1,000ポイントプレゼント 楽天市場アプリ 新規ダウンロード

【コスパ最強】Kindleで漫画を読むならKindle Paperwhiteの端末がおすすめ

本ページはプロモーションが含まれています

この記事でお伝えする内容
  • Kindle Paperwhiteがおすすめの理由
  • 漫画を読むのに適したの端末の選び方
  • 要注意】端末を同時に2台以上購入するリスク

楽天Kobo

目次

Kindleで漫画を読むのにおすすめの端末

漫画を読むならこの端末

漫画をよく読む方でKindleを長く使い続けるなら、「Kindle Paperwhite シグニチャー エディション」の32GBがコスパ最高でおすすめです。

Kindle Paperwhite シグニチャー エディションと「Kindle Paperwhite」の違い

Kindle Paperwhite
シグニチャーエディション
Kindle Paperwhite
本体価格¥21,980¥16,980〜
サイズ6.8インチ6.8インチ
容量32GB8/16GB
解像度300ppi300ppi
防水
ワイヤレス充電対応非対応
色調調整ライト
明るさ自動調整×

▼Kindle全シリーズの比較

スクロールできます
機能 / 端末Kindle BasicKindle PaperwhiteKindle Paperwhite
シグニチャー
Kindle OasisKindle Scribe
価格¥12,980 ¥16,980¥21,980 ¥29,980¥59,980
全体のサイズ157.8 x 108.6 x 8.0 mm174 x 125 x 8.1 mm174 x 125 x 8.1 mm159 x 141 x 3.4-8.4 mm196 x 230 x 5.8 mm
ディスプレイサイズ6インチ6.8インチ6.8インチ7インチ10.2インチ
容量16GB8GB/16GB32GB8GB/32GB16GB/32GB/64GB
解像度300ppi300ppi300ppi300ppi300ppi
フロントライト4 LED17 LED17 LED25 LED35 LED
フラットベゼル⚪︎⚪︎⚪︎⚪︎
防水機能⚪︎⚪︎⚪︎
色調調節ライト⚪︎⚪︎⚪︎⚪︎
明るさ自動調整機能⚪︎⚪︎⚪︎
ページ送りボタン⚪︎
ブックカバー表示機能⚪︎⚪︎⚪︎⚪︎⚪︎

Kindle PaperwhiteとOasisがおすすめの理由

  • たくさんの漫画を保存できる
  • 読みやすい画面サイズ
  • 薄型&軽量だから持ちやすい&持ち運びに便利

おすすめの理由1

たくさんの漫画を保存できる

漫画のファイルは活字だけの本よりも大きいので、ストレージが少ないとすぐに空き容量がなくなってしまいます

そのため、読みたい漫画をダウンロードするたびに、いらないものを探して削除する手間が必要になります。

Kindle PaperwhiteとKindle Oasisは、それぞれ16GBと32GBのストレージなので200冊〜400冊の漫画を保存できます。

8GBは容量が少ないので、たくさん漫画をダウンロードしたい方は16GBと32GBがおすすめです。

Kindle購入後に容量を増やすことはできないので購入時の選択は重要です。

Kindle Basic
¥12,980
16GB
Kindle Paperwhite
¥16,980
8GB/16GB
Kindle Paperwhite
シグニチャー
¥21,980
32GB
Kindle Oasis
¥29,980
8GB/32GB
Kindle Scribe
¥59,980
16GB/32GB/64GB

おすすめの理由2

読みやすい画面サイズ

6インチの画面サイズで漫画を読むのはかなり窮屈になり、余裕を持って読むには6.8インチ以上は必要です。

7インチのKindle Oasisは、画面を横向きにして見開き表示も可能なので快適に読めます。

数字だけ見ると6インチ、6.8インチ、7インチはそれほど大差がないように感じますが、実際に画面として見比べるとその差は歴然としています。

Kindle Basic
¥12,980
6インチ
Kindle Paperwhite
¥16,980
6.8インチ
Kindle Paperwhite
シグニチャー
¥21,980
6.8インチ
Kindle Oasis
¥29,980
7インチ
Kindle Scribe
¥59,980
10.2インチ

おすすめの理由3

薄型&軽量だから持ち運びに便利

私たちが日常の中で電子書籍を手に取る理由の一つに、持ち運びの便利さがあります。

紙の漫画を20冊や30冊持ち運ぶことは現実的にはできませんが、Kindleなら一つの端末に100冊以上の漫画を保存し、持ち歩くことができます。

Kindle PaperwhiteとKindle Oasisは薄型で軽量なのでバッグやリュックに簡単に収納できます。

通勤や通学中、空港での待ち時間、外出先でのちょっとした空き時間にサッと取り出して片手で読めます。

iPhone 14が203gで厚さが7.80mmなので、Kindleがいかに薄型&軽量かがわかります

Kindle Basic
¥12,980
158g
厚さ:
Kindle Paperwhite
¥16,980
205g
厚さ:8.1 mm
Kindle Paperwhite
シグニチャー
¥21,980
207g
厚さ: 8.1 mm
Kindle Oasis
¥29,980
188g
厚さ:3.4-8.4 mm
Kindle Scribe
¥59,980
433g 
厚さ:5.8 mm
Kindleのバッテリー持ち時間はどのくらいですか?

Kindleのバッテリー持ち時間はモデルや使用状況により異なりますが、一般的に数週間となっています。

ライトの明るさ、Wi-Fiの接続時間、ページめくりの頻度などによって変動しますが、多くのユーザーは1〜2週間に1回の充電で利用しています。

ただし、連続的に利用する場合や、明るい環境でのライトの使用、Wi-Fiや4G LTEでのデータダウンロードが多い場合は、バッテリーの持ち時間は短くなります。

明るさ設定13、ワイヤレス接続オフで1日30分使用した場合、1回のフル充電で最大10週間利用可能。使用状況により利用できる時間は異なります

Amazon

漫画を読むのに適したKindle端末の選び方

  • 目的に合わせて端末を選ぶ
  • ストレージ容量が多い端末を選ぶ
  • 目が疲れにくい端末を選ぶ
  • ページめくりの操作性が良い端末を選ぶ
  • 広告の有無で選ぶ
  • 3ヵ月分のKindle Unlimited「付き」か「なし」で選ぶ

Kindle端末の選び方1

目的に合わせて端末を選ぶ

初めてKindleを購入する方や、活字中心の本を読むのであれば、基本的な機能を備えたエントリーモデル(Kindle Basic)で十分です。

しかし、漫画の細かい描写を楽しみたい方や、頻繁にページをめくる操作性の良さ、明るい場所や暗い場所でバックライトの調整機能を重視する方は、エントリーモデルでは満足できないでしょう。

また、外出するときにKindleを持ち運びたい方は、重さやバッテリーの持続時間も重要になってきます。

Kindleの端末は、自身の読書スタイルや利用シーンに合わせ選ぶことが重要です。

Kindle端末の選び方2

ストレージ容量が多い端末を選ぶ

漫画はイラストやカラー画像、複雑なレイアウトを必要とするため、活字の本よりもファイルデータが大きくなります

そのため、少ないストレージ容量ではすぐに満杯になってしまいます。

特に、連載中の漫画を追っている場合や、複数のシリーズを読んでいる場合は、一巻が追加されるたびにダウンロードする必要があります。

その都度ストレージが足りなくなると、保存している漫画を削除したりしたり、新たなストレージソリューションを探したりする手間が発生します。

漫画以外にも小説や写真集、雑誌などを購入する場合、ストレージ需要は更に高まります

これらの点を考えると、16GBのストレージ容量が最低限必要で、長期で使う予定なら32GB以上が理想的です。

以下は漫画や本が、16GBと32GBでそれぞれどのくらい保存できるかの目安です。

保存できる漫画の目安

タイトル16GB32GB
鬼滅の刃
59707 KB
281冊562冊
ドラえもん
44001 KB
381冊762冊
ONE PIECE
137300 KB(カラー)
67686 KB(モノクロ)
122冊(カラー)
247冊(モノクロ)
244冊(カラー)
494冊(モノクロ)
東京卍リベンジャーズ
86070 KB
194冊388冊
ドラゴンボール
55614 KB
300冊600冊

活字本の保存できる冊数の目安

タイトル16GB32GB
ノルウェイの森
799 KB
20,025冊40,050冊
嫌われる勇気
9465 KB
1,691冊3,382冊
多動力
1351 KB
11,840冊23,680冊
チーズはどこへ消えた?
2673 KB
5,981冊11,962冊
夢をかなえるゾウ
9158 KB
1,746冊3,492冊

Kindle端末の選び方3

目が疲れにくい端末を選ぶ

漫画を長時間読む際に目が疲れにくい端末を選ぶことが重要なのは、漫画自体がビジュアル重視のメディアであるためです。

詳細なイラスト、多彩な色使い、小さな文字など、目に多くの情報が一度に入ってきます。

これらが長時間続くと、目の疲れは避けられません。

漫画は細かい部分にも情報が詰まっており、それを逃さず読むので目には相当な負担がかかります。

画面大きさ

画面が小さい端末では、イラストのディテールをきちんと捉えるために目を細めて読む傾向があります。

このような目の動きを繰り返すとストレスがたまり、イライラしやすくなります

逆に、画面が大きな端末を利用することで、漫画の各シーンやキャラクターの表情、セリフなどが鮮明に、そして大きく表示されます。

これにより、目の動きが最小限に留まり疲れにくくなります。

それなりにページ数が多い漫画を好む方にとって、画面の大きさは読書の快適さを大きく左右します。

漫画を楽しむためのKindle端末を選ぶ際には、画面の大きさは最低でも6.8インチは欲しいところです。

フロントライト

Kindleは紙のように光を反射するタイプのディスプレイです。

紙と同じように明るいところでは明るく、暗いところでは暗く見えます。

Kindleで使用されるフロントライトは、画面の周りに配置されたLED(発光ダイオード)からの光を画面上で均等に拡散する方式を採用しています。

そのため目が疲れにくく、長時間の読書に適しています。

ライトを搭載した場所も、バックライトではなくフロントライトにしたことで、スタンドライトを当てたように、紙のような自然な見え方を維持しながらも暗いところなどで読書を楽しめるのが特徴。

さらに、電子ペーパーは表示の書き換え時のみにしか電力を使用しないため、バッテリー寿命が非常に長くなります

フロントライトが目に負担をかけにくい理由

  • 光の方向: フロントライトは画面の表面を照らすため、光が目に直接入る可能性が低くなります。
    これに対して、バックライトの場合は、光が画面を透過して直接目に入るため、眩しさや疲れが起きやすいです。
  • 光の均等性: フロントライトは特殊な光学フィルムや光ガイドプレートを用いて、画面全体に光を均等に拡散させます。
    一部が明るすぎたり暗すぎたりするといった問題が少なく、目の疲れが軽減されます。
  • 明るさ調整: Kindleはフロントライトの明るさの調整が可能です。読む環境や時間帯、気分や体調に応じて、最適な明るさに調整できます。
端末フロントライト
Kindle Basic
¥12,980
LED 4個
Kindle Paperwhite
¥16,980
LED 17個
Kindle Paperwhite
シグニチャー
¥21,980
LED 17個
Kindle Oasis
¥29,980
LED 25個
Kindle Scribe
¥59,980
LED 35個

Kindle端末の選び方4

ページめくりの操作性が良い端末を選ぶ

漫画は小説と異なり頻繁にページをめくるため、スムーズにページ移動できる端末がおすすめです。

反応速度の点で見ると、Kindle Paperwhiteはタッチ操作に対する反応が非常に速いです。

指で画面をタッチした瞬間に次のページへと移行するので、ストレスなくページめくりが続けられます。

Kindle Oasisはページ送りボタンが搭載されています。

ページめくりボタンが物理ボタンになっていることで、押した感覚が得られて反応も速いので快適です。

画面に指紋が残ることなく、また画面をタッチすることなくページをめくれます。

ページめくり機能の優れている点は、一つ一つのフレームやシーンに目を通す時間が増え、絵やテキストの細かい部分までしっかりと楽しめることです。

これは漫画の多層的な要素、例えば背景のディテールやキャラクターの表情など、しっかりと味わうためには欠かせないポイントと言えるでしょう。

Kindle端末の選び方5

広告の有無で選ぶ

Kindleを購入する際は、広告の有無を選ぶ必要があります。

広告なしを選ぶと2,000円安く購入できます。

広告が表示される場所

広告が表示される場所は「スリープ画面」・「ホーム画面下部」・「マイライブラリ画面下部の3箇所。

読書中の画面に広告は表示されないので、読書の妨げにはなりません。

表示される広告の種類

広告には数種類あり、「Kindleストアへのアクセス」や「キャンペーン情報」などが表示されます。

広告をタップすると、詳細が表示されます。

端末をインターネットに接続すると、最新のキャンペーン情報を入手できます。

広告表示のメリット
  • 広告無しの端末より2,000円安い
  • 広告でいち早く新商品やセール情報を知れる
  • 広告をタップすることで直接商品ページに移動できる
広告表示のデメリット
  • 関心のない広告が表示される
  • 広告のロードにプロセッサパワーが必要で多少バッテリーを消費する
  • スリープ画面やホーム画面に表示されるため、スワイプの一手間がある

端末が少しでも安く買えるなら、多少の広告表示は許容できる方であれば「広告なし」がおすすめです

Kindle端末の選び方6

3ヵ月分のKindle Unlimited「つき」か「なし」で選ぶ

Kindle端末を購入する際には、3ヵ月分のKindle Unlimitedが付属するオプションがあります。

通常は1ヶ月間だけの無料期間が、Kindleを購入する方は3ヶ月間の無料期間が設定されています

Kindle UnlimitedはAmazonが提供するサブスクの電子書籍サービスです。

月額980円を支払うことで200万冊以上の雑誌や漫画などの電子書籍やオーディオブックを無制限でダウンロードできます。

Kindle Unlimitedは読書量が多い方には最適のサービスですが、すべての書籍がKindle Unlimitedで利用できるわけではありません。

特に新刊や高価な専門書、一部の人気作家の作品などは、Kindle Unlimitedの対象外であることも多いです。

Kindleを購入する前に、読みたい漫画や本がKindleストアにあるかサッと見てから3ヵ月分のKindle Unlimitedつきにするか検討すると良いでしょう。

Kindle Unlimitedの利用はKindle購入手続き完了時から開始されます

注意点
  • 3ヶ月を過ぎると自動更新される(不要な場合、退会し忘れに注意)
  • 万が一Kindle Unlimited会員登録を3か月の期間終了前にキャンセルされた場合であっても返金されない

同時に2台以上購入するのはおすすめしない

Kindle端末を同時に複数台購入すると転売目的と判断されることがあり、アカウントが停止される可能性が高いので注意が必要です。

実際にKindleの転売が過去に流行し、定価以上の価格で取引されることも珍しくありませんでした。

Amazonはこの転売を厳しく取り締まるようになり、複数のKindleを購入するアカウントや不自然な購入履歴を持つアカウントを停止しました。

この措置は転売屋を狙ったものでしたが、「家族の分も欲しいから2台注文した」といった普通の消費者もアカウントが停止されました

普通の買い方をしてもアカウントが停止されるリスクがあるため、AmazonでKindleを2台以上購入するのはおすすめしません。

複数台購入するなら楽天市場で購入するのが安心です。

Amazonはアカウントが停止されたら復活はほぼ不可能です

2台以上の購入なら楽天市場が安心

Kindle端末がお得に買えるセール

Amazonプライムデー

7月に開催されるこのイベントは、Amazonプライム会員専用のセールです。

Kindle端末はしばしば大幅に値引かれることがあります。

ブラックフライデー

アメリカの感謝祭(11月の第4木曜日)の翌日に開催される大規模なセールイベントです。

ここでもKindleは値下げされます。

サイバーマンデー

ブラックフライデーの翌週月曜日に開催されるオンラインショッピングのためのセールで、Kindle端末もここで値下げされることが多いです。

初売りセール

新年には多くの商品が値下げされることがあります。Kindleもその対象となる場合があります。

新生活セール

春にも様々な商品がセールになることがあり、Kindleも例外ではありません。

新モデルの発売

新しいKindleモデルが発売される際、旧モデルが値下げされることがよくあります。

セールによって安くなる端末、ならない端末があり一概にどの端末が安くなるのかわからないのが現状です。

Kindle Paperwhite シグニチャー エディションにいたっては過去に一度も安くなったことがありません

以下はプライムデーの時のセール価格です。

Kindle14,980円 → 11,980円
3,000円お得
Kindle Paperwhite19,980円 → 15,980円
4,000円お得
Kindle Oasis29,980円 → 23,980円
6,000円お得
Kindle Scribe59,980円 → 51,980円
8,000円お得
Kindleキッズモデル14,980円 → 11,980円
3,000円お得
Kindle Paperwhite
キッズモデル
19,980円 → 15,980円
4,000円お得

Kindle端末で漫画を読むメリット・デメリット

電子書籍の端末は年々機能がアップデートされ、その中でもKindle端末は高い人気を誇っています

その理由の一つに、漫画を読む時の利便性が挙げられます。

実際に、多くの漫画がKindleストアで手軽に購入でき、その内容も紙媒体を上回る高品質なものになっています。

しかし、電子書籍リーダーを使用する際には、いくつかの制約やデメリットも存在します。

以下ではKindle端末で漫画を読む場合のメリットとデメリットを解説していきます。

メリット

  • 持ち運びが便利
  • 漫画の到着を待たずに読める
  • 紙の漫画ではできないカスタマイズ

持ち運びが便利

紙の漫画の場合、数十巻にわたる本を持ち歩くのは非現実的です。

Kindleであれば、数百冊の漫画をストレージに保存し、どこへでも持ち運ぶことができます。

外出先でちょっとした待ち時間ができた時や、長距離の移動中にも、好きな漫画を手軽に楽しむことが可能です。

大量の単行本をカバンに詰め込んで移動する必要がなく、どんな場所でも手軽に多くの作品を楽しめます。

漫画の到着を待たずに読める

紙の漫画をオンラインで購入する場合、配送を待たなければなりません。

読みたい漫画であれば、待ち時間は時には長く感じられることもあります。

しかし電子書籍の場合、待ち時間がほとんどなく、購入手続き後に即座にダウンロードして読み始めることができます。

新しいエピソードや新シリーズの発売を心待ちにしているファンにとっては、大きな喜びであり、その速さと便利さがKindleの大きなセールスポイントとなっています。

紙の漫画ではできないカスタマイズ

Kindle端末はただ単に漫画を読むだけでなく、個々の好みに合わせてカスタマイズできる点も大きな利点です。

文字の大きさを調整したり、背景の色や明るさを変更したりできます。

細かい文字や緻密な描写が特徴の漫画で便利な機能です。

ページの拡大と縮小も簡単に行えるため、漫画の詳細な部分までクリアに読むことができます。

デメリット

  • アカウントが停止されたら読めなくなる
  • バッテリーが切れた時点で読めなくなる
  • 中古の本の売買ができない

アカウントが停止されたら読めなくなる

Kindle端末で漫画を読む最大のデメリットの一つは、Amazonのアカウントが何らかの理由で停止されると、その端末で読むことができなくなる点です。

アカウント停止はAmazonの規約に違反した場合に起こります。

アカウントが停止されると、それまでに購入した電子書籍も含めてアクセスができなくなります。

アカウント停止以外にも、仮にAmazonが廃業した場合、紙の本なら手元に商品は残りますが電子書籍は全てのデータが消えます

電子書籍の性質を理解し、アカウント停止のリスクを頭に入れておく必要があります。

バッテリーが切れた時点で読めなくなる

紙の単行本や雑誌と違い、Kindle端末は電子機器ですのでバッテリーが存在します。

外出先や移動中にバッテリーが切れてしまった場合、その後は漫画を読むことができなくなります。

予備のバッテリーを持ち歩く、あるいは充電する場所があれば問題ありませんが、そういった環境が整っていない場合には読むことができなくなるというデメリットがあります。

中古の本の売買ができない

Kindleで購入した漫画はデジタルフォーマットであり、物理的な形で存在していません。

紙の本のように読み終わった後で中古として売ったり、友達と交換したりすることができません。

単行本の場合は、読み終わったらブックオフやメルカリなどで売り、売ったお金で新たな本を購入する資金にすることも可能です。

しかし、デジタルフォーマットの場合はそのような選択肢が存在しないため、一度購入するとそのまま所有する形になります。

Kindle共通のおすすめポイント

  1. 読みやすい画面サイズと高解像度
  2. 使い勝手が良いページめくり
  3. 水や湿気に強い防水機能

おすすめポイント1

読みやすい画面サイズと高解像度

より軽く、コンパクトになったKindle。

Kindle端末は6インチ以上の画面サイズが多く、高解像度のE Inkディスプレイを使用しているため、長時間の読書でも目に優しいのが特長です。

300ppiの高解像度ディスプレイで、文字と画像をくっきり表示。

光の反射を抑えた反射抑制スクリーンは紙のような読み心地。

明るさ調節可能なフロントライトやダークモード搭載で、いつでも快適に読書できます。

解像度 300ppi(ピクセル/インチ)の詳細

300ppiは非常に高い解像度として知られています。

ppi(ピクセル・パー・インチ)は画面の解像度を示す指標で、数字が大きいほど細かい部分までクリアに表示されることを意味します。

300ppiの解像度を持つ端末では、文字やイラストが鮮明に表示され、実際の紙の書籍に近い読書体験を得ることができます。

小さな文字や高細密なイラスト、写真などが含まれる書籍を読む場合、300ppiの高解像度は鮮明で読みやすいです。

反射抑制スクリーンの詳細

反射抑制スクリーンとは、画面上の光の反射を最小限に抑えるための特殊なコーティングや技術を持つスクリーンのことを指します。

屋外や明るい場所での読書時に、太陽の光や室内の照明の反射が画面に映り込むと、読み取りにくくなってしまいます。

反射抑制スクリーンを搭載した端末では、このような状況でも内容がはっきりと見えるため、どのような環境でも快適に読書を楽しめます。

他のブランドの電子書籍にも目を向けると、以下のような傾向が見られます。

Kobo(楽天ブックス)
Sony
Boox(電子ペーパー)

おすすめポイント2

使い勝手が良いページめくり

Kindle端末のタッチスクリーンによる操作は、紙の本をめくる動作に近い感覚です。

自然なページめくりの感覚は、デジタル端末で本を読むのが初めての方でもすぐに慣れます

さらに、Kindle Oasisでは物理ボタンが搭載されており、ボタンを押すだけでページを進めることができます。

このボタンは片手での操作が非常にスムーズで、ページをめくるペースが早くて多い漫画で便利な機能です。

Kindleはページの読み込み速度も高速で、ページをめくる際の待機時間がほとんどなく、ストーリーに没頭できます。

おすすめポイント3

水や湿気に強い防水機能

Kindle端末の防水機能は日常生活の水濡れや湿気に耐えられるつくりになっています。

Kindle Paperwhite(第10世代)やKindle Oasis(第9世代、第10世代)は日常の小さなアクシデントにも耐えられる設計となっています。

IEC(国際電機標準会議)の規格IEC60529に基づく防水等級IPX8に対応しており、実験では真水での深さ2m、最大60分間の浸水、または海水での深さ0.25m、3分間の浸水にも耐えることが確認されています。

万が一、バスタブでのに端末を水に落としてしまったり、海やプールでの使用中に水滴がかかっても端末が損傷する心配は大幅に軽減されます。

高い防水性を持つとはいえ、水中での使用を前提とした設計ではないため、端末を意図的に水に晒す行為は故障の原因になります。

Kindleのよくある質問と回答

Kindleで楽天ブックスの本をダウンロードして読めますか?

ダウンロードできません。

楽天KoboとKindleは、それぞれ異なる電子書籍プラットフォームであり、互換性はありません。

以下に主な理由を説明します。

ファイルフォーマット

KoboはEPUBというファイルフォーマットを使用しています。

KindleはAZWまたはMOBIフォーマットを使用します。これらのフォーマットは互換性がありません。

DRM(Digital Rights Management)

AmazonとKoboはそれぞれ独自のDRMを採用しています。

そのため、Amazonで購入した書籍をKoboで、またはその逆をすることはできません。

ストアとエコシステム

Amazonの書籍はKindle端末またはKindleアプリでしか正式には読むことができません。

同様に、Koboの書籍もKobo端末またはKoboアプリでしか読むことができません。

インターネットに出回ってる手法を用いることで互換性を作り出すことは可能です。

例えば、DRMフリーのEPUBファイルは特定のソフトウェアを使ってMOBIまたはAZWに変換でき、その後Kindleで読むことができます。

逆もまた可能ですが、これらはあくまで非公式な方法であり、おすすめできません。

Kindleで購入した書籍は他のデバイスでも読めますか?

はい、Amazonアカウントと紐づけられた任意のデバイスで、Kindleストアから購入した書籍を読むことができます

購入した書籍はAmazonアカウントに紐付けられており、そのアカウントを使用してログインしているすべてのデバイスでアクセス可能です。

KindleアプリはiOSやAndroid、PC、Macなど様々なデバイスで利用できます。

Webブラウザからも、Amazonの「Kindle Cloud Reader」を通じて読むことができます。

Kindleでの読書履歴やブックマークはどう管理されますか?

KindleのWhispersync機能を使用すると、最後に読んだページ、ブックマーク、ハイライトなどがAmazonのクラウドに自動的に保存されます。

この同期機能により、異なるデバイス間でも途中から読書を続けることができます。

例えばスマートフォンでの読書途中のページを、その後、Kindle本体で開くと同じ位置から続けて読むことができます。

シェアしてね!
目次