1,000ポイントプレゼント 楽天市場アプリ 新規ダウンロード

「何とかしたい!」近所の人からの嫌がらせやいたずらをALSOKで防ぐ

本ページはプロモーションが含まれています

この記事でお伝えする内容
  • 増加する近隣住民からの嫌がらせやいたずら
  • ALSOKホームセキュリティの効果
  • 嫌がらせやいたずらに対して直談判は禁物

関連記事

目次

増加するトラブル、近隣住民からの嫌がらせやいたずら

近隣住民からの嫌がらせやいたずらに関するトラブルは、現代社会において増加傾向にあると言われています。

特にコロナ禍以降、在宅時間が長くなったことにより、これまでは気にならなかった生活音などがトラブルの原因となることが多く見られます。

たとえば、警視庁のデータによると、2020年の東京都内での110番通報(約157万)の中で最も多かったのは19万件で人声騒音やカラオケ騒音に関するものであり、その数は2019年の約14万7000件に比べて増加しています。

また、マンションなどの集合住宅では、隣や上下の階と壁一枚で接していることから、騒音トラブルが特に起きやすいとされています。

近隣トラブルに関する苦情は、管理会社、町内会・自治会、警察、弁護士など、さまざまな相談先があります。

ただし、直接話し合うことがトラブルを悪化させることもあるため、冷静な第三者を挟むのが賢い方法であるとされています。

また、証拠を残すことも重要です。

騒音なら音を録音する、ゴミの問題なら写真を撮るなど、具体的な証拠を保管しておくことが解決に向けての重要な一歩です​。

ここから資料請求(無料)

\ 24時間365日安心 /

どんなトラブルが多いのか

近隣住民とのトラブルは、日常生活の中で発生しやすいものから、特殊な状況に起因するものまで様々です。

こうしたトラブルは、生活環境、文化、地域の特性などによっても異なることがありますが、一般的によく見られるトラブルの例をいくつか挙げます。

  • 騒音に関するトラブル:音楽やテレビの音量、足音、ペットの鳴き声、子供の遊ぶ音、DIY作業の音
  • ゴミ出しの問題:ゴミ出しのルール違反、不法投棄、ゴミの分別が適切でない
  • 駐車に関する問題:共有スペースへの不適切な駐車、他人の駐車スペースを利用する、道路に車を駐車して通行の妨げになる
  • ペットに関するトラブル:ペットの鳴き声、散歩中のペットのふんの処理不足、ペットによる他人の敷地への侵入
  • 庭木や植物に関する問題:庭木が隣地にはみ出す、落ち葉の処理不足、視界を遮る木の伐採の要求
  • 建築やリフォームに関する問題:新築や増築、リフォームによって日照権や景観が損なわれることに対するトラブル
  • 子供に関する問題:子供の遊びによる騒音や、子供同士のいざこざが大人のトラブルに発展
  • 悪臭に関する問題:タバコの煙、料理のにおい、ペットのにおいなど、悪臭が原因

これらのトラブルは感情が高ぶる原因となり、解決が難しい場合もあります。

実際にあった事件の一例

  • 「騒音に悩まされイライラした」自転車にのりを塗り付け嫌がらせした疑い 無職の女が逮捕(詳細
  • 「仕返ししただけです」隣人宅の玄関に何回も汚物まき散らしたか 55歳会社員の男を逮捕(詳細
  • 午前3時半にアパートの壁を叩き「ぶっ殺すぞ」 隣人女性を脅した疑い 男(43)逮捕 近隣トラブルか(詳細
  • 「穏やかな人」がなぜ…殺人未遂容疑で男を逮捕 被害女性とご近所トラブルか(詳細
  • ハンマーで隣人殴打容疑 男逮捕、騒音トラブルか(詳細
  • 91歳の男 近所の家に侵入しブロックなどをハンマーでたたき壊し逮捕 近所トラブルか?(詳細

トラブルから嫌がらせやイタズラに発展するケースも

もともとは些細な問題や誤解から始まったトラブルが、解決されないままエスカレートすることで、悪意を持った行動へと変わることがあります。

これは、感情が高ぶり、相互理解や協力の欠如が原因となることが多いです。

嫌がらせやイタズラには、以下のような多くの事例があります。

  • 無言電話・いたずら電話: 繰り返し無言電話や意味のないいたずら電話をかける
  • 車や壁に対する落書き: 車や家の壁に無断で落書きをする
  • 玄関や敷地内への不快な張り紙: 玄関ドアや敷地内に不快なメッセージが書かれた張り紙をする
  • 悪意ある噂話の拡散: 近隣住民に対して、根拠のない悪意ある噂を流す
  • 大声で名前を呼ぶ: 相手の名前を大声で呼んで威嚇する
  • 意図的な騒音の発生: 騒音を意図的に発生させる
  • 敷地内への不法侵入: 近隣住民の敷地内へ無断で侵入する
  • ゴミや汚物の故意の放置: 故意にゴミや汚物を他人の敷地内に放置する
  • 個人の私有物への故意の損害: 近隣住民の私有物を故意に損傷する
  • 恫喝や脅迫行為: 近隣住民に対して恫喝や脅迫を行う

これらの行為は精神的なストレスを引き起こし、場合によっては法的な対応が必要な場合もあります。

損害や危害にはALSOKホームセキュリティが効果的

嫌がらせやいたずらがエスカレートし、敷地や住宅内へ不法侵入され、家財が窃盗・損壊されるケースもあります。

根深い恨みを持つ嫌がらせに、殺傷や放火される重大なリスクもあります。

比較的ランニングコストのかからないALSOKホームセキュリティを設置し、就寝中や留守中の警戒をするのも効果的です。

嫌がらせ行為に対して効果的なホームセキュリティがどのように効果を発揮するかを以下にまとめます。

敷地内への不法侵入

監視カメラ

敷地内の不法侵入をリアルタイムで監視し、記録します。

監視カメラは、不審者の特定や行動を記録し、顔や服装などの特徴を捉えることができます。

これらの映像は警察への報告や証拠としての提出に有効です。また、暗視機能付きのカメラは夜間の監視にも効果的です。

モーションセンサー

敷地内での動きを検知し、家主やセキュリティ会社に即座に侵入を知らせます

監視カメラの視野に入らない場所に設置することで、監視の死角を減らす効果があります。

車や壁に対する落書き・破壊

監視カメラ

落書き行為を撮影し、犯行の記録と犯人の特定に役立ちます。

証拠として警察に提出することが可能で、犯人の顔や行動パターンを特定します。

モーションセンサー

不審な動きを検知し、警報を発することで犯行の抑止効果を発揮します。

夜間に行われることが多い落書き行為に対して効果的です。

スマート照明

モーションセンサーと連動して、不審な動きが検知された場合に自動的に点灯し、犯人に敷地が監視されていることを示し、落書きなどの犯罪行為を抑止します。

玄関や敷地内への不快な張り紙

監視カメラ

玄関や敷地内での不審な活動を記録し、張り紙をする人物の特定をします。

これらの映像は証拠として警察へ提出することができます。

玄関や窓周辺など、張り紙がされやすい場所に設置されると効果的です。

モーションセンサー

敷地内の動きを検知し、アラートを発することで、不審者の早期発見に役立ちます。

敷地の入口や死角になる場所に設置すると、不審者が敷地内に侵入する前に警告を発し、事前に対策を講じることが可能です。

大声で名前を呼ばれる

監視カメラ

大声で名前を呼ぶ行為を映像と音声で記録します。

この記録は、誰が何を言ったか、またはどのような状況で名前を呼ばれたかを確認するのに役立ちます。

頻繁にこのような事態が発生している場合、映像記録は状況の証拠として重要です。

意図的な騒音の発生

監視カメラ

騒音の発生源となる行為や状況を映像と音声で記録します。

騒音が発生している具体的な場所や状況、関与している人物を捉えることができ、これらの情報は裁判などの際の証拠として有効です。

ゴミや汚物の故意の放置

監視カメラ

ゴミや汚物の故意の放置といった不法投棄を記録します。

不法投棄を行う人物の特定ができ、証拠として警察に提出できます。

敷地の入口や死角になる場所に設置することで、犯行の瞬間を捉えやすくなります。

モーションセンサー

敷地内での不審な動き、ゴミや汚物を放置するような動きを検知しアラートを発します。

不法投棄が頻繁に発生する場所にセンサーを設置することで、繰り返しの投棄を防止するのに役立ちます。

監視カメラは嫌がらせやいたずらを思いとどまらせる

ALSOKのようなホームセキュリティと契約している家だと分からせるだけでも、嫌がらせやいたずらに対する抑止効果があります。

例えば、ホームセキュリティのステッカーや看板を貼ったり、ホームセキュリティ会社のロゴ入りの防犯灯や防犯カメラを設置したりすることで、嫌がらせやいたずらを行う人に「この家はホームセキュリティと契約しているから、安易に手を出せない」という心理的なプレッシャーを与えることができます。

ALSOKの監視カメラの効果も大きいです。

嫌がらせやいたずらを行う人は、自分の身元や行為がバレることを恐れています。

監視カメラの設置は、嫌がらせやいたずらを行う人に「自分の行動を常に監視されている」という心理的なプレッシャーを与えます。

これにより、嫌がらせやいたずらを思いとどまらせる効果が期待できます。

また、監視カメラは、嫌がらせやいたずらを受けた際の証拠を残すことができます。証拠があれば、警察や自治体に相談する際にも役立ちます。

ALSOKの「防犯カメラ・監視カメラ」の特長

多彩なカメラが様々な環境に対応

暗所や逆光でも鮮明に撮影。

メガピクセルネットワークカメラならさらに高画質が得られます。

わかりやすくシンプルな操作性

録画した動画の検索・再生が、マウスで直感的に行えます。

お得な工事費込みのパッケージプラン

高画質ネットワークカメラシステムを工事費込みのお手頃価格にしたパッケージも用意。

停電やセキュリティ機能も万全です。

強力な機能、抜群の信頼性

センサー作動前からの映像を記録したり、データを二重に保存することで、データ消失への備えも万全です。映像はワンタッチでUSBに取り出し、PC上で再生することも

ここから資料請求(無料)

\ 24時間365日安心 /

ALSOKホームセキュリティのおすすめポイント

  • 異常を感知するとともに通報・駆けつけ
  • アプリからの操作で警備のON/OFFを簡単に設定
  • 防犯のプロが24時間365日安心を提供

異常を感知するとともに通報・駆けつけ

ALSOKのセンサーが不審な動きや異常を感知した場合、直ちにALSOKのガードセンターに通報し、必要に応じてガードマンが現場に駆けつけます。

現場に到着したガードマンは、現場の状況を詳細に記録し、必要に応じて警察への通報や更なる対応を行います。

この報告と記録は、後のトラブル解決や法的手続きにおいて重要な証拠となり得ます。

ALSOKの迅速な対応と適切な処置は、嫌がらせやいたずらによるトラブルの拡大を防ぎ、安心できる日常を維持するために重要です。

アプリからの操作で警備のON/OFFを簡単に設定

スマートフォンアプリから警備システムのオン・オフを簡単に操作できます。

家主は自分のライフスタイルや状況に応じて、セキュリティシステムの警備レベルや監視レベルを変更できます。

たとえば、家を空ける時や夜間はセキュリティをフル稼働させて嫌がらせやいたずら防ぐための警備レベルを高め、一方で家にいる時は一部のセンサーをオフにして快適に過ごすための警備レベルを低くする、といったように調整することが可能です。

警備のON/OFFを簡単に設定できることで、自分の生活スタイルやセキュリティに対するニーズに合わせて、適切な警備体制を取ることができます。

防犯のプロが24時間365日安心を提供

各種センサーが異常を感知すると警告音で威嚇するとともにALSOKに通報。

長時間の外出からちょっとしたお出かけ、そして在宅中まで、 最新のセキュリティシステムで自宅を24時間365日体制で見守ります。

さらに、月額990円(セルフセキュリティプラン)のお手頃価格で、誰でも気楽にホームセキュリティが始められます。

困ったときに依頼駆けつけ
セルフセキュリティ

万が一に備えておきたいけど価格は抑えたい、という方におすすめのホームセキュリティです。

異常発生時にはアプリでお知らせ。

依頼にもとづきガードマンが駆けつけます。

  • 月額費用:990円
  • 初期費用:114,840円
    • 内訳
    • 工事費:26,400円
    • 機器費:88,440円
  • 依頼駆けつけ:1回あたり11,000円(税込)
ガードマンの自動駆けつけ
オンラインセキュリティ

何か異常があればすぐにガードマンに駆けつけてほしい

不在時でも家の安全を守ってほしい。という方におすすめなのが、異常発生時にALSOKがすぐに駆けつけるオンラインセキュリティです。

お買い上げプラン (長期契約の方におすすめ)

  • 月額費用:4,070円
  • 初期費用312,290円
    • 内訳
    • 工事費 52,800円
    • 機器費 259,490円

レンタルプラン

  • 月額費用:8,470円
  • 初期費用:52,800円
    • 内訳
    • 工事費 52,800円
    • 機器費 0円

ゼロスタートプラン (短期契約の方におすすめ)

  • 月額費用:9,350円
  • 初期費用:0円
    • 内訳
    • 工事費 0円
    • 機器費 0円

全てのプラン共通

  • センサーが異常を感知しガードマンが駆けつけた場合は無料
  • 依頼駆けつけ 1回あたり3,300円(税込)

各セキュリティプラン内容をもっと詳しく知りたい方は、以下から無料で資料を請求できます。

ここから資料請求(無料)

\ 24時間365日安心 /

セキュリティ開始までの流れ

STEP
ヒアリング

ALSOKの営業員が自宅を拝見した上で無料のセキュリティ診断を実施。

STEP
提案

セキュリティプランの内容、見積内容を確認。

STEP
契約

契約書類(契約書・緊急連絡者名簿等)に必要な事項を記入。

STEP
取付作業

技術スタッフがセンサー等の取付を行います。約半日で完了。

STEP
セキュリティ開始

センサー等の取付完了後、操作方法の説明。

セキュリティ開始後はALSOKが、24時間365日体制で見守ります。

嫌がらせやいたずらに対して直談判は禁物

小学生が拾って投げた「BB弾」がきっかけ? 怒った男が初対面の父親を刺殺、元刑事「直談判は回避を」

この事件から学べる重要な教訓は、トラブルが発生した際に相手と直接対面して談判することのリスクが高いという点です。

このケースでは、直談判が残念ながら悲惨な結果を招いてしまいました。

相手は予測不能な行動に出る

直談判は感情が高ぶっている状況で行われることが多く、その感情は怒りや不安、ストレスなどさまざまです。

このような感情的な状態では、冷静な判断が難しくなり、衝動的な行動が起こりやすくなります。

怒りっぽい相手や自分自身が感情的になっている場合、対話が暴力的な言葉や行動に発展するリスクが高まります。

感情的な対話がエスカレートすると、言葉の暴力から物理的な暴力に発展する可能性があります。

特に怒りっぽい相手に対して挑発的な言動が行われると、暴力行為が引き起こされるリスクが高まります。

このような状況では、身体的な危険が存在するため、安全面でも直談判は危険です。

直談判以外で対処する

  • 第三者の介入
  • 証拠の収集
  • 法的手段の検討

第三者の介入

トラブルが発生した場合、第三者を介入させることが有効です。

警察や自治会の関係者、近隣の信頼性のある人々など、中立的な第三者を通じて問題を解決しようとすることで安全を確保できます。

証拠の収集

トラブルの発端や証拠を収集することが重要です。

写真やビデオの撮影、証言の記録、関連する文書の保管などを行い、将来的な証拠として利用できるようにします。

法的手段の検討

トラブルが深刻で解決が難しい場合、法的手段を検討することも一つの選択肢です。

弁護士に相談し、法的なアドバイスを受けることで、問題解決の方針を明確にすることができます。

嫌がらせやいたずらに関するよくある質問と回答

近所の人から嫌がらせを受けている場合、どう対処すれば良いですか?

嫌がらせを受けている場合、具体的な事例を記録しておくことが重要です。

日時、場所、嫌がらせの内容を詳細に記録し、証拠として保持することが有効です。

直談判は避け、警察や地域の相談機関に相談し、法的なアドバイスを受けることをお勧めします。

近所の人からのいたずらをどう防ぐことができますか?

いたずらを防ぐためには、監視カメラやセキュリティアラームの設置など、防犯システムの導入が効果的です。

これにより、不審者を抑止することができます。

また、近隣住民と良好な関係を築くことで、共に問題に対処することが有効です。

繰り返されるいたずらの場合には警察に報告し、適切な対応を依頼することも一つの方法です。

近所の人とのトラブルに警察を介入させるべきですか?

近所の人とのトラブルに警察を介入させるかどうかは、トラブルの性質や重大性によります。

犯罪行為が関係している場合や、安全が脅かされていると感じる場合には、警察に相談することが適切です。

シェアしてね!
目次