2月19日(月)まで! 【PREMIUM DAYS】Rakuten Fashion

スマホの料金プラン、どこにするか迷ったら楽天モバイル「最強プラン」がおすすめ!

本ページはプロモーションが含まれています

2023年6月1日に楽天モバイルは、月額で最大2,980円でデータ使い放題新料金プランRakuten 「最強プラン」の提供を開始。

「Rakuten 最強プラン」 は使った分だけお支払いのワンプランで、家族みんなで使うととってもお得なプラン。

この記事でお伝えする内容
  • 楽天モバイルがお得な3つの理由
  • 「Rakuten最強プラン」と「Rakuten UN-LIMIT VII」の違い
  • 楽天市場×楽天モバイルでお得にする方法
  • 契約までの流れと注意点

面倒な本人確認書類不要

目次

楽天モバイルがおすすめの3つの理由

  • 使った分だけ支払う料金プラン
  • 家族一人ひとりにあったスマホが見つかる
  • 18歳未満のお子さまも本人名義でWeb申し込みが可能

楽天モバイルの料金プランは「Rakuten最強プラン」のみで、月額3,278円(税込)でデータ通信が使い放題です。

これは、大手キャリアの料金プランと比べて非常に安い価格です。

そしてなんと言っても楽天モバイルの魅力は、利用するごとに楽天ポイントが貯まることです。

貯まったポイントは、楽天市場での買い物や楽天Payでの支払いに利用できます。

おすすめの理由1

使った分だけ支払う料金プラン

Rakuten 「最強プラン」」は使った分だけ支払う料金プランなので、使わない月は断然お得。

毎月のデータ利用料で支払い金額が決まります。

簡単に説明すると、3GB、20GB、無制限のデータプランの中から「私は一番安い3GBのプランにする!」と選ぶのではなく、「今月使ったデータは3GB以内だったから980円になる」ということです。

かりに5GB使ったら1,980円になります。

データ量料金
3GBまで1,078円
20GBまで2,178円
無制限3,278円

あまり使わなかった月は安くなり、たくさん使った月は高くなる仕組みです。

画像クリックで拡大

楽天モバイルの最強プランを、他の通信キャリアや格安SIMと比較すると以下のようになります。

通信キャリア20GBの場合無制限の場合
ドコモ3,278 円7,315 円
au2,728 円6,578 円
UQモバイル3,278 円3,828 円
(30GB)
ワイモバイル3,278 円3,780 円
(30GB)
mineo2,178 円4,780 円
(50GB)
イオンモバイル1,9585,258 円
(50GB)
楽天モバイル2,178 円3,278
各通信キャリアの料金比較

たとえばドコモの無制限を契約した場合、「今月は3GBしか使わなかった」という時でも、料金は安くならずに7,315円を支払います。

楽天モバイルの場合は、3GB以内に収まった時は1,078円で済みます。

自宅で過ごすことが多い休日は、Wi-Fiがあればそれほど通信量は消費しないし、逆に帰省や旅行をした月などは、通信量が増えることがあっても料金の上限が決まっているので安心して使えます。

Rakuten 「最強プラン」」の使った分だけ支払う料金プランは、こういったときにありがたさを感じます。

▼通話もお得|Rakuten Linkアプリで国内通話が無料でかけ放題

Rakuten Linkを使って相手の電話番号にかけるだけ。今お使いの番号そのままで、ほかの携帯電話会社ケータイ、固定電話を含む国内通話が無料でかけられます。

アプリを利用しない場合は通常の通話料金(30秒20円)がかかります。

\ 無料で国内通話かけ放題 /

プラン料金だけじゃない!

おトクが盛りだくさん

  • 楽天ポイント毎日全員倍!
  • 楽天カードでもポイント倍!
  • 紹介1人につき7,000ポイント!

貯まったポイントで全額支払うと

スマホ料金が毎月ずっと0円

楽天モバイルを契約している方は毎月平均1,388ポイントを獲得しています。

3GBまで1,078円を楽天ポイントを全額支払えます。

お支払い0円の詳細記事

\月々の料金の目安がすぐわかる/

おすすめの理由2

家族一人ひとりにあったスマホが見つかる

緊急時の連絡手段や友達とのコミュニケーションツールとして、こどもにスマホを持たせることを検討している保護者の方も多いと思います。

中学生や高校生にスマホデビューをさせるにあたって、どこのキャリアにするかお悩みの場合は、楽天モバイルがおすすめです。

楽天モバイルは、データ利用量が3GBまでであれば月額税込1,078円(※通話料等別)で利用でき、それ以上使った場合も利用料は最大で月額税込3,278円で済みます

データ利用量がどれだけ多くなっても利用料金に上限が設けられている点も安心!

とくにおすすめの機種は、本体が実質1円になる楽天モバイルオリジナルスマホ「Rakuten Hand 5G」で、スリムで持ちやすい5Gスマホです。

あんしんコントロール by i-フィルター」サービスで、どこにいてもこどものスマホ使いを見守ることが可能ですし、利用時間や利用アプリのフィルタリングもできます。

子どもに持たせるスマホとして、楽天モバイルをぜひ検討しましょう。

両親の方には、ポイントバック対象のスマホや、スマホと料金プランをセットで申し込むとおトクになるキャンペーンが開催されています。

楽天モバイルなら、家族一人ひとりのニーズにあったスマホがきっと見つかります。製品ラインアップをご確認ください。

製品購入を迷っている…そんな方へ

今お持ちのスマホそのままで、楽天モバイル(楽天回線)を使うことを検討するのも一つの方法です。

楽天モバイルでお持ちのスマホが使えるか調べてみましょう

\ すべてのiPhoneに対応 /

お手持ちのiPhoneで楽天モバイルを使う方法を見る

おすすめの理由3

18歳未満のお子さまも本人名義でWeb申し込みが可能

Web申し込み可能

18歳未満でもWebで申し込みが可能です。もちろんショップ(店舗)でも申し込みできます。

子どもの成長に合わせた名義変更が不要

楽天モバイルでは最初から子どもの名義で契約できるため、成長に合わせた名義変更が不要なので便利です。

支払いは本人名義以外でもOK

子どもの申し込みも本人名義となりますが、支払者の名義は保護者様の名義でも申し込めます。

未成年のお客様がご利用になる場合のお申し込みの流れ

「Rakuten最強プラン」と「Rakuten UN-LIMIT VII(旧プラン)」の違い

「Rakuten最強プラン」では、日本全国のサービスエリアで高速データ通信が無制限で利用できます。

Rakuten最強プランとRakuten UN-LIMIT VIIの主な違いは、パートナー回線の高速データ通信制限が撤廃されたことです。

Rakuten UN-LIMIT VIIでは、パートナー回線の高速データ通信は月間5GBに制限されており、5GBを超えると通信速度が1Mbpsに制限されました。

しかしRakuten最強プランではこの制限を撤廃し、パートナー回線でも無制限で高速データ通信を利用できるようになりました。

また、楽天回線からパートナー回線への切り替えがスムーズになるよう改善されています。

「Rakuten最強プラン」によって、楽天回線エリアの人口カバー率が99.9%に拡大されました。

スクロールできます
Rakuten UN-LIMIT VIIRakuten最強プラン
利用料金変更なし
楽天回線のデータ容量無制限全国どこでも無制限
※4G人口カバー率99.9%
※「データチャージ」「データ残容量通知」は提供終了
パートナー回線(国内)
のデータ容量
5GB/月
パートナー回線(海外)
のデータ容量
変更なし

料金プラン詳細

データ通信

データ量料金
3GBまで980円
20GBまで1,980円
無制限2,980円

通話料金(Androidの場合)

スクロールできます
Rakuten Linkアプリを利用した場合Android標準の電話アプリを利用した場合
発信料金Rakuten Link同士無料
日本から日本の電話番号へかける20円(税込22円)/30秒
海外から日本の電話番号へかける※5国・地域別従量課金
日本から海外の電話番号へかける国・地域別従量課金国・地域別従量課金
海外から海外の電話番号へかける国・地域別従量課金※6
着信料金日本で電話をうける無料無料
海外で電話をうける国・地域別従量課金

通話料金(iOSの場合)

Rakuten Linkアプリを利用した場合iOS標準の電話アプリを利用した場合
発信料金Rakuten Link同士無料
日本から日本の電話番号へかける20円(税込22円)/30秒
海外から日本の電話番号へかける国・地域別従量課金※7
日本から海外の電話番号へかける国・地域別従量課金国・地域別従量課金
海外から海外の電話番号へかける国・地域別従量課金
着信料金日本で電話をうけるRakuten Linkアプリでは着信できません。iOS標準の電話アプリでの着信となります。無料
海外で電話をうける国・地域別従量課金※7

料金プランだけじゃなく、各種手数料もお得

  • 申し込み時の契約事務手数料 0円
  • 縛りなし!契約解除料 0円
  • 月々のお支払いや製品購入に楽天ポイントが使える

毎月のスマホ代を、貯まった楽天ポイントを利用することで「0円」にするなんてこともできます。

ポイント利用額を設定しておけば、毎月の支払いにポイントが自動的に充当されて便利です。

複数回線のお申し込みに必要なもの

家族で複数回線を申し込みする場合は、回線を利用する方の名義で申し込む必要があります。未成年の子どものお申し込みについては、以下より詳細を確認してください。

未成年者が利用する場合の流れを確認する
本人確認書類(全員分必要)

子どもの申し込みには以下の書類を用意しておくとスムーズに申し込めます。

  • 「マイナンバーカード」
  • 「健康保険証」と「住民票」
  • 「パスポート」と「住民票」

健康保険証、もしくはパスポートには、それぞれ補助書類として住民票が必要となります。1つだけでは本人確認を受けられないので、必ず補助書類も準備してください。学生証は受け付けられませんので注意してください。

楽天会員ログイン用のユーザID、パスワード(全員分必要)

本人確認書類の情報と、楽天会員情報が一致している必要があります。まだ会員になっていない場合は新規で登録が必要です。

どちらか用意しておいてください
  • クレジットカードまたはデビットカード
    支払者の名義は、申し込み名義と異なってもかまいません。子ども、または保護者様、どちらの名義のものでも申し込めます。
  • 金融機関のキャッシュカード口座確認に必要な情報(口座振替を希望の方のみ)
    支払者の名義は、申し込みの方の名義と異なってもかまいません。子ども、または保護者様、どちらの名義のものでも申し込めます。
MNP予約番号(他社乗り換えの場合)

他社からMNP(乗り換え)の場合、事前に親名義から子どもの名義への名義変更が必要です。詳しくは現在契約中の携帯電話会社へお問い合わせください。

他社から乗り換え(MNP)の方法
MNP予約番号 楽天モバイル(ドコモ回線・au回線)から乗り換えの方のみ

こちらはショップ(店舗)でのお申し込み時のみ必要です。

全員分のメンバーズステーションより取得したMNP予約番号が必要です(スーパーホーダイ・組み合わせプランからプラン変更(移行)の方のみ)。

各種変更の手続きの詳細を見る

楽天モバイルの5Gサービス

モバイル通信は、これまでの第1世代(1G)から、第4世代(4G)までの間にも大きな進化を続けてきましたが、4G(4G/LTE, LTE-Advanced)の次の世代となる5Gは、これまで以上に爆発的な発展を遂げる可能性があると言われています。

5G(ファイブジー)は、第5世代移動通信システムのことで、既存の4Gよりも高速な通信速度、低遅延、多数のデバイス接続が特徴です。

5Gが身近に普及すると様々な分野で革新が進むと考えられています。

5Gが生活に与える主な影響

遠隔医療

5Gの低遅延通信により、リアルタイムでの遠隔医療が可能になります。

地域間の医療格差の解消や、専門医による遠隔診断・手術支援が現実的になります。

自動運転車

高速通信と低遅延が実現すれば、自動運転車の安全性と効率が向上します。

車同士の通信や道路施設との連携がスムーズに行えるため、交通事故の減少や渋滞緩和が期待されます。

スマートシティ

5Gは多くのデバイスを同時にネットワークに接続する能力を持つため、街全体のインフラと連携するスマートシティの構築が進展します。

エネルギー管理、ゴミ収集、交通制御など、都市のあらゆる側面で効率化が進むでしょう。

仮想現実(VR)・拡張現実(AR)

5Gの高速通信によって、リアルタイムでのVR・AR体験がよりリアルに、より広範に提供されるようになります。

教育、エンターテイメント、ビジネスなど、様々な分野での活用が進むと考えられます。

産業の自動化と効率化

工場や農場などでのロボットの活用、リアルタイムでのデータ分析など、産業の自動化と効率化が一段と進展します。

生産性の向上が期待される一方で、労働市場に対する影響も考慮する必要があります。

家庭内のスマートデバイス

家庭内の様々なデバイスが連携するスマートホームも、5Gの普及により、さらにスムーズかつ高機能になります。

エネルギー管理、セキュリティ、便利な生活支援などが強化されるでしょう。

完全仮想化クラウドネイティブモバイルネットワーク

楽天モバイルは「完全仮想化クラウドネイティブモバイルネットワーク」を実現しています。

世界初となる全く新しいネットワークアーキテクチャをネットワーク全体に採用することで、柔軟かつセキュアなモバイルネットワーク基盤を構築し、設備投資・運用コストを従来ネットワーク対比で大幅に削減することにも成功しています。

以下、完全仮想化の技術の主な特長について解説します。

柔軟性

楽天モバイルでは完全仮想化技術を導入することで、従来の専用ハードウェアに依存するシステムから脱却しています。

この進化により、楽天モバイルのネットワーク構築と運用は非常に効率的かつ柔軟になっています。

従来のシステムでは、特定のサービスや機能を提供するためには専用のハードウェアが必要でした。

しかし、完全仮想化によって、これらの機能は汎用のハードウェア上でソフトウェアとして動作するようになりました。

例えば、楽天モバイルの特定のサービスのトラフィックが増加した場合、新しいハードウェアを購入し設置する代わりに、ソフトウェアの設定を変更するだけで対応が可能になります。

これにより、迅速かつコスト効率的にニーズに対応することができるようになりました。

さらに、新しいサービスや機能の追加も容易になっています。

特定のハードウェアに依存せず、ソフトウェアの変更だけで新しい機能を追加することが可能なため、楽天モバイルは素早く市場のニーズに応じたサービス展開を行うことができます。

完全仮想化による柔軟性の強化は、楽天モバイルにおけるビジネスの俊敏性と競争力を向上させる重要な要素となっています。

楽天モバイルは市場の変動に素早く対応し、顧客の期待を超えるサービスを提供しています。

コスト効率

専用ハードウェアの必要性を減少させる完全仮想化は、楽天モバイルの経費削減に大いに貢献しています。

以前は特定のネットワーク機能に対して専用のハードウェアが必要でしたが、今ではソフトウェアとして汎用ハードウェア上で動作します。

この変化によって、専用ハードウェアの購入コストを大幅に削減できるようになりました。

加えて、専用ハードウェアのメンテナンスには専門的な技術が求められていましたが、汎用ハードウェアでの運用では、より一般的な技術でメンテナンスが可能となります。

これによって、メンテナンスコストも低減しています。

このような初期投資の抑制と長期的な運用コスト削減は、楽天モバイルにおいてビジネス戦略全体に重要な影響を与えています。

より競争力のある価格でサービスを提供する余地が生まれるだけでなく、節約された経費を他の革新的な開発に投資することも可能になります。

最終的に、楽天モバイルにおけるコスト効率の向上は、企業全体の利益向上と新しいビジネスチャンスへの取り組みを促進しています。

この戦略的なコスト削減は、楽天モバイルをモバイル業界における競争力のあるプレイヤーとして位置づけ、顧客にとって魅力的な選択肢としての地位を強化しています。

スケーラビリティ

楽天モバイルは、スケーラビリティの高いネットワークを構築するために、仮想化技術を積極的に採用しています。

この技術は、物理的なリソースを複数の仮想リソースとして扱うことができるため、需要の増減に応じて柔軟にシステムの拡張・縮小が可能です。

具体的には、楽天モバイルのユーザー数が急増した場合や特定のキャンペーン期間においてアクセス数が急激に増えた際でも、物理的なハードウェアの追加や削除を行わずに、ソフトウェア上でリソースの割り当てを調整することができます。

このようなスケーラビリティの強みは、楽天モバイルが市場での急速な成長や変動に対して迅速に対応する能力を支えています。

ピーク時にはシステムを迅速に拡張し、ピークが過ぎた後は不要なリソースを効率的に縮小することが可能です。

このため、楽天モバイルはユーザーに対して一定のサービス品質を維持しつつ、システムの運用コストを最適化することができるのです。

仮想化技術とスケーラビリティの組み合わせにより、楽天モバイルは市場のニーズに迅速に応え、競合他社との差別化を図っています。

イノベーションの促進

楽天モバイルは、イノベーションの促進を事業の核心として位置付けています。

この戦略の背景には、ソフトウェア中心のネットワーク制御の採用があります。

楽天モバイルが採用するソフトウェア中心のアプローチは、従来のハードウェア制約を超えて、新しいサービスや機能を迅速にデザイン、テスト、実装する力を持っています。

例えば、市場での新たなニーズや技術の変革に迅速に対応し、その変化を反映した新サービスの展開や、既存サービスの改善を手際よく行えます。

このような機動的な開発サイクルは、楽天モバイルが市場の急激な変化や顧客の多様なニーズに素早く応えることを実現しています。

消費者の要望や市場のトレンドに迅速に合わせたサービスの展開が可能となるため、他のモバイルキャリアと比較しても、市場に先駆けて新しい価値を提供することができます。

このようなアプローチは、楽天モバイルがモバイル市場でのリーダーシップを獲得、あるいは維持する上での大きな強みとなっています。

エコシステムの構築

楽天モバイルにおけるエコシステムの構築は、標準化された仮想化プラットフォームの採用に基づいています。

この標準化されたプラットフォームは、異なるベンダーの製品やサービスとの連携を容易にし、多岐にわたるパートナー企業との協業を推進する基盤を提供します。

仮想化プラットフォーム上で動作することから、楽天モバイルはさまざまな企業と連携する柔軟性を享受し、業界全体での連携と成長を促進することが可能となります。

多様なサービス提供や製品の開発が効率的に進展し、ユーザーにとってもより豊富な選択肢と価値が提供されるでしょう。

完全仮想化の採用によって、モバイルネットワーク業界は新しい機会と課題の両方に直面します。

技術の成熟が進むにつれて、楽天モバイルを含む業界全体は、さらなる効率化と革新が期待される段階に入ります。

このエコシステムの構築は、楽天モバイルにおけるビジネス戦略の中核をなす要素であり、市場での競争力を高め、将来の成長と成功への道を開くかもしれません。

楽天最強プランを利用した方のクチコミ

楽天モバイルの役立つ記事の一覧

シェアしてね!
目次