1,000ポイントプレゼント 楽天市場アプリ 新規ダウンロード

工事不要で安く簡単にインターネットに接続する4つの方法

本ページはプロモーションが含まれています

この記事でお伝えする内容
  • 工事不要でインターネットに繋ぐ方法
  • 工事不要のメリット・デメリット
  • おすすめのホームルーターやポータブルWi-Fiルーター

スマートホーム

インターネット

目次

工事不要でインターネットに繋ぐ方法

この方法なら工事が不要!
  • テザリング
  • ホームルーター
  • ポータブルWi-Fiルーター (モバイルルーター)
  • ブロードバンド衛星インターネット
スクロールできます
接続方法特徴利点注意点
テザリングスマートフォンのデータ通信を利用し、他のデバイスをインターネットに接続。
スマートフォン自体がルーターになる
スマートフォンがあれば即座に他のデバイスをインターネットに接続できる
持ち運びできる
スマートフォンのデータ通信容量やバッテリーに依存。
無制限プランがおすすめ
ホームルーター家庭やオフィスでのインターネット接続に適している。
一度設置すれば多数のデバイスを接続可能。
大量のデータを扱う家庭やオフィス環境に適している
持ち運びできない
移動先での利用には不便
ポータブルWi-Fiルーター持ち運び可能なルーターで、どこでもインターネット接続が可能。
通信事業者との契約が必要。
旅行先や外出先でも手軽にインターネット接続が可能
ち運びできる
バッテリー寿命やデータ通信量の制限がある場合がある
衛星インターネット衛星を利用してインターネット接続を行う。地方や山間部でもインターネット接続が可能高価で、天候によっては接続が不安定になる場合がある

こんな方におすすめ!

テザリング

外出先でもパソコンなどをインターネットに接続したい方におすすめです。

大量のデータを消費するとスマートフォンのプランのデータ容量を超過する可能性があるため、データの使用量を確認しながら利用する必要があります。(無制限プランがおすすめ)

ホームルーター

固定の場所(自宅やオフィスなど)で、多数のデバイスを同時にインターネットに接続したい方におすすめです。

一度設置すれば容易に多数のデバイスを接続でき、高速データ通信が可能。

ポータブルWi-Fiルーター

外出先でもインターネットに接続したい方、または複数のデバイスを移動中でも同時にインターネットに接続したい方におすすめです。

ポータブルWi-Fiルーターは持ち運びが可能で、モバイルデータ通信を利用して複数のデバイスをインターネットに接続できます。

ブロードバンド衛星インターネット

地方や山間部など、電波が届きにくい場所でインターネットを利用したい方におすすめです。

衛星を介してインターネット接続を行うため、電波が届く範囲によらずどこでも接続が可能です。

ただし、衛星インターネットは設備投資や運用費用が高額になります。

通信速度の比較

これらの数値は理論上の最大値であり、実際の速度は通信環境やデバイスの性能、通信事業者のプラン等により変動します。

通信方式最大下り速度最大上り速度
テザリング (5G)10Gbps1Gbps
ポータブルWi-Fi (5G)10Gbps1Gbps
ホームルーター (光)1Gbps以上1Gbps以上
テザリング (4G)100Mbps50Mbps
ポータブルWi-Fi (4G)100Mbps50Mbps
衛星インターネット50Mbps3Mbps
上から速度が速い順

以下ではテザリング、ホームルーター、ポータブルWi-Fiルーター、ブロードバンド衛星インターネットについてメリットやデメリット、導入前に押さえておきたいポイントを紹介します。

スマホがあればつながるテザリング

テザリングする3つの方法

テザリングとは、スマートフォンのモバイルデータ通信を利用し、他のデバイス(例えば、パソコンやタブレット、ゲーム機)がインターネットに接続できる機能のことです。

スマートフォンとパソコンをつなげるだけで簡単にインターネットにつながります。

現在は多くのスマートフォンにはこの機能が付いているので、一番手っ取り早く使える方法です。

Wi-Fiが使えない場所でも、スマートフォンをルーターのように使ってインターネットに接続できる、とても便利な機能です。

テザリングはスマートフォンのモバイルデータ通信を使うので、データ通信量や速度はスマートフォンのプランによります。

テザリングする3つの方法
  • Wi-Fi接続
    • 速度が速い
    • バッテリーの消耗が大きい
  • Bluetooth接続
    • バッテリーの持ちが良い
    • 速度が遅い
  • USB接続
    • セキュリティが高い
    • ケーブルが邪魔になる

テザリングのメリット

  • 初期費用が安い
  • どこでも繋がる
  • 複数のデバイスで接続できる

初期費用が安い

インターネット回線を開設すると、設置費用や工事費が必要になります。しかし、テザリングを利用する場合、特別な設備や工事は必要ありません。

お持ちのスマートフォンがモバイルデータ通信に対応していれば、そのままテザリング機能を使えます。

どこでも繋がる

テザリングはWi-Fi接続が利用できない場所でも、モバイルデータ通信が可能な場所であればインターネットを利用できます。

スマホの電波が届く場所であれば、外出先でもパソコンやタブレットでインターネットを利用できます。

いつでもどこでも作業を進めることができるので、仕事や勉強の効率性が向上します。

複数のデバイスで接続できる

テザリングを使用すると、スマートフォン一つで複数のデバイスでインターネットに接続できます。

家族や友人と一緒にいるときにも、一つのデータ通信プランで各自がインターネットを利用できるので、通信費用が節約できます。

テザリングのデメリット

  • データ通信量の制限がある
  • バッテリーの消耗が早い
  • 回線速度が遅くなる場合も

データ通信量の制限

テザリングはスマートフォンのデータ通信を利用します。

大量のデータを消費するアクティビティ、例えば動画のストリーミングや大きなファイルのダウンロードを行うと、データ通信量の制限に達してしまいます。

テザリングを利用する場合、データ通信は無制限プランを契約しておきましょう。

バッテリーの消耗が早い

テザリングはスマートフォンのバッテリーを大量に消費します。

特に長時間の使用はスマートフォンのバッテリー寿命に影響を及ぼす可能性があります。

電池切れの心配がある場合はモバイルバッテリーを携帯しておくと便利です。

回線速度が遅くなる場合も

テザリングは接続速度はスマートフォンのネットワーク状況やデータプランに依存しますので、ブロードバンド接続と同等の速度を期待することは難しいかもしれません。

通信環境や契約しているデータプランによりますが、家庭用のWi-Fi接続に比べて速度が遅い場合があります。

速度重視なら工事が必要な光回線がおすすめです。

テザリングなら楽天モバイル

最強プラン」がお得!

0GB〜3GB980円/月
3GB〜20GB1,980円/月
20GB〜無制限2,980円/月

あまり使わない月なら980円、どんなにたくさん使っても2,980円

気になる通話料もRakuten Linkをダウンロードして使えば、無料でかけ放題なのでさらにお得!

通話機能が不要なら、Rakuten最強プラン(データタイプ)がおすすめです。

Rakuten Link
Rakuten Link
無料
posted withアプリーチ

重要 

本記事以外から申し込みをした場合、契約特典が受けられない場合があります。

\ データ使い放題 /

\ 通話機能なし・面倒な手続き不要 /

高速で安心ホームルーター

ホームルーターとは、モバイル回線を利用してインターネットに接続する機器であり、特別な工事なしにコンセントに差し込むだけでインターネットを利用できます

特別な設定なしですぐに利用できる手軽さもあり、利用者も増加傾向にあります。

テザリングとホームルーターの違い

通信機器が異なる

テザリングはスマートフォンを利用しますが、ホームルーターは専用のルーター機器を利用します。

電気の供給源

テザリングはスマートフォンのバッテリーを消費しますが、ホームルーターは電源コンセントから電力を供給します。

データプラン

テザリングはスマートフォンのデータプランを利用します。一方、ホームルーターは専用のデータプランが必要です。

ホームルーターの月額料金は一般的に3,000〜5,000円程度になります。

使える範囲の広さ

スマートフォンのテザリングは携帯性が高く、場所を選ばずに使用できます。

ホームルーターは基本的に家庭内での使用が前提となりますが、一部の機種には携帯性を重視したものもあります。

スクロールできます
テザリングホームルーター
通信機器スマートフォンを利用専用のルーター機器を利用
電源の供給源スマートフォンのバッテリーを利用電源コンセントから電力を供給
データプランスマートフォンのデータプラン専用のデータプランが必要
月額料金スマートフォンのデータプラン一般的に3,000〜5,000円程度
使える範囲の広さ場所を選ばずに使用可能基本的に家庭内での使用が前提、
一部機種は携帯性を重視

ホームルーターのメリット

ホームルーターの大きな魅力は、手軽に始められる利便性とすぐに使える即時性です。

新居への引越し後や一時的な滞在先でも、ホームルーターをコンセントに差し込んで、簡単な設定をするだけですぐにインターネットを使えます。

必要なメールの確認、動画の視聴、急な情報検索などすぐに必要な情報にアクセスできます。

またテザリングと同様にホームルーターも工事がない分、初期費用が比較的安い点もメリットです。

新生活を始める学生や初めて一人暮らしを始める社会人、また短期間の住居やオフィスの開設など、初期コストを抑えたい方におすすめです。

ホームルーターのデメリット

ホームルーターは手軽に高速インターネット環境を構築できる一方で、多くの人がインターネットを利用する時間帯(特に夜間)にネットワークが混雑し、通信速度が低下することがあります。

通信速度が低下すると、ウェブページの読み込みやファイルのダウンロードが遅くなるなります。

動画のストリーミングやオンラインゲームなど、帯域幅を多く必要とするアクティビティも遅延やバッファリングの問題が生じます。

また、広い家では電波が届かなかったり信号が弱くなったりして、インターネットに接続できないケースもあります。

電波が届かない場合は、ネットワーク拡張機能を利用することが有効です。

無線アクセスポイントやメッシュネットワークシステムを導入することで、信号範囲が拡張され、ルーターから遠い場所でも信号の強さを維持できます。

おすすめのホームルーター3選

この3社なら間違いなし
  • ドコモhome5G
  • FreeMax+5G
  • SoftBank Air
スクロールできます
ドコモhome5G
4,950円/月
FreeMax+5G
4,800円/月
SoftBank Air
3,278円〜/月
初期費用3,300円3,300円3,300円
キャッシュバックAmazonギフト券
1万8000円
最大1万円3万5,000円
契約期間縛りなしなし2年
お試し期間なし
8日間以内であれば契約の
キャンセル可能
15日間
全額返金制度あり
なし
8日間以内であれば契約の
キャンセル可能
解約違約金なしなし10,450円
データ通信無制限無制限無制限
端末の返却返却不要返却必要返却必要
おすすめ
ドコモhome5G

FreeMax+5G

SoftBank Air

ホームルーターよくある質問と回答

ドコモ以外のスマホを使ってますが、ドコモhome5G利用できますか?

利用できます。

au、SoftBank、UQmobileなどドコモ以外の他キャリアを利用中でも、home 5Gを契約できます。

ソフトバンクのスマホ・携帯電話以外でもSoftBank Airを使えますか

使えます。

ソフトバンク以外のキャリアを利用中の方でも使えます。ドコモ、au、UQmobileなどでも利用できます。

フリーダイヤル等から電話がかかってきました

申込み後の確認や書類内容についての確認等で電話がかかってきます。

ホームルーターを自宅以外に持ち出して使えますか?

上記で紹介した3社に限っていうと、持ち出しての利用はできません。

おすすめホームルーター

重要 

本記事以外から申し込みをした場合、契約特典が受けられない場合があります。

\ 高速で安定した通信回線 /

\ いっさいの縛りナシ /

\ オプション加入が一切いらない /

家でも外でも繋がるポータブルWi-Fiルーター

ポータブルWi-Fiルーターは、モバイルデータ通信(3G、4G/LTE、5Gなど)をWi-Fi信号に変換し、周囲のデバイス(スマートフォン、タブレット、パソコンなど)がインターネットに接続できるようにします。

持ち運びができ、電源とモバイルデータ通信の信号があればどこでも使用できます

ポータブルWi-Fiルーターは「モバイルルーター」など、異なる呼び名で表されることもありますが、基本的な機能や目的は同じです。

ただし、各製品や通信サービスによって具体的な性能や機能、料金プランなどは異なるので、購入や契約を検討する際には、自身の通信需要に合ったものを選ぶことが重要です。

テザリングとポータブルWi-Fiルーターの違い

テザリングは、スマートフォンに搭載されている機能の一つで、モバイルデータ通信を他のデバイス(パソコン、タブレットなど)と共有します。

つまり、スマートフォン自体がWi-Fiルーターの役割を果たします。

これによりWi-Fi接続が可能なデバイスであればどこでもインターネットに接続できます。

その際使用するデータ通信量は、スマートフォンの契約プランのものとなるので制限に注意する必要があります。

例えば5GBだけしか使えないプランを契約してしまうと、すぐに制限に達して速度が極端に遅くなってしまいます

一方、ポータブルWi-Fiルーターは専用の通信機器を使い、各通信事業者の通信プランを利用します。

つまり、スマートフォンとは別の通信プランを契約し、インターネットに接続します。

ポータブルWi-Fiルーターはバッテリー駆動で、外出先などでも利用可能で、一度に複数のデバイスにインターネット接続を提供することができます。

両者ともに、外出先でもインターネット接続できる点は同じですが、使用するデバイスと通信プランが異なります。

ポータブルWi-Fiルーターのメリット

モバイルデータの通信が広く利用できる現代、Wi-Fiをどこでも活用できるというメリットが求められています。そのニーズに応える形で、ポータブルWi-Fiルーターは各所で活躍するようになりました。

一度に多くのデバイスと接続できる

ポータブルWi-Fiルーターは10台ほどのデバイスを同時に接続できます。一つのルーターで自分のスマートフォン、タブレット、パソコン、そして家族のデバイスなど、複数のデバイスをインターネットに接続できます。

モバイルで使える

ポータブルWi-Fiルーターの大きさは、手のひらに乗る程度のコンパクトさで、電源があればどこでもインターネットに接続できます。

外出先や旅行先、移動中の車内などでも、スマートフォンやタブレットを利用してメールのチェックや情報検索、音楽のストリーミングなどが行えます。

高速なデータ通信

ポータブルWi-Fiルーターは、4Gや5Gなどのモバイルデータ通信規格に対応しています。

動画視聴や大容量ファイルのダウンロード、オンラインゲームなどもスムーズに行えます。

高いセキュリティー

ポータブルWi-Fiルーターはパスワードを設定し、不正なアクセスを防ぐことができます。

公共のWi-Fiスポットではハッキングの可能性が高く、個人情報が漏洩するリスクがありますが、ポータブルWi-Fiルーターならそのリスクを減らすことができます。

ポータブルWi-Fiルーターのデメリット

ポータブルWi-Fiルーターは使い勝手の良さがあって便利な一方、データ容量の上限やバッテリーの持続時間など、いくつかのデメリットもあります。

データ容量に上限がある

ポータブルWi-Fiルーターはプランによって、月間のデータ通信量に制限が設けられていることがあります。

たとえば、月間5GBや10GBなどの少ない容量では、大量のデータを使う動画視聴やオンラインゲームを頻繁に利用すると、すぐに制限を超えてしまいます。

その場合、速度が大幅に低下する速度制限が適用されたり、データ通信量を追加購入するための追加料金が発生することがあります。

バッテリー寿命が短い

ポータブルWi-Fiルーターは電源が必要なため、内蔵バッテリーの持ち時間によっては使用時間が制限されます。

ポータブルWi-Fiルーターはフル充電で15時間程度利用できますが、それ以上の長時間にわたる使用や残りの充電が少ない場合、途中でバッテリーが切れてしまいます。

初期設定が必要

ポータブルWi-Fiルーターは、初めて使う時にネットワーク名(SSID)やパスワードの設定、接続するデバイスの設定など、初期設定を行う必要があります。

これらの設定は操作手順に従って行う必要がありますが、難しいと感じる方もいるかもしれません。

初期設定の手順を確認し、必要に応じてサポートセンターなどに問い合わせることが大切です。

おすすめのポータブルWi-Fiルーターイチ押し+3選

\一押しポータブルWi-Fiルーター/

スタイリッシュで、携帯しやすい
楽天モバイルのオリジナル・モバイルルーター

Rakuten WiFi Pocket 2C

  • QRコードでスマートフォンと簡単接続
  • 16台まで同時接続可能
  • スタイリッシュで携帯しやすいデザイン
  • 契約事務手数料/契約解除料0円

薄型で持ちやすく、裏面にはお買いものパンダもデザインされた楽天モバイルオリジナルのモバイルルーターです。

16台まで同時接続できるので、メインでお使いのスマホ、さらに、ご自分や家族のパソコンやタブレットにも使えます。

難しい設定は不要!本体のQRコードをスマートフォンで読み込むだけで、簡単スムーズにWi-Fiの接続ができます。

料金プランは楽天最強プランと同じだからとってもお得!

3GB以下980円
3GB〜20GB1,980円
20GB超え(無制限)2,980円

楽天最強プランと端末をセットで購入すると、端末代金が

7,980円1円

重要 本記事以外から申し込みをした場合、契約特典が受けられない場合があります。

\特典も盛りだくさん! /


楽天以外におすすめポータブルWi-Fiルーター

この3社なら間違いなし
  • BIGLOBE WiMAX +5G
  • カシモWiMAX
  • とくとくBB WiMAX
スクロールできます
BIGLOBE WiMAX +5GカシモWiMAXとくとくBB WiMAX
データ通信無制限の月額3,267円/月4,378円/月3,230円/月
初期費用3,300円3,300円3,300円
キャッシュバック5,000円Amazonギフト券
5,000円
最大49,000円
契約期間縛りなしなしなし
解約違約金なしなしなし
端末の返却返却不要返却不要返却不要
BIGLOBE WiMAX +5GカシモWiMAXとくとくBB WiMAX

ポータブルWi-Fiルーターよくある質問と回答

WiMAXは通信制限はありますか?

WiMAXはデータ容量無制限なので、通信制限はありません。

ただし、一定期間内に大量のデータ通信の利用があった場合、混雑する時間帯の通信速度を制限する場合があります。

5Gエリア外の場合でも使えますか?

使えます。5Gエリア外であっても従来の4G回線でのWiFi通信が可能です。

5Gはどんなところが魅力ですか?

通信の最大速度が2.7Gbpsになります。通信容量も無制限となるので、動画やSNSも容量・速度気にせず楽しめます。

設定は簡単ですか?

端末機器に同梱のSIMカードをセットして電源を入れたら、通信を行いたい機器の設定をするだけなので簡単です。設定マニュアルも同梱しています。

おすすめ

ポータブルWi-Fiルーター

重要 

本記事以外から申し込みをした場合、契約特典が受けられない場合があります。

\ au、UQ mobileユーザーにおすすめ

\ 高速で快適 /

\ 料金を安く抑えたい方におすすめ

設置が簡単ブロードバンド衛星インターネット

衛星インターネットは、地球上のどんな場所からでもインターネットに接続ができ、特に遠隔地や通信環境が整っていない地域において有効な方法です。

インターネット信号の送受信を衛星と地上の間で行うことで、地理的な制約を超えてネットワークの接続を可能にします。

ブロードバンド衛星インターネットを利用するには

衛星インターネットを使用するためには、専用の受信機(ディッシュアンテナ)とモデムが必要です。

ディッシュアンテナは衛星からの信号を受信し、モデムはその信号をデジタルデータに変換します。

デバイス(パソコン、スマートフォンなど)はそのデジタルデータを使用してインターネットアクセスを行います。

設定は専門家に依頼することが一般的ですが、自分で行う場合もあります。その際には、アンテナを適切な角度と方向に設定し、衛星との適切な通信を確保することが重要です。

スターリンク(Starlink)との契約が必要

現在ブロードバンド衛星インターネットを提供しているのは、アメリカのスペースX社が提供するスターリンク(Starlink)があてはまります。

スターリンク(Starlink)は2022年に日本に初上陸し話題となりました。

スターリンクとは、米国の宇宙開発企業スペースX(SpaceX)が展開している衛星インターネットサービスの名前です。

このプロジェクトの目的は、地球低軌道(LEO)に数千もの小型衛星を設置し、地球上のどこでも高速で安定したインターネット接続を提供することです。

特に都市部から離れた地方や過疎地、災害後などの通信インフラが不十分な地域での使用を見込んでいます。

また未開地域での教育、医療などの情報通信技術(ICT)の利用を援助し、デジタルデバイドの解消にも寄与するとされています。

このシステムは未だ開発途上で、すべての地域で完全に機能するわけではありません。

多くの衛星を打ち上げることによる宇宙ごみ問題や、天文学者からの観測妨害の懸念も提起されています。スペースXはこれらの問題に対処するための方策を探求しています。

なお、スターリンクのサービスは、ディッシュアンテナとモデムのキットを購入し、自宅等に設置することで利用でき、月額使用料金も発生します。

料金プランは「レジデンシャル(一般家庭向け)」「ビジネス」「RV(旅行用)」「マリタイム(海上用)」「航空(飛行機用、2023年提供開始)」の5つがあります。

レジデンシャル(一般家庭向け)料金

月額料金6,600円
「ポータビリティ」オプションは+2,800円
初期費用73,000円
→期間限定で36,500円
(専用アンテナ)
ダウンロード速度(想定)20~100Mbps
アップロード速度(想定)5~15Mbps
レイテンシ(想定)25~50ms
キャンペーン30日間の無料お試しあり

ブロードバンド衛星インターネットのメリット

ブロードバンド衛星インターネットは、離れた場所や地理的に難易度の高い場所でもインターネットに接続できるのはもちろん、さまざまなメリットがあります。

地理的な制限が少ない

衛星インターネットの一番のメリットは、地理的な制約が非常に少ない点です。

地下鉄や山間部、海上や航空機の中、さらには人が住んでいない極地や砂漠でも、衛星の信号が届く範囲であればインターネット接続が可能です。

都市部以外では光ファイバーなどの接続が難しい場合や、災害時に一時的に通信手段が途絶えた際のバックアップとしても非常に有用です。

設置が簡単

衛星インターネットの接続に必要な設備の設置は、専用のディッシュアンテナを屋外に設置し、室内のモデムにケーブルでつなぐだけの比較的簡単な作業です。

設置作業を代行するサービスを提供している場合もあります。新居に引っ越した際や一時的な滞在先でも、自分で手軽にインターネット環境を整えることができます。

高速なデータ送受信

衛星インターネットは一般的にはADSLよりも高速で、動画のストリーミング視聴や大容量のファイルのダウンロード、ビデオ会議など、データのやり取りが頻繁に行われる作業を快適に行えます。

現在開発が進んでいる低軌道衛星ネットワークの利用により、光回線に匹敵する高速通信が可能になると期待されています。

ブロードバンド衛星インターネットのデメリット

衛星インターネットは、インフラが不十分な場所でも高速インターネットに繋げられる強力なツールです。

しかし、技術的な制約やコスト面での課題も存在します。

通信の遅延

衛星インターネットは一度に大量のデータを送受信できるので、「高速なデータ送受信」が可能です。

しかし、地球上から約36,000km以上もの高さにある衛星との間で信号をやり取りするので、データの送受信には少なくとも0.24秒の時間が必要になります。

信号が地球と衛星の間を往復するため、この通信の遅延(レイテンシ)が発生します。

リアルタイム性が求められるオンラインゲームやビデオ通話では遅延が問題となります。

Starlink の高速、低遅延だから安心!

悪天候での接続障害

雨雲や雪などの厳しい天候は衛星からの信号を遮断し、インターネット接続が不安定になることがあります。

特に雷雨や吹雪の際には、インターネット接続が一時的に途切れることも。

初期費用と維持費が必要

衛星インターネットの設備設置には、ディッシュアンテナの購入費用や設置費用が必要です。

また、定期的なメンテナンスも必要で、これらの費用は衛星インターネットの総費用を増加させます。

衛星インターネットの導入における注意点

衛星インターネットの導入に当たっては、天候や地形、設置場所に影響を受けやすい点に留意が必要です。

厳しい天候条件や高い建物、山などによって衛星信号が遮られると通信速度が低下するか、または接続が不可能になることがあります。

また、衛星からの信号を受信するためには、アンテナが直接衛星に向けられている必要があります。アンテナの設置場所を選ぶ際には、衛星の見通しを確保できる場所を選ぶことが必要です。

さらに、衛星インターネットは一般的に光ファイバーや有線接続に比べて通信速度が遅い傾向にあります。そのため、大量のデータをダウンロードしたり、動画を頻繁にストリーミングするなどの高帯域幅を必要とする用途には不向きかもしれません。

しかし、遠隔地や通信インフラが不十分な地域でインターネット接続が必要な場合、衛星インターネットは重要な選択肢のひとつとなり得ます。

ブロードバンド衛星インターネットに関するよくある質問と回答

ブロードバンド衛星インターネットの速度はどのくらいですか?

ブロードバンド衛星インターネットの速度は、ダウンロード速度が10Mbpsから100Mbps程度、アップロード速度が1Mbpsから3Mbps程度とされています。ただし、天候や利用者の位置などにより変動することもあります。

都市部でもブロードバンド衛星インターネットを利用できますか?

はい、地理的な位置に関わらず衛星からの信号が受信できる範囲であれば、都市部でも利用可能です。

ブロードバンド衛星インターネットは安全ですか?

ブロードバンド衛星インターネットは、他のインターネット接続方法と同じく、セキュリティ対策を講じることが重要です。

セキュリティ対策として暗号化やファイアウォールの設定を提供しています。ユーザー自身も定期的なパスワードの変更やセキュリティソフトの導入など、自己防衛策を講じることが推奨されます。

まとめ

この記事では工事が不要で、簡単にインターネットに接続するための4つの方法について詳しく説明しました。それぞれには独特の特徴とメリット、デメリットがあります。

  • テザリングはスマートフォンがあればどこでもインターネットに接続できますが、データ通信量やバッテリー消耗に注意が必要です。
  • ホームルーターは安定した高速インターネットを提供しますが、主に家庭内での使用を前提としています。
  • ポータブルWi-Fiルーターは複数のデバイスとの接続やモバイル使用に便利ですが、データ通信量の上限やバッテリー寿命が問題になる場合があります。
  • ブロードバンド衛星インターネットは地理的制限がほとんどなく、設置が容易ですが、通信の遅延や悪天候での接続障害が問題になることがあります。

それぞれの接続方法は自身の生活スタイル、通信需要、費用対効果によって最適なものが異なります。それぞれの方法が提供する価値とどんな風に使えるかを理解することで、より充実したインターネットライフを送ることができます。

インターネットに関して役立つ記事のまとめ

シェアしてね!
目次