1,000ポイントプレゼント 楽天市場アプリ 新規ダウンロード

【最速6ヶ月】超初心者が英会話をマスターするには日本人講師から習うのがおすすめ

本ページはプロモーションが含まれています

この記事でお伝えする内容
  • 日本人講師から英会話を習うのがおすすめの理由
  • 超初心者が英会話を最速6ヶ月で習得するのに必要なこと
  • 超初心者がオンライン英会話を選ぶ際のポイント

無料カウンセリングはここから

英語力診断シートプレゼント

目次

日本人講師から英会話を習うのがおすすめの理由

  • 日本人講師自身が英語を第二言語として学んだ経験があるから
  • 英会話を習得した成功者だから
  • 英語の発音で直面する問題を理解しているから
  • 英語を聞き取れないポイントを理解しているから
  • 日本人同士のコンテキストでコミュニケーションできるから

おすすめの理由1

講師自身が英語を第二言語として学んだ経験がある

日本人講師から英会話を習うことがおすすめの理由の一つは、講師自身が英語を第二言語として学んだ経験を持っているためです。

この経験によって、受講者が英語を学ぶ上での苦労や悩みを理解し、効果的な指導ができます。

日本人講師は英会話習得の難しさを理解している
  • 英語学習の悩みや苦しみを理解しやすい
  • 日本人が間違えやすいポイントを把握している
  • 日本人にわかりやすい説明ができる

日本人講師は日本語と英語の両方の言語を深く理解しているため、文化的な背景や言語のニュアンスを受講者に効果的に伝えることができます。

おすすめの理由2

英語を習得した成功者だから

英会話の習得に成功体験を持つ講師は、自身が英語を学ぶ過程で直面した困難や課題を経験し、それらを克服した実績があります。

この経験にもとづき、超初心者が第二言語として英語を学ぶ難しさに対して、具体的かつすぐ実践できるアドバイスできる指導力を持っています。

日本人講師は受講者が英会話学習で陥りやすいな落とし穴や、誤解、つまづくであろうポイントを熟知しています。

また日本人講師は、日本語と第二言語間の文法、発音、文化の違いを自身の経験から理解しており、受講者がこれらの違いを理解できない場合でも適切な指導ができます。

ネイティブスピーカーはこのような困難を乗り越えた経験がないため、超初心者の受講生に教えるは非常に困難です。

日本人講師の指導は、言語の構造的な側面だけでなく、コミュニケーションの文化的な側面にも焦点を当て、受講者が英語をより深く、実用的に習得するためのサポートができます。

おすすめの理由3

英語の発音で直面する問題を理解している

日本人の講師は、英語と日本語の発声法の違いと習得するポイントを理解しています。

英語と日本語では、音を作り出す際の口の動きや舌の位置、声の発し方が異なります。

たとえば、英語には日本語にはない音(例えば「th」や「v」の音)が存在し、これらの音を正確に発声するには特定の発声技術が必要です。

日本人講師はこれらの音の発声法を自ら学び、実践してきた経験があるため、日本人が苦手とする、より自然でネイティブに近い英語の発音を身につけるためのサポートも可能です。

日本人講師のこの分野の知識と経験は、受講者が発音の精度を高める上で大きな助けとなります。

おすすめの理由4

英語を聞き取れないポイントを理解している

日本人講師は英語と日本語の言語的特徴を理解しており、聞き取りに特化した練習や、日常会話でよく使われるフレーズの解説を提供することができます。

例えば、日本人が英会話を聞き取れない理由の一つに、英語の連結発音があります。

連結発音とは、英単語が流れるようにつながって発音される現象を指し、日常の会話で頻繁に使用されます。

これは、英語が音節ごとに強弱をつけるリズムを持つ言語であるために生じる特徴です。

日本人の耳は、英語のように単語同士がくっ付いて別の発音に変わることに慣れていません。

日本人講師はこの「英語が聞き取れない」課題を自ら克服した経験をトレーニングに落とし込み、受講者の英語レベルに合わせてカスタマイズします。

この学習によって英語の自然な流れを理解し、実際の会話やメディアで使用される英語をよりハッキリと聞き取ることができるようになります。

連結発音を学ぶことは英語の聞き取りだけでなく、発音や会話能力の向上にも寄与します。

おすすめの理由5

コンテキストでコミュニケーションできる

日本人講師と受講者が共有するコンテキストにもとづくコミュニケーションは、英会話の上達を促進する重要な要素です。

日本人同士のコミュニケーションでは、言葉だけでなく、非言語的な要素や共有された文化的背景が大きな役割を果たします。

例えば、英語を学ぶ際には、単に単語や文法を覚えるだけでなく、その言語が使われる文化や状況についても学ぶ必要があります。

日本人講師は、受講者がすでに持っている文化的な理解と経験を活用し、新しい言語をより深く理解するための架け橋となります。

コンテキストに基づくコミュニケーションは、言語の表面的な意味だけでなく、言葉の背後に意味や感情を捉えることを可能にし、より豊かで効果的なコミュニケーションを実現します。

無料カウンセリングはここから

英語力診断シートプレゼント

日本人講師から英会話を習うデメリット

  • 発音の範囲に限界がある
  • 日常会話の表現やニュアンスが伝わりにくい場合がある

ただし、日常会話でのコミュニケーションにおいては、完璧な発音よりも基本的な意思疎通ができることがより重要です。

したがって、ネイティブの発音を完全に模倣する必要はありません

これらのデメリットは英会話の学習で支障になることはほとんどありません。

発音の範囲に限界がある

日本人講師が発音でネイティブスピーカーのレベルに達するのは困難な場合があります。

英語のネイティブスピーカーは幼少期からさまざまな音を聞き分け、発声することが日常的に行われています。

しかし第二言語として英語を学ぶ人は、成人になってから新しい音に慣れる必要があるため、完全にネイティブの発音を身につけられません。

日本語には存在しない英語の音(例えば「th」や「r」の音)や、英語特有のリズムやイントネーションを完璧にマスターすることは、日本人講師にとってもなかなか難しいです。

日本人講師から英会話を学ぶ場合、発音に関してはある程度の限界があると認識し、必要に応じてネイティブスピーカーの音声や指導を参考にすることが重要です。

日常会話の表現やニュアンスが伝わりにくい場合がある

日本人講師から英会話を習う際のデメリットとして、日常会話の表現やニュアンスが伝わりにくいことが挙げられます。

これは、主に日本人講師がネイティブスピーカーでないため、英語の細かいニュアンスや文化的な意味合いを完全に理解し伝えるのが難しいことに起因します。

言語はその話者の文化や生活様式と密接に結びついているため、ネイティブスピーカー特有の言い回しやジョーク、慣用句などの意味を完全に捉えることは難しいです。

加えて、英語のイディオムやフレーズは文化的背景に根差していることが多く、これらの表現を文化的な文脈とともに理解し教えるのもほとんど不可能です。

超初心者が英会話を最速6ヶ月で習得するのに必要なこと

  • 自分の英会話レベルを知る
  • 間違えに対して恥ずかしいを捨てる
  • 英語をに慣らす

自分の英会話レベルを知る

超初心者が英会話を習得するためには、自分の英会話のレベルを知り、学習を始める際の適切な出発点を見つける必要があります。

自分の英会話のレベルを知ることで以下の効果があります。

弱点が発見できる

自分の英会話のレベルを知ることで、どの分野に問題があるかが明確になります。

たとえば、文法の誤り、語彙の量、不十分な発音、聞き取りができないなどが特定されます。

弱点を知ることで、苦手な部分にフォーカスした学習が可能になります。

例えば、発音が苦手な場合は発音に特化したトレーニングやリソースを使用することで、効率的にスキルアップすることができます。

目標設定が可能になる

自分の英会話レベルを知ることで、現在の能力と向上すべき領域が明確になります。

明確になった領域をもとに、具体的で達成可能な目標を設定することが可能になります。

例えば、発音が不明瞭であると認識できば、よりクリアな発音を目指すといった具体的な目標を設定することができます。

また、語彙が限られていると分かれば、新しい単語を毎週学ぶという目標を立てることが可能です。

明確な目標は学習の方向性を定め、モチベーションを維持するのにも役立ちます。

学習計画が立てられる

自身の弱点と目標が明確になったら、それに沿った学習計画が立てられます。

計画は具体的な学習活動、時間配分、進捗の追跡方法などを決めることが重要です。

弱点に対処するための具体的な学習方法、どの程度の時間を割り当てるか、定期的に学習の進捗を評価し、必要に応じて計画を調整します。

このプロセスは、英会話のスキルを着実に向上させ、目標達成へと導くための重要なステップです。


これらの弱点の発見、目標設定、学習計画を一人で実行するのはとてもハードルが高く挫折の原因になるので、英会話のプロの伴走が必要です。

講師やコーチからのフィードバックは、自分の弱点を正確に把握し、効果的な目標を設定するのに役立ちます。

専門家の指導によって、個々のニーズに合った学習計画を立てることができ学習効率が向上します。

間違えに対して恥ずかしいを捨てる

英会話を最速で習得するためには、間違いに対して恥を捨てることが非常に重要です。

間違いを恐れずに積極的に挑戦する姿勢は、学習の進捗を加速させる鍵となります。

間違いを恐れずに英会話に取り組むことの重要性は以下の点にあります。

実戦の中での学習効果

言語は実際に使ってみることで最も効果的に学ぶことができます。

間違いを恐れずに積極的に会話を試みることで、実際の使用状況での言語の流れやニュアンスを理解することができます

自信の構築

最初は間違いを恐れるかもしれませんが、何度も話すうちに自信がつき、自然と会話能力が向上します。

間違いを経験し、それから学ぶことで、より流暢で自然な会話能力を習得できます。

フィードバックの効果

間違いはその場ですぐにフィードバックを受けるチャンスです。

間違いを指摘された時には、それを正しい形に直すことで、言語の正しい使用方法を学ぶことができます。

恥を捨て、積極的に会話の機会を作ることが、最速で英会話能力を向上させるためのポイントとなります。

英語を耳に慣らす

英語を耳に慣らすことで、言語の音韻構造、特有のアクセントやイントネーションを理解しやすくなります。

英語を耳に慣らすことで、聞き取りに必要なスキルが向上し、実際の会話での理解が深まります。

例えば、英語のニュースやポッドキャストを聴く、英語の映画やドラマを観る、英語の音楽を聴くなど、日常的に英語に触れる機会を多く持つことが有効です。

また、英語を耳に慣らすことは、発音の向上にも寄与します。

ネイティブスピーカーの発音を頻繁に聞くことで、正確な発音や言葉の使い方を身につけることができます。

リスニングスキルの向上は、実際の会話における反応速度や適切な応答を形成する上で大きな助けとなります。

超初心者がオンライン英会話を選ぶ際のポイント

  • 初心者向けのレッスンがあるか
  • 日本人の講師が在籍しているか
  • 講師のフィードバックが充実しているか
  • 受講者の英語レベルを診断した上で学習を進めているか

ポイント1

初心者向けのレッスンがあるか

オンライン英会話を選ぶ際に重要なポイントとして、初心者向けのレッスンが提供されているかを確認することが挙げられます。

初心者向けのレッスンがあるオンライン英会話スクールを選ぶことの重要性は、以下の点にもとづいています。

基礎からの学習

初心者向けのレッスンでは、英会話の基礎、例えば基本的な挨拶、日常会話で使う簡単なフレーズ、基本文法といった内容が扱われます。これにより、英会話の基本的な構造を理解し、初歩的な会話能力を身につけることが可能になります。

段階的な進捗

初心者向けのレッスンは、受講者の進捗に合わせて段階的に構成されています。

自分のペースで徐々にスキルを伸ばすことができ、各ステップでの学習成果を実感することができます。

適切なフィードバック

初心者向けレッスンを提供するスクールでは、疑問や問題に対するサポートが充実しています。

困った時は適切なフィードバックを受けることができ、学習のモチベーションを保ちやすくなります。

他社と比較しても充実のフィードバック量!

・一般的なコーチング12回

・スピークバディ84

無料カウンセリングはここから

英語力診断シートプレゼント

ポイント2

日本人の講師が在籍しているか

日本人講師は日本語と英語の両方に堪能であるため、日本語による適切で理解しやすいフィードバックやアドバイスが受けられます。

これは特に初心者にとって安心感があり、言語の壁を感じることなく、疑問点を明確にしやすくなります。

オンライン英会話スクールを選ぶ際には、日本人講師が在籍しているかと同時に、講師の実績に着目することが重要です。

これにより、学習の初期段階でのサポートが充実し、英語学習の基礎を固めやすくなります。

ポイント3

講師のフィードバックが充実しているか

講師からの適切なフィードバックは、受講者が自身の進捗を確認し、必要な改善点がどこにあるのかを知るために必要です。

改善点は努力を最も必要とする部分であり、時間とエネルギーを最適に利用するべきポイントです。

フィードバックによって自己の誤りに直面し、それを乗り越える経験は自信の構築にも寄与します。

学習の過程で実際に進歩を感じることができれば、学習へのモチベーションを保つことができ、学習の継続につながります。

講師のフィードバックは毎日受けられるオンラインスクールが望ましいです。

ポイント4

受講者の英語レベルを診断した上で学習を進めているか

英語レベルを診断することで、スクール側は受講者のレベルに合わせた学習プランを提案することができます。

受講者の現在のレベルにもとづいてレッスンの進め方が決まり、学習の焦点をどこに定めるかが決まります。

一方で、英語レベルの診断を行わずに学習を進める場合、受講者のレベルに合わない学習プランに沿ってレッスンが進められます。

これは、初心者が高度な内容に圧倒される、あるいは経験者が基本的すぎる内容に退屈するといった問題を引き起こす可能性があります。

レベルに適さない学習プランでは、学習の効率が低下し、モチベーションの喪失や挫折感を感じるリスクが高まります。

オンライン英会話スクールを選ぶ際は、受講者の英会話のレベルを診断しているかどうかもチェックしておきましょう。

優秀な日本人講師が在籍!スピークバディパーソナルコーチング

スピークバディパーソナルコーチングのコーチは、厳しい採用基準をクリアした最高のコーチ陣です。

“あえて”日本人のみ

ストレスのないコミュニケーションが安心感を与え、学習者を理解した指導が学習効率を高めます。

スピーキングの専門家

スピーキングの学習方法を熟知した専門家

日本人には難しい発音の指導法も習得しています。

英語力は上位3%の超トップ層

コーチは全員TOEIC900点以上 or 英検1級以上相当。

ネイティブと対等に渡り合える英語力です。

Yuriコーチ TOEIC®満点 海外MBA

論理的な視点で英語学習をサポートします!

カナダ、アメリカで学んだ後、コンサルティング業界等で国際的ビジネスに従事。

働きながら海外MBA、英語学習アドバイザー、心理カウンセラー等の資格を取得。

学習者が自ら気づきスキルアップするためのコミュニケーション方法を日々試案。

Moriguchiコーチ TOEIC®925 英検1級

前向きな気持ちで英語学習に取り組めるようサポート

大学時代、アメリカで1年の交換留学を経て、英語学習がライフワークに。

外資系企業でのローカライズ業務、国内企業で翻訳や英文事務等に従事。

専属コーチによる毎日かつ的確なフィードバック

スピークバディパーソナルコーチングのコース料金

  • スピーキングレギュラーコース
    • 1ヶ月あたり約9万5,000円
  • エクスプレスコース
    • 1ヶ月あたり約17万1,000円

初回コーチングより30日以内、全額返金保証あり。入会金0円

詳しくは以下の記事で解説しています。

他のオンライン英会話スクールとの比較

スピークバディパーソナルコーチングはリーズナブルな価格で、どこよりも効率よくスピーキング力が 向上できます。

スクロールできます
スピークバディA社B社
1日の学習時間1日1時間1日3時間1日1時間
コーチレベルTOEIC®900以上
英検1級
TOEIC®800以上TOEIC®850以上
フィードバック頻度:毎日
担当者:
頻度:毎日
担当者:
頻度:毎日
担当者:
価格
1ヶ月あたり
約9.5万円約22万円約12万円

日本には多数のオンライン英会話スクールが存在しますが、代表的な8つの企業を挙げると以下のようになります。

  • スピークバディ: パーソナルコーチングに特化したオンライン英会話スクール。日本人コーチによるマンツーマンレッスンとAI英会話アプリを組み合わせ、実践的なスピーキング能力向上を目指します。
  • AQUES:メンタリストDaiGoさんも受講している短期間で英語を話せるようになることを目指すマンツーマン英会話スクール。日本人コンシェルジュがサポートし、フレキシブルなレッスン時間と個別対応が特徴です。
  • レアジョブ: フィリピンの講師を中心とした大手オンライン英会話スクール。ビジネス英語や日常会話を中心に、幅広いニーズに対応したレッスンを提供します。
  • ネイティブキャンプ: 時間や場所を選ばずレッスンが可能なオンライン英会話スクール。予約不要で24時間いつでもレッスンを受けられ、多国籍の講師が在籍しています。
  • DMM英会話: 多様な国籍の講師を抱えるオンライン英会話サービス。幅広いレッスン内容と手軽さが特徴で、初心者から上級者まで幅広いレベルに対応しています。
  • NOVA: 日本国内に多数の教室を持つ大手英会話スクールのオンライン版。マンツーマンレッスンや少人数グループレッスンを提供し、幅広いニーズに対応してい
スクロールできます
オンライン英会話料金レッスン時間返金保証
スピークバディ283,800円(6ヶ月)1時間入会後30日以内
AQUES428,780円(週3回/年間144回)50分不可
レアジョブ12,980円1ヶ月25分入会後8日以内
ネイティブキャンプ8,909 円1ヶ月25分不可
DMM英会話19,880円1ヶ月25分不可
NOVA25,000円1ヶ月18分不可

無料カウンセリングはここから

英語力診断シートプレゼント

スピークバディパーソナルコーチングの独自メソッド

STEP
第二言語習得理論に基づいた科学的トレーニング

第二言語習得理論とは、人がどのように第二言語を習得するのかを科学的に明らかにした理論です。

スピークバディパーソナルコーチングは第二言語習得理論に基づいた多数のトレーニングからカリキュラムを設計します。

STEP
覚える→使えるを加速する独自メソッド

「勉強した内容でも、時間が経つと忘れてしまう…」

「簡単な単語でも、会話になると頭から出てこない…」

そんなお悩みを解決!

スピーキングメカニズムに沿った独自メソッドで、一時的に覚えた知識を脳に定着。継続的に使える知識へと変換します。

STEP
毎週コーチと英会話&AI英会話使い放題!

「話せる」ようになるためには、「話す」トレーニングが不可欠。

スピークバディパーソナルコーチングでは、豊富なアウトプット機会を提供しています。

  • 週ごとのコーチとの英会話
  • AI英会話「スピークバディ」使い放題

超初心者に独学はおすすめできない理由

  • 誤った知識を身につけてしまう
  • 発音をマスターできない
  • フィードバックが得られない
  • 英会話の機会がない
  • モチベーションの維持が難しい

独学はおすすめできない理由1

誤った知識を身につけてしまう

英語の基本的な文法、発音、語彙に関する知識が不足していると、言語の根本的な構造を理解することが困難になります。

これは言語学習の基盤となる要素であり、基礎が理解できていないと学習が進みません

例えば、英語には特有の時制、動詞の活用、文の構造などがあり、これらを理解しないと正しい文を構築することができません。

英語の発音には日本語には存在しない音が多数あり、これらの発音を身につけるには継続的な練習と正しい指導が必要です。

コーチの指導を受けずに独学でこれらの基礎知識を構築しようとすると、誤った理解や学習方法を身につけるリスクがあります。

これは、後になって修正するのが難しくなる場合があり、学習過程での迷いや時間の浪費につながることがあります。

超初心者にとって、基本的な文法、発音、語彙の学習には、経験豊富な講師からの指導や、適切に構成された学習プログラムを利用することが非常に重要です。

独学はおすすめできない理由2

発音をマスターできない

発音はコミュニケーションにおいて中心的な役割を果たすため、正確な発音ができるかどうかは英会話能力を高める上で重要です。

独学での発音学習の難しさは、自己評価ができない点です。

自分の発音が正しいかどうかを判断するのが難しく、癖のある不自然な発音を身につけてしまうことがあります。

特に英語には日本語には存在しない音やアクセントがあり、これらを自分で正確に捉え、修正するのは非常に困難です。

誤った発音を習得してしまうと、その修正は後になるほど時間がかかります

誤ったな発音は、意味の誤解やコミュニケーションの障害を引き起こすことがあり、自信を持って話すことを妨げることもあります。

発音は第一印象にも影響を与えるため、ビジネス英語や公式な場面では重要です。

これらの理由から独学よりも専門家の指導を受けることが適切です。

経験豊かな講師からのフィードバックと指導により、正確な発音を習得し、英会話能力を大きく向上させることができます。

独学はおすすめできない理由3

フィードバックが得られない

フィードバックは学習の理解度を評価し、誤りを訂正し、正しい学習方法を見つけるための重要な手段です。

独学では自己の誤りに気づきにくいという問題があります。

例えば、文法や発音の間違い、語彙の不適切な使用など、自身では発見しにくい誤りが多々存在します。

これらの誤りが指摘されないまま学習を続けると、間違った理解や使い方が定着してしまい、後にそれを修正することが非常に難しくなることがあります。

加えて、今の学習方法が効果的であるかどうかを客観的に評価するのが困難です。

自己評価には限界があり、英語のような複雑なスキルを習得する際には、外部からの客観的な視点が必要です。

適切なフィードバックがあれば、自分の弱点を理解し、それを改善するための方法を見つけることができます。

また、フィードバックは学習のモチベーションを高める効果もあります。

学習の進捗に対する肯定的なフィードバックは、自信を与え学習への意欲を促します。

逆に、フィードバックが不足していると自分の進歩を感じにくく、やる気を失いやすくなります。

これらの理由から、フィードバックの不足は大きな障害となる可能性があります。

そのため、英語学習の初期段階では、教師や言語交換パートナー、オンラインコミュニティなど外部からのフィードバックを積極的に求めることが必要です。

独学はおすすめできない理由4

英会話の機会がない

言語は根本的にコミュニケーションのためのツールであり、実際の会話によって言語を使用し理解を深めることが重要です。

実際に英会話をするという実践面が欠けると、言語の真の価値を完全には活用できなくなります。

会話の練習が不足すると、リアルタイムでのコミュニケーションで反応速度や適切な応答が学べません。

会話では、リスニングとスピーキングのスキルを同時に使い、相手の言うことを理解し迅速に反応する必要があります。

独学では、このようなダイレクトな会話の流れに慣れる機会が限られます。

また、実際の会話練習は言語の微妙なニュアンスや文化的なコンテキストを学ぶためにも重要です。

教科書や参考書から得られる情報には限りがあり、実際の会話で使われる日常的な表現や非言語的コミュニケーションの要素を十分に理解することが難しいです。

言語は常に変化し、多様な表現方法が存在します。

独学では、このような多様性や言語の適応性を経験する機会がなく、言語の実用的な使用における幅広い知識を得ることが困難です。

言語学習は言語交換パートナーとの会話、またはオンライン英会話などを活用して、実際に話したる聞いたりする機会を積極的に求めることが、独学におけるこのギャップを埋めるのに役立ちます。

独学はおすすめできない理由5

モチベーションの維持が難しい

独学は学習過程での孤独感、目標設定の難しさ、進捗具合がわからないなどが原因でモチベーションの維持が難しくなることがあります。

伴走者がいる学習では、同じ目標を持つ仲間や講師からの支援と刺激を受けることができますが、独学ではこのようなサポートが欠けています。

講師や同僚からの励ましや肯定的なフィードバックは、学習の進捗に対する自信と満足感を高め、学習への意欲を刺激します。

また、自分自身で学習の目標を設定し、それを達成するための計画を立てるのは容易ではありません。

特に言語学習のような長期的なプロセスでは、具体的かつ達成可能な目標を定め、それに向かって努力を続けることが求められます。

講師や仲間はモチベーションを維持するのに重要な存在です。

無料カウンセリングはここから

英語力診断シートプレゼント

英会話の学習について役立つ記事のまとめ

シェアしてね!
目次