1,000ポイントプレゼント 楽天市場アプリ 新規ダウンロード

あなたはどっち派?オルビスの「塗る保湿」と「飲む保湿」の見過ごせない差

本ページはプロモーションが含まれています

この記事でお伝えする内容
  • 「塗る保湿」と「飲む保湿」はどう違うのか
  • 飲むにこだわる3つの理由
  • ディフェンセラの注意点
目次

「塗る保湿」と「飲む保湿」はどう違うのか

  • アプローチの方向性が違う
  • 肌へ作用する範囲が違う
  • 肌への作用の深さが違う
  • 効果の持続性が違う
  • 続けやすさが違う

「塗る保湿」と「飲む保湿」の違い

アプローチの方向性

  • 塗る保湿: 主にクリームやローションなどが用いられ、肌表面の水分蒸発を防ぎ、肌を柔らかく保つ。
  • 飲む保湿: 体内に摂取することで、肌の水分保持能力を高める。

どちらのアプローチも、肌の保湿と健康を維持する上で重要な役割を果たします。

即効性がある「塗る保湿」

クリームやローションなどは、肌表面に水分を与えると同時に蒸発を防ぐバリアを形成します。

保湿クリームなどの主な目的は、肌表面の乾燥を防ぎ、外部からの刺激に対する保護を強化することです。

肌に直接水分や油分を補給することで、肌はすぐに柔らかくなり、乾燥による不快感や肌荒れを防ぎます。

塗る保湿は表皮層に作用し、その効果は比較的短期間に限定されますが、使い方が簡単で、即効性があるという利点があります。

オルビスの保湿液は肌の表面にうるおいの膜をつくって乾燥などの外的刺激から守り、みずみずしい肌を持続させます。

エッセンスローションとジェルモイスチャライザ―を重ねると膜のうるおいキープ力がアップ!

▼塗る保湿の購入はここから▼

遅効性の「飲む保湿」

飲む保湿は、体内からの水分バランスと肌の健康が重視されます。

飲む保湿の効果は、肌の内部構造に働きかけ、長期的な肌の健康をサポートすることにあります。

肌の表面だけでなく、肌細胞の水分保持機能を内側から強化し、持続的な保湿効果が期待できます。

水なしでも飲めるパウダータイプなので、さっと口に入れるだけ。

乾燥が気になる方はもちろん、いつものスキンケアの新たな手段として、場所や時間を選ばずお手入れができる “飲む保湿”です。

▼飲む保湿の購入はここから▼

「塗る保湿」と「飲む保湿」の違い

肌へ作用する範囲

  • 塗る保湿: 特定の部位に対して局所的に作用する。
  • 飲む保湿: 全身の肌に対して作用する。

塗る保湿と飲む保湿は、互いに補完的な役割を果たします。

日々のスキンケアでは、この二つのアプローチを組み合わせることで、肌の健康を全面的にサポートすることができます。

肌の一部の乾燥なら「塗る保湿」

塗る保湿は、直接塗布した部位への局所的な作用です。

例えば顔や手、足など乾燥や肌荒れが気になる部分だけに塗布することができます。

保湿効果は製品が塗布された部位に限定され、全身の肌の水分バランスには直接的な影響を与えません。

▼塗る保湿の購入はここから▼

全身の乾燥なら「飲む保湿」

飲む保湿の最大のメリットは、体内の栄養吸収と血流によって、全身の肌細胞に栄養を届けることができる点です。

その結果、全身の肌の乾燥を防ぎ、より均一な保湿効果を得ることができます。

塗る製品でケアが困難な部位や、普段スキンケアの対象とならない身体の部分にも保湿効果が及ぶこともあります。

内側から全身の肌へ

ディフェンセラがうるおいを逃しにくくするのは、顔だけではありません。

乾燥しやすい部位や、手が届きにくいケアが難しい部分にも。

  • 顔・首:うるおいがとどまっている肌は、表情にも良い変化をもたらします。
  • 背中:乾燥しやすいのに加えて、手や目が行き届きにくくケアが難しい部分。
  • 手・肘:家事や仕事で荒れやすい指、乾燥が目立つ肘。
  • 足・すね:サンダルやパンプスでダメージを受けやすい部分。

▼飲む保湿の購入はここから▼

「塗る保湿」と「飲む保湿」の違い

肌への作用の深さ

  • 塗る保湿: 表皮層に作用し、即時的な保湿効果を提供。
  • 飲む保湿: 体内の水分バランスに働きかけ、肌の深層部にまで影響。

これら二つのアプローチを組み合わせることで、肌の健康を表面的にも内部的にもサポートすることができます。

肌の表面に効果的な「塗る保湿」

塗る保湿はクリームやローションを使って、肌に水分や油分を与えることで表皮層を直接潤し、肌を柔らかくします。

この方法は表面的な保湿に効果的で、乾燥した肌にすぐに潤いをもたらすことができます。

しかし、肌の深い層、特に真皮層にまで栄養素が行き渡ることは少なく、表面的な保湿に限定されます。

▼飲む保湿の購入はここから▼

肌の奥から効果的な「飲む保湿」

飲む保湿は体内で作用し、肌の深層部にまで影響を及ぼします。

サプリメントなどに含まれる栄養素は、消化と吸収を経て全身の血流に運ばれ、肌細胞に栄養を供給します。

この内部からのアプローチは、肌の水分保持能力を全体的に高めることを目指します。

例えば、セラミドやコラーゲンなどの成分は、肌の深い層の細胞に働きかけ、肌の弾力や潤いを内側から支えます。

このような内部からのケアは、肌の根本的な問題を改善し、長期的な効果が期待できます。

▼飲む保湿の購入はここから▼

「塗る保湿」と「飲む保湿」の違い

効果の持続性

  • 塗る保湿: 効果は比較的短期間で、定期的な再塗布が必要。
  • 飲む保湿: 長期間にわたる肌の健康状態の改善を目指し、持続性がある。

塗る保湿は日常的なケアにおける即効性が必要な場合に、飲む保湿は肌の健康と長期的な保湿を目指す場合に適しています。

効果が短い塗る保湿

塗る保湿の効果は、表皮層に素早く作用しますが、その効果は比較的短期間に留まります。

これは、ローションやクリームが肌の表面に一時的な保護膜を作ることによるもので、長時間の保護や深層の栄養供給には限界があります。

効果が短いゆえに、肌の乾燥や外部環境の変化に応じて、日に複数回の再塗布が必要になることが多いです。

再塗布は乾燥が激しい季節や、外出が多い場合には特に必要回数が多くなります。

▼塗る保湿の購入はここから▼

効果がつづく飲む保湿

飲む保湿は、体内から全身の肌へと栄養を供給することに焦点を当てています。

ディフェンセラに含まれる成分は、血流を通じて体内に吸収され、肌細胞に栄養を届け、肌の深層部に作用します。

その結果、肌の弾力や潤いが内側から支えられ、持続的な保湿効果が期待できます。

飲む保湿の利点は、肌の基本的な健康状態を改善することにあり、その効果は時間をかけて徐々に顕著になることが一般的です。

▼飲む保湿の購入はここから▼

「塗る保湿」と「飲む保湿」の違い

利便性と続けやすさ

  • 塗る保湿: ルーティーンに組み込む必要があり、時間や手間が必要。
  • 飲む保湿: 飲料として摂取するため、日常生活に容易に取り入れやすい。

塗る保湿は、乾燥に対して即効性に優れている一方で、継続するには工数と手間が必要です。

対して、飲む保湿は日常生活に容易に取り入れやすく、忙しい方にとって継続しやすいです。

手間と時間が必要な塗る保湿

塗る保湿は洗顔後や入浴後など、肌が清潔な状態で行うことに加えて、肌の異なる部位に適した製品を選び、適切な量を使用する必要があります。

時間と手間がかかるので、好きな時間に好きな場所で行うには難しい場合があります。

特に朝の忙しい時間や外出先では面倒に感じてしまうこともあるでしょう。

▼塗る保湿の購入はここから▼

簡単にできる飲む保湿

飲む保湿は持ち運びが容易で、外出先や職場でも手軽に摂取できるため、忙しいライフスタイルにも適しています。

日常生活に容易に取り入れられるので、継続するのも簡単です。

高純度セラミドが、肌からうるおいを逃しにくくする
  • 水分が逃げやすい最外層を強化
  • 肌表面の細胞のすき間をふさぐ
  • 肌の奥の細胞のすき間までもふさぐ

3段階のバリアで、肌にうるおいを留めます。

▼飲む保湿の購入はここから▼

ディフェンセラを1日に1包、飲むだけの簡単ケア

ディフェンセラを1日に1包飲むことで肌の水分を逃しにくく、乾燥が気になる方におすすめです。

飲むスキンケアだから顔だけでなく、全身のうるおいが期待できます。

「飲む」にこだわる3つの理由

  • 内部からの全身への効果
  • 全身への均一なケア
  • 1日1包、15秒の便利さ

生理周期、妊娠、更年期などで経験するホルモンの変化は、肌の水分バランス、油分の分泌、弾力性に大きな影響を与えることがあります。

女性の肌は、ホルモンの変化や外部環境の影響を受けやすいため、全身の肌を均一にケアすることは、単に一部分だけにフォーカスするよりもはるかに重要です。

『ディフェンセラ』は顔だけでなく、通常のスキンケアでは手が届きにくい背中や足の裏など、全身の肌への均一なケアを実現。

塗るタイプのスキンケアでは難しい、全身の肌を一貫してケアするという新しいアプローチです。

水なしでも口内ですっと溶けるディフェンセラのパウダーは、朝と夜、決まった場所でしかできなかったスキンケアという行為を、いつでも、どこでも忘れることなく毎日のルーティーンとして取り入れられます。

飲みやすくて美味しいフルーツフレーバー

ゆずの爽やかな香りとすっきりとした酸味が特徴の「ゆず風味」、芳醇なマスカットの香りとさっぱりとした酸味が楽しめる「マスカット風味」、ピーチの甘い香りと爽やかな甘味が楽しめる「ピーチ風味」の3種のフレーバー。

その日の気分に合わせてチョイスできるから、より飽きにくく、水なしで飲めるから、毎日手軽においしく続けられます。

  • ピーチ風味
    • ピーチの甘い香りに、爽やかな酸味と甘さが楽しめるフレーバー
  • マスカット風味
    • 芳醇なマスカットの香りと、さっぱりとした酸味が楽しめるフレーバー
  • ゆず風味
    • ゆずの爽やかな香りと、すっきりとした酸味が特徴のフレーバー
原材料
還元麦芽糖水飴(国内製造)
ユズ粉末果汁
米胚芽抽出物(高純度グルコシルセラミド)
シクロデキストリン
酸味料
香料

持ち運びやすいパッケージデザイン

オルビス ディフェンセラは個別包装されているため、一日分の使用量を手軽に持ち運ぶことができます。

オフィスのデスクの引き出しやハンドバッグにすっぽり収納できるサイズなので、仕事中の休憩時間や移動中、あるいは家事の合間など、わずかな時間を見つけてはスキンケアを行えます。

飲むだけなので、化粧を崩すことなく使用できるため、オフィスや外出先での使用に最適です。

ディフェンセラはさらっとしたパウダー状なので、液体やクリームのようにこぼれる心配もありません。

乾燥が気になる背中、ひじなど、全身へのケアが可能

背中やひじなど、日常のスキンケアでは注意が行き届きにくい部位は、乾燥による不快感や肌荒れを引き起こしやすい傾向にあります。

これらの部位は自分では見えにくく、ケアが行き届かないことが多いため、放っておくと肌の乾燥がどんどん進行していきます。

女性の2人に1人が悩んでいるといわれる「肌の乾燥」

肌の乾燥は多くの女性にとって共通の悩みです。

日常生活のストレスや環境要因が肌の乾燥を引き起こし、肌の健康や美しさに影響を与えます。

女性の肌はホルモンの変動や外部環境の影響を受けやすく、乾燥による不快感や肌荒れが生じやすいです。

このようなさまざまな原因から起こる肌の乾燥に対処するために、ディフェンセラのような内部からの保湿ケアが有効です。

うるおうワケはグルコシルセラミド

グルコシルセラミドは、肌の水分保持機能を強化するための重要な成分です。

肌のセラミドは天然の保湿成分であり、肌のバリア機能を支え、外部からの刺激や乾燥から肌を守ります。

しかし、年齢とともにまたは外部環境の影響により、肌のセラミドは減少しがちです。

このセラミドの減少が肌の乾燥や敏感性の原因となります。

グルコシルセラミドは、肌のセラミドの生成をサポートし、肌の水分を保持する能力を高めることで知られています。

ディフェンセラは、良質な玄米1トンから1~2gしかとれない希少なセラミドの純度を極限まで高めた「高純度グルコシルセラミド」を使用。

顔だけでなく、通常はケアが困難な背中やひじなど、全身の乾燥が気になる部位にも潤いを届けることが可能です。

米胚芽由来のグルコシルセラミドは、肌の水分を逃がしにくくするため、肌の乾燥が気になる方に適しています。

ディフェンセラの注意点

  1. 適量を摂取する
  2. 皮膚疾患の治療薬ではない
  3. バランスの取れた食生活も合わせて行う

注意点1

適量を摂取する

ディフェンセラの摂取量は、1日一本で十分です。

多量摂取しても効果が早まったり、すぐに改善することはありません。

製品の効果は時間をかけて徐々に現れるものであり、即効性を期待するのは誤解です。

適量を守ることで、肌に対する効果を最大限に引き出し、不要なリスクを避けることができます。

ディフェンセラは長期的なスキンケアを目的としており、毎日の継続的な使用が重要です。

摂取量を守り、定期的に使用することが最良の利用方法です。

注意点2

皮膚疾患の治療薬ではない

ディフェンセラは健康補助食品として開発されており、主に肌の乾燥予防と肌の健康維持を目的としています。

皮膚に関する疾患がある場合は専門医による治療が必要です。

専門医の指導の下で適切な医療を受けることで、皮膚の病気やトラブルに効果的に対処し、肌の健康を取り戻すことができます。

注意点3

バランスの取れた食生活も合わせて行う

健康補助食品は単独で使用しても一定の効果はありますが、栄養バランスの取れた食事と併用することで、効能を最大化します。

バランスの取れた食生活には、主食、主菜、副菜を基本とし、さまざまな食品群から栄養を摂取することが含まれます。

特に、肌の健康に影響を与えるビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、オメガ3脂肪酸などが豊富な食品を選ぶことが推奨されます。

加えて、十分な水分摂取も肌の健康に不可欠です。水分は肌の水分バランスを保ち、肌の潤いを維持するのに役立ちます。

ディフェンセラと合わせて、適切な水分摂取を心がけることで、肌の健康を内側からサポートすることができます。

ディフェンセラのよくある質問と回答

ディフェンセラはいつ飲めばいいんですか?

いつでも大丈夫です。

起床時、食事中、移動中、就寝前など好きなタイミングで飲めます。

ディフェンセラは「毎日おなじ時間帯に飲む」ことがポイントです。

飲み忘れがないように続けやすいタイミングを選択するのがオススメです。

どうやって飲むんですか?

水無でそのまま飲めます。

下の上に乗せて溶かすような感覚で飲んでください。

スティック全体がマジックカットになっているので、どこからでも簡単に開けられます。

オルビスに関する役立つ記事のまとめ

シェアしてね!
目次