1,000ポイントプレゼント 楽天市場アプリ 新規ダウンロード

週刊少年ジャンプの電子版どこで買うか迷ったらKindleと楽天ブックスがおすすめ

本ページはプロモーションが含まれています

この記事でお伝えする内容
  • 電子版の少年ジャンプはどこで買えるか
  • Kindleストアと楽天ブックスがおすすめの理由
  • Kindleストアと楽天ブックスで購入する際の注意点
  • 電子書籍端末で読むメリット・デメリット
少年ジャンプ電子書籍通常の雑誌
発売日毎週曜日毎週曜日
月曜日が祝日の場合、前週の曜日
価格(税込)¥290¥290
試し読み一部のみ全ページ
週刊少年ジャンプ連載中の漫画
目次

電子版の少年ジャンプはどこで買える?

電子版の週刊少年ジャンプは以下のサイトで購入可能です。

電子書籍はKindleストアと楽天ブックスがおすすめ

おすすめポイント
  • 専用の電子書籍端末で読める
  • Kindleストア
    • シリーズ購読に登録できる
    • ほしい物リストの活用
    • ポイントが貯まって使える
  • 楽天ブックス
    • シリーズ作品をまとめて購入できる
    • SPUを上げると付与ポイントが倍増
    • 買いまわりの対象でポイントアップ

専用の電子書籍端末で読める

電子書籍端末なら

他のファイルと混ざらない

スマートフォンやタブレットでは多くのアプリやファイルが保存され、混在しています。

画像や写真、動画など多くのファイルをダウンロードしていると、初めは整理していてもその数が増えてくると、どこに何があるのかわからなくなってきます。

このような状況で電子書籍を読むとなると、必要なファイルを探すだけでかなりの手間と時間がかかります。

Kindleや楽天ブックスで購入した電子書籍は、Kindle端末や楽天Kobo内で一元管理されるため、このような問題がありません。

外出先で少し時間が空いた時に、読みたい本がどこにあるのかすぐに見つかります。

電子書籍端末なら

ファイルが大きい漫画を余裕で保存

漫画は、テキストベースの電子書籍とは異なり、多くの図やイラストが含まれているためファイルサイズが大きくなります

タブレットやスマートフォンで何冊も漫画の本を保存すると、ストレージの圧迫やダウンロード速度、さらにはページの読み込み速度に影響を及ぼします。

ストレージがいっぱいになると起こる問題

パフォーマンスの低下

読み込み速度が遅い、アプリがクラッシュする、エラーメッセージが頻発するなど、デバイス全体の機能が低下する。

アップデートができない

必要なストレージが確保できないため、アップデートができない。

バックアップができない

データの紛失リスクが高まり、エラーが起こった時に復元できない。

メディアの保存ができない

空き容量が足りなくなり、新たに撮影した写真や動画を保存できない。

ダウンロードに失敗する

新しい漫画や他のコンテンツをダウンロードしようとした場合、ダウンロードが中断される。

ジャンプをダウンロードするたびに、大量にあるファイルの中から不要なファイルを探して削除するという手間が増える

Kindleや楽天Koboの端末はテキストベースの本なら数万冊、ジャンプなら60冊ほどは保存できるので、端末のパフォーマンスが落ちることなく、快適に利用できます。

以下はKindleと楽天Koboの端末16GBと32GBでそれぞれどのくらい漫画や本が保存できるかの目安です。

保存できる漫画の目安

タイトル16GB32GB
週刊少年ジャンプ
291,005 KB
57冊115冊
ジャンプSQ.
230,121 KB
72冊145冊
鬼滅の刃
59,707 KB
281冊562冊
ドラえもん
44,001 KB
381冊762冊

活字本の保存できる冊数の目安

タイトル16GB32GB
ノルウェイの森
799 KB
20,025冊40,050冊
嫌われる勇気
9,465 KB
1,691冊3,382冊
夢をかなえるゾウ
9,158 KB
1,746冊3,492冊

Kindleや楽天ブックスのような主要な電子書籍サービスは、これらの大きなファイルを効率的に扱うための特別な技術や機能を持っています。

ファイルの圧縮技術
タップして見る

Kindleや楽天ブックスは、ファイルの圧縮技術を用いて、大きなファイルサイズの漫画を小さくして保存します。

画像やテキストの表示に特化した独自のフォーマット、たとえ、Amazon Kindleの場合はAZW形式、楽天ブックスの場合はEPUB形式などを使用して、効率的な圧縮が行われています。

これらの技術はストレージの節約だけでなく、ダウンロードの速度も向上します。

高速なページ読み込み
タップして見る

電子書籍端末は大きなファイルサイズの漫画でも、ページ間の移動がスムーズであり、待ち時間なく次のページを読むことができます。

これは、以下のようなキャッシュ技術や最適化されたアプリの設計によるものです。

キャッシュ技術

  1. プリフェッチ(Prefetch): この技術は、ユーザーが次に読むであろうページを事前に読み込んでおくことで、ページ遷移の待ち時間を短縮します。
  2. ローカルキャッシュ: 一度開いたページのデータをローカルストレージに一時保存しておくことで、再度そのページを開く際に高速に読み込むことができます。
  3. データ圧縮: サーバーサイドでデータを圧縮して送信することで、ダウンロード時間とデータ使用量を減らします。

▼アプリの設計

  1. 非同期読み込み(Asynchronous Loading): ユーザーがアプリを操作している間に、バックグラウンドで非同期にデータを読み込むことで、アプリの応答性を向上させる。
  2. レイジーローディング(Lazy Loading): 必要な部分だけを初めに読み込み、ユーザーがスクロールやページ遷移をするとその都度追加のコンテンツを読み込む方式。
  3. バッチ処理: 複数の小さい操作を一つの大きな操作としてまとめることで、アプリのパフォーマンスを最適化する。
  4. スムーズなUI/UX: ユーザーが自然な動きでコンテンツを読むことができるよう、スクロールの速度や遷移のアニメーションなどが自動で最適化される。
クラウドストレージの利用
タップして見る

電子書籍サービスでは、大きなファイルをデバイスに保存せず、クラウド上で管理します。

こうすることでデバイスのストレージを節約しつつ、インターネット接続があればいつでもアクセスできるようになります。

Kindleアカウントには5GB のクラウドストレージが用意されています。

Kindle端末の容量が不足している場合は、本をクラウドに送信して端末の容量を空けることができます。

Koboはクラウドストレージを使用しているため、所持冊数に上限はありません。

以上のような技術や設計は、Kindleや楽天ブックスのような電子書籍サービスが、大きなファイルサイズの漫画でも快適に読めるようにするためのものです。

これらは一例であり、各サービスによっては独自の技術や手法を用いている場合もあります。

圧縮されたといっても、漫画の電子書籍はファイルが大きいため、スマホやタブレットに保存するとストレージ容量がいっぱいになります

Kindle端末がおすすめの人
  • Amazonユーザー: Amazon Prime会員など、Amazonのサービスを利用する人にはKindleが便利です。Prime Readingなどのサービスを無料で楽しめます。
  • 英語の書籍を多く読む人: Kindleストアは英語の書籍の取扱いが非常に多いため、英語の文献や小説を読む方には向いています。
  • 操作性やシンプルさを重視する人: Kindleは直感的でシンプルな操作性が特徴です。
  • ホイスパーシンク機能を活用したい人: Kindle端末とスマホのKindleアプリ間で、読書の進行状況を同期できるので、複数のデバイスでの読書をスムーズに楽しめます。

\ 薄くて軽いボディ/

  • 目に優しいフロントライト
  • 紙のような読み心地の「e-ink」ディスプレイ
  • 数千冊保存できるストレージ
  • 数週間持続するバッテリー
Kobo端末がおすすめの人
  • 楽天ユーザー: 楽天ブックスを主に利用したい、または楽天ポイントを使いたい人にはKoboが適しています。
  • EPUBフォーマットの書籍を多く読む人: Koboは他のストアや無料の電子書籍など、EPUBフォーマットの書籍を読むことが多い人には便利です。
  • カスタマイズ性を求める人: Koboはフォントや文字サイズ、余白などの表示設定のカスタマイズ性が高いです。
  • 図書館の電子書籍を借りたい人: 一部の地域や図書館との連携により、Koboを使用して図書館の電子書籍を借りることができます。

\ 疲れにくいディスプレイ /

  • 見開き表示で実現する圧倒的な臨場感
  • 最高レベルの防水機能で丸ごと水につけても大丈夫
  • 読み返しラクラクの「高速ページめくり」
  • 読書環境にあわせた色合い調整で、リラックスした読書タイム

Kindleストアのおすすめポイント

  • シリーズ購読に登録できる
  • ほしい物リストの活用
  • ポイントが貯まって使える

Kindleのおすすめポイント

シリーズ購読に登録できる

Kindleでは連載されている漫画や小説などについて「シリーズ購読登録機能」があります。

この機能を利用すると、新しい巻やエピソードが出版された際に自動的に購入・ダウンロードができます。

連載物を追いかけている方には便利な機能ですが、以下のような注意点もあります。

  • 既に発売されている商品は、自動で購入されない。新しく発売されたものから適用される。
  • いつでもキャンセルすることが可能ですが、一度購入した巻やエピソードについては返品できない
  • ユーザーが購読をキャンセルするか、連載が終了するか、サービスが終了するまで続く。

Kindleのおすすめポイント

ほしい物リストの活用

電子書籍のような気軽に買えるデジタル商品は、読みたい本や漫画が次々発売されます。

買うのを後回しにしたい、あるいは他の商品と比較して検討したいと思ったときに「ほしい物リスト」が役に立ちます。

ほしい物リストが役立つ一例

  • 興味はあるが、今すぐに購入しない電子書籍を簡単に保存しておける。
  • 値段が下がった際に通知を受け取ることができるため、お得に購入するチャンスを逃さない
  • 他人があなたの「ほしい物リスト」を閲覧できる設定にすると、誕生日や特別なイベントでギフトを送ってもらいやすい
  • 複数の本をリストアップしておくことで、後で一括して購入する計画を立てやすい。これはセールやキャンペーンを活用する際にも便利。
  • 優先度をつけることができるので、欲しい順に購入する計画が立てられる

「ほしい物リスト」は購入を検討している商品を効率よく管理し、購入のタイミングを検討する上で役立つ機能が揃っています。

Kindleのおすすめポイント

ポイントが貯まって使える

紙の漫画はなかなか割引になる機会が少ないですが、Kindleストアでは購入するたびにポイントが貯まります。

貯まったポイントは、後で他の電子書籍の購入に使うことができ、実質的に割引を受けることが可能です。

毎週ジャンプを購入する場合や、他の漫画や書籍を購入する場合、積み重なるポイントは大きなメリットとなります。

楽天ブックスのおすすめポイント

  • シリーズ作品をまとめて購入できる
  • SPUを上げると付与ポイントが倍増
  • 買いまわりの対象でポイントアップ

楽天ブックスのおすすめポイント

シリーズ作品をまとめて購入できる

楽天ブックスでは、週刊少年ジャンプのような連載誌をまとめて購入できる機能があります。

この機能は複数の号、または過去に買い忘れた号も一度にカートに追加し、一括で手続きを済ませることができます。

ジャンプの場合は過去の号12冊プラス、来週号1冊の中から好きな号を選択して購入できます。

まとめて購入するメリットは、何度も個別に購入手続きをする手間が省けるだけでなく、購入履歴も一箇所にまとまり、後でどの巻や号を買ったのか確認しやすくなる点にあります。

新しく始まったシリーズや、続きが気になって一気に読みたいシリーズ、さらには過去のジャンプ号を補完したい場合には、この機能が役立ちます。

加えて、まとめて購入することで楽天ポイントも一度にたくさん貯まります

貯まった楽天ポイントは、後で他の商品購入に使えるなど、楽天ブックスを利用する上で多くのメリットがあります。

楽天ブックスのおすすめポイント

SPUを上げると付与ポイントが倍増

SPU(スーパーポイントアップ)とは、対象サービスの条件を達成すると楽天市場でのお買い物がポイントアップするプログラムです。

楽天モバイルや楽天カードなど、楽天グループのサービスを利用するとポイントが最大15.5倍まで上がります。

SPUは一定の条件を満たす必要がありますが、その条件さえクリアできれば、電子書籍の購入だけでなく、日用品や食品、衣服など、楽天市場全体でのショッピングがよりお得になります。

楽天ブックスのおすすめポイント

買いまわりの対象でポイントアップ

楽天市場の複数のショップでお買い物をすることを「ショップ買いまわり」といいます。

「ショップ買いまわり」の件数に応じて1件利用で1倍、2件利用で2倍、3件利用で3倍・・とポイントアップする仕組みになっています。

お買い物の対象となるショップは楽天市場だけでなく、楽天ブックスも対象です。

ショップ買いまわりは「楽天スーパーセール」「楽天お買い物マラソン」「ブラックフライデー」が開催された時に参加できるイベントです。

ショップ買いまわりに参加できるイベント
  • 楽天スーパーセール
    • 3、6、9、12月に開催
  • 楽天お買い物マラソン
    • 毎月1〜2回開催
  • ブラックフライデー
    • 11月第4木曜日の翌日、金曜日に開催

関連記事

Kindleストアと楽天ブックスで購入する際の注意点

  • Kindleストアの注意点
    • kindle unlimitedで少年ジャンプの読み放題はできない
    • カートが無い(1-Click購入のみ)
  • 楽天ブックスの注意点
    • 文字サイズの変更ができない
    • クーポンを利用できない

Kindleストアの注意点

注意点

kindle unlimitedで少年ジャンプの読み放題はできない

Kindle Unlimitedはアマゾンが提供する月額980円の読み放題サービスです。

初めて利用する方は30日間無料で体験することができます。

多数の書籍や漫画がこのサービスの対象となっていますが、「少年ジャンプ」は読み放題の対象外となっています。

Kindle Unlimitedは最新の連載や人気作は含まれていないことが多いので、このサービスを利用する際は事前に対象作品を確認することをおすすめします。

注意点

カートが無い(1-Click購入のみ)

通常の買い物では、商品を「カート」に入れてからまとめて購入するという流れですが、週刊少年ジャンプではカート機能が存在しません

代わりに商品ページの「注文を確定する」というボタンリンクから、ダイレクトに購入する形になります。

手軽でスピーディーな購入方法ですが、複数の商品をまとめて購入したい場合や、購入前にもう一度選択した商品を確認したい場合には注意が必要です。

誤ってクリックするとすぐに購入が完了してしまうため、購入操作は慎重に行うよう心掛けましょう。

楽天ブックスの注意点

注意点

文字サイズの変更ができない

楽天ブックスで購入する電子書籍のなかには、文字サイズの変更ができない本があります。

少年ジャンプも文字サイズの変更ができません

細かい字が読みづらい方や、文字サイズを変更して読みたい方、長時間読み続けたい方には不便に感じるかもしれないので、実際に購入する前の確認は不可欠です。

幸い、楽天ブックスには「無料お試し」で読める漫画が多数用意されているので、購入前に何冊かダウンロードして文字サイズやレイアウトを端末で確認することができます。

Kindleも文字サイズの変更できないので、書店の雑誌のジャンプが最適な選択です。

注意点

クーポンを利用できない

楽天ブックスでは、毎月さまざまなクーポンが配布されていますが少年ジャンプに使えるクーポンは発行されません

電子書籍のお得なキャンペーン・特集

電子書籍端末で読むメリット・デメリット

電子書籍端末は現代のテクノロジーがもたらす新しい読書スタイルの一つとして注目を集めています。

その便利さや持ち運びの容易さ、瞬時に新しい本を手に入れることができるという点では多くの利点がありますが、一方でデメリットも存在します。

以下では、電子書籍端末の主なメリットとデメリットについて詳しく解説します。

メリット

  • 何冊でも持ち運べる
  • 本の置き場祖に困らない
  • 24時間いつでも購入、在庫切れなし

何冊でも持ち運べる

電子書籍リーダーの一番の魅力は、膨大な数の書籍を一つのデバイスに保存できることです。

出張や旅行、通勤・通学中でも複数の本や雑誌を持ち運べます。

重い荷物を持たずに、好きなだけ読書を楽しめます。

本の置き場所に困らない

紙の少年ジャンプは文庫本よりも大きさがあるので、より広い保管スペースを必要とします

さらに、他の漫画や雑誌などを購入するためのスペースの確保など、物理的な制約が生じることがあります。

電子書籍端末はクラウド保管なので、スペースが不要。

大量の書籍をデジタルデバイスの中に収めることで、場所を取ることなく書籍をコレクションすることが可能です。

24時間いつでも購入、在庫切れなし

実店舗での購入では営業時間や在庫の問題がありますが、電子書籍なら24時間365日いつでも購入可能です。

深夜でも、外出先でも、思い立ったときにすぐに購入して読むことができます。

電子書籍は在庫が必要ないため、人気の書籍でも「在庫切れ」や「再入荷待ち」という問題に遭遇することもありません。

気になる書籍を見つけた瞬間に、すぐにダウンロードして読むことができます。

デメリット

  • バッテリー切れ
  • 中古本の売買ができない
  • プラットフォームに依存

バッテリー切れ

電子書籍端末の大きなデメリットとしてバッテリー切れが挙げられます。

長時間の利用や充電忘れにより、バッテリーが切れるとその時点で読書を中断せざるを得ません。

旅行中や出張先、または停電時など、即座に充電する環境が整っていない場面での読書は注意が必要です。

紙の本であれば照明さえあれば読むことができ、充電を気にする必要はありません。

バッテリー切れの対策

モバイルバッテリー/充電器を持参: 長時間外出する場合は、モバイルバッテリーやポータブル充電器を持っていくことが得策です。

中古本の売買ができない

電子書籍はデジタルフォーマットのため、紙の本のように物理的な存在として手に取ることができません。

このような性質上、不要になった本を古本屋やメルカリで売ることができません。

読み終わった本を古本屋やメルカリで売って、売った資金で新しい本を購入するというサイクルを重視する方でにとって、電子書籍は不向きな媒体といえます。

プラットフォームに依存

電子書籍を販売しているAmazonや楽天などのプラットフォームの方針変更やサービスが終了すると、電子書籍へのアクセスができなくなります。

紙の本で購入していれば実際に購入した本は手元に残りますが、電子書籍の場合、これまで購入した商品にアクセスできなくなり、読めなくなる可能性があります。

そのほかにも、ユーザーの規約違反によってアカウントが停止されると、そのアカウントに関連付けられている電子書籍へのアクセスができなくなる場合があります。

クラウド上でのみ保存されている書籍や、オフライン利用に制限がある書籍では、アクセスが完全に遮断される可能性が高まります。

プラットフォームの依存性は電子書籍の利用において、サービスの持続性や信頼性、そしてユーザーの利益と利便性に影響を与える重要な要因となります。

タブレットで電子書籍を読むのはおすすめしない

タブレットはさまざまな機能がついていて便利ですが、本を読むには必ずしも適していないことがあります。

タブレットの鮮明で明るいディスプレイは長時間の読書により目を疲れさせ、多くのアプリや通知の誘惑が、集中して読書を楽しむ妨げとなることも少なくありません。

タブレットの物理的な重さは、手に持ち続けるのにも不向きです。

純粋に読書を楽しむためのデバイスとしては、電子書籍端末が圧倒的に優れています。

電子書籍端末は読書に特化した機能を持ち、目に優しいディスプレイや軽さ、バッテリーの持続時間など、読書体験を向上させる機能が満載です。

電子書籍端末とタブレットの違い

  • ディスプレイの種類
  • デバイスの機能
  • オペレーティングシステム(OS)
  • ユーザーインターフェースと操作性
  • フォーマットと互換性

電子書籍端末とタブレットの違い1

ディスプレイの種類

美しいフラットスクリーンKobo Sage

電子書籍端末は、電子ペーパーディスプレイ(通称:電子インク)を採用しています。

このディスプレイは、自然光の下でも読みやすい特長です。

紙のような反射型のディスプレイなので、直射日光でもギラつきが少なく、長時間の読書でも目の疲れを感じにくいです。

また、電子インクはページの更新が不要な場面(スリープ)ではほとんど電力を消費しないため、バッテリー寿命は非常に長くなります。

一方、タブレットは有機ELディスプレイ(OLED)や液晶ディスプレイ(LCD)を使用しており、発光型のディスプレイとなります。

これらのディスプレーは、動画やゲーム、写真などの多彩なコンテンツが鮮明に表示されます。

色の再現性やコントラストも高いです。

しかし、背景に光を発するため、長時間の使用で目が疲れやすくなる場合があります。

そして、発光型のディスプレイは電子インクよりも電力消費が多く、バッテリーの持ちが短くなりやすいです。

電子書籍端末とタブレットの違い2

デバイスの機能

電子書籍端末は読書に特化した機能を多く持っています。

例えば、テキスト検索機能、辞書機能、またはフォントサイズのカスタマイズなど、読書体験を高めるための専用機能が充実しています。

一方、タブレットは多機能デバイスとして設計されているため、ウェブブラウジング、動画視聴、ゲーム、仕事用アプリケーションなど、幅広い用途で使用することができます。

電子書籍端末とタブレットの違い3

利用できるオペレーティングシステム(OS)

電子書籍端末とタブレットでは、使えるオペレーティングシステム(OS)に違いがあります。

例えば、AmazonのKindleは自社開発のKindle OSを使用しています。

このOSによって、Kindleは主に読書に特化した機能、たとえば辞書機能やテキストのハイライト機能が利用できます。

しかしGoogle PlayストアやApple Storeから、さまざまなアプリをインストールすることはできません。

対照的に、AppleのiPadやSamsungのGalaxy TabなどのタブレットはmacOSやiOS、Windows、Androidなどを使用しています。

そのため、アプリストアからゲームや音楽、動画編集アプリなど、多種多様なアプリをインストールすることができます。

電子書籍端末とタブレットの違い4

ユーザーインターフェースと操作性

片手での操作も簡単な物理ボタン Kobo Libra 2

電子書籍端末とタブレットは、操作画面やメニューの配置にそれぞれ特徴があります。

電子書籍端末は、読書に集中できるようにシンプルな操作画面になっています。

画面の上部に目次や検索のアイコン、設定メニューなどが配置されていることが多いです。

対照的に、タブレットは多くの機能やアプリに対応するため、操作画面が複雑になりがちです。

タブレットでのタッチ操作の反応は一般的に速く、画面の拡大縮小や移動がスムーズに行えます。

電子書籍端末はページめくりの機能がタブレットよりも快適で反応スピードも速いです。

一部の電子書籍端末にはページをめくるための物理的なボタンがついており、片手操作がしやすく好評です。

電子書籍端末とタブレットの違い5

フォーマットと互換性

電子書籍端末とタブレットは、対応するフォーマットと互換性においても差があります。

例えば、AmazonのKindle電子書籍端末は、専用のAZWフォーマットに対応しており、このフォーマットはKindleデバイスやKindleアプリでしか読むことができません。

また、KindleはPDFやMOBIも対応していますが、一般的にはEPUBフォーマットはサポートされていません。

一方で、タブレットはiOSやAndroidといった汎用のOSを採用しているため、多くのアプリをインストールすることができます。

これにより、EPUBやPDFをはじめとする多種多様なフォーマットに対応しています。

Apple Books、Google Play Booksといったアプリを使えば、多様なソースから購入またはダウンロードしたコンテンツを一台で楽しむことができます。

簡単にまとめると・・
  • KindleはAmazonのKindleストアで購入した書籍(AZWフォーマットなど)に対応。ただし、PDFやMOBIといった他のフォーマットにも一定程度対応している。
  • Koboは楽天ブックスで購入した書籍に対応。KoboはEPUBフォーマットをサポートしており、他のストアで販売されているEPUBフォーマットの書籍も読める
  • タブレット(iOSやAndroid)は、さまざまなアプリを使ってKindleストア、楽天ブックス、その他多くの電子書籍ストアで購入した書籍を読むことができる。

特に注意したいのは、例えばKindleストアで購入した書籍が、Kindle独自のDRM(デジタル著作権管理)によって保護されている点です。

このような場合、その書籍は指定されたアプリやデバイスでしか読むことができません。

つまり、Kindleストアで購入した書籍は、Kindleのデバイスやアプリでしか動作しません。

このようにフォーマットと互換性は、電子書籍端末とタブレットの選択において重要な要因となります。

少年ジャンプのよくある質問と回答

週刊少年ジャンプで連載された漫画はどれくらいの頻度で単行本にまとめられますか?

作品や出版社の方針によりますが、一般的には数ヶ月に一度、新しい単行本がリリースされます。

週刊少年ジャンプの読者アンケートは何に使われますか?

読者のアンケートは漫画の人気を測るため、そしてどの作品が単行本化やアニメ化されるかの判断材料となります。

週刊少年ジャンプで連載が終了した漫画はどうなりますか?

連載が終了した漫画は通常、単行本として完結され、その後もオンラインで読むことができます。

シェアしてね!
目次