1,000ポイントプレゼント 楽天市場アプリ 新規ダウンロード

戸建て住宅におすすめの光回線と回線選びに重要な5つのポイント

本ページはプロモーションが含まれています

この記事でお伝えする内容
  • 戸建て住宅において光回線がおすすめの理由
  • 戸建てにおすすめの光回線・プロバイダの一覧
  • 回線選びに重要な5つのポイント

おすすめルーター

目次

戸建て住宅には光回線がおすすめ

インターネット回線ははさまざまな種類があり

  • ADSL(非対称デジタル加入者線)
  • 光回線(光ファイバー)
  • ケーブルインターネット(CATV)
  • モバイルデータ通信(LTE、4G、5G)

などがあります。

各インターネット回線の特徴

  • ADSL(非対称デジタル加入者線)
    • 中継局からの距離によって通信速度が変わる
  • 光回線(光ファイバー)
    • 中継局からの距離による速度低下が少ない
  • ケーブルインターネット(CATV)
    • 一つの回線を地域内で共有
  • モバイルデータ通信(LTE、4G、5G)
    • 通信エリアによっては通信速度が低下

ADSL(非対称デジタル加入者線)

電話線を利用するインターネット接続方式で、データのダウンロード速度(下り)とアップロード速度(上り)が異なるため非対称と呼ばれます。

一般的にはダウンロード速度(下り)が速くリーズナブルな料金設定が特徴です。ただし、中継局からの距離によって通信速度が変わるため、利用地点によっては速度が出ないこともあります。

光回線(光ファイバー)

いわゆる「光回線」で光ファイバーを利用者の自宅まで引き込む接続方式です。

通信速度が非常に速く、大量のデータを素早くやり取りできるのが特徴です。中継局からの距離による速度低下が少ないという利点があります。ただし、設置に手間がかかる場合があります。

ケーブルインターネット(CATV)

ケーブルテレビの回線を使ったインターネット接続方式です。

一つの回線を地域内で共有するため、同時接続者が多い時間帯は速度が低下することがあります。ただし、光回線と比べて設置の手間が少なく、また、テレビ放送とセットで契約できるので便利です。

LTE/4G/5G(モバイル通信)

モバイルデータ通信によるインターネット接続方式です。

スマートフォンやタブレット、モバイルWi-Fiルーターなどを介してインターネットに接続します。移動中や外出先でもインターネットを利用できることが最大の利点です。

ただし、データ通信量に制限がある場合が多く、通信エリアによっては通信速度が低下することもあります。

戸建て住宅において光回線がおすすめな理由

高速・大容量通信

光回線は非常に高速で大容量の通信が可能です。

映画や音楽のストリーミング、オンラインゲーム、テレワークなど、インターネットを頻繁に利用する家庭には最適な選択となります。

家庭内で複数のデバイスを同時に接続する場合でも、それぞれのデバイスが十分な速度でインターネットに接続できるのが光回線の強みです。

抜群の安定性

光回線はADSLのように中継局からの距離による通信速度の変動が少なく、また、CATVのように地域内の同時接続者数による速度の低下もありません。

そのため、安定した通信が求められる家庭におすすめです。

料金の透明性

光回線の料金プランは通常データ通信量による追加料金がなく、月額固定料金となるため予算の管理がしやすいです。

キャンペーン等も頻繁に行われており、初期費用を抑えることも可能です。

モバイルとのセット割

同じキャリアのモバイル通信(スマートフォンなど)と光回線をセットで契約すると、割引サービスを受けられます。これにより、通信費全体の節約に繋がります。

戸建てにおすすめの光回線・プロバイダ

スクロールできます
平均速度
速さ
上り:530.48Mbps
下り:584.36Mbps
上り:463.68Mbps
下り:482.54Mbps
上り:242.97Mbps
下り:275.62Mbps
上り:264.31Mbps
下り:322.26Mbps
上り:224.55Mbps
下り:243.93Mbps
平均Ping値
安定さ
11.65ms15.95ms20.44ms16.37ms20.66ms
パケット損失率
安定さ
0.01%以下0.03%以下0.02%以下0.04%以下0.05%以下
基本工事費戸建て:44,000円
(実質無料)
戸建て:41,250円
(17,222円還元)
戸建て:19,800円
(実質無料)
戸建て:26,400円
(24,000円還元)
戸建て:19,800円
月額戸建て:5,200円戸建て:5,100円戸建て:5,720円戸建て:5,720円戸建て:5,280円
解約金戸建て:3,850円
集合住宅:528円
戸建て:4,730円
集合住宅:2,290円
戸建て:5,500円
集合住宅:4,180円
戸建て:5,720円
集合住宅:4,180円
戸建て:5,280円
集合住宅:4,180円
他社乗り換え
還元補償
2万円還元3万円還元無し10万円還元無し
契約による
還元額
4万5,000円還元無し9万円還元4万円還元無し

戸建て向け光回線の選び方のポイント

重要な5つのポイント
  • ポイント1 回線の利用可能エリア
  • ポイント2 自宅での通信速度と安定性
  • ポイント3 料金・キャンペーン
  • ポイント4 契約期間と解約違約金
  • ポイント5 お使いの通信キャリア

ポイント1 回線の利用可能エリア

光回線を選ぶ際のポイントはインターネット回線の利用可能エリアです。

全ての光回線が全国どこでも利用できるわけではありません。選ぶ前に自宅の住所を入力して、お住まいのエリアで利用可能な光回線を確認することが必要です。

利用可能エリアは光回線の公式サイトや比較サイトで簡単に調べることができます。ただし、エリアが細かく分かれている場合もありますので細部まで確認してください。

特に地方や山間部に住んでいる方は、一部の光回線が利用できない場合もあります。

その際は地元のケーブルテレビ会社が提供する光回線や、電波を使った無線インターネットを検討すると良いです。

引っ越しを予定している方は、新しい住所でも同じ光回線が利用できるかを確認することをお忘れなく。インターネット環境が変わると、それに伴う工事や費用が発生することがあります。

ポイント2 自宅での通信速度と安定性

項目意味判断基準
下り速度自宅へのデータの通信速度動画視聴や大量のデータダウンロードなどに重要
上り速度自宅からのデータの通信速度データのアップロードやビデオ会議などに重要
Ping値パソコンからサーバーまでの通信時間小さいほど通信が安定
パケット損失率途中で失われるデータの割合低いほど通信が安定

自宅での使用目的によって、求められる通信速度と安定性は異なります。

例えば複数のデバイスを同時に使用する家庭では、高速な通信が可能な回線が求められます。在宅勤務やオンライン学習が必要な状況では、ラグやフリーズがない安定した回線が必要となります。

通信速度の確保には大容量のデータ通信が可能な「下り」の速度が大切です。また、自宅からインターネットへデータを送る際に重要となる「上り」の速度も考慮に入れるべきです。

例えば大量のデータを送信する必要がある場合や、ビデオ会議をスムーズに行いたい場合には、「上り」の速度が重要となります。

必要なデータ転送速度

スクロールできます
利用目的下り速度の目安上り速度の目安
ウェブ閲覧・メール1 Mbps1 Mbps
動画視聴 (標準画質)3 Mbps1 Mbps
動画視聴 (HD画質)5 Mbps1 Mbps
動画視聴 (4K画質)25 Mbps1 Mbps
オンラインゲーム3 Mbps1 Mbps
ファイルダウンロード50 Mbps不要
ファイルアップロード不要10 Mbps
ビデオ会議2 Mbps2 Mbps

一方で通信の安定性も重要です。

通信が途切れると動画視聴やオンラインゲーム、ビデオ会議などで問題が生じる可能性があります。

通信が安定しないとこんな問題が・・

オンラインゲームでの通信途切れによる問題は、ゲームプレイに大きな影響を及ぼします。

リアルタイムで競争するゲームでは遅延が発生すると自分のアクションが遅れたり、敵の位置が正しく表示されなかったりすることでゲームの結果に直接影響を与えます。通信が完全に途切れると、ゲーム自体が中断されます。

ビデオ会議の場合に通信途切れが生じると重要な情報を見逃したり、話が途中で聞こえなくなったりします。画面共有が途中で切断されると、他の参加者が見ている情報と自分が見ている情報が一致しなくなるでしょう。

動画視聴では通信途切れが起こるとビデオのバッファリングが発生し、視聴体験が中断されます。画質が低下したり、音声と映像がずれる可能性もあります。特にライブストリーミングの場合、途切れるとリアルタイムの情報を逃す可能性があります。

スクロールできます
アクティビティ通信途切れによる問題
オンラインゲーム・アクションが遅れる
・敵の位置が正しく表示されない
・ゲームが中断される可能性
ビデオ会議・重要な情報を見逃す
・話が途中で聞こえなくなる
・画面共有が切断される
動画視聴(ライブ含む)・ビデオのバッファリング発生
・画質低下
・音声と映像のずれ
・ライブ情報を逃す

安定性を判断する指標として、Ping値やパケット損失率があります。

Ping値とは、自分のパソコンからサーバーまでの通信が往復するまでの時間を示します。小さいほど通信が速いと評価できます。

光回線平均Ping値
NURO光
オススメ!
11.65ms
ドコモ光20.44ms
auひかり
オススメ!
15.95ms
ソフトバンク光16.37ms
楽天ひかり20.66ms

パケット損失率は、データの送受信において途中で失われるデータの割合を示します。低いほど通信が安定していると評価できます。

スクロールできます
インターネット回線パケット損失率
NURO光
オススメ!
0.01%以下
ドコモ光
オススメ!
0.02%以下
auひかり0.03%以下
ソフトバンク光0.04%以下
楽天ひかり0.05%以下

これらの指標は、光回線の提供会社やインターネット上の評価サイトなどで確認することが可能です。自宅でのインターネット利用目的に応じて、通信速度と安定性を判断基準に回線を選びましょう。

ポイント3 料金・キャンペーン

料金はインターネット回線を選ぶ際の最も重要なポイントとなります。毎月支払うことになる費用は家計に影響を及ぼすため、自身の生活スタイルや利用目的に見合ったプランを選ぶことが大切となります。

戸建てプランの月額

スクロールできます
回線基本工事費月額料金(税込)
NURO光 2ギガ
(3年契約)
オススメ
44,000円5,200円
NURO光 2ギガ
(2年契約)
33,000円5,700円
NURO光 10ギガ
(3年契約)
66,000円7,200円

新規契約時には初期設定費用の割引や初月無料などのキャンペーンを行っているプロバイダもあります。これらのキャンペーンを利用することで、始めの数か月間の負担を減らすことが可能です。

ただし、各プロバイダのキャンペーン内容は変動するため、契約前には必ず最新の情報を確認しましょう。その際、各社のウェブサイトを参照すると良いでしょう。

各回線の契約特典・キャンペーン

  • NURO 光からお申し込みで現金45,000円還元
  • 他社の解約金を2万円還元
    • 他社回線→NURO光
  • 基本工事費44,000円が実質無料
    • 月額基本料金から割引
  • 設定サポートが1回無料
  • 最大2ヶ月間、解約が完全無料
    • 契約解除料・工事費残債が無料

ポイント4 契約期間と解約違約金

光回線サービスの契約期間は通常2年または3年で、この期間中にサービスを解約する場合は、サービス提供者が設定する解約違約金が発生します。

解約違約金の額はサービス提供者や契約プランにより異なります。多くの場合は、1ヶ月分の月額費用に相当し数千円の範囲内で設定されることが一般的です。

特に光回線サービスは契約期間が自動的に更新されるため、更新日を確認し更新日前に解約の手続きを行わないと、新たな契約期間が始まってしまいます。

そのため、解約を希望する場合でも契約期間内であれば解約金が発生することを理解しておくことが重要です。

契約満了月の当月、翌月、翌々月が、契約解除料不要

一方で、新規契約者に対してそれまで利用していた回線の解約金の一部または全額を負担するサービスを提供しているプロバイダもあります。

これらのプロバイダは新規契約者に対して金銭的な負担を軽減する手段として解約違約金の補助を行います。そして新規契約者は新たな光回線サービスの契約をよりスムーズに行うことが可能になります。

このような補助を提供するプロバイダもある一方で、全てのプロバイダが解約金の補助を行っているわけではありません。

新たな光回線サービスを選ぶ際には、解約金の補助を行っているかどうかも含めてプロバイダを慎重に選ぶことが求められます。

▼各回線の解約違約金と新規契約者に対する違約金負担額

スクロールできます
光回線解約金新規契約者に対する
違約金負担額
NURO 光3,850円2万円
auひかり4,730円3万円
ドコモ光5,500円3万円
ソフトバンク光5,720円10万円
楽天ひかり5,280円無し

ポイント5 お使いの通信キャリア

スマートフォンの通信キャリアと、光回線を同じにすることで割引になることをセット割といいます。

例えばドコモのスマートフォンを使っているようであれば、ドコモ光と契約をするとモバイルの月額費が毎月割引されます。

インターネット回線もスマートフォンも長い期間にわたって利用するものなので、月々の通信費が抑えられるのは大きな節約となります。

各回線のセット割

ソフトバンクユーザーなら、NURO 光 でんわのお申し込みで毎月の通信費がお得になる「おうち割 光セット」「ホワイトコール24」ができます。

対象プラン割引額/月
データプランメリハリ無制限/データプランミニフィット+
データプランメリハリ/データプランミニフィット
データプラン50GB+/データプランミニ
1,100
データ定額 50GBプラス/ミニモンスター
データ定額 50GB/20GB/5GB
パケットし放題フラット for 4G LTE
パケットし放題フラット for 4G
4G/LTEデータし放題フラット
4Gデータし放題フラット+
データ定額(おてがるプラン専用)
データ定額ミニ 2GB/1GB
データ定額(3Gケータイ)
パケットし放題フラット for シンプルスマホ
(iPad 専用)ベーシックデータ定額プラン for 4G LTE
(タブレット専用)ベーシックデータ定額プラン for 4G
550
おうち割 光セットのお申し込み方法
STEP
NURO 光 のお申し込み

NURO 光 をお申し込み時に、オプション選択の項目で「NURO 光 でんわ」にチェックを入れて回線の契約をします。

STEP
おうち割 光セット確認書を郵送

おうち割 光セット確認書をこちら(PDFファイル)からダウンロード。プリントアウトして必要事項を記入の上、郵送ください。

STEP
おうち割 光セットのお申し込み

NURO 光 でんわ開通後、最寄りのソフトバンクショップの窓口にてお申し込みのお手続きをお願いします。

あなたにおすすめの回線

スクロールできます
平均速度
速さ
上り:530.48Mbps
下り:584.36Mbps
上り:463.68Mbps
下り:482.54Mbps
上り:242.97Mbps
下り:275.62Mbps
上り:264.31Mbps
下り:322.26Mbps
上り:224.55Mbps
下り:243.93Mbps
平均Ping値
安定さ
11.65ms15.95ms20.44ms16.37ms20.66ms
パケット損失率
安定さ
0.01%以下0.03%以下0.02%以下0.04%以下0.05%以下
基本工事費戸建て:44,000円
(実質無料)
戸建て:41,250円
(17,222円還元)
戸建て:19,800円
(実質無料)
戸建て:26,400円
(24,000円還元)
戸建て:19,800円
月額戸建て:5,200円戸建て:5,100円戸建て:5,720円戸建て:5,720円戸建て:5,280円
解約金戸建て:3,850円
集合住宅:528円
戸建て:4,730円
集合住宅:2,290円
戸建て:5,500円
集合住宅:4,180円
戸建て:5,720円
集合住宅:4,180円
戸建て:5,280円
集合住宅:4,180円
他社乗り換え
還元補償
2万円還元3万円還元無し10万円還元無し
契約による
還元額
4万5,000円還元無し9万円還元4万円還元無し

NURO光はこんな方におすすめ

NURO光は、インターネットの速度が速く安定しているため、オンラインゲームや動画配信、大容量データのダウンロードなどを頻繁に行う方におすすめです。

NURO光は独自のネットワークを使用しているので混雑の影響を受けにくく、快適にインターネットを利用できます。

NURO光がおすすめ!
  • オンラインゲームを頻繁にプレイする方
  • 動画配信サービス(Netflix、Amazon Prime Video、YouTube など)をよく利用する方
  • 大容量データのダウンロードをする方
  • 複数の端末を同時にインターネットに接続する方
  • インターネットの速度が速く、安定したインターネット回線を求める方

\ ゲーム好きの方におすすめ /

auひかりはこんな方におすすめ

auひかりはNURO光に次いで速度が速く、全国に多くの拠点を持っているのでエリアが広く申し込みしやすいです。auひかりはスマホとのセット割引が適用されるため、auユーザーにはおすすめです。

auひかりがおすすめ!
  • auのスマホを利用している方
  • 速いインターネット回線を求めている方
  • 複数の端末を同時にインターネットに接続する方
  • インターネットの料金を安く抑えたい方

\ スマホ料金が安くなる /

ドコモ光はこんな方におすすめ

ドコモ光はドコモのスマホとのセット割引が適用されるため、ドコモユーザーにはおすすめです。ドコモ光はオプションが豊富に用意されているため、自分のニーズに合わせてカスタマイズすることができます。

具体的には、以下の人にドコモ光がおすすめです。

ドコモ光がおすすめ!
  • ドコモのスマホを利用している方
  • 速いインターネット回線を求めている方
  • 複数の端末を同時にインターネットに接続する方
  • インターネットの料金を安く抑えたい方
  • オプションをたくさん利用したい方

\ dポイントプレゼント中 /

ソフトバンク光はこんな方におすすめ

ソフトバンク光はソフトバンクのスマホとのセット割引が適用されるため、ソフトバンクユーザーにはおすすめです。auひかりと同じく全国に多くの拠点を持っているため、エリアが広く、申し込みしやすいです。

ソフトバンク光がおすすめ!
  • ソフトバンクのスマホを利用している方
  • インターネットの速度が速いインターネット回線を求めている方
  • 家族で複数の端末を同時にインターネットに接続する方
  • インターネットの料金を安く抑えたい方

\ 月額料金が安い /

楽天ひかりはこんな方におすすめ

楽天ひかりは楽天モバイルを契約している人や、楽天のサービスを頻繁に利用する方に向いています。

楽天モバイルとセットで契約すること、SPUが+4倍になり、楽天グループのサービスを利用するたびに高い倍率で楽天ポイントが貯まります。楽天ポイントカードで支払うことでさらにポイントが貯まります。

楽天モバイルと楽天ポイントをよく利用する方には楽天ひかりがおすすめです。

楽天ひかりがおすすめ!
  • 楽天ポイントを貯めたい方
  • 楽天モバイルを契約している方
  • 楽天市場で買い物をすることが多い方
  • インターネットをたくさん使う方
  • 動画配信サービスやゲームをよく利用する方

楽天ポイントが貯まる

戸建ての光回線についてよくある質問と回答

戸建てのインターネット回線の工事は、マンションと比較して遅い?

一般的には戸建ての自宅のインターネット回線の設置や回線工事は、マンションと比較して時間がかかる場合があります。

戸建ての場合には個別の敷地に回線を引くため、工事の手続きや作業が必要です。

一方、マンションや集合住宅で、複数の住戸が一つの建物内に集約されているので、インターネット回線の設置や工事は比較的簡単で迅速に行われることが多いです。

マンションには既に共用の回線設備が整っている場合が多く、専門の設備や施設管理会社がインターネット回線の提供や設置を担当することが多く、手続きや工事の時間を短縮できます。

具体的な回線工事の時間は地域やプロバイダによって異なる場合がありますので、詳細な情報は各プロバイダやインターネットサービス提供会社にお問い合わせいただくことをおすすめします。

戸建てタイプのインターネット回線は、マンションプランより月額料金が高い理由は?

戸建てとマンションでインターネット回線の料金差は主に二つの理由から生じます。

一つ目は配線の仕組みの違いです。戸建ての場合、各家庭が独自のインターネット回線を利用します。

これは通信会社が家庭ごとに独立した回線を設置することを意味します。

対照的にマンションでは建物全体が一つの回線を共有するケースが多いです。そのため一家庭当たりのコストが戸建てより低く抑えられ、結果的に月額料金が低くなる傾向にあります。

二つ目は通信速度の違いです。戸建ての場合、家庭ごとに独立した回線を利用することから通信速度は速く、安定していることが一般的です。

一方マンションの場合、同じ回線を複数の家庭が共有するため、混雑時には速度が遅くなる可能性があります。この通信速度の違いが料金に反映され、戸建ての方が高額に設定されているケースがあります。

ケーブルテレビのインターネット回線サービスは戸建てにおすすめ?

ケーブルテレビのインターネット回線サービスは、戸建てにおすすめの選択肢の一つです。以下にその理由を説明します。

  1. 高速な接続
    • ケーブルテレビは一般的に高速なインターネット接続を提供します。光ファイバーに次ぐ速度を持ち、一般的なインターネットタスク(ウェブブラウジング、ストリーミング、オンラインゲームなど)において優れたパフォーマンスを発揮します。
  2. 地域カバレッジの広さ
    • ケーブルテレビは広範な地域で提供されています。多くの都市や地域でインフラが整備されているため、利用可能な地域が広いです。
  3. パッケージオプション
    • ケーブルテレビプロバイダーは、インターネットサービスに加えてテレビチャンネルパッケージやボイスサービス(固定電話)など、追加のサービスを提供することがあります。複数のサービスを一つのプランにまとめることで、コスト効率の良いオプションが得られます。

地域によってケーブルテレビのカバレッジやプロバイダーの選択肢が限られている場合もあります。

お住まいの地域で利用可能なプロバイダーやサービスの情報を確認することが重要です。

各プロバイダーの料金、契約条件、およびカスタマーサポートについても比較検討することをおすすめします。

光回線を契約するにあたって注意すべきポイントや契約条件はありますか?
利用可能なプロバイダーの比較

地域によって利用可能な光回線プロバイダーが異なる場合があります。複数のプロバイダーを比較し、価格、速度、提供するサービスなどを考慮して選択しましょう。

契約期間と違約金

光回線の契約には通常、契約期間が設定されます。契約期間中に解約する場合、違約金が発生することがあります。契約前に契約期間や違約金について確認し、注意深く検討しましょう。

速度と帯域制限

光回線のプランには速度制限やデータ使用量の制限がある場合があります。自分のインターネット利用のパターンに合ったプランを選び、制限や追加料金に関する条件を確認しましょう。

インターネットセキュリティとプライバシー保護

光回線を利用する際には、インターネットセキュリティとプライバシー保護にも留意する必要があります。プロバイダーが提供するセキュリティ対策やプライバシーポリシーを確認し、自身のデータや情報が適切に保護されることを確保しましょう。

カスタマーサポートと技術サポート

問題やトラブルが発生した場合、迅速かつ効果的なカスタマーサポートや技術サポートが重要です。プロバイダーが提供するサポートの品質やアクセス方法について確認しましょう。

料金構成と追加費用

契約料金には、インターネット接続料以外にも追加の費用が含まれる場合があります。例えば、ルーターレンタル料、設置費用、メンテナンス費用などです。全体の料金構成や追加費用について明確に確認しましょう。

これらのポイントや契約条件は、光回線の契約を検討する際に考慮すべき重要な点です。

契約前に契約書や料金案内などの文書を詳しく読み、不明な点や疑問点があればプロバイダーに問い合わせることをおすすめします。

インターネット回線に関する役立つ記事の一覧

シェアしてね!
目次