1,000ポイントプレゼント 楽天市場アプリ 新規ダウンロード

【語彙強化法】英語のボキャブラリーを増やすコツと学習方法

本ページはプロモーションが含まれています

この記事でお伝えする内容
  • 英語のボキャブラリーを増やすコツ
  • 効果的に英会話のボキャブラリーを増やす学習方法
  • ボキャブラリーを増やすための学習プラン
目次

英語のボキャブラリー(語彙)を増やすコツ

  • エビングハウスの忘却曲線を利用した長期記憶
  • 視覚、聴覚、触覚の感覚を組み合わせ学習効果を高める
  • ストーリーや実際の会話の文脈の中で学ぶ
  • 文法や語彙の背後にある構造を理解する
  • 学んだ単語や表現を自分の言葉で説明する

ボキャブラリーを増やすコツ1

エビングハウスの忘却曲線を利用した長期記憶

エビングハウスの忘却曲線に基づくと、情報を学んだ直後は記憶が鮮明ですが、時間が経つにつれて徐々に忘れていきます。

この現象を逆手に取り、新しい英単語の習得に応用することができます。

最も効果的な方法は、学習した単語を短期間のうちに何度か復習することです。

特に、学習後の最初の24時間以内に数回復習することが重要で、その後も間隔を空けて定期的に復習を行います。

このスペースド・リピティション(間隔を空けた反復学習)という手法は、新しい単語を短期記憶から長期記憶へと移行させるのに効果的であり、時間の経過とともに記憶が強化されます。

エビングハウスの忘却曲線の主な特徴と応用
タップしてみる

エビングハウスの忘却曲線は、心理学者ヘルマン・エビングハウスによって提唱された記憶の研究に関する重要な概念です。

この忘却曲線は、時間の経過に伴う記憶の減衰を表すグラフで、人間が情報をどのように忘れていくかを示しています。

エビングハウスの忘却曲線の主な特徴

記憶の急速な減少

エビングハウスの研究によると、新しい情報を学んだ直後は記憶が鮮明ですが、時間が経つと急速に忘れていきます。

特に、最初の数時間から1日の間に記憶の大部分が失われることが多いです。

時間とともに減衰が安定

一定期間が経過すると、記憶の減衰率は徐々に安定します。

つまり、最初は急速に忘れますが、時間が経つにつれて忘れる速度は遅くなります。

反復による記憶の強化

忘却曲線はまた、情報を反復することで記憶が強化され、長期記憶に移行することも示しています。

つまり、学習した内容を定期的に復習することで、忘れにくくなります。

応用

スペースド・リピティション

エビングハウスの忘却曲線に基づいて、スペースド・リピティション(間隔を空けた反復学習)という学習方法が開発されました。

この方法では、忘れる直前に情報を再度復習することで、記憶の定着を効果的に促進します。

学習スケジュールの最適化

忘却曲線の原理を利用して、学習スケジュールを最適化することができます。

例えば、新しい単語を学んだ後、数時間後、翌日、数日後といったスケジュールで復習を行うことで、長期記憶に効果的に移行させることができます。

ポイント

新しい単語を学んだ直後、数時間後、翌日、数日後というように、時間を空けて復習する。

復習の際には、単語の意味だけでなく、使用例や関連フレーズも一緒に確認する。

スマートフォンやコンピューター上のスペースドリピティションソフトウェア(AnkiQuizlet)、単語カード、日記、プランナーの使用がおすすめ。

Quizlet:単語カードで学びましょう
Quizlet:単語カードで学びましょう
開発元:Quizlet Inc
無料
posted withアプリーチ

ボキャブラリーを増やすコツ2

視覚、聴覚、触覚の感覚を組み合わせ学習効果を高める

多感覚学習は、複数の感覚を同時に活用することで、学習効果を高める方法です。

新しい単語を学ぶ際には、その単語を視覚で確認し、発音を聴覚で捉え、さらに手で書くことで触覚も利用します。

このように異なる感覚を組み合わせることで、単語の意味や発音、スペリングを一層深く理解し、記憶に定着させることができます。

視覚的には単語カードやテキストを用い、聴覚的には発音を聞きながら、触覚的には書くことで、単語の各側面を強化し、より包括的な学習体験が得られます。

この方法は視覚的、聴覚的、そして動作的な情報を統合することで、記憶の定着を促進し、言葉の習得をより効果的にします。

ポイント

単語を書きながらその発音を聞き、単語の画像や関連する物体を見る。また、単語を声に出して発音することも重要。

紙とペン、音声ファイルや発音アプリ、視覚的に魅力的な教材(例:カラフルな単語カード、図解入りの教科書)。

ボキャブラリーを増やすコツ3

ストーリーや実際の会話の文脈の中で学ぶ

文脈に基づいた学習では、単語を単なる独立した要素としてではなく、実際の会話やストーリーの流れの中で捉えます。

この方法は単語がどのように使われ、どんな状況で適用されるのかを自然に理解できるようになります。

例えば、小説や映画の中で新しい単語に出会った場合、その単語が登場するシーンや登場人物の感情、状況の文脈を通して、単語の意味やニュアンスを深く理解できます。

実際の会話や物語の中で単語を見聞きすることは、その言葉が実生活でどのように機能するのかを把握するのに最適な方法です。

文脈に基づく学習は単語の意味だけでなく、その使用方法や類義語、反意語との関係も明らかにすることで、語彙力が強化されます。

ポイント

文脈に基づいた学習を行うために、実際の会話やストーリーの中で単語がどのように使われているかを注意深く聞く。

また、自分で作成した文脈に基づく例文や小さな物語を使って、単語の使用方法を練習する。

ボキャブラリーを増やすコツ4

文法や語彙の背後にある構造を理解する

英語の単語を学ぶ際には、それらの背後にある文法的な構造や語彙的なルールを深く理解することが重要です。

語根は単語の基本的な意味を表し、接頭辞や接尾辞はその意味を変化させたり、特定の文法的機能を付加します。

これらの要素を学ぶことにより、単語の意味をより容易に推測することができるようになります。

たとえば、「un-」という接頭辞が付くと、多くの単語がその基本形の意味の否定や逆を意味するようになります。

同様に、「-ness」や「-ment」といった接尾辞は名詞を形成し、抽象的な概念や状態を表すことがあります。

単語の内部構造を理解することは、新しい単語を学ぶ際の手がかりとなり、より広範な語彙を効果的に習得するための基盤を築きます。

ポイント

単語の語根、接頭辞、接尾辞を学び、それらがどのように単語の意味に影響を与えるかを理解する。

関連する単語をまとめて学ぶことで、構造的な理解を深める。

語彙参考書、オンライン辞典、語根や接頭辞、接尾辞が紹介されている教材が有益。

ボキャブラリーを増やすコツ5

学んだ単語や表現を自分の言葉で説明する

学んだ単語や表現を自分の言葉で説明することは、深い理解と記憶の定着に大いに役立ちます。

単語の意味を自分なりに解釈し、それを言葉で表現することにより、単語に対する理解が深まります。

例えば、新しい単語を学んだ後、その単語を使って短い文章を作成したり、その単語がどのような状況で使用されるかを説明したりすることが効果的です。

このような能動的な学習方法は、受動的な記憶から一歩進んで、言葉を使って思考する練習となります。

また、この方法は単語を単なる定義以上のものとして捉え、実際の使用状況や文脈での適用方法を考える機会にもなります。

自分で作成した説明や例文を通じて、新しい語彙をより具体的に、そして実践的に理解することができます。

ポイント

学んだ単語やフレーズを使って、簡単な文を作るか日常生活での使用例を考える。

単語の意味を自分なりに解釈し、それを自分の言葉で書き留める。

ノートやブログがおすすめです。

Amebaを始めよう!こちらから無料で登録

効果的に英会話のボキャブラリー(語彙)を増やす学習方法

  • 多読による単語学習
  • 映画やドラマで実用的な表現を学ぶ
  • 単語カードとアプリを使った暗記法
  • 言語交換で実際の会話練習
  • 接頭辞、接尾辞の学習

上記の学習方法は自分の学習スタイルや目的、興味に合わせて選択し、調整して行うのが最も効果的です。

以下に各方法について説明します。

多読による単語学習

多読は、英語のボキャブラリーを効果的に増やす手段として非常に有効です。

さまざまなジャンルの本や雑誌、オンライン記事を読むことで、幅広い単語や表現に触れる機会が得られます。

新しい単語を実際の文脈で理解することができ、それによって単語の意味だけでなく、使い方も自然と身につきます。

また、読書を通じて文脈上のヒントから単語の意味を推測するスキルも養われます。

定期的に多読を行うことは、単語の定着を助けるだけでなく、英語の読解力を全般的に向上させる効果もあります。

異なるトピックやスタイルのテキストに触れることで、多様な語彙に触れ、より包括的な言語理解が可能になります。

こんな人におすすめ

読書が好きで、物語や情報を通じて学ぶことを好む人。

また、自分のペースで学習したいと考える自律型の人にも適しています。

単語学習を実際に行う際の具体的な方法

STEP
さまざまな読み物を選ぶ

英語の小説、雑誌、オンライン記事、ブログ、ニュースサイトなど、幅広いジャンルの読み物を選びます。

自分の興味やレベルに合わせた内容を選ぶことが重要です。

STEP
定期的に読む

毎日または毎週、一定の時間を設けて読書を行います。

短い記事から始めて徐々に長いテキストに挑戦すると良いでしょう。

STEP
新しい単語に注目する

読みながら、知らない単語や表現に出会ったら、その意味を辞書で調べます。

単語の意味だけでなく、その使われ方や文脈も注意深く観察します。

STEP
単語のリストを作成する

出会った新しい単語やフレーズをノートやGoogleスプレッドシートにリストアップします。

それぞれの単語に対して、例文や文脈を記録すると、より理解が深まります。

STEP
復習と活用

定期的に作成した単語リストを復習し、記憶に定着させます。

書いたり話したりする練習の中で新しい単語を積極的に使用し、実践的な理解を深めます。

多読は、新しい語彙を自然な文脈の中で学び、言語の理解を豊かにする効果的な方法です。

継続的に行うことで、英語の読解力の向上だけでなく、言語感覚の養成にも役立ちます。

映画やドラマで実用的な表現を学ぶ

英語の映画やドラマは、実用的な表現や日常会話に使われる言葉を学ぶのに最適です。

映画やドラマは現実の会話スタイルを反映しているため、自然な会話パターンやスラング、イディオムなどを学ぶのに役立ちます。

登場人物の感情やシチュエーションによって、言葉のニュアンスや文脈を深く理解するのに最適

映画やドラマの中の会話は実際の生活シーンや文化的背景を反映しているため、言語学習において文化的理解も深めることができます。

さまざまななアクセントや話し方にも触れることができ、聞き取りの幅を広げることにも寄与します。

おすすめの人

視覚的・聴覚的な素材から学ぶことを好み、映画やドラマに興味がある人。

現実の会話や文化的な要素を学びたい人にも適しています。

映画やドラマで実用的なボキャブラリー(語彙)を増やす方法

STEP
興味のある映画やドラマを選ぶ

自分の興味や英語のレベルに合った映画やドラマを選びます。

初心者は簡単な日常会話が多いものから始めると良いでしょう。

STEP
字幕の活用

英語の字幕を使用しながら映画やドラマを視聴することで、聞き取りと読解のスキルを同時に鍛えることができます。

初心者は最初、日本語の字幕を使い、徐々に英語の字幕に切り替えると良いでしょう。

STEP
気になったフレーズや単語のメモ

視聴中に新しい単語や気になる表現に出会ったら、それをメモします。

特に、日常会話で頻繁に使われるフレーズやスラング、イディオムに注意を払います。

STEP
文脈の分析

映画やドラマの特定のシーンで使用されている言葉のニュアンスや文脈を分析します。

登場人物の感情やシチュエーションを通じて、言葉の使用方法を理解します。

STEP
繰り返し視聴

同じ映画やドラマを複数回視聴することで、見逃した表現をキャッチし理解を深めます。

STEP
実際に表現を使う

学んだ新しい表現や単語を実際の会話やライティングで使ってみます。

これにより、学んだ言葉を実践的に定着させることができます。

映画やドラマを通じた学習は英語のボキャブラリーを増やすだけでなく、文化的な理解を深め、より自然な会話能力を習得するのに効果的な方法です。

単語カードとアプリを使った暗記法

単語カードとアプリを使った暗記法は、英語のボキャブラリーを効率的に増やす方法です。

単語カードは手書きで単語とその意味、例文を記入し、これを繰り返し見ることで記憶に定着させます。

手書きのプロセス自体が記憶の定着に有効で、カードを持ち歩いて隙間時間に復習することができる利点があります。

一方、言語学習アプリは単語の暗記に役立つ多様な機能を提供します。

特にスペースド・リピティションシステムを採用しているアプリは、各個人の記憶曲線に基づいて最適な復習タイミングを提示し、効率的な学習を可能にします。

これらのアプリはゲーミフィケーション要素を取り入れていることも多く、学習を楽しく続けるモチベーションを上げてくれます。

  • Quizlet:
    • 特徴: 豊富なテンプレートと共有機能を備えたフラッシュカードアプリです。
    • 利点: ゲーム要素とインタラクティブな学習モードを備え、学習を楽しく進めることができます。
  • Memrise:
    • 特徴: 言語学習に特化したアプリで、多数の言語コースが利用可能です。
    • 利点: 実際の会話に基づいたフレーズと単語の学習を提供し、実用的な言語スキルを身につけられます。
  • Duolingo:
    • 特徴: ゲームのようなインターフェースで言語学習を提供するアプリです。
    • 利点: 日々の学習習慣を構築するのに役立ち、初心者から中級者まで幅広いレベルの学習者に適しています。

これらのアプリは、単語の暗記に役立つ多様な機能を提供し、自分のペースで効率的に語彙を増やすのに役立ちます。

アプリの選択は、個々の学習スタイルや目的に合わせて行うと良いでしょう。

おすすめの人

構造的かつ体系的に語彙を増やしたいと考える人。

隙間時間を利用して効率的に学習したい人にも適しています。

オンライン講座で実際の会話練習

オンライン講座は、英語のボキャブラリーを実践的な環境で増やすために設計されています。

講師と直接会話をすることで、新しい単語や表現を自然な文脈で学び、すぐに実践で使うことができます。

この方法では、日常会話からビジネス英語、専門的なトピックに至るまで、様々なシチュエーションでの言葉の使い方を学ぶことが可能です。

講座の内容は、会話の基本から応用まで幅広くカバーし、受講者が自分のペースで学べるように構成されています。

各セッション後にはフィードバックと改善点が提供され、受講者が実際の会話における自信を築き、実生活でのコミュニケーション能力を高めるのに理想的な環境です。

こんな人におすすめ

実際の会話を通じて学ぶことを好み、コミュニケーション能力を高めたいと考える人。

また、異文化交流に興味がある人にも適しています。

スピーキング特化型・オンライン英語コーチング

短期集中で英会話を習得したい方

ビジネスで英会話力を必要とされている方

\ 3ヶ月84回の圧倒的なフィードバック量 /

ボキャブラリーを増やすための学習プラン作成

英語のボキャブラリーを効果的に増やすためには、計画的な学習プランの作成が不可欠です。

目標設定、学習時間の割り当て、進捗の定期的な評価、そして定期的な復習があります。

目標設定の設定

学習の初めには、具体的で達成可能な目標を設定することが重要です。

例えば、「毎週新しい単語を50個学ぶ」という具体的な目標や、「特定の分野の語彙を強化する」というような目標があります。

目標は明確で測定可能でなければならず、個人の学習レベルやニーズに合わせて調整することが重要です。

日々の学習時間の割り当て

定期的な学習習慣を身につけることは、語彙力を増やす上で非常に重要です。

毎日または毎週、一定の時間を英語学習に割り当てることで、持続的な進歩を達成することができます。

短い時間でも構わないので、毎日一貫して学習することが肝心です。

毎日学習することにより、学習そのものが日常生活の一部となり、学習習慣が形成されます。

習慣化された学習活動は、意志力やモチベーションに大きく依存しないため、忙しい日々の中でも学習を継続しやすくなります。

英語学習の進捗を定期的に確認する

英語学習の進捗を定期的に評価する最も重要な理由は、学習プロセスの効果的な調整を可能にすることです。

要するに、今やってる学習方法が適切か不適切かを見極めるために必要なプロセスです。

英語学習には時間と労力が必要です。

定期的な進捗評価を行うことで、その時間を最も効果的に使っているかどうかを確認できます。

時間を無駄にしないためにも、現在の学習アプローチが成果を生んでいるかどうかを知ることが重要です。

アプリを使用した進捗確認
  • Duolingo:学習進捗が視覚的に表示されるため、モチベーションの維持に役立ちます。
  • Memrise:学習した内容の復習タイミングを最適化するスペースド・リピティションシステムを利用しています。
  • Anki:スペースド・リピティションシステムを利用しており、効果的な復習スケジューリングが可能です。

定期的な復習でボキャブラリーを定着させる

新しい単語を学んだ後は、定期的な復習を通じて長期記憶に定着させることが重要です。

人間の記憶は新しい情報、新しい語彙を学んだ際、それが短期記憶で保存されます。

この短期記憶は一時的なもので、何もしなければ時間の経過とともに忘れられてしまいます。

復習を行うことで、学習した語彙を短期記憶から長期記憶に移行させることができます。

長期記憶に移行された情報は、時間が経過しても記憶され続け、必要な時に容易にアクセスできるようになります。

定期的な復習は、この短期記憶から長期記憶への移行過程を促進し、新しい語彙が確実に頭に残るようにするために不可欠です。

定期的な復習を行うための最も効果的な方法は、スペースド・リピティション(間隔反復)の原則を活用することです。

スペースド・リピティションは、忘れる直前に情報を復習することで記憶の定着を最大化する効果があります。

これにより、学習効率が向上し、時間が経過しても学習した単語を忘れにくくなります。

スペースド・リピティションのやり方

最初に単語を学習した直後、数時間後、その日の終わり、翌日、数日後、1週間後、そして1ヶ月後といった具合に、復習の間隔を段階的に長くしていきます。

この方法により、単語が短期記憶から長期記憶に効率的に移行し、永続的な記憶として定着します。

この方法の鍵は、情報を忘れる直前に復習することにあります。

復習のタイミングが記憶の減衰曲線のちょうど良いポイントに合わせられると、記憶はより強化されます。

英語のボキャブラリーを増やしたい人によくある質問と回答

英語のボキャブラリーを増やすためにはどのような方法が効果的ですか?

ボキャブラリーを増やすためには、多読、フラッシュカードを使った学習、実際の会話の練習、映画や音楽などを通じた学習が効果的です。

また、新しい単語を文脈の中で学ぶことが重要です。

単語の意味だけでなく、使い方も理解できます。

英語のボキャブラリーを忘れないためにはどうすれば良いですか?

定期的な復習が鍵です。スペースド・リピティション技法を使い、新しい単語を短い間隔で何度も復習することで、長期記憶に移行させることができます。

英語のボキャブラリーを実践的に使うためにはどうすれば良いですか?

実際に会話をすること、または書き言葉で使用することが重要です。

言語交換パートナーを見つけたり、英語の日記を書いたり、フォーラムやソーシャルメディアで積極的に参加することが効果的です。

シェアしてね!
目次