1,000ポイントプレゼント 楽天市場アプリ 新規ダウンロード

コミュファ光で実現する!中部・東海地方の方におすすめスマートホームライフ

本ページはプロモーションが含まれています

この記事でお伝えする内容
  • スマートホーム化で生活がどう変わるか
  • コミュファ光で叶う、スマートホーム化までのステップ
  • スマートホームのメリット・デメリット

中部5県シェアNo.1

コミュファ光は、中部5県でいちばん選ばれている光回線です。

\ 工事費実質無料 /

スマートホームで生活はどう変わる?

日常の家事やタスクが自動化され効率が上がります。

水道光熱費の節約や、家のセキュリティが強化されます。

スマートホームを始めるにはどうすればいいの?

スマートホームを始めるためには、自宅のニーズに合ったスマートデバイスを選び、それに対応するハブやコントローラーを導入することが基本です。

初めての方には、スマート照明やスマートプラグから始めるのがおすすめです。

スマートホームの導入で電気代は増えますか?

スマートホームデバイス自体は少量の電力を消費しますが、エネルギーの効率的な使用や適切なスケジューリングによって、長期的には電気代の節約になります。

目次

スマートホームとは

スマートホームとは、家電や照明、エアコン、セキュリティなど、家のさまざまな機能をインターネットやセンサー、音声アシスタントなどのテクノロジーを活用して自動化または遠隔操作できるようにした住宅のことです。

スマートホーム技術は近年、IoT(Internet of Things)の進展とともに飛躍的に発展しており、さまざまな家電やセキュリティシステムなどがスマートデバイスとして提供されています。

単に人々がインターネットを使うだけでなく、“物”(Things)もインターネットを使って互いに通信(モノ インターネット)することで、より効率的、自動化されたシステムやサービスを生み出すというものです。

スマートホームを導入することで、生活がより便利で快適、かつ効率的になります。

スマートホームの仕組み

スマートホームの核心は「自動化」にあります。

センサー、アクチュエーター、コントローラーなどのハードウェアと、クラウドサービスやモバイルアプリといったソフトウェアが連携して動作します。

家の中のさまざまなデバイスがネットワークでつながっており、それらのデバイスが相互に情報を交換することができるということです。

以下はスマートホームに欠かせない「物」です。

センサー

家の中の環境やデバイスの状態を検知するためのものです。

例えば、窓やドアの開閉を検知したり、室温や湿度を測定するセンサーなどがあります。

マルチセンサー 02(コミュファ光)

人やペットの動きを感知。 温度・湿度・照度も分かる マルチセンサー

アクチュエータ

センサーの検知した情報をもとに、実際の動作を行うデバイス。

例として、エアコンや照明のON/OFFを制御するものが挙げられます。

スマートロック 01(コミュファ光)

遠隔で玄関ドアの解錠・施錠ができる。ドアが閉まった時のオートロック機能も。

コントローラー

センサーやアクチュエータを統括する役割をするデバイス。

スマートホームハブやスマートスピーカー(Amazon AlexaやGoogle Home)がこの役割を果たすことが多いです。

そのほか、スマートフォンや音声アシスタントがコントローラーの役割を果たし、ユーザーの指示に基づいて各機器を制御します。

Google Home

家電を声で操作できる。家事や荷物で手をふさがれていても、テレビ、エアコン、照明を声でらくらく操作可能。

これらの「物」同士が緊密に連携することで、外出先からでも家の照明をコントロールしたり、自動で部屋の温度を調整するなど、リモート操作が実現できます。

自動温度調整を設定した場合

温度センサー(センサー)が部屋の温度を測定し、そのデータをスマートサーモスタット(コントローラー)に送信。

スマートサーモスタットが設定温度と比較して、必要ならエアコン(アクチュエータ)温度を調整します。

スマートホームに必要なもの

スマートホームを構築するためには、以下のものが必要です。

  • ネットワーク機器
  • スマートデバイス
  • コントロールセンター
  • 専用のアプリケーション

これらを組み合わせて、自分の生活スタイルや家の環境に合わせてカスタマイズすることで、理想のスマートホームを手に入れられます。

スマートホームに必要なもの

ネットワーク機器

スマートホームのデバイスは連携して動作するため、安定したネットワーク回線が必要不可欠です。

Wi-Fi

家の中の主要なネットワーク手段。

多くのスマートデバイスはWi-Fiを使用してホームネットワークに接続します。

高速な通信が可能で、大きなデータも問題なくやり取りできます。

必要なもの
  • Wi-Fi対応のスマートデバイス(スマートテレビ、スマートスピーカー、セキュリティカメラなど)
  • Wi-Fiルーター(できれば高速な通信に対応したもの)
  • コミュファ光(高速な通信が可能なプランが望ましい)
Bluetooth

主に近距離のデバイス間の通信に使用します。

例えば、スマートロックや一部のセンサーなどがBluetoothを使用します。

必要なもの
  • Bluetooth対応のスマートデバイス(スマートロック、照明、センサーなど)
Zigbee/Z-Wave

スマートホーム専用の通信プロトコル。

低消費電力で遠距離通信が可能なため、電池式のセンサーやスイッチでよく使用されます。

必要なもの
  • ZigbeeまたはZ-Wave対応のスマートデバイス
  • ZigbeeまたはZ-Wave対応のスマートホームハブ

スマートホームに必要なもの

スマートデバイス

スマートロック

スマートデバイスは、スマートホームに欠かせないIoT対応のデバイスです。

家の中のさまざまな場所に配置され、ネットワークを通じて操作や通信を行います。

以下はスマートデバイスの一例です。

スマートカメラ

セキュリティやモニタリング用途に使われ、リアルタイムで映像をストリーミングしたり、不審な動きや音を検知してアラートを送ることができます。

スマートロック

スマートロックは通常の鍵を使わず、生体認証(指紋認証や顔認証)、スマートカード、スマートロック、スマートフォンなどを使いドアを施錠します。

家庭のセキュリティを強化させます。

スマートライト

照明を遠隔で操作したり、時間を指定して点灯・消灯、色温度や明るさを調整することができます

スマートホームに必要なもの

コントロールセンター

コントロールセンターやコントロールハブは、スマートカメラやスマートロックなど、複数のデバイスやセンサーを管理・制御するための中心的な装置やシステムを指します。

異なるメーカーやブランドのスマートデバイスを一つのシステムで操作するため、コントロールセンターはさまざまな通信プロトコル(Zigbee、Z-Wave、Wi-Fi、Bluetoothなど)に対応しています。

スマートホームハブ

複数のスマートデバイス(例:スマート電球、スマートロック、センサーなど)を管理する中心となるデバイスです。

ハブはデバイス同士の通信を仲介し、一つの場所で全てのデバイスを制御することを可能にします。

スマートスピーカー

スマートスピーカーは、音声アシスタント(例:Amazon Alexa、Google Home)を内蔵しており、音声コマンドで他のスマートデバイスを操作することができます。

専用のアプリケーション

スマートデバイスをスマートフォンやタブレットから操作するためのインターフェースとしての役割を果たします。

専用アプリ

各スマートデバイスメーカーが提供するアプリ。

デバイスの設定変更やファームウェアのアップデート、遠隔操作などが可能です。

with HOMEアプリは、以下のサービスでご利用いただけます。

  • コミュファ光スマートホーム
  • with HOME
  • ケーブルプラスHOME
  • エネリアつながるIoT
  • PPit HOME
with HOME
with HOME
無料
posted withアプリーチ
連携アプリ

複数のデバイスメーカーと連携して、一つのアプリから複数のデバイスを操作することができるアプリです。

例えば、ドアセンサーがドアの開閉を検知すると、同時に照明をオン・オフするといった連携が簡単に作れます。

連携アプリにはIFTTTHomeKitがあり、異なるブランドやタイプのデバイスを同じアプリ上で一緒に動かすことができます。

連携アプリは多くのスマートデバイスと連携できるように設計されており、一般には無料または有料のサブスクリプション形式で提供されています。

IFTTとは
▼タップして見る

IFTTTのウェブサイトやアプリからアクセスできます。

IFTTT対応のデバイスを購入した場合、そのデバイスをIFTTTに登録して自動化の「メニュー」を作ることができます。

HomeKitとは
▼タップして見る

HomeKitはAppleのエコシステムに組み込まれたスマートホームプラットフォームです。

HomeKit対応デバイスは、 iPhoneの「ホーム」アプリから直接操作することができます。

賃貸をスマートホームにできる?

賃貸住宅でスマートホームを導入することは可能ですが、いくつかの注意点があります。

まず、ドアノブの交換や壁に穴を開けるような場合は、大家さんや管理会社の許可が必要です。

また、引っ越しの可能性も考えると、取り外しや移設が容易な製品を選ぶことがおすすめです。

壁に穴を開けられない、または新しく配線を引きたくないという場合は、バッテリー駆動のセンサーが便利です。

賃貸物件におすすめのデバイス
  • スマート電球: 簡単に取り付けられ、スマートフォンで操作できます。
  • スマートプラグ: 電源プラグをスマート化することで、様々な家電を遠隔操作できます。
  • ネットワークカメラ: セキュリティ監視やペットの様子を確認できます。
  • スマートスピーカー: 音声で家電を操作したり、情報を調べたりできます。
  • ドアセンサー: ドアの開閉情報をスマートフォンに送信できます。

コミュファ光のスマートホームでできること

  • 家電・照明操作の自動化
  • 家のセキュリティと監視
  • 音声アシスタントとの連携
  • 留守中の愛犬とのコミュニケーション

スマートホームでできること

家電・照明操作の自動化

朝のルーティーンを自動化

朝、目覚まし時計が鳴ると同時にカーテンが自動で開き、日の光が部屋に流れ込む。その瞬間に、コーヒーメーカーが動き出し、お気に入りのコーヒーが淹れられる。

これらはすべて事前にプログラムされた「朝のルーティーン」によってコントロールされています。

さらに、家を出るときには、一言「いってきます」と声をかけるだけで家中の電気が消え、エネルギーの節約にも寄与します。

帰宅時には、スマートフォンのGPSを利用して、家がユーザーの帰宅を自動的に感知し、あらかじめ設定された「帰宅シーン」に合わせて照明やエアコンが調整されます。

外出時と帰宅時の照明設定

外出時には監視カメラやスマートロックなどのセキュリティーに必要な電気はつけたままで、不要な家電の電源や照明を自動でOFFに。

帰宅すると、自分の好みに合わせた照明の明るさと快適なエアコンの設定が自動で呼び出され、すぐにリラックスした雰囲気を作り出すことが可能です。

スマートホームでできること

家のセキュリティと監視

スマートホーム技術の進歩は、家のセキュリティの領域にも大きな影響を及ぼしています。

家の安全性を確保するための手段が増えてきており、日常の生活に安心感を与える助けとなっています。

ドアや窓のセンサーで安全確保

スマートホームのセンサーは、ドアや窓が開かれた瞬間も検知します。

不在中や夜間に何らかの動きがあった場合、セキュリティサービス会社(コミュファ光の場合、セコム)に通知されます。

必要に応じてアラームが発動したり、スマートフォンへ即座に通知が送られます。

この機能によって、留守中に何が起きているのかをリアルタイムで把握することができ、不測の事態にも冷静に対応できます。

特徴
  • 設置した窓、ドア、引き出しなどの開閉を感知し、リアルタイムにスマートフォンへ通知。
  • 開閉感知とともに、温度・湿度・照度情報を取得し、スマートフォンで確認可能。
  • 1分ごとに温度を感知し、デバイスのLEDインジケーターが点滅色でお知らせ。
デバイス代4,180円
分割払い料金
(60カ月)
69円

窓、ドアの開閉をお知らせ。 温度・湿度・照度も分かる マルチセンサー

高解像度カメラで24時間監視

最新の監視カメラは高解像度の映像と、夜間撮影や動体検知機能を備えています。

家の周辺を24時間、厳重に監視することが可能となり、異常な動きがあった場合、すぐに録画が始まります。

もちろん、スマートフォンで外出先からリアルタイムでの監視も可能です。

煙感知器一体型アラーム

煙を検知すると警報音が鳴るだけでなく、セキュリティセンターへ情報が送信されます。

スマートフォンにも通知が送られ、遠隔地からでも家の状態を確認することができます。

異常検知と通知

不法侵入などの緊急事態が発生した場合、異常を即座に検知します。

このような瞬時のフィードバックが可能なので、事態の拡大を未然に防ぐ迅速な行動が取れます。

特徴
  • 設置した場所の⼈やペットの動きを感知し、リアルタイムにスマートフォンへ通知。
  • 動きの感知とともに、温度・湿度・照度情報を取得し、スマートフォンで確認可能。
  • 3分ごとに温度を感知し、デバイスの⼈感センサー部が点滅⾊でお知らせ。
デバイス代5,830円
分割払い料金
(60カ月)
97円

人やペットの動きを感知。 温度・湿度・照度も分かる マルチセンサー

スマートホームでできること

音声アシスタントとの連携

スマートホームでは、Amazon AlexaGoogle Homeなどの音声アシスタントと連携して、声だけで家電の操作や情報の取得ができます。

例えば、「アレクサ、リビングの照明をつけて」と言うだけで、リビングの照明が自動的につきます。

声が家電を動かす

スマートホームでは、音声アシスタントを用いてさまざまな家電を手を使わずに操作できます。

特に高齢者や身体に障害を持つ人々にとって非常に便利です。

照明、エアコン、テレビだけでなく、音声コマンドでカーテンを開閉するような特殊な家電も操作可能です。

近年ではマシンラーニングの手法も取り入れられており、ユーザーの習慣や傾向を学習するケースも増えています。

スマートホームでできること

言葉一つで、知りたい情報が手に入る

音声アシスタントは、インターネットに繋がっていることから、リアルタイムで様々な情報を入手できます。

朝起きたときにその日の天気を尋ねたり、出発前に交通状況を確認するなど、日常生活をスムーズにするための情報が手軽に得られます。

スマートホームデバイスに組み込まれたカレンダー機能を用いて、アポイントメントの確認やスケジュールの追加も声で行えます。

このような多機能性が実現しているのも、人工知能(AI)技術の進化によるものです。

音声アシスタントは、自然言語処理能力が非常に高く、ユーザーが何を求めているのかを正確に理解します。

そのため、求めた情報やサービスを迅速かつ正確にえられます。

“一言で一日が変わる”シーン設定の活用

「シーン」と呼ばれる設定は、スマートホームの家電操作を自動化するための非常に便利な機能です。

シーン設定は、IoT(Internet of Things)デバイスが相互に連携できる仕組みを基盤としています。

例えば、朝になったらカーテンが自動で開き、照明が柔らかく点灯し、エアコンが適温に調整されるなど、一つの音声コマンドで複数の動作をトリガーする(引き起こす)ことが可能です。

各デバイスが自らの機能だけでなく、他のデバイスと連携した複雑な動作も制御できるのです。

また、シーンはユーザーの好みや生活リズムに応じて簡単にカスタマイズできます。

カスタマイズすることで、各家庭や個人が生活の中でルーティーン化したことを、家電が代わりにやってくれる環境を作り出すことができます。

スマートホームでできること

留守中の愛犬とのコミュニケーション

2022年5月にリニューアルした新型「Furboドッグカメラ – 360°ビュー」はAmazonのアレクサと連携することで、おやつ機能をスケジュールしたり、お好みのスマートウォッチで警告を受けたりすることで、愛犬の分離不安を和らげます

360°見渡せる鮮明なライブ映像

昼夜を問わず、クリアな映像と音声でペットの安全と健康をチェックすることができます。

カメラは業界最高水準の1080pフルHDカメラ画質で4倍ズーム。

写真や動画撮影もできるので、かわいい一瞬も逃しません。

異常な挙動や急な体調変化も早期に察知することができるため、安心感が増します。

音声コミュニケーション

カメラにはマイクがついており、外出先からスマートフォンを使用して、愛犬に声をかけることができます。

愛犬の名前を呼んで安心させたり、声をかけたりすることができます。

マイク&スピーカー搭載で、飼い主さんもペットの声を聞けます。

遠隔からの給餌

ポ〜ンと飛び出すおやつ!

外出先からおやつをあげるれるので、 おやつを追いかけるかわいい愛犬の様子も見れます。

  • 愛犬が吠えたらスマホに自動通知が届く
  • インテリアにも馴染むデザイン性
  • iOS&Android対応

離れていても、いつでも一緒

以下のコードを入力で2000円引き

LINK2000

コミュファ光のスマートホームを始めるためのステップ

コミュファ光を使用したスマートホームの導入は、生活をより便利で快適にします。

事前の調査から具体的な設置まで順番立ててステップを踏むことで、必要なものと不必要なものが明確になり、予算内で最も効果的なシステムを構築できます。

STEP
事前調査とプランの選定

最初のステップは、何ができるのか、何が必要なのかをしっかりと理解することです。

  • 目的の明確化:防犯を強化したい、カーテンや照明、エアコンのルーティーン化、留守中の愛犬のお世話など。
  • 料金プランの比較:コミュファ光や他の光回線が提供する料金プランを比較し、最も適したものを選ぶ。
  • 互換性の確認:既に持っているスマートデバイスがあれば、新しいシステムと互換性があるかを確認します。
STEP
必要な機器の検討
  • コントローラー:Amazon AlexaやGoogle Home、AppleのHomePodなどのスマートスピーカーが一般的です。
  • センサー:温度センサー、モーションセンサー、ドアや窓のセンサーなど、状況に応じたセンサーが必要です。
  • スマートデバイス:スマートカメラ、スマートロック、エアコン、照明など。
STEP
初期費用と月々の料金の見積もり
  • 設置費用: スマートホーム化には設置費が発生します。コミュファ光は初回セットアップ費用が無料
  • 月々の料金: インターネット回線の月額費用に+スマートホームの月額がかかります。コミュファ光は+869円/月。10GBプラン契約者は+55円/月
  • 隠れたコスト: 一見安く見えても、追加の機器購入やソフトウェアのライセンス料、アップデート費用など、隠れたコストがあるかもしれません。コミュファ光は一切不要
月額料金869円
初回セットアップ費用0円
事務手数料2,200円
STEP
コミュファ光への申し込み

予算や必要な機器が決まったらコミュファ光にお申し込み。

お申し込みを検討中の方

STEP
訪問日程の調整

コミュファから無料訪問サポートの日程調整の連絡がきます。

STEP
コミュファ光スマートホーム デバイスの受け取り

コミュファから自宅にデバイスが送られてきます。

STEP
「au IDに関する大切なお知らせ」の受け取り

郵送にて、with HOMEアプリの利用に必要なIDとパスワードが記載されている書面「au IDに関する大切なお知らせ」が届きます。

STEP
無料訪問サポート

コミュファのスタッフが予約の日時にお伺いして、無料訪問サポート。

STEP
スマートホーム利用開始

コミュファ光の便利なスマートホームの機能を存分に使えます。

コミュファ光のスマートホームのデメリット

  • まとまった費用が必要
  • 依存度が高くなる
  • プライバシーの漏洩の危険性
  • 既存の家電との互換性
  • 家族全員の協力が必要
  • 電気代が増える可能性がある

デメリット1

まとまった費用が必要

スマートホーム化はデバイス同士が連携して動くので、さまざまなデバイスが必要です。

例えば、照明やエアコンの操作を自動化するためにはセンサーが必要で、音声で指示をしたいならスマートスピーカー、家のセキュリティを高めるスマートロックなど、各デバイスをセットで購入する必要があります。

これらのデバイスは一般的な家電製品よりも価格が高く、全てのデバイスを購入すると高額になる可能性が考えられます。

さらに、スマートホームサービスを利用するには月額費用も発生します。

場合によっては光回線の契約が必要で、これに伴う追加の費用が発生します。

デメリット2

依存度が高くなる

スマートホーム化は日々の生活が便利になる一方で、システムに慣れると普通の家電製品や従来の生活スタイルに戻るのが難しくなる場合があります。

例えば、声で照明をオン・オフすることに慣れると、わざわざスイッチを押しにいったり、リモコンを探して操作するのが面倒に感じるようになります。

システムの利便性に頼り切ると、一時的なダウンタイムやシステムの障害が発生したときに、生活の不便を大きく感じることがあります。

特にセキュリティ面での障害や不具合が生じた場合、スマートロックの不具合でドアが開かなくなる、または逆に誰でも開ける状態になる可能性があります。

生活の安全にも影響を及ぼす恐れがあるため、スマートホームに頼り切るのは注意が必要です。

セコム駆けつけサービス (ココセコム × with HOME アプリ)

デメリット3

プライバシー漏洩

スマートホームデバイスは、ユーザーの日常の動作や好みを学び取るためにさまざまなデータを収集します。

照明のオン・オフのタイミングから、音声アシスタントへの命令、さらにはカメラやセンサーを使用した室内の映像や動きまでを含む場合があります。

このようなデータは、便利さを提供する一方で、次のようなリスクを孕んでいます。

データ流出

スマートホームデバイスの製造元やクラウドサービスプロバイダがデータ漏洩の事故を起こした場合、個人情報が第三者の手に渡る可能性があります。

不正アクセス

セキュリティの脆弱性を突かれて、外部からの不正アクセスが行われることが考えられます。

家のカメラやマイクを通じての盗聴・盗撮が行われる危険性も。

データの二次利用

利用規約やプライバシーポリシーの内容によっては、ユーザーのデータが第三者に提供されることも考えられます。

マーケティングの材料として活用される可能性があります。

このようなリスク対策としてVPNの活用が有効です。

VPNはスマートホームデバイスのデータを暗号化し、外部の不正アクセスやハッキングから保護するためのツールです。

デメリット4

既存の家電との互換性

すでに家にある家電とスマートホームの新しいデバイスとの間で必ずしも互換性があるとは限りません。

全体のシステムがスムーズに機能しない場合、追加の機器購入が必要になることもあります。

テクノロジーの違い

既存の家電と新しいスマートデバイスは異なる技術や通信方法を使っていることが多く、一緒に動かそうとするとうまく連携しない場合があります。

ブランドやメーカー異なると動かない

スマートホームデバイスの中には、他のブランドの製品と組み合わせると動かないことがあります。

追加の機器

古い家電と新しいスマートデバイスを連携させるために、接続機器やアダプターを追加で購入する必要があります。

購入や設定には時間やお金がかかります。

デメリット5

家族全員の協力が必要

スマートホームを活用するためには、家族がシステムの仕組みや操作方法を理解し、正しく使用することが必要です。

例えば、セキュリティシステムを正確に機能させるためには、家族全員が設定やルールを守ることが求められます。

ひとりが誤った操作をすると、全体のシステムに影響を及ぼし、防犯セキュリティの効果がなくなります。

さらに、子供や高齢者は新しいテクノロジーへの適応が難しい場合があります。

誤操作や誤解が生じないよう、家族間のコミュニケーションや教育が不可欠となるでしょう。

デメリット6

電気代が増える可能性がある

スマートホームデバイスの大部分は電源を常時供給するため、電気代に影響を与えることが考えられます。

センサー、カメラ、スマートスピーカーなど、多くのデバイスが家の中で24時間稼働している結果、導入前と比較して電気の使用量が増加し、それが電気代の増加として現れます。

特に大規模なスマートホームシステムを構築した場合や、高性能のデバイスを多用した場合、その影響はより大きくなるでしょう。

電気代節約の対策
  • エネルギー効率の良いモデルや、省エネ機能を備えたデバイスを選ぶ
  • 使用しない時間帯は、省エネモードやスリープモードに設定する
  • エネルギーモニタリングツールを使用して、電力使用状況をリアルタイムで確認し、不要な電力消費を特定して節電対策を計画的に実施

コミュファ光のスマートホームサービス

コミュファ光とは

コミュファ光は、KDDI・中部電力系列の中部テレコミュニケーション株式会社が提供する光回線です。

サービス開始当初は中部電力がサービスを行っていましたが、 2016年8月1日からコミュファと中部電力が業務提携し、電気と光回線のセットメニューなどを販売しています。

独自のインターネット回線を使用するため、フレッツ光と比べて混雑が少なく、高速な回線が特徴です。

コミュファ光は、愛知県、岐阜県、三重県、静岡県、長野県の5県で提供されています

スマートホームの月額料金(コミュファ光)

月額料金869
初回セットアップ費用0
事務手数料2,200円
各デバイス機器代金下記ラインナップを参照

10ギガプランをお申し込みの場合は、月額料金に+55円でコミュファ光スマートホームを利用できます。

\ 戸建住宅にお住まいの方 /

\ 集合住宅にお住まいの方 /

コミュファ光のデバイスラインナップ

センサー(4製品)
マルチセンサー 01
詳細
ドア窓の開閉状態、温湿度や照度が確認できる。
マルチセンサー 02
詳細
人感、温湿度、照度が確認できる。
開閉センサー 03
詳細
窓やドアの開閉をお知らせ。
設置場所の温度・湿度・明暗もわかる。
鍵 開閉状況センサー 01
詳細
玄関ドアの施錠状況をお知らせ。
コントローラー(3製品)
Google Home
詳細
赤外線リモコンと連携し、声で家電を操作できる。
Google Nest Mini
詳細
出来ることはGoogle Homeと同じ。
スペックの違い、操作方法の違いはあります。
赤外線リモコン
詳細
家電を遠隔で操作。別売の機器と連携すると声でも操作ができる。
温度・湿度・照度センサー付き。
スマートデバイス(6製品)
ネットワークカメラ 02
詳細
音声付き映像をリアルタイムで確認でき、家の軒下など屋外で使用できる。
ネットワークカメラ 03
詳細
外出先から会話ができるネットワークカメラ。
コンパクトでどこにでも置きやすい。
スマート電球 01
詳細
スマートフォンでライトの調光やON/OFFができる。
スマートロック 01
詳細
外から家の鍵の状態が確認でき、遠隔で解錠/施錠ができる。
かんたんボタン 01
詳細
ボタンを押すだけでスマートフォンに通知でき、別売の赤外線リモコンと組み合わせて家電操作が可能。
レピータ 02
詳細
センサーの電波を増幅できる。

デバイスを組み合わせてさらに便利に!

簡易防犯セット

名称簡易防犯セット
概要窓等の開閉状況、玄関の鍵の開閉状況確認
必要機器開閉センサー03 + 鍵開閉確認センサー01
機器代4,180円+9,680円=13,860円
分割払い料金60カ月161円+69円=230円

見守りセット

名称見守りセット
概要IPカメラで状況確認、
マルチセンサーで扉開閉や温度/照度等を確認
必要機器ネットワークカメラ03 + マルチセンサー01
機器代9,680円+4,180円=13,860円
分割払い料金60カ月161円+69円=230円

家電制御セット

名称家電制御セット
概要家電やVoDを音声やスマホから制御
必要機器赤外線リモコン02 + Google Nest Mini
機器代14,520円
分割払い料金60カ月242円

コミュファ光回線の料金

コミュファがプロバイダと光ファイバー回線をセットで提供するので、お申し込み~お支払いをコミュファでまとめてスムーズ。

プロバイダはコミュファ光になります

スクロールできます
メニュー光ネット光ネット+光電話光ネット+光電話+光テレビ
ホーム10G
最大10Gbps
通常 5,940 
1年間割引キャンペーン
3,980 円
(2年目~ 5,940 円)
通常 6,270 +通話料
1年間割引キャンペーン
4,310 円
(2年目~ 6,270 円)+通話料
通常 6,490 +通話料
1年間割引キャンペーン
4,530 円
(2年目~ 6,490 円)+通話料
ホーム1G
最大1Gbps
通常 5,170 
1年間割引キャンペーン
2,980 円
(2年目~ 5,170 円)
通常 5,500 +通話料
1年間割引キャンペーン
3,310 円
(2年目~ 5,500 円)+通話料
通常 5,720 +通話料
1年間割引キャンペーン
3,530 円
(2年目~ 5,720 円)+通話料

10ギガメニュー提供エリア

愛知県

愛西市・愛知郡東郷町・海部郡大治町・海部郡蟹江町・海部郡飛島村・あま市・安城市・一宮市・稲沢市・犬山市・岩倉市・大府市・岡崎市・尾張旭市・春日井市・蒲郡市・刈谷市・北名古屋市・清須市・江南市・小牧市・新城市・瀬戸市・高浜市・知多郡阿久比町・知多郡武豊町・知多郡東浦町・知多郡美浜町・知多市・知立市・津島市・東海市・常滑市・豊明市・豊川市・豊田市・豊橋市・長久手市・名古屋市・西尾市・西春日井郡豊山町・日進市・丹羽郡大口町・丹羽郡扶桑町・額田郡幸田町・半田市・碧南市・みよし市・弥富市

岐阜県

安八郡安八町・安八郡神戸町・揖斐郡揖斐川町・恵那市・大垣市・各務原市・可児市・加茂郡川辺町・加茂郡坂祝町・加茂郡富加町・加茂郡八百津町・岐阜市・郡上市・下呂市・高山市・多治見市・土岐市・中津川市・羽島郡笠松町・羽島郡岐南町・羽島市・飛騨市・瑞穂市・美濃加茂市・美濃市・本巣郡北方町・山県市

三重県

朝日町・いなべ市・尾鷲市・亀山市・川越町・紀北町・桑名市・菰野町・鈴鹿市・多気町・津市・東員町・名張市・松阪市・四日市市

静岡県

磐田市・掛川市・菊川市・湖西市・静岡市・島田市・周智郡森町・浜松市・袋井市・藤枝市・牧之原市・焼津市

長野県

安曇野市・木曽町・佐久市の一部・長野市の一部

初期費用

契約事務手数料770円
↓初期費用0円キャンペーンで無料
初期費用0円キャンペーンについて詳しく見る
光ネット工事費27,500円
↓スタート割で無料
スタート割について詳しく見る
光テレビ工事費20,570円
↓スタート割で無料
スタート割について詳しく見る
光電話工事費3,300円
↓初期費用0円キャンペーンで無料
初期費用0円キャンペーンについて詳しく見る
番号ポータビリティ工事費2,200円
↓初期費用0円キャンペーンで無料
初期費用0円キャンペーンについて詳しく見る
光電話付加サービス工事費無料

コミュファ光のキャンペーン

最大7万1,000円の還元
  • 最大30,000円キャッシュバックキャンペーン
    • 10ギガメニュー:30,000円
    • 1ギガメニュー:25,000円
    • 100メガメニュー:25,000円
  • 45,000円還元キャンペーン
  • 乗りかえ時の他社契約解除料を全額還元
  • 最大11,000円キャッシュバック
  • 10G+ギガぞう 10,000円還元キャンペーン
  • 最大6,000円相当分をPontaポイントまたは現金で還元

一番お得なキャンペーンの併用

特典の詳細

最大30,000円キャッシュバック

適用条件

  • 当サイトからコミュファを新規でお申し込み
  • お申し込みから6カ月以内にコミュファ光を開通する

【注意点】

「コミュファ光1年間980円キャンペーン」または「45,000円還元キャンペーン」を適用の場合、こちらのキャッシュバック金額は10,000円となります。

スクロールできます
還元方法Pontaポイント又は現金キャッシュバック
還元時期他社契約解除料明細書送付月の翌々月末日までに実施
対象メニュー
(Netflixパック含む)
ホーム10G
ホーム1G
マンションF10G
マンションF1G
マンションV100M
マンションL100M
※Netflixパックを含む。
スタート割有メニューに限ります。
45,000円還元キャンペーン

【対象者】

ホーム1G ホーム10Gのプランにお申し込みの方

【注意点】

以下のキャンペーンとの併用はできません。

乗りかえ時の他社契約解除料を全額還元

\光乗りかえキャンペーン/

特典

以下の金額を全額返金

  • 他社回線の契約解除料
  • 撤去工事費
  • ホームルーター等機器代金割賦残債金

適用条件

Netflix パックを含む以下の対象メニューを新規でお申し込み、さらにコミュファ光を継続利用している必要があります。

  • 光電話
  • Netflixパック
  • コミュファ光メッシュWi-Fi
  • コミュファ光くらしサポート(自転車&おうちパック)
  • ゲーミングカスタム(ファストコネクト)
  • コミュファ光スマートホーム
  • DAZNオプション

以下の点に注意!

  • 別途、コミュファ開通センター(0120-538-390/9:00~21:00 年末年始除く)へのお申し込みが必要。
  • 他社解約日がコミュファ光申込日以降の日付であること。つまり、コミュファ光を申し込んだ後に他社を解約するのが条件となります。
最大11,000円キャッシュバック

キャッシュバック内容

お申し込み種別特典内容
光ネット ホーム10G(スタート割メニュー)
+
コミュファ光1年間980円キャンペーン」を同時お申し込み
11,000円キャッシュバック
光ネット ホーム1G(スタート割メニュー)
+
コミュファ光1年間980円キャンペーン」を同時お申し込み
6,000円キャッシュバック

【注意点】

以下のキャンペーンとの併用ができません。

10G+ギガぞう 10,000円還元キャンペーン

光ネット(10ギガ・スタート割メニュー)」と「コミュファ安心Wi-Fiスポット by ギガぞう」を同時お申し込みで、10,000円分キャッシュバック又はPontaポイントを還元。

最大6,000円相当分をPontaポイントまたは現金で還元

【対象者】

「3,000円分還元」

以下いずれかのVODサービスを光回線と同時に申し込、サービスの利用を開始した方。

  • コミュファ光Netflixパック
  • コミュファ光ビデオ(ポイントプラン+月額プラン990)
  • コミュファ光DAZNオプション
さらに「3,000円分還元」

コミュファ光メッシュWi-Fi」を光回線と同時に申し込み、サービスの利用を開始した方

【注意点】

  • 「光乗りかえキャンペーン」の特典還元に加え、Pontaポイントまたはキャッシュバック額を増額するものとなります。
  • 「光乗りかえキャンペーン」の適用対象外の場合や、他社契約解除料が発生しない場合も適用となります。

auスマホとコミュファ光のセットがおトク

家族みんなのauスマホが安くなるおすすめのオプションです。

遠くに住んでいる家族でも、50際以上なら割引の対象!

適用条件

以下の両方を満たす方

  1. 「コミュファ光」(光ネット+光電話のセットでの利用が必要)に加入
  2. auスマホ/auタブレット(4G LTE)で以下の対象の料金プランに加入
スクロールできます
・使い放題MAX 5G ALL STARパック
・使い放題MAX 5G/4G テレビパック
・使い放題MAX 5G/4G Netflixパック(P)
・使い放題MAX 5G/4G Netflixパック
・使い放題MAX 5G/4G DAZNパック
・使い放題MAX 5G with Amazonプライム
・使い放題MAX 5G/4G
翌月から永年1,100円/月割引
・スマホミニプラン 5G/4G翌月から永年550円/月割引

中部5県シェアNo.1

スマートホームのよくある質問と回答

音声アシスタント(例: Alexa, Google Assistant)とスマートホームデバイスはどう連携しますか?

音声アシスタントとスマートホームデバイスは、Wi-Fiや特定のハブを介して連携します。

設定を行うことで、音声コマンドで家の照明を操作したり、セキュリティカメラの映像を表示させるなどの操作が可能になります。

スマートホームデバイスのアップデートは必要ですか?

はい、アップデートはデバイスの性能向上やセキュリティの強化のために必要です。

多くのデバイスは自動でアップデートを行う設定になっているので、常に最新の状態を保つことができます。

スマートホームデバイスの設定は難しいですか?

スマートホームデバイスは初めての方でも使いやすいように設計されており、専用のアプリやユーザーガイドを利用すれば、比較的簡単に操作や設定ができます。

シェアしてね!
目次