全体のパフォーマンスや安定性を最大限に引き出すことができます。

異なるブランドやモデルのデバイスを混在させる場合、それぞれのデバイスが持つ機能や仕様、通信プロトコルの違いが原因で、ネットワークのパフォーマンスに不具合が生じる可能性が高まります。

ネットワークのパフォーマンスや安定性を最優先する場合は、全てのデバイスのブランドやモデルを統一することを強く推奨します。

近隣のWi-Fiネットワークやその他の電子機器が干渉している

近隣のWi-Fiネットワークやその他の電子機器からの干渉があると、無線信号が乱され、データパケットが正確に送受信されなくなるケースがあります。

特に2.4GHz帯域は多くの家庭用電子機器で使用されており、混雑しやすいため、干渉の影響を受けやすくなります。

解決法

Wi-Fiチャンネルを変更する

ルーターは自動でチャンネルを選択しますが、この選択が常に最適なチャンネルを選んでくれるとは限りません。

ルーターは起動時に周囲のネットワークをスキャンし、その時点で最も混雑していないチャンネルを選択することが一般的です。

しかし、ルーターが起動してから時間が経つと周囲のネットワーク状況が変化し、選択されたチャンネルが混雑することがあります。

多くのユーザーが自宅に帰る夕方や夜になると、Wi-Fiの利用が増加し、チャンネルの混雑が起きやすくなります。

このような場合、使用しているチャンネルを手動で変更することで、干渉を受けにくいチャンネルに切り替えることができます。

特に2.4GHz帯域ではチャンネル1、6、11がお互いに干渉しない主要なチャンネルとされています。

Wi-Fiのチャンネルの変更は、ルーターの管理画面にて行います。

自動チャンネル選択機能をオフにし、これらのチャンネルを試してみると良いでしょう。

Wi-Fiアナライザーのようなツールを使用すると、周囲のネットワークが使用しているチャンネルを確認し、最も混雑していないチャンネルを選択するのに役立ちます。

無線チャンネルを変更する方法(BUFFALO

解決法

2.4GHzから5GHzに切り替える

5GHz帯域は2.4GHz帯域に比べて干渉を受けにくくなります。

これは5GHz帯域には使用可能なチャンネルがより多く、それぞれのチャンネル間の干渉も少ないためです。

ただし、5GHz帯域の信号は2.4GHz帯域よりも距離が短く、物理的な障害物による影響を受けやすいというデメリットもあります。

それでも、近隣のネットワークや他の電子機器からの干渉を避けるためには、5GHz帯域を利用する価値があります。

2.4Gbps・5GHzの切り替え手順

ルーターやノードのファームウェアが古い

古いファームウェアにはセキュリティの脆弱性が残っていることがあり、これがネットワークのパフォーマンスに影響を与える不正なトラフィックを引き起こすことがあります。

さらに、古いファームウェアは新しいデバイスやオペレーティングシステムとの互換性が低いことがあり、通信の遅延やエラーを引き起こす原因となります。

解決法

ファームウェアを更新する

ルーターやノードのファームウェアが古い場合、最も直接的な解決策はファームウェアを最新版にアップデートすることです。

最新版にアップデートすることでセキュリティの脆弱性が修正され、性能が向上し、新機能が追加される場合があります。

更新プロセスは通常、製造元のウェブサイトから最新のファームウェアをダウンロードし、ルーターの管理画面を通じてアップロードすることで行います。

多くの機器では自動更新機能が提供されており、これを有効にすることで手動で更新する手間を省くことができます。

アップデートのプロセス中はインターネット接続が一時的に切断される可能性があるため、更新作業はオフピーク時間に行うことをお勧めします。

同時に多くのデバイスがネットワークに接続されている

ネットワークには利用できる帯域幅が限られており、接続されている全てのデバイスで帯域幅を共有しようとするとデータの送受信が遅れ、インターネット速度が低下します。

特に帯域幅を大量に消費する高画質の動画視聴や、大きなファイルのダウンロードを行っている時、その影響が顕著に現れます。

同時に接続されているデバイスが多い、かつアクティブであるほど、それぞれのデバイスが利用できる帯域幅は減少します。

結果としてウェブページの読み込みが遅くなったり、ビデオストリーミングが途切れたりするなど、インターネット速度の低下が生じます。

解決法

デバイスの接続数を減らす

デバイスの接続数を減らすことで、ネットワークのトラフィックを軽減し、全体のパフォーマンスを向上させることができます。

使用していないデバイスのWi-Fiをオフにするか、ネットワークから切断することで帯域幅を節約し、残りのデバイスがよりスムーズに動作するようになります。

解決法

Quality of Service (QoS) を利用する

QoSは、ネットワークのトラフィックを管理し、特定のアプリケーションやサービスに優先度を付与する機能です。

これを有効にすることで、重要なデータトラフィック(例えば、オンライン会議やオンラインゲーム)が他のトラフィックによって遅延することなく、スムーズに動作するようになります。

QoS設定はルーターの管理画面から行うことができ、どのアプリケーションやデバイスにどれくらいの帯域幅を割り当てるかを細かく設定することが可能です。

管理者機能搭載アクセスポイントのQoS(Quality of Service)はどのような機能ですか?(BUFFALO

一部のデバイスがネットワークの帯域幅を大量に消費している

帯域幅は限られているため、一つのデバイスが多くの帯域幅を使ってしまうと、他のデバイスに割り当てられる帯域幅が不足し、インターネットの読み込み時間が長くなったり、動画のバッファリングが発生します。

その結果、全体的なネットワークのパフォーマンスが低下し、インターネットをスムーズに利用することが難しくなります。

解決法

帯域幅の制限設定をする

ネットワーク上で特定のデバイスが大量の帯域幅を消費している場合、帯域幅の制限設定を行うことが有効です。

ルーターの管理画面にアクセスし、QoS(Quality of Service)設定を利用して各デバイスやアプリケーションに割り当てられる帯域幅の上限を設定することが可能です。

これにより、帯域幅を過度に消費するデバイスの影響を抑え、ネットワーク全体のパフォーマンスを向上させることができます。

端末ごとに接続する帯域を指定する/端末ごとに異なるポリシーを設定する(BUFFALO

解決法

不要なデバイスの接続を解除する

ネットワークに接続されているデバイスの中で、現在使用していないか、または低い優先度のデバイスがある場合、それらのデバイスの接続を一時的に解除することで、利用可能な帯域幅を増やすことができます。

不要なデバイスを解除することで、重要なデバイスやアプリケーションの動作をスムーズにし、必要なときに高速なインターネット接続を確保することができます。

ルーターやノードのハードウェアが故障している

メッシュWi-Fiシステムは、複数のノードが連携してネットワークを構築しています。

故障したルーターやノードがあると、ネットワーク全体の性能を低下させる原因となり、インターネット速度の遅延や接続の不安定さを引き起こします。

このような状況に対処するためには、故障したルーターを迅速に特定し、新しいものに交換することが重要です。

新しいルーターを選ぶ際には、既存のメッシュWi-Fiシステムとの互換性を確認することが必須です。

互換性がないと、システムが適切に機能しなくなる恐れがあります。

ルーターの交換が完了したら、設定と統合作業を行い、システム全体のパフォーマンスが正常に回復するようにします。

故障したハードウェアの特定方法

STEP
システムの状態確認

メッシュWi-Fiの管理ツールやダッシュボードを開き、各ノードの状態を確認します。

信号強度や通信速度の異常、エラーログがないかをチェックします。

STEP
ノードを一時的に切断

疑わしいノードを一つずつネットワークから切断し、システム全体の動作が正常化するかどうかを観察します。

STEP
ハードウェアの外観検査

外部から見えるダメージや異常な発熱、音がないかを直接確認します。

STEP
ソフトウェアのアップデート確認

ハードウェアの問題ではない場合、ソフトウェアの更新が適切に行われているかを確認します。

古いバージョンのソフトウェアが原因で不具合が起きることも考えられます。

上記で解決しなかった時の対処法

上記のステップで異常が見つからなかった場合、ハードウェアの故障ではなく、他の要因がネットワークの速度を低下させている可能性があります。

その際には以下のように対処することが考えられます。

STEP
システムの再起動

全てのメッシュWi-Fiノードとルーターを一度シャットダウンし、再起動します。

再起動によって一時的なソフトウェアの不具合が解消されることがあります。

STEP
インターフェースの確認

「インターフェース」は、ネットワーク機器が外部のデバイスや他のネットワーク機器と通信を行うためのポイントや接続点を指します。

ルーターやスイッチ、ネットワークカードなどのネットワーク機器には、通信を行うための一つ以上のインターフェースが備わっています。

例えば、ルーターの場合、LAN側とWAN側のインターフェースがあります。

LAN側は家庭内ネットワークに接続され、WAN側はインターネットサービスプロバイダと接続されます。

これらのインターフェースが正しく設定されていないと、ネットワーク通信に問題が発生する可能性があります。

「インターフェースの確認」では、これらのインターフェースが適切に設定され、正常に機能しているかをチェックします。

また、不要なインターフェースが有効化されていないかも確認します。

例えば、使っていないLANポートがアクティブになっていると、不要なトラフィックが発生してネットワークのパフォーマンスが低下する可能性があります。

この確認を行うことで、ネットワークのパフォーマンスに影響を与えるかもしれない設定ミスや誤配置を発見し、修正することができます。

スイッチの設定画面を表示する方法(BUFFALO

STEP
ネットワークトラフィックの分析

ネットワーク上のトラフィックを分析し、異常なデータのやり取りをしているデバイスがないかを確認します。

不審なデバイスがあればネットワークから削除し、状況が改善するかを確認します。

STEP
ソフトウェアのアップデート確認

ハードウェアの問題ではない場合、ソフトウェアの更新が適切に行われているかを確認します。

古いバージョンのソフトウェアが原因で不具合が起きることも考えられます。

ネットワークトラフィックを分析する方法
STEP
分析ツールの選定

ネットワークトラフィックを分析するためには、適切なツールを選定する必要があります。

WiresharkPRTG Network MonitorNagios など、様々なネットワークモニタリングおよび分析ツールが存在します。

STEP
データキャプチャ

ネットワークトラフィックをキャプチャするために、選定したツールを使用してネットワーク上のデータパケットを収集します。

STEP
データのフィルタリングと解析

収集したデータをフィルタリングし、関連するトラフィックだけに焦点を当てます。

例えば、特定のIPアドレスやポート番号に関連するトラフィックを絞り込むことができます。

STEP
異常の特定

分析ツールを使用して、異常なパターンや不審なデータのやり取りをしているデバイスを特定します。

予期しない高いトラフィック量、未知のプロトコルの使用、不審な接続先への通信などがあります。

STEP
対応措置

異常が確認された場合は、関連するデバイスをネットワークから隔離または削除し、セキュリティ対策を強化します。

ファイアウォールの設定の変更、アクセス制御リストの更新、セキュリティパッチの適用などがあります。

STEP
状況の監視と評価

対応措置を実施した後は、ネットワークの状況を継続的に監視し、トラフィックの正常化を確認します。

改善が見られない場合は、さらなる分析と対応が必要です。

エンドデバイスのWi-Fiアダプターに問題がある

アダプターが古いものであったり、ドライバが最新でない場合、新しいWi-Fi規格や技術に対応していない可能性があり、結果としてデータ転送速度が遅くなります。

また、アダプター自体の物理的な故障や損傷も、信号の受信と送信の品質を低下させ、速度を遅くする原因となります。

解決法

Wi-Fiアダプターのドライバーを更新する

Wi-Fiアダプターのドライバーを最新のものに更新することで、通信の安定性や速度が向上します。

これは主に、ドライバーの更新が既存の問題を解決し、デバイスのパフォーマンスを最適化するためです。

ドライバーとは、オペレーティングシステムがハードウェアを適切に認識し、効率的に動作させるためのソフトウェアの一種です。

Wi-Fiアダプターのドライバーが古いと、通信の安定性が損なわれたり、データ転送速度が遅くなったりすることがあります。

最新のドライバーに更新することで、製造元が既知のバグを修正し、デバイスの性能を向上させることができます。

結果、データ転送の効率が良くなり、通信速度が速くなるとともに接続の安定性が向上します。

Wi-Fiアダプターのドライバーを更新する方法(Windows)

「スタートメニュー」を開き、「デバイスマネージャー」を検索して開きます。次に、「ネットワークアダプター」セクションを展開し、使用しているWi-Fiアダプターを右クリックして「ドライバーの更新」を選択します。

表示されるオプションから「インターネットでドライバー ソフトウェアを検索してインストールする」を選び、指示に従ってドライバーを更新します。

解決法

Wi-Fiアダプターを物理的に交換またはアップグレードする

エンドデバイスがデスクトップPCの場合、内蔵のWi-Fiアダプターを最新のものに交換するか、高性能な外部USB Wi-Fiアダプターを利用することで速度が向上します。

最新の無線規格は古いものに比べてデータ転送速度が速く、信号の安定性が向上しています。

また、新しいアダプターには干渉を抑えてデータを効率的に送受信する技術が搭載されていることが一般的です。

外部USB Wi-Fiアダプターは、アンテナを最適な位置に配置することで受信感度を向上させることができ、Wi-Fi信号の品質を高めることが可能です。

内蔵のWi-Fiカードを交換するには、デスクトップのケースを開け、既存のWi-Fiカードを取り外し、新しいWi-FiカードをPCIスロットに取り付けます。

USB Wi-Fiアダプターを使用する場合は、空いているUSBポートにアダプターを挿し、ドライバーをインストールします。

おすすめの外部USB Wi-Fiアダプター

  • バッファロー WI-U3-1200AX2I:Wi-Fi 5 以前の通信規格(11ac/n/a/g/b)でも接続できるため、お手持ちの無線LAN親機が古くても、親機が対応する最も速い通信規格で接続できます。
  • エレコム WDC-X1201DU3-B:パソコンに装着するだけで高速通信可能なWi-Fi 6(11ax) USB3.0対応 無線LANアダプターです。5GHz帯は最大1201Mbps、2.4GHz帯は最大574Mbpsの高速通信を実現。
  • I-O DATA WN-DAX1200U:ビームフォーミングに対応したWi-Fiルーターと利用することで、ルーターが電波の送信を調整し安定した通信品質とノイズによる速度低下を防ぐことができます。

解決法

無線モードを最新の規格(802.11ac)に設定する

802.11acは、前の規格である802.11nよりも広い帯域幅を提供し、5GHz帯域では高いデータ転送速度を実現します。

この規格は、より効率的なデータエンコーディングと複数のアンテナを使用した高度な空間ストリーミングを活用しており、複数のデータストリームを同時に送信し、全体のスループットを大幅に向上させることができます。

解決法

エンドデバイスを再起動する

エンドデバイスを再起動すると、デバイス上で動作しているソフトウェアやプロセスが一度停止し、再度立ち上がります。

再起動によって、メモリリークや一時的なエラーがクリアされ、デバイスのパフォーマンスが向上します。

Wi-Fi接続に関しても、再起動によりネットワークアダプターのドライバーや関連するソフトウェアがリセットされるため、通信の安定性や速度が回復することがあります。

特に長時間デバイスを使用していた場合や多くのアプリケーションを同時に実行していた場合、システムのリソースが圧迫されており、再起動がこれらの問題を解決する簡単で効果的な方法となります。

気象条件や建物の構造による影響

雨や雪、厚い壁や金属の構造物は、無線信号の伝播を阻害し、データパケットのロスやエラーを引き起こすことがあります。

その結果、信号の再送が必要となり、結果的にインターネット速度が遅くなります。

解決法

シグナルブースターを設置する

Wi-Fi信号を強化し、信号の届かないエリアをカバーするために、シグナルブースターまたはWi-Fiリピーターを設置します。

これは、ルーターからの信号を受信し、増幅して別のエリアに再送信するデバイスです。

設置の際は、ルーターとエンドデバイスの中間地点に配置し、電源に接続するだけで使用を開始できます。

シグナルブースターを設置することで、建物内の障害物による信号の減衰を軽減し、全体的なネットワークのカバレッジを向上させることが可能になります。

  • バッファロー WEX733DHP2 Wi-Fi中継機:コンパクトで使いやすく、11ac対応で高速なWi-Fi接続を提供します。また、WPSボタンを使用して簡単に設定することが可能です。
  • エレコム WTC-733HWH:11acに対応し、最大733Mbpsの高速通信が可能です。縦置き、横置きどちらでも使用できるデザインも魅力です。
  • I-O DATA WN-AC1167EXP:11ac対応で、最大867Mbpsのデータ転送速度を提供します。簡単設定ボタンを搭載し、初心者でも手軽に設定ができます。

解決法

より強力なルーターへの交換

現在使用しているルーターが古いモデルであるか、信号強度が不十分である場合は、より新しく、より高性能なルーターに交換することで通信速度と安定性を向上させることができます。

新しいルーターは最新のWi-Fi規格に対応しており、データ転送速度が向上します。

解決法

有線の接続にする

Wi-Fi信号が不安定な場合や建物の構造により信号が遮られている場合は、有線接続を利用するのがおすすめです。

エンドデバイスをイーサネットケーブルを使用して直接ルーターに接続することで、Wi-Fi信号の干渉や減衰の影響を受けずに通信が可能になります。

特にデータ転送が重要なオンラインゲームや高解像度動画ストリーミングなどの用途において有効です。

  • サンワサプライ KB-T7-03NV:カテゴリー7に対応し、10ギガビットの高速通信が可能なこのイーサネットケーブルは、3mの長さで、オフィスや自宅での利用に適しています。外部ノイズに強いシールド加工が施されており、安定した通信を実現。
  • バッファロー BSLS6ANU10BK:カテゴリー6aに対応した10mのイーサネットケーブルで、オフィスや広い空間での利用に最適です。信号のクロストークを抑制するための導体間隔を設けており、高速で安定したデータ転送が可能です。
  • エレコム LD-GPY/BU3:カテゴリー6に対応した3mのイーサネットケーブルで、家庭用途や小規模なオフィスでの利用に最適です。エレコム独自の「ツメ折れ防止コネクタ」が付いており、ケーブルの差し込み口が折れにくくなっています。

セキュリティ関連の問題

ファイアウォールやアンチウイルスプログラムが特定の種類のトラフィックをブロックまたは制限すると、通信が遅れる可能性があります。

加えて、セキュリティの不備が存在すると、ネットワークが不正アクセスや攻撃に晒されるリスクが高まります。

例えば、DoS攻撃(Denial of Service attack)のような攻撃では、攻撃者が大量のトラフィックを送信してネットワークを飽和状態にし、正当なトラフィックが通過できなくなることで速度が低下します。

セキュリティとパフォーマンスはトレードオフの関係にあり、セキュリティ対策を強化することでパフォーマンスが犠牲になることがあります。

しかし、最新のハードウェアとソフトウェアを使用し、適切なセキュリティ設定を適用し、システムを定期的に更新してメンテナンスすることで、この影響を最小限に抑えることが可能です。

解決法

マルウェアの除去

既に侵入しているマルウェアやウイルスを取り除くことが最優先です。

信頼性の高いセキュリティソフトウェアを利用して、全てのデバイスを徹底的にスキャンし、検出された全ての脅威を削除します。

  • Malwarebytes:Malwarebytesは非常に強力で信頼性の高いマルウェア対策ソフトウェアです。リアルタイム保護機能により、マルウェアがシステムに侵入するのを防ぎます。既に感染してしまったシステムからマルウェアを完全に除去するのに非常に効果的です。
  • ウイルスバスター:リアルタイムスキャン、クラウドでの脅威分析、個々のファイルやフォルダのスキャンなど、豊富な機能を持っています。
  • Norton 360:ウイルスやマルウェアはもちろん、フィッシング詐欺などからもユーザーを守る機能を提供しています。VPN機能やパスワード管理ツールも内蔵されており、オールインワンのセキュリティソリューションを求めるユーザーに適しています。

解決法

セキュリティ設定の確認と修正

第三者によって変更されている可能性のあるネットワーク機器のセキュリティ設定をチェックし、不正な設定があれば修正します。

ファイアウォールが有効になっているか、不要なポートが開いていないかなどを確認してください。

セキュリティ設定の確認と修正を行うには、ルーターの管理画面にアクセスし、以下のステップに従ってください。

  • 無線ネットワークのセキュリティ設定に移動します。
  • 暗号化方式をWPA3に設定します。WPA3が利用できない場合は、WPA2を選択。
  • 不要なリモートアクセス機能が有効になっている場合は無効化します。
  • その他のセキュリティ関連の設定(ファイアウォール設定、MACアドレスフィルタリング等)を確認し、適切に設定します。
  • 変更した設定を保存し、ルーターを再起動して設定を適用します。

解決法

専門業者へ依頼する

問題が解決しない場合や、問題の規模が大きい場合は、セキュリティ専門業者の協力を得ることが重要です。

プロバイダーからのインターネット速度が遅い

多くの人が同時にインターネットを利用する時間帯、例えば夕方や週末など、プロバイダーのネットワークが混雑し速度が遅くなることがあります。

また、設備の老朽化や物理的な距離、回線の品質も速度に影響を与える要因となります。

解決法

プランをアップグレードする

契約しているプロバイダーの中でも様々なインターネットプランが用意されており、現在のプランよりも速度の速いプランが用意されています。

現在のインターネット使用状況や必要な速度を把握した上で、プロバイダーに連絡しプランの詳細や速度、月額料金について見積もりしてもらったり、問い合わせてみたりすることが重要です。

もし、現在のプランよりも速度の速いプランが用意されており、かつ月額料金が予算内であれば、プランのアップグレードを検討してみてください。

【キャッシュバック還元中!】GMOとくとくBBのauひかりキャンペーン

解決法

プロバイダーに連絡する

プロバイダーのカスタマーサービスに連絡し、状況を詳細に説明してください。

プロバイダーの技術サポートチームは問題の診断と解決のためにリモートでのサポートを提供することができます。

必要であれば現場に技術者を派遣してくれる場合もあります。

解決法

プロバイダーを変更する

プロバイダーを検討する際は、提供されているプラン、速度、料金、サービスの評判などを検討する必要があります。

新しいプロバイダーが明らかに速度が速く、サービスが安定していると判断した場合は、プロバイダーの変更を検討する価値があります。

ただし、プロバイダーの変更には手続きが必要で、場合によってはインターネットの一時的な中断や新しいモデムの購入が必要になることがあるため、事前に十分な調査と計画が必要です。

メッシュWi-Fiの選び方

メッシュWi-Fiシステムは従来のルーターと異なり、複数のノードを使用して広範囲のエリアをカバーします。

市場には様々なメッシュWi-Fiシステムが存在しており、どれを選ぶべきか迷うことがあるでしょう。

余裕を持ったカバレッジエリア

カバレッジ(Coverage)とは、カバーしている割合=網羅率のこと

カバレッジエリアは、メッシュWi-Fiを構築する際の重要な要因となります。

家やオフィスの広さはもちろんのこと、形状や障害物の有無も影響します。

例えば、L字型やU字型の住宅、あるいは階段を持つ複数階建ての家では、シグナルの到達性が問われます。

製品の仕様には通常、カバー可能な面積が示されています。

ただ、実際のカバレッジは壁の材質や家の中にある他の大きな家具、電子機器によっても変わります。

コンクリートの壁や金属材料はWi-Fiシグナルの敵です。

そのため、システムが指定するカバレッジエリアよりも多少余裕を見て選択することが望ましいです。

スピードと性能

デバイスの数が増えれば増えるほど、必要な帯域幅も増えます。

4K映像のストリーミングやオンラインゲーム、大容量のダウンロードなど、ヘビーなタスクを行う際には、高い帯域幅と低いレイテンシが要求されます。

製品選びの際には、提供される最大スピードだけでなく、安定してそのスピードを維持できるかどうかもチェックすることが大切です。

最近のメッシュWi-Fiシステムは、複数のバンドを使用して通信するものが多く、通信の干渉を低減させ、より高速で安定した接続を実現しています。

セットアップの容易さ

メッシュWi-Fiシステムの多くは使いやすくなっており、スマートフォンのアプリから簡単にネットワークを設定し、管理することが可能です。

直感的なユーザーインターフェースとステップバイステップのガイダンスは、初期設定を進めるのに役立ちます。

問題が発生した際には、簡単にトラブルシューティングができるように、わかりやすいヘルプガイドやサポートオプションが提供されていると良いでしょう。

価格に見合った機能

ルーターは高価なモデルが必ずしも最良であるとは限りません。

重要なのは、コスト対効果をしっかりと評価し、ニーズに最も適した機能を提供する製品を選択することです。

安価なモデルであっても、小規模な住宅や基本的な使用には十分な性能が備わっています。

一方で、より広いエリアをカバーする必要がある場合や、複数のデバイスを同時に高速で接続する必要がある場合は、より高価なモデルを検討する必要があります。

結局のところ、価格と性能のバランスを考えながら、自分の使用状況に合ったメッシュWi-Fiシステムを選ぶことが重要です。

メッシュWi-Fiが遅いことに関するよくある質問と回答

メッシュWi-Fiのノード数を増やすと速度は上がりますか?

ノード数を増やすことでカバレッジは向上しますが、必ずしもインターネット速度が向上するわけではありません。

適切な数と配置が重要で、あまりに多くのノードがあると逆にネットワークが混雑し速度が低下することもあります。

2.4GHzと5GHzのバンド、どちらを使うべきですか?

2.4GHzバンドは距離が遠くても信号が届きやすいですが、速度は比較的遅いです。

5GHzバンドは速度が速いですが、距離が遠いと信号が届きにくいです。

状況に応じて適切なバンドを選ぶか、デュアルバンド対応のデバイスを使用して自動で最適なバンドを選択させるとよいでしょう。

メッシュWi-Fiのセットアップを間違えると速度が遅くなることはありますか?

はい、セットアップの仕方によっては速度が影響を受けることがあります。

例えば、メッシュノードが互いに離れすぎていると、信号が弱まり速度が低下します。

適切なセットアップと配置を行うことで、最適なパフォーマンスを得ることが可能です。

インターネットに関する役立つ記事のまとめ

シェアしてね!
目次