1,000ポイントプレゼント 楽天市場アプリ 新規ダウンロード

楽天トラベル レンタカー|プラスαの工夫で料金はもっと安くなる

本ページはプロモーションが含まれています

この記事でお伝えする内容
  • お得にレンタカーを借りるの+αの工夫
  • 旅行で使うレンタカー選びのポイント
  • レンタカー大手5社の価格と特徴を比較
  • 基本料金以外にかかる費用

旅行中の防犯対策は大丈夫ですか?

資料請求(無料)はここから

〈資料請求後、本人確認のお電話があります〉

長時間の外出からちょっとしたお出かけ、そして在宅中まで、 最新のセキュリティシステムで24時間365日体制で見守り、 万一の時は、ガードマンが迅速に駆けつけます。

目次

お得にレンタカーを借りる+αの工夫

  • クーポンやキャンペーンを利用する
  • 軽自動車を優先して検討する
  • オプションを最小限に抑える
  • 乗り捨てサービスを基本利用しない
  • カーシェアを利用する

お得に借りる工夫1

クーポンやキャンペーンを利用する

レンタカーをお得に利用するためには、クーポンやキャンペーンを活用するのが最も簡単で確実な方法です。

楽天トラベルでレンタカーを予約するなら、毎月開催されている全国対象!ポイント10倍特集に掲載されているレンタカーを借りると付与されるポイントが10倍に。

「5と0のつく日」にポイント10倍のレンタカーを予約すると14倍にアップ!

楽天トラベルのクーポンは種類がたくさんあって一見するとややこしく見えますが、予約の段階でコンピューターが最もお得な組み合わせを自動的に適応してくれます。

「このクーポン必要になるかな?」と思ったらとりあえず獲得しておきましょう。

具体的な利用方法は以下の記事を参考にしてください。

お得に借りる工夫2

軽自動車を優先して検討する

軽自動車は乗用車に比べてレンタル料金が安いため経済的にもメリットがあります。

燃費が良く、駐車スペースも小さくて済むため観光地での移動に適しています。

高速道路の通行料金や駐車料金も軽自動車の方が割引が適用されるので、全体的なコストを抑えられます。

ただし、軽自動車は荷物や乗員数に制限があるため、利用目的や人数に応じて適切な車種を選ぶことが重要です。

一方で、デメリットとして高速道路での乗り心地が劣る点が挙げられます。

軽自動車は車体が軽量なので、風圧や縦揺れが大きく感じます。

長距離の高速道路移動が多い場合は無理をせず、乗り心地が快適な乗用車を検討することも必要です。

お得に借りる工夫3

オプションを最小限に抑える

カーナビやチャイルドシートの利用は追加料金が発生するため、本当に必要かどうかを絞り込むことで総額を抑えられます

簡単にできる方法として、予め必要なオプションと不要なものをリストアップしましょう。

例えば、カーナビはスマートフォンのナビゲーションアプリを活用することで不要になることがあります。

同様にETCカードやスタッドレスタイヤなど、利用シーンに応じて必要性を検討して選びましょう。

また持ち物を工夫することでオプションを節約できます

例えばチャイルドシートは既に所有している場合や、友人から借りることができれば、レンタカーで追加料金を払う必要がありません。

ETCやカーナビは無料の会社もありますが、オプションとして別途料金がかかる場合もありますので確認が必要です。

お得に借りる工夫4

乗り捨てサービスをなるべく利用しない

乗り捨てサービスは、旅行先でレンタカーを乗り捨てられるので便利なサービスですが高額になります。

借りた店舗と返却する店舗の距離が離れるほど高額になり、10万円を超えるケースもあります。

複数人で割り勘で利用すれば一人当たりの負担額は少なくなりますが、カップルや一人旅では負担が大きいと言えます。

レンやカーを借りる場合は同じ店舗に返却できるプランを立てるのをおすすめします。

また同じ店舗に返却することで、返却手続きがスムーズに行われます。

異なる店舗に返却する場合には、車両の状態確認や洗車、キーの受け渡しなどが必要であるため、手続きに時間がかかることがあります。

お得に借りる工夫5

カーシェアを利用する

カーシェアとは、街中のステーションに置いてあるクルマを皆が共有して使うシェアリングサービスです。

レンタカーはレンタカー会社が車を所有し貸し出す形式ですが、カーシェアは個人や企業が所有する車を共有する形式です。

短時間の利用や日帰りの利用であれば、カーシェアを検討するのも一案です。カーシェアは10分単位で利用できたり、6時間や12時間のパック料金で利用できたりします。

レンタカーとカーシェアはどちらも自動車を一時的に借りて利用する点は共通のサービスですが、いくつか異なる点があるので紹介します。

▼レンタカーとカーシェアの違い

利用目的と期間

レンタカーは主に旅行や出張など、比較的長時間(数時間から数日)の利用が一般的です。一方、カーシェアは短時間(数分から数時間)の利用が主で、近距離の移動や買い物など日常的な用途に向いています。

料金体系

レンタカーは基本的に1日単位で料金が設定されており、延長やオプションなどで追加料金が発生します。

カーシェアは時間単位や分単位で料金が設定されており、利用時間や距離に応じて料金が変動します。

手続きと予約

レンタカーは事前に予約が必要で、店舗で契約手続きを行い車を受け取って返却します。

返却場所が指定されており、借りた店舗に返却する必要があります。

一方、カーシェアはスマートフォンアプリ、ウェブサイトを利用して手続き・予約ができます。

会員登録を済ませていれば、すぐに車を利用できます

駐車スペースが設定されている範囲内であれば、自由に返却場所を選ぶことができます。

楽天カーシェアなら月額費は0円!ガソリン代・保険・補償費込み。

車に空きがあれば24時間365日、最短15分から貸出OK、直前まで予約可能。スケジュールに合わせてサクッと利用できます。

また利用料金に応じて楽天ポイントが貯まるのでとってもお得です。

入会から利用までも簡単で、 目的に応じてスピーディに借りられます。

楽天カーシェアの車両提供事業者はオリックスカーシェアとなります。

▼カーシェアのメリット

  • 対面での手続きが不要
  • ガソリンの満タン返しが不要
  • 高級車を比較的安く借りられる

▼カーシェアのデメリット

  • 台数が限られていて必要な時に借りられないことがある
  • 乗り捨てができない
  • 車がいつもキレイとは限らない

▼カーシェアの時間料金

コンパクト(ノート・アクア等)、セダン(プリウス・カローラ等)の場合

スクロールできます
15分あたり240円
6時間パック4,780円
12時間パック6,980円
24時間パック8,880円
夜間パック
18時~翌9時
3,480円

旅行で使うレンタカー選びのポイント

  • 貸し出し/返却の時間や場所で選ぶ
  • 利用目的に合った車種を比較して選ぶ
  • 大手レンタカー会社で選ぶ

レンタカー選びのポイントは、利用目的や旅行のスタイル、予算や利用人数などさまざまな要素を考慮して総合的に判断する必要があります。

ここでは旅行で使うレンタカー選びのポイントについて、具体的なアドバイスや注意点を解説していきます。

これらのポイントを押さえつつ自分に最適なレンタカーを見つけて、素晴らしい旅行の思い出を作りましょう。

レンタカー選びのポイント1

貸し出し/返却の時間や場所で選ぶ

旅行中はレンタカーの貸出しや返却において、時間や場所の選択は非常に重要です。

早朝や深夜に出発する場合は、営業時間が長い店舗や駅・空港近くの店舗が便利です。

返却時間も同様に、旅行のスケジュールに合わせて慎重に選ぶことが求められます。

返却が遅れると延長料金が発生するので、余裕をもって返却時間を設定しましょう。

また、貸出し・返却場所についても検討が必要です。

目的地や観光スポットに近い場所でレンタカーを借りることで、移動時間や交通費を節約できます。

また店舗間の乗り捨てサービスを利用することで、出発地と目的地が異なる場合でも、無駄な時間や労力を省くことができます。

乗り捨てオプションは別途費用が発生するので注意

都市部では駅周辺や観光地に多くのレンタカー店舗があるため、アクセスしやすい場所を選ぶことがポイントです。

地方では空港やバスターミナル周辺の店舗が便利です。

チェックポイント
  • 早朝・深夜出発なら24時間営業や営業時間が長い店舗
  • 荷物の移動が楽になる駅・空港近くの店舗

レンタカー選びのポイント2

利用目的に合った車種を比較して選ぶ

一口にレンタカーといっても「観光地だけで利用する」のと「高速道路の移動に利用する」では、運転のスタイルや車種選びに違いがあります。

観光地だけで利用場合、狭い道や混雑したエリアを走ることが多いため、小回りが利く軽自動車やコンパクトカーが適しています。

また燃費の良い車種を選ぶことで短距離の移動でも節約できます。

さらに観光地での駐車場の利用が多いため、小さな車種を選ぶことで駐車スペースの確保が容易になります。

一方、高速道路を使う移動の旅行では、快適な運転と安定した走行性能が重要です。

そのため、セダンやワゴン、ミニバン、SUVなどの大型車がおすすめです。

長距離を走る場合は、運転席や助手席の座り心地が良い車種を選ぶことで疲れを軽減できます。

さらに高速道路での走行時には、安全装備や運転支援システムが充実している車種が望ましいです。

このように、観光地だけで走る旅行と高速道路を使う移動の旅行では、それぞれの目的に合わせた車種選びが重要です。

自分の旅行スタイルに適した車種を選ぶことで、快適で楽しい旅行が実現できます。

同乗する人数との兼ね合いを見ながら検討しましょう

チェックポイント
  • 観光地の走行には小回りが効く軽自動車やコンパクトカー
  • 高速道路で移動するなら快適なセダンやワゴン

レンタカー選びのポイント3

大手レンタカー会社で選ぶ

初めてのレンタカー選びや、どこのレンタカーか迷ったら、安心の補償サポートや店舗数が充実した大手で借りるのが安心です。

大手レンタカー会社を選ぶことには、多くの利点があります。

大手レンタカー会社の利点
  • 国内全体に広く店舗がある
  • 目的に合う車種が揃っている
  • 充実した顧客サービス

大手レンタカー会社は国内外の広範囲に店舗を持っているため、利用しやすいという点が大きなメリットです。

これにより、空港や駅などの主要な交通ハブ付近でレンタカーを借りたり、返却することが容易になります。

また、大手レンタカー会社は、多種多様な車種やグレードの車両が揃っているため、自分の好みや旅行の目的に合わせた車を選ぶことができます。

さらに、大手レンタカー会社の車両は定期的にメンテナンスが行われているため、安全性や信頼性が高いと言えます。

加えて、大手レンタカー会社は顧客サービスが充実しており、万が一トラブルが発生した際の対応が迅速で手厚いことが期待できます。

またキャンペーンや割引サービスを提供しており、上手に活用すれば料金面でもお得に利用できます。

このように、大手レンタカー会社を選ぶことには、利便性や車種の豊富さ、安全性、サービスの質などの点で多くの利点があります。

レンタカーを利用する際に、大手レンタカー会社を検討することをおすすめします。

レンタカーを1日借りた価格と特徴を大手5社で比較

スクロールできます
トヨタレンタカー
ニッポンレンタカー
日産レンタカー
オリックスレンタカー
タイムズカーレンタル
店舗数1,200ヶ所800ヶ所340ヶ所1,100ヶ所360ヶ所
料金/1日6,600円〜6,710円〜12,210円〜9,350円〜5,280円〜
営業時間最長
12時間
最長
13時間
一部店舗
24時間
最長
11時間
最長
11時間
ETC貸出ありありあり一部ありなし
レンタル
時間単位
最小:6時間
最大:30日
最小:6時間
最大:31日
最小:3時間
最大:31日
最小:6時間
最大:31日
最小:6時間
最大:31日
乗り捨てありありありありあり
当日受付1時間前まで可能1時間前まで可能1時間前まで可能1時間前まで可能1時間前まで可能
予約する予約する予約する購入する購入する

レンタカー会社限定クーポン特集


▼トヨタレンタカーの特徴

エコカーやハイブリットカーのラインナップが豊富!店舗数が多いので乗り捨て(ワンウェイ)で利用する方にもおすすめです。

​全国1,200ヶ所に営業店舗を開設しており、​主要空港や駅からの乗り換えも楽にできるため、​ビジネスや旅行のフットワークが快適になります。

​​新しい車種のレンタルも行っており、​実際に乗って体感することができます。

トヨタレンタカー

▼ニッポンレンタカーの特徴

ニッポンレンタカーは、全国に約800の拠点を持ち、人気のあるレンタカー会社です。

その魅力は、長時間営業している店舗が多いことです。

多くの店舗が朝7時から夜9時まで営業しているので早朝深夜の出発・返却に便利です。

時間を有効的に使いたい方におすすめです。

ニッポンレンタカー

▼日産レンタカーの特徴

最新の電気自動車が予約可能。

高速道路の渋滞などでも運転ラクラクで大活躍です。

日産レンタカーは車メーカー直系のレンタカーだけあってとにかく車が豊富に揃っています

少人数から大家族まで対応できる品揃えは大手の強みです。

日産レンタカー

▼オリックスレンタカーの特徴

店舗数と保有台数でトヨタレンタカーに次ぐ日本第2位のレンタカー会社です。

借りたい場所で借りられて価格もリーズナブル。

長距離の乗り捨て(ワンウェイ)におすすめです。

 大手5社の中で唯一の楽天トラベルでオンラインカード決済が可能です。

オリックスレンタカー

▼タイムズカーレンタルの特徴

小さい車から大きい車まで用途に合わせて選べて、 いま人気の車種を借りたい方におすすめです。

タイムズカーレンタルでは、トヨタ、日産、マツダなど国内メーカーのクルマはもちろん、外国メーカーのクルマなど、さまざまな車種を用意しています。

タイムズカーレンタル

安さにこだわるなら格安レンタカーを検討する

移動の費用をできるだけ抑えたい場合、格安レンタカーを検討するのも一案です。

車の車種やグレードを問わなければ非常に安くレンタカーを利用できるで「必要なのは1日だけだし車種やグレードは気にしない」という方にはおすすめです。

格安レンタカーを使うメリットとして、最も大きなポイントは費用の節約になることです。

格安レンタカーは、大手のレンタカー料金と比較して大幅に安価であるため、交通費を抑えることが可能です。

格安レンタカー4,000〜5,000円/日
大手レンタカー7,000〜9,000円/日

交通費を抑えることで、予算内でより多くの観光地を訪れることができたり、他のアクティビティや宿泊費に予算を振り分けることができます。

しかしながら、格安レンタカーのデメリットも把握しておくのも大切です。

大手レンタカー会社に比べて、アフターサービスが充実していない場合があります。

万が一のトラブルやアクシデントが発生した際に、サポートが遅れることがあるかもしれません。

さらに、格安レンタカー会社は一部の車種に特化していることがあるため、利用者のニーズに合わせた車種選択が難しいケースがあります。

例えば大人数での旅行や特殊な荷物を積む場合、適切な車種が見つからないこともあるでしょう。

会社によっては営業所の場所が限られていることがあるため、利用しにくい場合もあります。

以上のことから、格安レンタカーを利用する際には、事前に車種やサービス内容、営業所の場所などをしっかりと確認し、自分の旅行スタイルやニーズに合った選択をすることが重要です。

格安レンタカー会社の料金が安い理由
  • 車のグレードにこだわっていない(中古車を活用)
  • 徹底的なコストカット(自社工場で整備)
  • 不要なオプションはつけない

レンタカーの保険、数時間だけ乗るにも必要?

「万が一のことを考えてオプションの保険(補償)に入ることをオススメします」

オプションの保険(補償)に入らないことで、10万円前後の支払いをすることになるからです。

追加補償の料金は1日利用で約540円~2,160円となり、万が一の際にも安心です。

レンタカーの料金には事故を起こした時に備えて、基本的な補償を受けるための保険料があらかじめ含まれています

予約をした時点で保険が標準装備されているため追加の申込みは必要ありません。

事故を起こした際に免責金(自己負担額)を支払うことで以下の4種の補償を利用できます。

レンタカー料金に含まれる基本補償
  • 対物補償
    • 補償例:対象第3者の車、家など財物を壊してしまった
    • 補償額:2,000万円~無制限
    • 免責金(自己負担額):5万円
  • 対物補償
    • 補償例:契約したレンタカーを壊してしまった
    • 補償額:時価
    • 免責金(自己負担額):5万円
  • 対人補償
    • 補償例:歩行者にケガをさせてしまった
    • 補償額:無制限
    • 免責金(自己負担額):なし
  • 対人補償
    • 補償例:相手の運転手がケガをしてしまった
    • 補償額:3,000万円など
    • 免責金(自己負担額):なし

予約の時点で基本補償に加入しているので安心してレンタカーを利用することができますが、オプションで追加補償に加入するとさらに手厚いフォローを受けることができます。

例えば、大きな事故を起こしてしまった場合でも 免責金(自己負担額)の支払いが減額・免除される範囲が拡大されます

▼楽天トラベルで予約する際に補償を追加するには

楽天トラベルでは下記いずれかの方法で補償を追加できます。予約の際に補償も追加しておけば、当日店舗でスムーズに出発できます。

  • 補償を追加可能なプランだけに絞り込んで探す
  • レンタカープラン選択後に予約画面で追加する

楽天トラベル上で加入ができない場合、店舗でも加入できますので当日店舗にて確認ください。

基本料金以外に必要な6つの費用

  • ガソリン代
  • オプション料金
  • 乗り捨て料金(ワンウェイ レンタル)
  • 延長料金
  • 深夜貸出料金
  • 中途解約手数料

基本料金以外の費用1

ガソリン代

レンタカーを借りる際、通常は満タンで貸し出されます。

これは、利用者が実際に走行した分のガソリン代を支払うためのルールです。

そのため、返却時には減ったガソリンの分だけ補給する必要があります。

返却時に満タンでない場合、レンタカー会社が利用者に走行距離に応じた所定のガソリン代を請求するのが一般的です。

この追加料金は通常のガソリン価格よりも高い場合があり、結果的に余計な費用がかかることになります。

高くなる理由は、レンタカー店舗のスタッフがガソリンを補給に行く手数料も含めた料金を設定しているからです。

レンタカーを利用する際は、返却前に最寄りのガソリンスタンドで満タンにした方が結果的には安くつきます。

店舗側が満タンを確認する際、給油したレシートが必要なので捨てずに保管しておきましょう

また、海外でのレンタカー利用の場合、現地のガソリン価格や燃費にも注意が必要です。

燃料タイプの違いや、ガソリン価格の変動によって、予想外の費用が発生することもあります。

レンタカーを利用する際には、事前にこうした情報を把握し、計画的にガソリンを補給することが重要です。

基本料金以外の費用2

オプション料金

レンタカーの料金は、基本料金のほかにオプション料金が必要になることがあります。

オプション料金は、利用者の希望に合わせて提供される追加サービスや設備にかかる費用です。

たとえば、カーナビが必要な場合、追加料金を支払って利用できます。

同様に、小さなお子様がいる家族はチャイルドシートを必要とするでしょう。

この場合もオプション料金が発生します。

また、冬の雪道走行時にはスタッドレスタイヤが安全のために必要ですが、これもオプション料金となります。

オプション料金はレンタカー会社や車種によって異なるため、事前に確認が大切です。

また、オプションが車に装備されているか、予約時に指定する必要があるかもチェックしましょう。

▼オプション料金の相場

オプション料金/1日・1貸し
カーナビゲーション無料~2,000円
ETCカード約500円
ドライブレコーダー約500円
チャイルドシート約500~1,000円
スタッドレスタイヤ約2,000円
タイヤチェーン約1,500~3,000円
スキーキャリア約1,000~2,000円
4WD(四輪駆動)約2,000~4,000円

基本料金以外の費用3

乗り捨て料金(ワンウェイ レンタル)

乗り捨て料金は、レンタカーを出発営業所とは別の営業所に返却するときに適用されます。

これは、レンタカー会社が車両の移動や整備の手間を考慮して設定している費用です。

乗り捨て料金は、会社や車種、返却地点の距離によって異なります。

ユーザーにとって乗り捨てサービスは便利な選択肢ですが、料金が高くなることがあるため注意が必要です。

事前に乗り捨て料金を調べ、予算内で利用できるか確認しましょう。

楽天トラベルでは予約の時点で「乗り捨て」を希望すると自動で加算されます

大手のレンタカー会社であれば乗り捨てのオプションがありますが、格安レンタカー会社はオプションにないケースもあります。

格安レンタカー会社から借りる際は乗り捨てが可能な店舗かも確認しておきましょう。

交通費を安く抑えるには借りた営業所に返却するのが基本ですが、目的地やスケジュールによっては乗り捨てサービスが便利である場合もありますので、利便性とコストのバランスを考慮して選択しましょう

▼東京→名古屋(約350km)の乗り捨て料金の目安

会社名乗り捨て料金
ニッポンレンタカー29,920円
タイムズカーレンタル30,800円
オリックスレンタカー30,800円
トヨタレンタカー最安値20,350円
日産レンタカー38,500円

走行距離が20km未満の場合、各社の乗り捨て料金は無料です。

基本料金以外の費用4

延長料金

延長料金は、予定の返却時間を過ぎてレンタカーを利用し続ける場合に適用されます。

延長料金はレンタカー会社や車種によって異なり、通常は1時間単位で設定されています。

1時間あたりの料金は割高となっており、1,000~1,600円が相場です。

また無断で延長利用するのは契約違反となり、店舗側に損害賠償を求められる場合があります。

事前に延長が必要だとわかった場合は、速やかにレンタカー会社に連絡して延長手続きを行いましょう。

返却時間の変更に伴うトラブルや、他の顧客への影響を最小限に抑えられます。

延長料金を避けるためにも返却時間に余裕を持ったスケジュールを立てましょう。

基本料金以外の費用5

深夜貸出手数料

「道が混まない早朝に出発したい」「深夜に出発して朝に到着したい」といった場合、深夜貸し出しを利用するのが便利です。

このような、営業時間外にレンタカーを借りる際に適用されるのが深夜貸出手数料です。

料金の相場は1回あたり1,000円程度ですが、店舗や会社によっては無料で提供している場合もあります。

深夜貸出手数料が適用される時間帯は各レンタカー会社や店舗によって異なりますが、一般的には夜間の23時から翌朝の5時までが対象とされています。

基本料金以外の費用6

中途解約手数料

レンタカーを4日間使う予定だったけど何らかの都合で2日で返却したい場合、レンタカー会社に途中解約を申し出ることで支払い金額の一部が返金されるがあります。

▼返金額の計算式
返金額=支払料金-実際の利用時間分の料金-中途解約手数料

なお、中途解約手数料は以下の計算で店舗側に支払います。

中途解約手数料=(支払料金-実際の利用時間分の料金)×50%

実際に上記の式で計算してみるとわかりますが、中途解約をしても返金額はあまり期待できません。

楽天のレンタカーを利用した方のクチコミ

楽天トラベルに関するお役立ち記事のまとめ

シェアしてね!
目次