1,000ポイントプレゼント 楽天市場アプリ 新規ダウンロード

【聞き取れないを克服】日本人が英語の「聞く・話す」を上達させる5つのステップ

本ページはプロモーションが含まれています

この記事でお伝えする内容
  • 英語の聞き取りを克服する5つのステップ
  • 「聞く・話す」が上達するコツ
  • オンライン講座の学習だけの限界

英語のリスニング能力は、着実な努力と練習によって必ず向上します。

毎日英語に触れることで、耳は徐々に英語のリズムや発音に慣れ、理解力が自然と高まります。

最初は難しいと感じるかもしれませんが、一歩一歩前進することが大切です。

英語を習得することで新しい表現や文化を学ぶ楽しさが無限に広がり、やがて英語を聞くことが日常の一部となり、そこで得た知識や経験が豊かな人生をもたらします。

目次

英語の速い話し方に対応するための5つのステップ

以下のステップは英語に限らず、中国語やフランス語、ポルトガル語など他の言語学習にも応用が効きます

これらのステップは言語学習の基本的なプロセスを反映しており、多くの言語で共通しています。

▼具体的な5つのステップ

STEP
ゆっくりとした英語の音声を多く聞く

ゆっくりと話される英語のオーディオ素材やポッドキャストで耳を慣らす。

■課題

  • 耳を英語に慣らす
  • 基本語彙と文法の理解

おすすめ学習法

Amazonのオーディブル(Audible):初心者向けのゆっくりとしたオーディオブックや、基本的な語彙と文法を教える素材を選ぶことができます。

Amazonのオーディブル(Audible)で学習する(初月無料)

STEP
少しスピードを上げてアクセントに慣れる

すぐに速い素材に移行するのではなく、徐々に速度を上げていくことが大切です。

これにより、耳が自然と速い話し方に慣れていきます。

映画やテレビ番組、ニュース放送などを積極的に利用します。

■課題

  • 速い話し方への適応
  • 異なるアクセントの理解

おすすめ学習法

Amazonのオーディブル(Audible):徐々に話速が速いオーディオブックや、異なるアクセントを持つスピーカーの素材へ移行することができます。

STEP
聞いた内容を理解する

聞いた内容をただ受け入れるだけでなく、積極的に内容を処理することが重要です。

これには、内容の要約やキーポイントのメモ取りが有効です。

Netflixhuluなどを英語で視聴して、どこまで理解できるか把握します。

■課題

  • 話している内容の理解
  • コミュニケーションの質を高める

おすすめ学習法

Netflixなどの動画配信:英語の字幕を利用することで、聞き取れなかった部分を読みながら理解を深めることができます。

また、日本語の字幕を使って全体的な理解を助けることもできます。

STEP
実践的な練習を積む

ネイティブスピーカーの発音やイントネーションを真似る練習は、毎日短時間でも継続することで効果が高まります。

リスニングとスピーキングのスキルが同時に向上します。

■課題

  • 実際の会話への適応
  • 発音とイントネーションの改善

おすすめ学習法

オンライン講座の活用:実際の会話スキルが鍛えられ、フィードバックが得られます。

▼マンツーマンのオンライン講座

オンライン英語コーチ「スピークバディ パーソナルコーチング」

▼気軽に英会話だけしてみたい方はAIがおすすめ

AIと英会話レッスン【スピークエル】
STEP
継続的な改善

自己評価の最大の課題は、自分自身の弱点を正直に特定し、それを改善するための具体的な計画を立てることです。

この過程は時に難しいことがありますが、言語能力向上のためには不可欠です。

■課題

  • 弱点の特定と改善
  • 持続可能な学習計画の維持

おすすめ学習法

オンライン講座の活用:オンライン講座の内容を参考にして、具体的な学習目標を設定します。

例えば、講座のセクションやテーマをマスターすることや、英検やTOEICの試験で一定のスコアを目指すなどです。

各ステップ上達のコツ

英語の速い話し方に対応するためには、最初は全てを日本語で理解できなくても大丈夫です。

特にステップ1と2では、英語に慣れることが主な目的です。

ゆっくりとした英語のオーディオ素材やポッドキャストを聞くことで、リズムや発音に耳を慣らすことが重要です。

完全な理解よりも、聞き取りの練習と基本的な語彙や文法の習得に焦点を当てます。

日本語としての理解が必要とされるのは「ステップ3: アクティブリスニングを実践する」からです。

聞いた内容を積極的に理解し、要約したりキーポイントをメモすることが求められます。

これには、言語の単なる音声としてではなく、その意味を深く理解する能力が必要です。

また、実際の対話を想定して質問や反応を練習する際も、会話の内容を正確に理解して適切な反応をすることが重要です。

以下は、各ステップでの上達するコツを解説します。

上達のコツ

【STEP1】ゆっくりとした英語の音声を繰り返し聞く

英語のリズムや発音に慣れるためには、適切なオーディオ素材を選ぶことが重要です。

ここでのポイントは、ゆっくりと明瞭に話される、初心者向けの素材を選ぶことです。

このような素材は、英語の基本的な音の流れやアクセントを理解するのに役立ちます。

初めて聞く素材は、簡単な日常会話や子供向けの物語など、内容が理解しやすいものから始めると良いでしょう。

これにより、基本的な語彙や文法構造の理解が深まります。

ここでのポイントは、繰り返し同じ音声を聞くことです。

同じ素材を何度も聞くことで、最初は聞き取れなかった部分が次第に理解できるようになります。

また、リスニングの際には、聞いた内容を自分の言葉で要約したり、主要な単語やフレーズをノートに記録するなどして、アクティブな学習を心がけることが効果的です。

徐々に、より速い速度のオーディオ素材や複雑な内容に移行することで、リスニングスキルを段階的に向上させることができます。

Audibleは、プロのナレーターが朗読した本をアプリで聴けるサービスです。

移動中や作業中など、いつでもどこでも読書ができ、オフライン再生も可能です。

「英語版」と入力して検索すれば無料の英語の朗読本が多数見つかります。

Amazonのオーディブル(Audible)で学習する(初月無料)

上達のコツ

【STEP2】少しスピードを上げてアクセントに慣れる

英語の速い話し方に慣れるためには、Amazonのオーディブルを利用し、リスニングの速度を徐々に上げることが重要です。

オーディブルでは、様々な速度のオーディオブックが提供されており、初心者から上級者まで幅広いレベルに対応しています。

オーディオブックを聞く際には、最初は理解しやすい速度の素材を選び、徐々に速度を上げていくことが有効です。

これにより、自然な速さの英語に耳を慣らし、理解力を向上させることができます。

また、オーディオブックを通して日常会話や特定の状況での会話を聴くことは、実際の会話スキルの向上にも役立ちます。

ワンポイント
  • 理解しやすい速度から始めて徐々に速度を上げる。
  • 自然な速さの英語に耳を慣らし、理解力を向上。
  • 日常会話や特定の状況の会話を聴いて実際の会話スキルを向上。
  • アクセントに慣れるため多くのオーディオブックを聞く

様々なアクセントに慣れるためには、アメリカ英語、イギリス英語、オーストラリア英語など、異なる地域の英語を含むオーディオブックを聞くことが有効です。

それぞれのアクセントの特徴を意識しながらリスニングを行うことで、異なる発音パターンを認識し、理解する能力を養うことができます。

オーディブルには、多様なアクセントを持つナレーターによる豊富なコンテンツがあるため、幅広いアクセントに触れる機会を提供します。

このような多様なアクセントに慣れることは、国際的なコミュニケーションスキルを高めるのに役立ちます。

Amazonのオーディブル(Audible)で学習する(初月無料)

上達のコツ

【STEP3】聞いた内容を理解する

英語の速い話し方に慣れるためには、映画やテレビ番組などのオーディオビジュアル素材を利用し、リスニングの速度を徐々に上げていくことが重要です。

このプロセスでは、最初は字幕を利用して内容の理解を助け、徐々に字幕なしで聞くことを目指します。

字幕を使用することで、聞き取れない部分を視覚的に補いながら耳を英語の速度に慣らすことができます。

次第に字幕をオフにして聞くことで、自然な速さの英語を理解する能力が向上します。

また、映画やテレビ番組は日常会話や特定の状況での会話を提供するため、実際の会話スキルの向上にも役立ちます。

ワンポイント
  • 映画やテレビ番組を利用して内容を理解する。
  • 字幕を使って聞き取れない部分を視覚的に補う。
  • 次第に字幕をオフにして自然な速さの英語理解を目指す。
  • 映画やテレビ番組を使って日常会話や実際の会話スキル向上。

リスニングスキルを実践的な会話能力に結びつけるためには、聞いた内容に基づいて質問を作成したり、適切な反応を考える練習も重要です。

この練習では、リスニング素材に対する質問をいくつか考え、それに対する自分なりの答えを考えます。

これにより、リスニングの内容をより深く理解し、実際の会話で応用する能力を養うことができます。

また、様々な種類の質問を考えることで、異なる視点から内容を見ることができ、より包括的な理解が可能になります。

上達のコツ

【STEP4】実践的な練習を積む

オンライン講座を利用することで、実際の会話シーンを模倣した練習が可能になります。

これらの講座では、会話のスキルを実践的に学ぶことができます。

自分の言いたいことを表現する練習だけでなく、相手の言っていることをリアルタイムで理解する力を養うことができます。

多くのオンライン講座では、異なるトピックや状況に基づいた会話練習が提供されており、リスニングとスピーキングの両方のスキルが向上します。

オンライン講座は自分のペースで学べるため、効率的な学習が可能です。

ワンポイント
  • 英語聞き取り能力向上には話すスキルの鍛錬が重要。
  • 話す練習により言語の構造や語彙の深い理解に貢献。
  • 話す際の文法的正確さ、語彙選択、明瞭な発音が聞き取りにも影響。
  • オンライン講座は実際の会話に近い練習を提供。
  • リアルタイム会話練習、対話演習、ネイティブからのフィードバックが可能。
最短距離で目標達成へ「スピークバディ パーソナルコーチング」

シャドーイングは、ネイティブスピーカーの話す英語を聞きながら、そのリズムやイントネーションを真似る練習法です。

この方法では、実際に話されている英語を真似ることによって、自然な発音と流れるような話し方を身につけることができます。

シャドーイングは、聞き取り能力だけでなく、発音の正確性も向上させるため、英語の速い話し方に対応するための非常に効果的な方法です。

ポッドキャストやオーディオブック、ニュース放送など、様々な素材を用いて練習することが可能です。

定期的にシャドーイングを行うことで、英語のリスニングだけでなく、話す力も同時に鍛えられます。

上達のコツ

【STEP5】継続的な改善

リスニング力の進歩を確認するためには、自己評価が欠かせません。

これを行う一つの方法は、英語のニュースを聞いて内容を要約することです。

内容を要約することを定期的に行うことで、自分の理解度を客観的に確認し、どの分野が改善が必要かを特定することができます。

他にも映画やポッドキャストの内容を要約する、または特定のテーマについて友人とディスカッションをするなど、様々な方法で自己評価を行うことが可能です。

継続的な学習のためには、モチベーションを維持することも重要です。

モチベーションを維持するためには、具体的な短期的および長期的なリスニング目標を設定します。

例えば、短期的には毎日15分英語のポッドキャストを聞く、長期的にはTOEICやTOEFLで高いスコアを取るなど、達成可能で測定可能な目標を設定することが大切です。

これらの目標は自分の英語力の向上を感じることができるため、学習への継続的なモチベーションに繋がります。

スタディサプリENGLISH パーソナルコーチプラン

日本人が英語を聞き取れない原因

  • 音声とリズムの違い
  • 文法構造の違い
  • 実践的な会話経験の不足
  • 学校教育でのリスニング教育不足
  • 不安や自信の欠如

音声とリズムの違い

英語と日本語の間の音声とリズムの違いは、日本人が英語の聞き取りに苦労する主な理由です。

英語には、日本語に存在しない特有の音が多く含まれています。

例えば「th」の音は日本語にはなく、この音を正確に聞き分けることは日本人にとって大きな課題です。

「r」と「l」の音の区別も、日本語には同様の発音が存在しないため、特に難しいと感じられます。

さらに英語のイントネーションとリズムは、日本語とは大きく異なります。

英語は単語や文において、音節に強いアクセント(ストレス)を置くことが多く、このストレスパターンを理解し、慣れることが重要です。

日本人にとって、単語や文のリズムやアクセントのパターンを自然に理解し、聞き取ることは難しいことが多いです。

その理由は、日本人が普段から音節にアクセント(ストレス)を置かずに話しているからです。

日本語のリズムは抑揚が少なく比較的均一であり、単語の各節に均等な強さで発音されるため、英語のように特定の音節にストレスを置くことに慣れていないのです。

このように音声とリズムの違いは、日本人が英語を聞き取る際に直面する障害の一つであり、これらの特徴に慣れるためには、意識的な練習と時間が必要です。

英語の音声やリズムの特徴を理解し、それらに慣れることが、リスニングスキルを向上させる鍵となります。

文法構造の違い

英語と日本語の文法構造の違いは言語の語順にあります。

英語では「主語-動詞-目的語」の順序で文章が構成されます。

この構造は英語の文の基盤となっており、この順序で情報が伝えられます。

一方、日本語では「主語-目的語-動詞」の順序が基本です。

この根本的な違いは、英語を母国語としない人が英語の文章や会話の流れを追う際に、理解の遅れや混乱を引き起こす原因となります。

さらに、英語の時制やアスペクトは日本語には存在しない複雑なもので、英語の過去完了形や現在進行形などの概念は日本人にとって理解しにくいことがあります。

英語では、時制を表すために動詞の形を変化させますが、日本語では文脈や助詞を使用して時制を表現することが多く、これらの言語間の違いがリスニング時の障害となります。

文法構造の違いは、英語の文章や会話の意味を正確に捉えにくく、英語を第二言語として学ぶ日本人にとっては大きな挑戦です。

英語の文法構造に慣れるためには、実際の会話や文章を通じた繰り返しの練習と文法の理解を深めるための学習が必要です。

実践的な会話経験の不足

日本では英会話を体験する機会が限られ、ネイティブスピーカーとの直接的な交流の機会が不足しています。

英語のリスニングスキルを高めるためには、実際の会話を通じて自然な言い回しや発音、アクセントに慣れることが重要です。

日本ではこのような実践的な会話の機会が少ないため、教科書や教室内での学習に頼るしかありません。

しかし、これらの環境では実際の会話のスピードや、日常会話で使われる自然な表現、さまざまなアクセントやイディオムに触れることが難しいです。

実際の会話では、話す側が言葉を短縮したり、速いペースで話したり、スラングを使用することがあります。

これらの要素はリスニング能力を高めるためには不可欠ですが、実際の会話経験が不足していると手も足も出なくなります。

結果として英語の会話における聞き取りに苦労することになります。

聞き取れないことを克服するためには、英語を話す機会を増やし、さまざまな人との会話に積極的に参加することです。

学校教育でのリスニング教育不足

日本の学校教育における英語教育は、長年にわたり読み書きのスキルに重点が置かれてきました。

これは、主に試験や学術的な成功に重点を置いた教育システムに起因おり、リスニングやスピーキングといった実践的なコミュニケーションスキルの発展は、重視されてきませんでした。

この結果、多くの学生が実際の英語の会話や自然な言い回しに触れる機会に乏しく、リスニングスキルの発達に必要な経験を十分に得られていません。

学校で使用される教材は非現実的で、形式的な会話や不自然な文体が特徴であることが多く、実際の英語の流れやニュアンスを捉えることができません。

リスニング教育が不十分であると、学生は実際の英語の速度や発音、アクセントに慣れることができず、自然な会話の中にある言葉の聞き取りに苦労します。

このような教育環境では、英語の文法規則や単語の意味は理解できても、実際の会話の流れを追うことができません。

日本の英語教育がリスニングやスピーキングのスキルをより重視する方向へとシフトすることが、学生の英語力全体の向上に必要です。

不安や自信の欠如

日本の教育や文化的背景には間違いを避け、完璧を求める傾向があり英語学習においても影響を及ぼしています。

英語を話す際の間違いを恐れることは、リスニングスキルの向上において大きな障壁となります。

言語を学ぶ過程では間違いから学ぶことが重要ですが、間違いを恐れることで英語の使用を避け、その結果、実践的なリスニングや会話の機会が減少します。

加えて、日常生活において英語を使用する機会が少ないことも、自信の欠如につながっています。

実際に英語を使ってコミュニケーションする経験が限られていると、聞き取り能力を含めた英語能力全般に自信がなくなります。

不安や自信の欠如は、リスニング能力に直接的な影響を及ぼすだけでなく、英語を学ぶ意欲にも影響を与えます。

英語の聞き取り能力を向上させるためには、まずこの不安や自信の欠如を克服することも重要です。

実際に英語を使用する機会を積極的に増やすこと、間違いを恐れずにトライすること、そして自分自身の進歩を認識して評価することが効果的です。

オンライン講座の学習だけの限界

言語学習は多角的なアプローチが効果的であり、オンライン講座とともに、実際の会話の練習、映画やテレビ番組の視聴、会話などを組み合わせることで、リスニングスキルの向上をより促進することができます。

オンライン講座は基礎を学ぶのに役立ちますが、実際の使用環境での練習を通じて学んだことを活用し、さらなるスキルの向上を目指すことが重要です。

オンライン講座×リアルな会話練習

オンライン講座で学んだ内容を実際の会話で活用することにより、理論的な知識を実践的なスキルに変換することが可能になります。

オンライン講座では、文法規則、標準的な発音、基本的な語彙など、英語の基礎を学ぶことができます。

しかし、実際の会話は教科書やオンライン教材だけではカバーできない多様な要素を含んでいます。

例えば、日常会話には特有の表現やフレーズ、言葉遣いやスラング、さまざまなアクセントが含まれます。

これらに慣れるためには、実際の会話での練習が不可欠です。

日常生活で積極的に英語を話すことは、学習した内容を実際に使う良い機会です。

例えば、英語を話す友人や同僚との会話、英語での買い物やレストランでの注文など、日常のさまざまなシチュエーションで英語を使うことが有効です。

また、言語交換パートナーを見つけることも効果的です。

言語交換では、互いの母国語を教え合いながら、自然な会話の流れの中でリスニングとスピーキングの両方のスキルを鍛えることができます。

言語交換アプリ

HelloTalkTandemのようなアプリを利用すると、英語を学びたい人と日本語を学びたい人を繋げることができます

実践的な会話練習は、オンライン講座で学んだ文法や語彙を実際のコンテキストで使え理解を深めます。

オンライン講座とリアルな会話練習を組み合わせることにより、リスニングとスピーキングのスキルを総合的に向上させることが可能となり、英語の習得において大きな進歩を遂げることができます。

会話の相手が見つからない場合、ココナラで英会話の相手になれる方が多数いるので活用してみるのもおすすめです。

オンライン講座×映画

映画やテレビ番組は、実際の会話で使われる自然な言い回しや表現を豊富に含んでいます。

これらは教科書ではなかなか学ぶことのできないスラングやイディオム、日常会話での細かなニュアンスなどを理解するのに役立ちます。

異なる地域のアクセントや方言に触れることもでき、リスニングスキルの向上に役立ちます。

海外のNetflixを使うならVPN経由がおすすめです。

ポッドキャストは、特定のトピックに焦点を当てた会話やディスカッションを提供し、リスニングスキルを養うのに最適なツールです。

多様な話題やスタイルのポッドキャストがあり、自分の興味や学習目標に合わせて選ぶことができます。

ポッドキャストを聞くことで、実際の会話の流れや、複数の話者が交わる対話のダイナミクスを理解することができます。

映画、テレビ番組、ポッドキャストなどをオンライン講座と組み合わせることにより、広範な語彙を獲得し、異なる文化的背景や会話のスタイルに慣れ、リアルな英語のリスニング能力を高めることができます。

また、エンターテイメントを通じて英語を学ぶことは、学習を楽しくし、長期的なモチベーションを維持するのにも役立ちます。

Apple Podcasts
Apple Podcasts
開発元:Apple
無料
posted withアプリーチ

オンライン講座×海外留学

オンライン講座で学んだ英語スキルを海外旅行や留学で試すことは、学習した内容を実際の環境で適用し、リスニングスキルを総合的に向上させる絶好の機会です。

英語圏での滞在は単に言語能力をテストするだけでなく、異なる文化的状況でのコミュニケーションを体験することにより、言語学習に深みを加えることができます。

英語圏での生活では日常的な会話からビジネス会議、カジュアルなチャットまで、様々な状況で英語を使う必要があります。

教室やオンライン講座では学ぶことのできない、自然な言い回しやスラング、地域特有の表現などに触れることができます。

さまざまなアクセントや話し方に直接触れることで、リスニング能力が大きく向上します。

実際の英語環境での経験は、言語学習における自信の構築にも大きく寄与します。

言語を実際の状況で使用し、コミュニケーションが成功する経験を積むことで、自分の英語能力に対する自信を高めることができます。

異文化間のコミュニケーションの経験は、言語学習のモチベーションを高め、新たな視点を提供し、学習への意欲を刺激します。

英語の速い話し方に慣れるためのよくある質問とその回答

英語のリスニング能力を向上させるには、どのくらいの時間が必要ですか?

個人の現在の英語レベルや学習に費やす時間、使用する教材の種類によって異なります。

定期的な練習と、リスニングのための時間を毎日確保することが重要です。

進歩は徐々に感じられるものなので、短期間で大きな変化を期待するのではなく、長期的な取り組みが必要です。

英語の速い話し方に慣れるためのリスニング以外の方法はありますか?

英語の速い話し方に慣れるためには、実際に英語を話す練習も役立ちます。

言語交換や英会話クラブ、オンライン英会話レッスンなどを通じて、実際に英語を使う機会を増やすと良いでしょう。

また、読み物や書き物を通じて英語に触れることも、リスニング能力の向上に間接的に貢献します。

リスニングの練習で、理解できない部分があった場合、どうすれば良いですか?

理解できない部分があるのは自然なことです。

重要なのは、理解できなかった部分を見つけ、なぜ理解できなかったのかを分析することです。

必要に応じてその部分を繰り返し聞いて、文脈から意味を推測する練習をしましょう。

また、字幕付きの教材を使うことで、聞き取れなかった単語やフレーズを視覚的に確認することも有効です。

リスニングの練習に最適な教材は何ですか?

:リスニングの練習には、自分の興味やレベルに合った教材を選ぶことが大切です。

初心者はゆっくりと話される教育用のポッドキャストやオーディオブックから始め、徐々に映画やニュース、日常会話が含まれる教材へと移行していくと良いでしょう。

また、多様なアクセントや話題を含む教材を選ぶことで、リスニングスキルを幅広く向上させることができます。

シェアしてね!
目次